エーハイム ナチュラルフローパイプ導入記

2017/5/2(火)

水槽の照明を買い換える事にした
金額的にこれ1つで送料無料になるのでこの際だから安い
用品をまとめて買っておこうと物色

その中で偶然にも発見したのがこの商品

2013年の後半あたりに発売された商品でエココンフォート
2234を購入したのが同年4月だったので知らずに過ごして
いたのだ

熱帯魚飼育生活も5年半が経過するも常々悩んでいるのが
苔対策

シャワーパイプの場合水流を強くすると黒髭の苔が増え
弱くすると水面に油膜が出来る

特に水草のアマゾンフロッグビットを導入してから水面に
餌が残りやすく流れが悪いと藍藻が発生する

なかなか上手いバランスが取れない

ナチュラルフローパイプは水流をゆるかに拡散しながら
排水する構造で水面の動きが活発になりまたエアレーション
効果もあるなどで理想的なアイテム

この商品ならそれらの悩みを解消してくれるのではと
価格も1,000円程度と安いので購入した



エーハイム ナチュラルオーバーフローパイプ


170425.jpg
商品パッケージ


コネクターがホースの口経に合わせて2種類付属してる
12/16mmと16/22mmだ

このコネクタは各種エーハイムフィルターに付属してるオーバー
フローパイプにポン付け出来る仕様


170425[1]
これまでのシャワーパイプ


170425[2]
油膜


60cm水槽なのでさほど圧迫感は無い

あとは動画で確認してもらいたい





使用して一週間が経過した

油膜は綺麗に無くなり黒髭も出てない
それとこれまでシャーとシャワーらしい音だったが
こちらはポドポドと自然らしい音に変わって癒やしの効果
もあるかな?

もっと早くに知っておけば良かったと思わせる水槽用品だ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コリドラスにキョーリンのクリーンイトメを試す

2016/12/17(土)

キョーリンの乾燥イトミミズが切れたので追加しようと思ったら
リニューアルしていて内容量が15gから10gに減った上に実売価格
も上がるという退化を知る

元々15gは多すぎると思っていたが値上げは許容出来ない

他に製品はないかと物色するとなんと指名買いしているキョーリン
冷凍赤虫と同じブランドでイトミミズは出てた事を知った

春頃に出た新製品とは気付かず赤虫同様食いつきが良いのでは
と購入





P1100098.jpg
パッケージ表

P1100099.jpg
パッケージ裏

コリ6匹あたり1キューブと書いてあったので13匹いるから2個を
餌の時間に「もぐもぐバスケット」へ入れて与えてみた

すると、、


[広告] VPS



乾燥イトミミズ以上の反響!

…は最初の内で半分は残ってしまった
餌には慣れが必要とされるので週一で与えてるペースから
一か月は様子見が必要だ

それより問題は水槽に残った分

全く食いつかなくしかも分解されない
糸状の物体が無数に残りストレーナースポンジも次第に詰まる

不純物がそれほど混ざってるのだろうか?
冷凍赤虫もそうだが何でも生餌に似せた栄養成分入りカプセル
でしかないという話も聞く

それはともかく与える量は1キューブのみに変更

…1か月後

その日に消化されるので良し
実験で冷凍赤虫と同時に与えるとコリはまず赤虫に殺到した
やはり評価としては少々微妙か?

でもコスパは良いし乾燥飼料は早めに使えきれないので新鮮な
冷凍飼料一押しで行く事にする

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

熱帯魚飼育5年目を振り返る~藍藻の恐怖!

2016/11/6(日)

2015年11月~2016年10月の1年間を振り返る

よくどれだけ環境を整えても飼育水の崩壊する時が来るとは
聞いていたけどそれだろうか?

3月になり突如藍藻が発生し瞬く間に水槽の水草等を覆いつくす
生体や水草を入れ替えた訳もなく餌の量も変えていない

なぜ発生したのか原因不明だがとにかく対策

抑制剤で有名な「エクスタミン」使用してみたが焼け石に水

結局は水草を全て処分しアクセサリー類は熱湯消毒した
飼育水も総取り換えでようやく発生が無くなった

悪夢をみていたかのようだ


殺風景になった水槽。。
被害を受けてない部分をトリミングしたウィローモスと
アヌビアスナナとアマゾンチドメグサとテルネスを再繁殖

当面はと人工水草を導入してみたがこれが厄介

通常の水草なら苔がついてもトリミングや木酢液で対処出来るが
人工水草の方はそれが不都合で除去がし辛い

結局人工水草は撤去した

しかし水質を安定させる為の水草として何か導入しなければと
悩んで決めたのが「アマゾンフロッグビット」

浮き草は繁殖が早く苔も付きにくい

風景としての水草は一旦止めて気分転換に流木メインから
置き石メインにしてみた
何といっても清掃が楽だ

P1100121.jpg


生体について

夏までにネオンテトラは全滅した
カージナルとグローライトは1匹ずつ星になった

いずれにせよテトラが飼育開始から6年目に突入するとは
想定外だ

他の生体は特に変化なし


水槽用品について

ガラス水槽の劣化が進む…
深めの傷も入りそこに苔が付き除去し難い

水槽とテーブルの間に敷いたクッションゴムは
ボロボロだ


餌について

ひかりクレストコリドラスからテトラコリドラスに変更

理由はメインの餌であるネオプロスとメーカーを変えた方が
栄養成分がバラエティに富むと考えたから

ちなみに一粒の重さは両製品とも一緒である


水質調整剤について

テトライージーバランスからスーパーバイコム21PDに変更
理由は同78とセットになったスターターで買った方が
得なので、、
イージーバランスと21PDの効能は一緒だが21PDの方が
使ってみて性能が良い


テトラコントラコロライン・テトラアクアセイフを新製品の
テトラコントラコロラインプラスに変更

これはアクアセイフと一緒になった製品でこれ1本で済むから


~飼育データ~

○生体
コリドラストリリネアトゥス 5匹(オス5)
コリドラスパンダ 8匹(オス5メス3)

カージナルテトラ 7匹
グローライトテトラ 7匹

エンゼルフィッシュ 1匹

○水草
アマゾンチドメグサ
アヌビアスナナ
ウィローモス
テネルス
アマゾンフロッグビット

○エサ
ネオプロス 一日2回小さじ1
テトラコリドラス 一日1回6粒
教材乾燥イトミミズ 週1回2個
冷凍クリーン赤虫 週1回2個

○水質調整剤
スーパーバイコム21PD 週1回
マジカルウォーター 週1回

※水替え時に追加
テトラコントラコロラインプラス
スーパーバイコム78

水替え→3週間ごとに20L
外部フィルター清掃→6週間ごと

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

熱帯魚の飼育水作りに赤外線温度計TN006が便利

2016/3/5(土)

バスポンプに続き水替えが楽になるアイテムはないかと一連の
作業を思い出しこれはとひらめいたのは飼育水の水温計測

風呂場でお湯と水を適当に出してバケツいっぱい(20L)になった
ところでデジタル水温計を投入して計測していた

当方の環境では24℃が最適でそれに合わせて微調整をしていた

ここで煩わしい点が2つある

一つ目は水槽に設置してあるデジタル水温計を取り外すのが面倒
なので故障に備えて保管してる予備のデジタル水温計を使うの
だが通常使わないので電池を抜いてある

本体にON/OFFが無く電池を無駄に消耗するだけなので使わない
時は電池を外す

この電池を入れて測ってからセンサーの水気を拭いて電池を
抜いてという作業

二つ目はその測定時間

水温の表示が安定するまでしばらく観測が必要で時間の無駄

この2点を瞬く間に解決するアイテム

それが「赤外線温度計」である

非接触で0.5秒と瞬時に温度が表示される
しかもかなりの正確さとの評価レビュー

Amazonnでベストセラーの商品
オーム電機の赤外線温度計「TN006」に目が留まった

価格は1600円と競合機種の中では最安値の部類
他にも利用価値があるので十分元の取れる金額だ





P1090552.jpg
パッケージ

P1090553.jpg
内容物(本体、説明書、黒体テープ、テスト電池内蔵)

テープは上手く反射出来ない表面に張り付けてより正確な
計測をするものだけど…白いテープが付属していた…ん?

水温を測るには関係ないのでこれは使わない

電池も仕様だと寿命が連続使用で約15時間~20時間
これはもう一生交換が不要だろ。笑


~早速実験~

バケツに20Lの飼育水を作る

P1090574.jpg
ニチドウ マルチ水温計…23.6℃

P1090573.jpg
オーム電機 赤外線温度計「TN006」…23.2℃


たぶん前者は水中で後者は水面の測定位置
水面の方が気化で温度が低めに出るのだろう
このあたりを考慮して測れば問題なし

十分使えるしやはり便利!
なにせワンボタンで瞬時に測れるのだ

応用としては特に夏場必要になる気化した水の補充作業
2Lのペットボトルで作ってるがこれも簡単

P1090576.jpg
このように測れる


注意点は水回りで使用する時に落としてしまうこと
防水仕様でないからストラップを腕にかける事を忘れては
ならない!


アクアリウム以外に実用的なものが料理中の油の温度測定

加熱をして設定温度になるとアラームが鳴るけど実際に
揚げていると温度変化が激しく上手く揚がらない時もある

てんぷら鍋用の温度計もあるが油がこびれついて掃除が大変

そこでこのアイテムが活躍した
測定値もコンロの設定より-5℃だったがこちらが実は正解
なのかもしれない?
所詮はガスコンロの汚れたセンサーだ


それにしても最初だけだが面白かった
そこら中のありとあらゆる物の温度が測れるからいろいろ
試して遊んだ

ちなみにインスタントコーヒーの入れるお湯の温度は90℃が
理想とのことだが実際に入れたカップのコーヒーは60℃に
なっていた

つまりコーヒーの飲み頃は60℃って事だろう

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

バスポンプ湯ポポン10で飼育水の水替えに挑戦

2015/11/23(月)

熱帯魚を飼育する上でバスポンプを水替えに使うと便利とは
以前から聞いていたが思い切って導入してみた

バスポンプとはお風呂の残り湯をくみ上げて洗濯機に流す装置
その相関関係を飼育水と水槽に置き換えたものだ

安くてある程度の好評なのがタイトルの製品

ある程度というのはこのメーカーや製品に限らずバスポンプの
モーターは壊れやすいとの意見が多い
まして用途の違う使い方なので全て自己責任による導入だ




商品リンクは4mのホース付きのBP-40だけど実際はさらに専用収納
BOXの付いたBP-41を購入した
別に収納出きれば100均の物でも構わない


P1080897.jpg
2Lペットボトルと製品のサイズ比較

P1080898.jpg
内容物:ポンプ本体、電源器、4mホース、ホースホルダー


水替えは3週に一度で60cm水槽に毎回20Lを替えてる

20Lバケツに水とお湯で24℃の適温調節
テトラのコントラコロラインとアクアセイフで飼育水を作る

バケツを水槽の前に持っていき装置をセット

P1090223.jpg
飼育水側

P1090224.jpg
水槽側


電源ON!

2~3分の間で20Lの給水完了

時間が短いのでホースは固定せず手で持って作業する

片手桶で作業してた時と比べて水も飛び散らず楽々に作業を
終える事が出来た
もっと早くから導入しておけばと後悔するくらいだ

注意点は2つ

水流が強いのでそのまま流すと底砂が巻き上がってしまう
よってガラス面にホースを当てて水流を拡散させた

水が残りわずかとなると空運転するのですぐさま電源をOFFにする
故障の原因になかねない
逆に言えば全て入れるのでタイマー付きの製品は不要だ

給水が終わったらポンプをふき取りホースは中に若干残った
飼育水を出してしばらく自然乾燥


さて問題は器具の耐久性
風呂の残り湯よりは不純物が無く負担も少ないと思う
個人的には3週に一度使うだけなので長持ちして欲しい

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード