ハイメタルRソルティックの胸部ズレを修正する

2017/11/20(月)

HI-METAL RソルティックH8ラウンドフェイサーがプレバン
より届き早速開封してTwitterに上げる為の撮影を開始

すると違和感に気付く

171119.jpg
ああっ!胸の▽マークが左にズレてる


開封した時は問題なかったがパイロットフィギュアを取り付け
たりしている時に胸部に触れたのがきっかけだろう

実はこのモデル武器を手前に構える為に胸の中央パーツがバネで
伸縮し両脇が内側に稼働する仕組みになってる

171120[5]


その戻りに中央パーツが右胸のカバーに引っ掛かった状態で
ズレるのだ

原因究明の為に胸のカバーを外して判明


171119[2]
バネにより伸縮する中央のパーツが中心より若干左側にズレて
取り付けられてるのだ
なので伸縮時に右胸カバーの裏側に引っかかりが生じる

これを中央になるよう修正すれば問題解決なのだが、、


171119[1]


構造を見るとズレている原因は中央パーツの取付位置が
問題の様だった

ちなみにカバーの取り外しは下部の隙間に爪を引っ掛けて
手前に引けば外し易い

バネの芯棒より繋がるラウンドフェイサー本体には全く問題
ない
また分解して取付位置や角度を微調整出来る構造でもない

完品にするにはこの胸の中央パーツを芯棒から切断して正しい
位置に再接着する必要あると判断した


…自信が無い


となると他の手段

幸いバネにより中央パーツは上下前後左右に角度を曲げられる
つまり中心に寄る様に物理的なテンションを加えてやるしかない

中心に寄せるには中央パーツを左から右方向へ圧迫してやるか
右胸と同様に左胸に引っかかりを作ってやり上手く中心位置に
固定させる2通りが考えられる

検討した結果お手軽なのは後者
前者は相当な加工が生じてむしろ切り離した方が楽なくらい

左胸の裏側に何らかの素材でクリアランスを狭くし中央パーツ
が中心かつ平行に引っかかる様にする

将来のリユースも考えると現状復帰させる為に何かを溶着する
のは避けたい
よってテープ類を貼り付け厚みを出すのがベター

セロテープ、マスキングテープ、サージカルテープなど試した
結果ベストだったのがビニールテープ

理由は元から厚みがある事と黒色を選択出来る事だ
着色でもなんでも最終的に黒くしないと隙間から目立つ

171120[1]
10mmx5mmの2枚重ね

カバーの上部、中央、下部とテープを貼る位置を試したが
上部だけに貼るのが稼働時にバランスが良かった


171120[2]
作業終了…目立たない


この修正の結果中央のバネパーツを左胸カバーで挟み込む事により
右胸に寄るのを防ぐ状態に出来た

この状態でも伸縮機能に支障はなくちょっとやそっとでズレる
心配もなく▽マークを中心に固定出来ている


171120[3]
ただし元が左側にズレている事に変わりないので右胸だけすぼめる
と右胸に引っかかる

171120[4]_1
しかし矢印辺りを押せば左胸カバーに噛ませられて中央にポンと
戻す事が出来るようになった


171120.jpg
これで由しとするしか無いかなぁ

ただし不具合の程度にも個体差があると思うので上記
の方法が全てにおいてベターとは言い切れない

しかしハイメタルRダグラムの腰部ズレといいプレバンの
品質管理はずさんすぎる

かといってシリーズを打ち切りにされても困るので次は
クラブガンナーを出して欲しい

これなら不具合は起こらないだろう。苦笑
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

熱帯魚飼育6年目の総括〜白点病治療の成功

2017/11/13(月)

正直熱帯魚飼育が惰性になり冷めていた2017年初頭だった
しかしYouTubeのサボリchにはまってしまいアクアリウム熱が
再びあがった

それで自分がやりたい事はアクアリウムよりもテラリウム寄り
な事に気付いた
今後の検討課題だ

主な変化は照明をLEDに替えた事とミナミヌマエビ専用水槽を
立ち上げた事
他にもこれまで記事にした通り

それ以外では生体の数に変動があった
つまりは★になったという事だが、、

カージナルテトラ7→5
グローライトテトラ7→4

全て6月〜7月の水温変化が激しい時期だ
それでも残る9匹が7年目に突入したのでほんと長寿すぎる

とは言え全般的には平穏に迎えるはずだった6年目の終わりに
エンゼルフィッシュが白点病にかかった

171010_2017111315185896a.jpg
反対側にも小さな白点が数か所に見られる

マジカルウォーターの添加で何とかならないかと1週間継続
していたが悪化するばかりだったので薬浴水槽を立ち上げる
事にしたのだが…空き水槽が無い

予備水槽をミナミヌマエビに使ってしまったので新たに買う
しかなかった

エンゼルフィッシュのサイズ的に30cmクラスが必要だった
ただ意外にもそれより少し大きい30cmキューブ水槽が数百円
しか違わなかったのでそちらを購入


コトブキ クリスタルキューブ300


171010[3]
ガラス蓋にマットも付いてる
しかしこれが薬浴後に酷い状態になるとは、、

そして白点病治療のスタンダードであるメチレンブルー
水溶液


ニチドウ メチレンブルー水溶液 200ml


171010[1]
他にもあるけど圧倒的にコスパが段違い

細菌系の薬浴は何度と経験あるけど成功した試しがない
ゆえに唯一成功した塩浴最強と思っているが今回のはどうか?

カルキ抜きした水20Lにエアレーションとヒーターのみ
ヒーターは白点病防止に推奨されている30℃に設定した

そこへエンゼルフィッシュを移動

このサイズになると大型の網がいるので新たに購入
それと水替え用ポンプも一緒にダイソーで購入した

171014.jpg
ポンプはたまたま見かけたが108円は安く薬浴専用で使う事に


移動完了後に0.1g単位の精密スケールを取り出し水溶液を
計量する

171010[4]


171010[2]
本剤には10ml単位のメモリが付いているもボトル自体が青色に
変色しているのでさっぱり計れないから無意味だ


水20Lには5mlが必要
これで5日〜7日間様子を見るらしい

しかしフィルターは使わず水替えは必要なので2日目に4L抜いて
新たな4Lに水溶液1ml入れて交換

餌は散らばらないよう砕いたコリタブを入れて毎日回収
回収

薬浴生活スタート!

171010[5]
薬浴中のエンゼルフィッシュ


…3日目になっても変化が見られない

これは塩浴も必要性を感じた
水20Lには塩100gが必要だが一気に入れるのはまずいので1日
20g5日かけて入れる事にする

すると6日目に変化!白点が薄く無くなりかけてる

塩の投入は60gで中止
薬浴推奨期間も明日で終わるのでこれより普通の飼育水と徐々に
入れ替えを始める

1日2Lを毎日交換
5日目に累計10Lを交換するも青さが殆ど抜けない
この時期になると白点病の痕跡もわからないくらいにまでなった

まぁいいやと思い薬浴期間は11日間で終了
この間餌を全く口にせず餓死が心配だ

ただしここで思い立つ

エンゼルフィッシュを本水槽に戻すのをやめてこのまま単独で
このキューブ水槽で飼おう!

エンゼルフィッシュさえいなければエビもオトシンも投入出来る
病気になっても手間がかからない

それには全ての水を交換しフィルターを設置し底床にも何かを
敷かねばならない

その準備で一旦本水槽にエンゼルフィッシュを戻し直ぐ様新たな
立ち上げをした

メチレンブルーの水を抜くと注意書き通り水槽のガラス接着面や
エアチューブが紺色に染まってる


171113.jpg
チューブは安いので良いとしても新品のキューブ水槽が
見た目駄目になったのが痛い
元からそういうデザインだったと割り切るしかないか。笑


飼育水は本水槽の水替えで出た物をそのまま使用

GEXの外掛けフィルターに26℃のオートヒーターは以前に
コリドラスの稚魚育成に使っていた物を使用
水草はマツモで十分

底床は大磯砂スモールサイズを新たに購入した
30cmキューブに3cm厚で2.5kgが丁度

2日間飼育水を回してからエンゼルフィッシュを入れた
水は最初から出来ているので問題ない
あとは飼っている家にバクテリアが繁栄してくれるだろう

一応最初だけスーパーバイコム78及び21PDを規定量投入した


171112[2]
そして現在の水槽


171112[3]
白点病は完治している


171112[4]
外掛けフィルターの空きスペースにお茶パックに入れた
サブストラットプロを追加してる

以上


〜7年目の体勢〜

コリドラス水槽(本水槽)

171112[1]

実験で水草のドルマリアコルダータを入れてみた
好きな形状だけどやはりCO2を添加してないので葉は小さい
まま茎だけが異様に伸びる

CO2不要の水草も多いけど共通してるのは葉が大きくならない
結局必要なのだがコストがなぁ、、

あと中央の流木はこれまで使っていた物を3つ接着して
大きなオブジェにした
接着には防カビ剤の入っていないバスコークN透明タイプを使用

今度熱帯魚ショップへ行ったらヤマトヌマエビを飼う予定


ミナミヌマエビ水槽

171112.jpg

無照明で無加温の方針は変わらず

始めたばかりだが底面フィルターの詰まり出すのはいつ頃か?
それとプラストーンの詰まりも観察が必要だ
いやそれ以前にポコポコ音がうるさい

やはりスドーかいぶきのセラミックストーンに替える予定

現在は黒髭まみれになった本水槽のアイテムを入れている
もちろん事前に木酢液で枯らせてある

初期で生き残った5匹に20匹追加(内1匹落ちる)して現在は
24匹体勢
卵巣の育ってる雌が2匹いるけど未だに抱卵至らず

この時期に生まれても稚エビは越冬出来ないらしいので来春
まで待ちになるかな?無加温だし

しかし24匹でもコケ取りの即効性は低い

根本的な解決にエーハイムのリン酸除去剤を次のフィルター
清掃で投入してみる予定だ


エンゼルフィッシュ水槽

上記の通り


〜7年目開始時の飼育データ〜

○生体
コリドラストリリネアトゥス 5匹(オス5)
コリドラスパンダ 8匹(オス5メス3)
カージナルテトラ 5匹
グローライトテトラ 4匹
エンゼルフィッシュ 1匹
ミナミヌマエビ 24匹

○水草
アヌビアスナナ
ウィローモス
アマゾンフロッグビット
マツモ
ドルマリアコルダータ

○エサ
ネオプロス 一日1回小さじ1(エンゼルフィッシュは小さじ半分)
テトラコリドラス 一日1回4粒(エンゼルフィッシュは1粒)
冷凍クリーンイトメ 2週毎に1回1個
冷凍クリーン赤虫 2週毎に1回1個

コメット エビの主食 適当(ミナミヌマエビ用)

○水質調整剤
スーパーバイコム21PD 週1回
マジカルウォーター 臭う時や生体が調子を落としてる時に随時

※水替え時に追加
テトラコントラコロラインプラス
スーパーバイコム78

水替え→2週間ごとに20L
外部フィルター清掃→6週間ごと

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード