熱帯魚飼育6年目の総括〜白点病治療の成功

2017/11/13(月)

正直熱帯魚飼育が惰性になり冷めていた2017年初頭だった
しかしYouTubeのサボリchにはまってしまいアクアリウム熱が
再びあがった

それで自分がやりたい事はアクアリウムよりもテラリウム寄り
な事に気付いた
今後の検討課題だ

主な変化は照明をLEDに替えた事とミナミヌマエビ専用水槽を
立ち上げた事
他にもこれまで記事にした通り

それ以外では生体の数に変動があった
つまりは★になったという事だが、、

カージナルテトラ7→5
グローライトテトラ7→4

全て6月〜7月の水温変化が激しい時期だ
それでも残る9匹が7年目に突入したのでほんと長寿すぎる

とは言え全般的には平穏に迎えるはずだった6年目の終わりに
エンゼルフィッシュが白点病にかかった

171010_2017111315185896a.jpg
反対側にも小さな白点が数か所に見られる

マジカルウォーターの添加で何とかならないかと1週間継続
していたが悪化するばかりだったので薬浴水槽を立ち上げる
事にしたのだが…空き水槽が無い

予備水槽をミナミヌマエビに使ってしまったので新たに買う
しかなかった

エンゼルフィッシュのサイズ的に30cmクラスが必要だった
ただ意外にもそれより少し大きい30cmキューブ水槽が数百円
しか違わなかったのでそちらを購入


コトブキ クリスタルキューブ300


171010[3]
ガラス蓋にマットも付いてる
しかしこれが薬浴後に酷い状態になるとは、、

そして白点病治療のスタンダードであるメチレンブルー
水溶液


ニチドウ メチレンブルー水溶液 200ml


171010[1]
他にもあるけど圧倒的にコスパが段違い

細菌系の薬浴は何度と経験あるけど成功した試しがない
ゆえに唯一成功した塩浴最強と思っているが今回のはどうか?

カルキ抜きした水20Lにエアレーションとヒーターのみ
ヒーターは白点病防止に推奨されている30℃に設定した

そこへエンゼルフィッシュを移動

このサイズになると大型の網がいるので新たに購入
それと水替え用ポンプも一緒にダイソーで購入した

171014.jpg
ポンプはたまたま見かけたが108円は安く薬浴専用で使う事に


移動完了後に0.1g単位の精密スケールを取り出し水溶液を
計量する

171010[4]


171010[2]
本剤には10ml単位のメモリが付いているもボトル自体が青色に
変色しているのでさっぱり計れないから無意味だ


水20Lには5mlが必要
これで5日〜7日間様子を見るらしい

しかしフィルターは使わず水替えは必要なので2日目に4L抜いて
新たな4Lに水溶液1ml入れて交換

餌は散らばらないよう砕いたコリタブを入れて毎日回収
回収

薬浴生活スタート!

171010[5]
薬浴中のエンゼルフィッシュ


…3日目になっても変化が見られない

これは塩浴も必要性を感じた
水20Lには塩100gが必要だが一気に入れるのはまずいので1日
20g5日かけて入れる事にする

すると6日目に変化!白点が薄く無くなりかけてる

塩の投入は60gで中止
薬浴推奨期間も明日で終わるのでこれより普通の飼育水と徐々に
入れ替えを始める

1日2Lを毎日交換
5日目に累計10Lを交換するも青さが殆ど抜けない
この時期になると白点病の痕跡もわからないくらいにまでなった

まぁいいやと思い薬浴期間は11日間で終了
この間餌を全く口にせず餓死が心配だ

ただしここで思い立つ

エンゼルフィッシュを本水槽に戻すのをやめてこのまま単独で
このキューブ水槽で飼おう!

エンゼルフィッシュさえいなければエビもオトシンも投入出来る
病気になっても手間がかからない

それには全ての水を交換しフィルターを設置し底床にも何かを
敷かねばならない

その準備で一旦本水槽にエンゼルフィッシュを戻し直ぐ様新たな
立ち上げをした

メチレンブルーの水を抜くと注意書き通り水槽のガラス接着面や
エアチューブが紺色に染まってる


171113.jpg
チューブは安いので良いとしても新品のキューブ水槽が
見た目駄目になったのが痛い
元からそういうデザインだったと割り切るしかないか。笑


飼育水は本水槽の水替えで出た物をそのまま使用

GEXの外掛けフィルターに26℃のオートヒーターは以前に
コリドラスの稚魚育成に使っていた物を使用
水草はマツモで十分

底床は大磯砂スモールサイズを新たに購入した
30cmキューブに3cm厚で2.5kgが丁度

2日間飼育水を回してからエンゼルフィッシュを入れた
水は最初から出来ているので問題ない
あとは飼っている家にバクテリアが繁栄してくれるだろう

一応最初だけスーパーバイコム78及び21PDを規定量投入した


171112[2]
そして現在の水槽


171112[3]
白点病は完治している


171112[4]
外掛けフィルターの空きスペースにお茶パックに入れた
サブストラットプロを追加してる

以上


〜7年目の体勢〜

コリドラス水槽(本水槽)

171112[1]

実験で水草のドルマリアコルダータを入れてみた
好きな形状だけどやはりCO2を添加してないので葉は小さい
まま茎だけが異様に伸びる

CO2不要の水草も多いけど共通してるのは葉が大きくならない
結局必要なのだがコストがなぁ、、

あと中央の流木はこれまで使っていた物を3つ接着して
大きなオブジェにした
接着には防カビ剤の入っていないバスコークN透明タイプを使用

今度熱帯魚ショップへ行ったらヤマトヌマエビを飼う予定


ミナミヌマエビ水槽

171112.jpg

無照明で無加温の方針は変わらず

始めたばかりだが底面フィルターの詰まり出すのはいつ頃か?
それとプラストーンの詰まりも観察が必要だ
いやそれ以前にポコポコ音がうるさい

やはりスドーかいぶきのセラミックストーンに替える予定

現在は黒髭まみれになった本水槽のアイテムを入れている
もちろん事前に木酢液で枯らせてある

初期で生き残った5匹に20匹追加(内1匹落ちる)して現在は
24匹体勢
卵巣の育ってる雌が2匹いるけど未だに抱卵至らず

この時期に生まれても稚エビは越冬出来ないらしいので来春
まで待ちになるかな?無加温だし

しかし24匹でもコケ取りの即効性は低い

根本的な解決にエーハイムのリン酸除去剤を次のフィルター
清掃で投入してみる予定だ


エンゼルフィッシュ水槽

上記の通り


〜7年目開始時の飼育データ〜

○生体
コリドラストリリネアトゥス 5匹(オス5)
コリドラスパンダ 8匹(オス5メス3)
カージナルテトラ 5匹
グローライトテトラ 4匹
エンゼルフィッシュ 1匹
ミナミヌマエビ 24匹

○水草
アヌビアスナナ
ウィローモス
アマゾンフロッグビット
マツモ
ドルマリアコルダータ

○エサ
ネオプロス 一日1回小さじ1(エンゼルフィッシュは小さじ半分)
テトラコリドラス 一日1回4粒(エンゼルフィッシュは1粒)
冷凍クリーンイトメ 2週毎に1回1個
冷凍クリーン赤虫 2週毎に1回1個

コメット エビの主食 適当(ミナミヌマエビ用)

○水質調整剤
スーパーバイコム21PD 週1回
マジカルウォーター 臭う時や生体が調子を落としてる時に随時

※水替え時に追加
テトラコントラコロラインプラス
スーパーバイコム78

水替え→2週間ごとに20L
外部フィルター清掃→6週間ごと
スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コケ処理用ミナミヌマエビ水槽その後…虫だらけ

2017/10/16(月)

ミナミヌマエビ水槽を立ち上げてから4週間が経過
結局稚エビ含めた11匹中残存しているのは6匹

パイロットフィッシュとしてならこんなものだろうか?
なにせ無謀にも立ち上げの翌日に生体導入したのでむしろ
ミナミヌマエビが水質に敏感というのは眉唾に思える

あれ?以前飼っていた時にもこんな感想書いた様な?笑
しかしヤマトヌマエビは本当に敏感なので同じ感覚で導入する
のは注意したいところ

レッドビーシュリンプなんかはどうなのだろう?
多分将来的にもやらないと思うけど。。

それにしても少数で飼っていると成長具合が確認しやすい
子供だった個体も脱皮を繰り返しあっと言う間に大人サイズ
稚エビに至っては3週間あまりで3倍のサイズに成長している

水温は平均22℃なので抱卵もそろそろ期待したいところだが
その前に本格導入を控えてる段階だ
今週末には送料無料条件大幅引き上げで非難轟々なチャームにて
20匹購入予定

正直6匹程度じゃコケ処理が全然追いつかない


その他の変化と言えば…虫と言うか微生物に含まれるのか立ち上げ
2週目からケンミジンコが爆殖開始
ソイルの至るところから壁面まで日々増え続けている

最近ではミズミミズまで繁殖が始まった
2週目に一度底床を掃除をしたきり
底床の汚れが原因らしいので週一で掃除をしたい


171016.jpg
マクロレンズをもっておらず接写が厳しいのでわかり辛いが
白い点や線は全部それら

ミズミミズはともかくケンミジンコの繁殖は水質が良い証拠で
底面フィルターによる濾過が機能している事にもなるのでむしろ
歓迎すべきなのだろうがこれ以上増えると見栄えが悪い

メダカを入れるだけで結構減らしてくれるそうだが稚エビまで
食べられたくないし、、経過観察を続ける


追記2017/11/13
更に1匹落ちるもケンミジンコや水ミミズは水替えによる
底床の掃除で殆どいなくなった

新たにチャームで20匹追加

171024.jpg
21匹入っていて1匹が死着だったのでお得度ゼロ

苔がある程度無くなったら人工飼料を投入している
初めはコリタブを割って入れていたが喧嘩が絶えないので
エビ専用飼料を新たに購入した





171110.jpg
一匹一粒抱えて喧嘩にならない
水面に浮いている餌にまで飛びつくなど最初から
食いつきも良かった

納豆菌で水が汚れにくいそうだ
価格も安いしこれは良い餌だ予定

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コケ処理専用ミナミヌマエビ水槽を立ち上げた

2017/9/25(月)

以前に爆殖したミナミヌマエビをリセットすべくエンゼルフィッシュ
導入したがそれ以来コケ取り生体を入れられずにいる

エビ類は当然エンゼルフィッシュのごちそうでオトシンクルスも
捕食されると聞く
それでなくとも襲われるのは必至でコリドラス相手ですら攻撃的に
なる事もあるのだ

貝類は水質に合わないしと常にコケ問題がついてまわった
ガラス面のコケなら拭き取るだけで良いけど水草は厄介
濾過強化という手もあるけどモスとナナくらいなのでそこまでは
大げさだ

そこで埃の被ってる30cmの予備水槽を使いミナミヌマエビ専用水槽を
立ち上げる事にした
これに本水槽の水草やオブジェのコケ取りをしてもらうのだ

エンゼルフィッシュの隔離という手もあるが生体が大きいから
半端な立ち上げでは済まなくなるし出費も大きい

ちなみにヤマトヌマエビでないのは繁殖が難しいため
専用水槽なので爆殖しても構わない
やはり交尾合戦や卵を抱えて水を送ってる姿は見ていて楽しい

水槽とエアーポンプはあるので買い足しは濾過装置と底材と水温計だ
照明は窓際設置による太陽光利用のために当面様子見
ヒーターは予備があるけど水温の変化に耐性のあるミナミヌマエビには
不要かこれも冬場に様子見だ


エビ水槽では底面フィルターにソイル(ろ材)の組み合わせが定番との
事でそれに習う

どちらの用品も経験がなく興味があったので実験の意味合いもある
将来本水槽リセット時の参考にしたい

底面フィルターはこれにした


水作 水作ボトムフィルター S


170914.jpg
実物パッケージ

エアーポンプが水作なので同じメーカーに統一するのが無難
それにパネルが薄型でソイルをあまり使用しないのが良い

しかしこのエアーリフト方式というのがいまいち理解できない
空気を送り込むと泡となり水面に上昇する
その上昇力を利用して水流を作る仕組み

その程度の作用でソイルまで敷いた底面を通過して水は循環?
凄いな

そのソイルは売れ筋ナンバー1のプラチナソイルシリーズより
ブラックタイプのパウダーで3Lを選択した
安いというのが一番の理由でもある



ジュン (JUN) プラチナソイル ブラックタイプ パウダー 3L

170914[5]
実物」パッケージ

ブラックタイプは弱酸性の傾向でブラウンタイプは中性の傾向を出す
エビは弱酸性を好むのでブラックを選択
土の粒の大きさはミナミヌマエビのサイズに合うパウダー

ノーマルサイズと比べて通水性が悪くなるのはどの程度影響するの
だろうか?ちなみに更に小さいスーパーパウダーは水草用のものだ

3Lと8Lの2種類あるが30cm水槽には3Lが丁度良いらしい


水温計は以前から興味のあったマグネット式を購入してみた



水作 マグテンプ M


170914[1]
実物パッケージ

付け外しも簡単でキスゴム劣化による交換も不要
ただしAmazonのレビューでは磁力が弱すぎとか精度が悪いと微妙
実際はどうか?


~設置開始~

170914[2]
フィルターの組み立て


ソイルが崩れて詰まる事もあるのでウールマットやネットなんかを
敷くのが一般的らしい

手頃なものがなかったのでふと思い立つ


170914[4]
レンジフード用フィルター


170914[3]
100均のだが余ってるのでこれを実験的に使って見る


直ぐに詰まったり水質に問題があれば適応した物を買う

ソイルは生体メインの場合は3cmの厚さ
水草水槽なら5cm以上敷くのが一般的だそうな

実際に5cm敷いてみたら30cm水槽には厚すぎた
ちなみにソイルは約2.5L分を消費した

170914[6]
やはり3cmがバランス良い

こちらは1.7L分を消費したので3Lは十分すぎる
約1年で交換が必要らしいがこれも実際に運用してみないと事実が
わからない


170914[7]
飼育水は本水槽のものを使用した

水は出来てるのでもう生体を入れても良いだろう?
普通は2週間から1ヶ月回してバクテリアを繁殖させる

でも…繁殖しやすいソイルだしもう早く入れたい欲求が上回る
テトラの試験紙で確認するとかなり酸性寄りだけど概ね問題無さそう
一応スーパーバイコムの2種は規定量投入した


一日回した翌日に熱帯魚ショップで購入(5匹300円)
ついでにエビ水槽定番のマツモ(1本130円)も購入した


170915.jpg
コケびっしりのナナに以前使用していたシェルターも入れ
水合わせ


翌日さっそく唯一大人の1匹が☆になる
他4匹は子供サイズだったが特に問題無さそう

翌日さらに5匹追加
今度はホームセンターで5匹500円だった

ここはホムセンクオリティ
なんと5匹の他に稚エビが1匹混入していた
これはサービスか?charmならおまけ1匹が通常だ


〜それから一週間経過〜

さらに3匹が☆になり稚エビを含めて残り7匹
コケ取りには少ないので来月charmを利用する際に追加購入する
お亡くなりになった個体はそのままエンゼルの餌に…食いつき凄い

立ち上げ時は水面が泡まみれだったけどずいぶん落ち着いた
水質が良くなってきた事に期待

5日間くらいでアヌビアス・ナナのコケ取りが完了したので今は
同じくコケまみれの岩のオブジェに替えている
超厄介な黒ヒゲも木酢液で枯らせた状態ならエビが食べてくれた


170925.jpg
コケが少ないのでコリドラス用のタブ餌も与えてる
食いつきは良い


170924.jpg
稚エビも健在


あとはこれ以上☆にならない事を祈るのみ
それとレンジフードフィルターでも良かったのか心配だ

水温計はマグネット設置に問題無し
ちなみにガラス厚は推奨限界の6mmだ

そして肝心な精度の実験
西日の入る午後3時に計測してみた

マグテンプ 26℃
本水槽使用のデジタル水温計 28℃
飼育水作りに使用の赤外線温度計 27℃

どれが正しいのか判別出来ないが機能してるのでこの差を目安に
覚えておけば問題ない
多分低めに出てるのだろうが製品の個体差かもしれない


170925_201709251543536a7.jpg
24時間365日稼働させる事になったエアーポンプ

寿命を少しでも延ばす為にエアー量は最小
元々60cm水槽用なのでそれで問題ないだろう

それととても動作音が静かな水心シリーズだけどいずれゴム足の
劣化等により騒音となるだろうから吊り下げ設置に変更した

水草の活着に使ってる釣り糸にS字フックを利用
これで見た目に気にならない…最良の騒音対策と考える

さて更に一週間後はどうなってるのか?何か変化があれば
追記したい


関連
コケ処理用ミナミヌマエビ水槽その後…虫だらけ

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

GEXアクアクールファン レギュラーで水温を下げる

2017/7/17(月)

こちらのレビューで予告した通り冷却ファンを買い替えた
もちろん同じメーカーの現行モデルを選択

安定動作の為サーモスタットと同じメーカーで統一する方針
は今回も変わらない

60cm水槽での使用なのでレギュラーを選択したが大は小を
兼ねると言うしビッグと悩んだけれどサイズが大きいだけに
動作音も凄いというレビューを見て素直にレギュラーとした

パソコンの世界ではファンが大型化するほど風量は増すので
逆に回転数を抑えて静音化を図る製品が殆どだ

それでなくてもパソコンパーツとしての冷却ファンは性能も
良く出来るならばそちらを改造して水槽用にしたいくらい

でも電気工作の知識が無いし面倒くさいので既製品で済ます
水槽用のファンは安物を使ってるので音は大きく壊れやすい
印象を持ってる

実際前モデルのターボファンは4年間の使用で異音が出る様に
なった
当然だが夏季の間だけでしかも一日中回ってるわけもなし

まぁこんなものだと諦めるしかない



ジェックス アクアクールファン レギュラー


170620.jpg
パッケージ

170620[1]
内容物(本体、ACアダプタ、固定パーツ、説明書)


本体幅4.8cmが想像していたより遥かにコンパクトで驚く
ACアダプタもスリムタイプだ


170620[2]
固定パーツを設置

固定パーツは前モデルが金属製のボルトで水槽面のキズ防止
にプラ板が付属していた
しかしこちらはプラ製のボルトになっており気を使わなくて
設置が可能となっており進化している


170620[4]
本体をスライドさせ取り付ける


本当にこんな小さいファンで60cm水槽をまかなえるのか?
これならビッグを余裕で設置出来るが、、


170620[3]
ファン用サーモスタットと接続


こちらは壊れてないので継続使用
制御温度は26℃に設定
26℃以上になったらファンに通電しそれ以下になったら止まる
いわゆる逆サーモだ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GEX ファンサーモスタット FE−101N 関東当日便
価格:2970円(税込、送料別) (2017/7/18時点)


ジェックス ファン専用サーモスタット FE-101N


ヒーター用と違いあまり対応製品がないのでオススメ



〜実際に使用してみた結果〜

気化熱を利用した冷却は性能がどれも一緒に思える

水温を約4℃下げると謳ってるのはどのメーカーも同じ
逆に言えば26℃を維持するには室温を30℃以上にしてはならない

現実的にそんな室内にはいられないのでエアコンをつける

室温が27℃になればファンによる26℃維持は容易で間欠に回る程度
餌やりの時は生体の体温が上昇する為か回り出す事もある

日中不在で帰宅した時の室温が32℃
もちろん勢い良く回ってるが水温28℃以上にはなってない
なのでこのコンパクトさでも機能はしているようだ

名古屋住まいで室温が34、35℃とかになる事はないので心配無用
それに昨年までと比較してあまり水温が上がらない
多分LED照明に換えたおかげだろう


170620[5]
この様に角度が変えられるけど長辺の端に設置した時だけ
全体に風を送る事が可能な機能だ


あとは最低4年以上持ってくれれば良いかな?
しかしコンパクトゆえもの凄い高速回転が耐久性に与える影響は
検証が必要だ

高速回転と言えば騒音について

とは言ってもファンが小さいので例えばTVの音量を上げる事態
にはならない
むしろ排水パイプから流れる飛沫音の方が大きい



カメラのマイクが近いので大きく聴こえてるが実際はこれより
小さい


ベストセラー商品なので製品選びに悩む事はないだろうと思う

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ジェックス クリアLED パワーIII 600購入記

2017/6/4(日)

照明の蛍光灯は大体3年くらいで切れる…いや切れた

2度目の交換しようと思ったがそろそろLED照明が性能価格
とも実用的になってないかと物色してみた

熱帯魚飼育を初めた6年前にも検討したが当時は高い上に
性能も良くなかった

まだ出始めだったが今ではむしろ主流になってるほど進化
してる様なので鞍替えを決める

条件はまず自然光に近く水草の成長も促す点においても
白、青に赤の3色仕様である事
そしてタイマーを併用してるのでタッチスイッチ式ではない

この2点だ

そこで最安値から検索するとまず最初に該当した製品が今回
購入したGEXのクリアLEDパワーⅢ600である
この製品はベストセラー1位でもあるので安心して買える


ジェックス クリアLED パワーIII 600 60cm水槽用3色LED
観賞魚飼育・水草育成用 ライトリフト付


Ⅲという事は過去にⅡやⅠもあったのだろうか?
これより次に高い製品がコトブキのフラットLED 600


コトブキ フラットLED 600


1000円ほど値が上がるが性能にそれほど差はなくあえて選ぶ
のはメーカー推しくらいしか理由はないだろう



170514.jpg
パッケージが小さくて驚く


なるほどフラットデザインのスリムボディだゆえだな
もちろんLED照明の利点である事は言うまでもない


170514[2]
同梱物(本体、説明書、電源アダプタ、ライトリフト)


170514[3]
サイドに3色独立の電源スイッチ
それに水滴防止のゴムカバーがついている


設置は直乗せかライトリフトを使うか選べるけど直乗せの場合
飛沫がカバーに付着しカルシウムが白く固まると厄介

ガラス蓋を付けてる場合は熱がこもりLEDが故障しやすくなる
恐れがある
と言うかガラス蓋がないと万が一水槽内落下が怖い

よってスライド可動式で最大66cmの水槽幅にも対応出来るライト
リフトの使用は必須だ

天面から飼育魚の観察もしやすくなりメリットは大きい

ただデメリットとしては鑑賞する位置によってはガラス蓋にLEDの
電球が反射して映り水景を損なう

170514[5]
まるでショップに展示してある水槽の様で興ざめだ


設置完了したので比べてみる


170503.jpg
蛍光灯


170514[4]
LED


仮に蛍光灯が新品だったとしても明るさが断然に違う

奥まで光が届くので背面には置き石が映ってる
その置き石や底砂には水面のゆらめきが反射してすごく水景が
リアルで良い

これで消費電力は2灯式蛍光灯の半分以下!素晴らしい


製品として大絶賛だけど一つ気に入らないのは電源アダプタが
大きすぎる事だ
タイマーの上から指してるので2つの重みで電源タップが斜め
を向いてしまう…延長コードを100均ででも購入する

最後に


170604[1]
青色LEDのみ

170604.jpg
赤色LEDのみ


170604[2]
青・赤同時点灯が一番幻想的でお気に入りだ



追記2017/9/18
新たに30cm水槽用の照明を物色していて気付く
この製品今年の4月にリニューアルして製品名は変わらないが
基盤変更で性能アップしていた模様
なるほど購入時に特売だったのは在庫処分だったのか!
しかし性能アップと引き換えに消費電力も2.5W上がっていて微妙だ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード