欅坂46全国ツアー2017愛知公演の感想と課題点

2017/8/17(木)

ツアー名:欅坂46全国ツアー2017「真っ白なものは汚したくなる」
会場:日本ガイシホール(愛知)
公演日:8月17日(木)
開場17:00
開演18:30

今回欅坂の現場へ行くのも本格的な記事にするのも初めて
…よって新たに欅坂のカテゴリを追加した
しかし残念ながら乃木坂ほど記事にする機会はないだろう

欅坂における当方の推しスタンス
それはメンバー個人に興味を抱かない事
箱推しに留める事
ただし"けやかけ"は生配信ないし動画で観てる

現在乃木坂ファンを名乗っているが箱としては興味が殆ど無い
そうなった理由は多々あるがその一つにメンバーを知るほど
嫌な面も見えそれが全体に対する熱意に影響するという事だ

末永く応援する一つの方法論として欅坂に実践し始めてみた

とは言えやはり平手友梨奈が率いるグループなので彼女を受け
入れるのが前提のグループであるのは致し方ない
なぜ致し方ないと気持ちが後ろ向きなのかは後述する


自己紹介的な書き出しとなったが本題

先に述べた事情もあるのでメンバーの名前と顔が一致するのは
10名ほどしかおらずMCの書き起こしをしようとしても誰が話して
いるのかわからないので割愛してる部分もある

なので今回のレポは

1.入場編
2.ライブの特に演出面での感想(ネタバレ有)
3.平手友梨奈という人物について
4.問題点と今後の課題

という構成になります


1.入場編


現場として全体的には過去に行われた乃木坂ガイシ公演に同じ


170817[12]
ツアートレーラー

推しタオルを掲げての記念撮影会場


170817.jpg
グッズ売り場

事前申し込み会場受取りといったシステムのある欅坂は
乃木坂ほど混乱が見られない模様

170817[1]

170817[3]

売り切れの定番である写真やソロタオルが売り切れずに残ってる
のはファンからすれば喜ばしい

ただしどの会場でもツアーTシャツとトラックのミニカーは争奪戦で
注意するアイテムでありここ名古屋でも昨日の初日から完売が
出ていた


170817[2]
会場限定ガチャガチャコーナー

170817[4]
1回500円でソロのアクリルキーホルダーor缶バッジが出る

当然前者の方が市場価値は高い
在庫は潤沢なようで後回しでも問題無さそう


170817[5]
CD販売所

アルバム購入者にはB3ポスターがもらえる
漢字とひらがなの2種あり好きな方を選べるが絵柄は未確認


170817[6]
ファンクラブ会員限定抽選会の商品受け取りブース

スマホの公式FCサイトで事前に抽選
当たりでワッペンTシャツ※各会場10名
参加賞でオリジナルステッカーシートがもらえる
現場での入会もOKだ


170817[9]
会場別チェックインアイコン受取QRコード

これも会員限定のサービス


170817[11]
今回導入されている電子チケット確認風景
OKならスマホの画面に電子スタンプが押される

当方は従来の紙チケット+運転免許証の組み合わせで入場したが
速くて問題もない
ただしどのタイプのチケットであろうと写真と顔を見合わせて
確認していた点は念入りだった

他に荷物検査はザルで金属探知も感知度最弱なのはいつも通り

ちなみに来場者の男女比は乃木坂の現場と変わらない
ただし女性の年齢層は10代が目につく
ファンション誌分野の差だろう


170817[13]
入場後の正面通路に欅坂フラッグが展示してありここも記念撮影
するファンの多いポイントであった

献花はアリーナ入口にしかないのでなのでスタンドの当方には
確認のしようがなかった


170817[14]
座席はスタンドのステージサイドと距離で言えば近いがモニター
による演出が多く見辛いのであまりオススメ出来ない


P1062084.jpg
ステージは初めて見るパターンでY字
中央はセンターステージというより演出用のステージであった

なので殆どの楽曲はメインステージのみ

定刻より10分遅れで開演
平手欠席のアナウンスは無かったので参加は確定と胸を撫で下ろす



2.公演の感想


影ナレ:織田奈那 小林由依

Overture

① エキセントリック             

② 月曜日の朝、スカートを切られた      

③ 東京タワーはどこから見える?       

④ 語るなら未来を…             

⑤ 永遠の白線                

⑥ 100年待てば               

⑦ AM1:27                  

⑧ バレエと少年               

⑨ 少女には戻れない             

⑩ ここにない足跡              

⑪ 沈黙した恋人よ            

⑫ 君をもう探さない             

⑬ 誰よりも高く跳べ!          

⑭ 世界には愛しかない           

⑮ 危なっかしい計画            

⑯ 太陽は見上げる人を選ばない       
AN
⑰ 不協和音                           

⑱ サイレントマジョリティー        

⑲ W-KEYAKIZAKAの詩


公演時間:約125分


開始前に2曲目まで演出の都合上ペンライト点灯禁止との事

そのわけは横断幕のようにステージ前面に降りてる透過スクリーン
越しにメンバーがスポットライトを浴びつつダンスや歌唱をする

プロジェクションマッピングも駆使するのでペンライトの明るさが
演出の妨害となるわけだ
このタイプの演出は初体験。。
しかも②の前に月スカをイメージした無声の演劇も入る凝りよう

上段からよつん這いになったメンバーの背中を階段にして降りる平手
など凄い事をやらせてるもんだと感心

その流れの②はステージ一面が大量の霧(ドライアイス?)で覆われ
まるで雲海!
膝まで浸かるほどの霧の床に寝かされる平手がとてつもなく幻想的
本公演で一番感動した演出だ

④と⑤の間にダンスパフォーマンスが入るけどこれは乃木坂でも
見る光景

⑤が終わると”ねる”だけステージに残りY字の先端に移動
そこからゴンドラに乗り客席の後方で浮かんでいた7つの巨大な
バルーンが繋がれ空中に舞い上がる”ねる”

スタンドの最上段まで届く高さでアリーナを半周しながら自身の
ソロ曲である⑥を披露

気球の演出も初体験で興奮した
てっきり乃木坂のようにトロッコに乗って回るだけだと思ったので
不意をつかれた感じ

当然だが気球の操作はロープで繋がれたゴンドラをスタッフが
引っ張る人力だ

⑧ではY字中央のセンターステージとも言える部分に上空で待機して
あったピラミッドのモニュメントが降りて来てその中に入った状態での
歌とダンス

LEDとレーザー光線を派手に使った演出も良かった

⑩では歌詞に合わせてモニターは波打ち際の映像を流し途中観客への
協力要請で客席一周のウェーブをした
ただの煽りの一環でなく意味のあるウェーブだ

⑪は運良く沈黙の回に当たって超ラッキー!
この11曲目は日替わりでもう一パターンは「猫の名前」

⑫は平手が必死にならざるを得ない曲目

1番を終えると一人だけ捌けてY字中央に移動
そこは既にピラミッド状態になっており中でパフォーマンス
曲の終わりに再び走ってメインステージに戻る

体調不良と思われてるので大変だが、、(後述)

アンコール後の1曲目も日替わり
一番楽しみにしていた二人セゾンでなく不協和音でガッカリ

しかし平手が不参加だと不協和音とサイマジョはカットされるそう
なので場内歓喜の様子

でもたったの4曲しかないシングルを日替わりにするとはこれも
平手の都合なのか?

この⑱では最後の平手「僕は嫌だ」に合わせて爆発の音玉
他の曲ではスモークの特効もあったがモニターでの演出がメイン
で特効にはあまりお金をかけてない公演だ


〜総括〜
アルバムで神曲の「永遠の白線」「沈黙した恋人よ」が観れて満足
これでセゾンがあれば大満足だった、、

全ての楽曲がフルサイズで充足度が高い

それと「100年待てば」

個人に興味は持たないと書いたが…長濱ねるの歌声が好きだ
あの少し鼻に詰まったような甘ったるい声が実にアイドルらしい
80年代を彷彿とさせる

実質ソロの「乗り遅れたバス」の方がより好きなのでいずれ見たい
がその前に彼女には今より10kgほど痩せてもらえるとビジュアルも
格段に上がるので要望したい

日本ガイシホールは音響の良いところだが今回はその印象が更に
良くなるほど欅坂のサウンドを限界まで鳴らせてくれた
スピーカーに近い座席だったからかもしれないが。笑

総合的に採点すると…80点

マイナス20点は諸刃の剣である平手友梨奈の存在だ


3.平手友梨奈

名古屋市近郊の出身という事でMCなど特別な計らいを期待したが
それどころかソロパートの歌唱以外で彼女は肉声を一言も発せず

何かのインタビューで地元が嫌で東京へ来たと発言しているが
そんなに小中学校時代がトラウマなのか?

ともかくダンスにキレは無く生のソロパートもほとんどマイクに声が
乗っていなかったり腕は上げないし手も振らないし挙句は欅坂46の
手の振りまで一人だけしない始末

MCで並んでる時の貞子状態はいつも通りか。笑

かと思えば今回だとセカアイで立ち位置を間違えて隣のメンバーに
向かいキャハハ笑いをするなどライブ外では笑顔を多く見せていた

体調不良?…果たしてそうだろうか

所々で実売4万円の高性能双眼鏡を使い彼女を追っていた
それで得た自分の印象は…

これ普通の反抗期じゃないかと?

彼女の歳に誰もが通過する反抗期。。
ただふてくされてるだけなのを体調不良と勘違いさせてるのでは
ないかと思えてならなかった

ちなみに反抗期は中二病とは違う
中二病は逆に自己主張が強くアグレッシブであるものだ

例えばサイマジョで思ったのはダンスやフォーメーション移動は
身に染みた体に任せて思考はしていない…まるでからくり人形

なれば他のあらゆる担当楽曲も体に任せてやり遂げられる点は
天才的にも思える
その才能が前向きに反応していない

彼女はサイマジョを歌うのが嫌でたまらないのだろう
常にセンターの宿命を背負わされてるのも嫌なのだ

本ツアーも一番の運動量を課せられておりステージ間の移動が
一人だけ突出しているのでよく走らされていた

なぜわたしばかり苦労を課せられるのだとまわりの大人に対して
反抗を態度にして現わす
その辺を彼女のパフォーマンスを見ていて受け取れた


4.問題点と今後の課題

だからどうしろとは言えない、、

しかしその平手のテンションがグループ全体に暗い影を落としてる
公演全体に流れるどことなく重い空気

平手がそこにいるだけでMC進行もギクシャクした感じ
メンバーに張り詰める緊張感と取り繕い

平手一人の為にグループが一体感に欠けている
構成が良いだけに煮え切れない歯がゆさが残った公演だった

やはりカウンセリングをして今後どうしたいのか話し合うべき

松井珠理奈のように甘やかされてるのをそのまま受け入れ駄目な
大人になってしまう事はないと思うが秋元康の寵愛メンバーとして
ふてくされたまま大人になってしまうのは忍びない

ともかく5thシングルからの方向性を決めねばならないだろう
センターを下ろすか継続させるか…欅坂を引退させるのか、、

個人的には本当の意味で完全復活してもらいたい

本気の平手のオーラに凄まじものがあるのを知っている
自分はライブでそれを見て震えたい欲求があるのだ

頼むぞ平手友梨奈…己の宿命を乗り越えろ!


もう一つはペンライトについて

サイリウムでも良いけど厳密には電池式をサイリウムとは言わない
が…まぁいい

欅坂の特色として曲によってライトの色が決められすぎている
乃木坂でもこれはありえない

普通ライトを一色に染めるのは客席の一体感を演出するもので
ここぞという時以外にやるべきでないと思う
なぜならばそれを見るメンバーは普段から目にする事によりその
光景に慣れ感動しなくなるからだ

例えば卒コンがよい例だ

いざという時を考えるべきだろう
それにメンバー毎に設定されてるカラーの使い所がないではないか

自分自身は双眼鏡とメモ帳にボールペンでペンライトを持つ余裕
など全くないのだが。笑 

検討すべき課題だと提示したい
スポンサーサイト

テーマ : 欅坂46
ジャンル : アイドル・芸能

舞台あさひなぐ愛知公演大千秋楽の感想

2017/6/11(日)

千秋楽と千穐楽
木造の舞台において火という漢字は縁起が悪いので
千穐楽という当て字を昔は使われていたそうな

閑話休題

推しメン齋藤飛鳥主演で座長の舞台「あさひなぐ」

原作は未読というか舞台発表時に初めて存在を知った作品
大人気らしいけど内容は古典的なスポ根ものでスポーツの
題材が薙刀というは珍しく受けてるのだろうか?

今のスポーツ漫画は特殊能力を持った中高校生のスーパー
プレイの応酬が主流だと思うしそっちの方が好み
又は異世界の女騎士が現世界に来て薙刀をやるはめになる
ラノベ系の話も受けるだろう

さて置き開演前にTwitterで「あまり乗り気な鑑賞でない」
と意気込みを述べたがその理由は、、

齋藤飛鳥を観たいよりも生駒里奈を観たくないの感情が
上回ってるからである

いずれ乃木坂ファン卒業宣言と共にそれら事情も説明する
ので割愛するけど数増えた嫌いなメンバーの内の筆頭だ

その生駒は本舞台でもハイパー自己中ぶりを発揮

恐らく終演後の挨拶では共演者の立場を無視したまるで
自身が主役で座長の様な大演説をするだろうと予想したが
まさにその通りのなった

Twitterででも予言しておけば良かった少々後悔したり、、


こんな話はどうでもよいので本題に戻ろう


〜入場編〜

170611.jpg
場所は「愛知県芸術劇場」

この現場は2010年の℃-ute夏コン以来7年ぶり

当時はコンサートワッチにはまっておりこの会場での盗聴
ポイントは1Fトイレの入口通路だったなと回想したり。。


170611[1]
開演10分を切っていたので入場する

グッズ売り場は外からも中からも様子が伺えず何やら売り切れ
もあるみたいだがスルー

入場時の身分証チェックは当然ない

それもそのはずこの舞台は乃木坂の単独公演ではない一般向け
舞台であるのでそんな事はしない
よって荷物検査も金属探知機もザルであった

乃木坂というよりは「真琴つばさwith乃木坂46」的な舞台だ


170611[2]
客席は4F

舞台は小さく見え演者は男女の区別はつくけど表情までは読み
取れない場所
しかし10倍双眼鏡には絶好の距離だ

2500席の内2F以上のサイド席を潰していたので大千穐楽の
動員数は約2300人強と思われる

これで満員御礼との事


〜本編の感想〜

漫画原作だから許されるのだろうけど高校生役が茶髪だらけで
良いのかと第一印象
薙刀は剣道の様な精神修行も込みのスポーツに思うので何か
安っぽく映った

というか剣道の武器違いなのでそうすると舞台に不向きと
なるのが防具の面である

アイドルの顔が完全に隠れて見えない

映像作品なら面越しに表情を映し出す事は容易だけど舞台で
これをやられると興ざめする

それもあってか試合でなく稽古のシーンがメインで助かった

ただ合宿シーンは原作と離れて乃木坂ファンサービスを増や
しても良かったように思う

やはり所々で「そこから歌だろ」と思うシーンがある

アイドルの舞台なのだからミュージカルかそれ風でないと
意味がない

その点舞台「じょしらく」ではファンサービスが行き届いてた

短い時間で原作準拠という制約は演出家も頭を悩ませた事だろう

しかし防具をつける解説シーンはとても懐かしい記憶が蘇る
剣道は中学の必須授業だったので「紐の結び方はああだった」
とか見入ってしまった

現在の公立中学にも剣道の授業はあるのだろうか?

ちなみに噂で期待していた水泳特訓のシーン
飛鳥がスク水着用と聞いていたが実際は紺のタンクトップで
某匿名掲示板の書き込みに騙された思い。。

共演男性との接触的絡みは皆無に等しくアイドルファンに配慮
したのか原作通りかは不明

ストーリーの感想は特に無し
「勇気」をテーマにしてるところも今更で弱かった

今回の舞台ストーリーはむしろ序章でこの先から面白くなると
原作ファンの話を聞いたがそうなのかもしれない

そんな中で息を吐いていたのが若月(宮路真春)の演技に思う
舞台経験が多い為か良くも悪くも空気が違う

その迫力で主役の飛鳥を食っておりどちらが主人公の物語か
わからなくなるくらいだった
(本人の意気込みは相当でカーテンコールには薙刀で鍛え上げた
二の腕の筋肉を披露した)

事前知識では飛鳥vs堀(一堂寧々)の物語に思っていたが二人
の絡みは全くといってよいほど無く拍子抜け

本当にこんな原作なのか?と映画版の予告だとめちゃくちゃ
絡んでる様なので真相はわからない

更に脇役となる衛藤(寒河江純)と北野(的林つぐみ)はいなく
ても成立するくらいだった

舞台ゆえ個々のキャラクターを掘り起す時間が無いので仕方が
ないと言える

活躍した印象度は飛鳥を除き

若月>生駒>新内≧井上>堀その他

飛鳥が主人公らしくなったのは最後の試合での必殺技?披露
まででその間どちらかと言えばストーリーテラー役だった

なのであまりカタルシスが無い
それが鑑賞後も心を動かされなかった理由にあると思う

そういえば驚いたのが新内眞衣

実はカーテンコールに登場するまで本人と認識出来なかった
なんか太りすぎ?で別人だ

そのカーテンコールは全員集合のアンサンブルカーテンコール
で一人ずつ感想を述べていく形となった

皆さん感謝を主軸にした無難なコメントに…男性陣は笑いを取りに
とあるあるな光景

先に述べた生駒のコメントは書き起こすのも嫌なので他のSNSで

北野が暗い顔で「最近いろいろあって」と場内をざわついた空気
にしたのだが何があったのか不明
18th選抜落ちとか?ともあれあの態度は良くなかった

真琴つばさのコメントからは今時の舞台集客の難しさにアイドル
の招致は欠かせないような裏側を匂わせた

生田絵梨花も演技はさほどでない(噂)のに重宝されるのは乃木坂
ブランドの力が大きいのだろう

飛鳥は泣きながらもコメントを用意していた様でしっかりしてた
内容的には普通なのだが元々語らない性格なので立派に思えた


最後に捌ける時は飛鳥と堀が抱き合ったあと今日までの舞台で
していたというアメリカ流のスキンシップな挨拶を披露
(大リーガー同士がやってるようなやつ)

しかしそこまで絡みがないのだが。笑

観客がスタンディングオベーションしつつ2度目のカーテンコール

ここでは飛鳥一人がコメントを求められたが今度は不用意な
様子でグダグダになる

まわりから「早く何か喋れよ」的な視線を受け続ければ緊張で
気が動転してしまうのはやむを得ない

舞台で東島の名セリフ「私は薙刀が好き!」からもじった
「皆さんが好き!」で締めくくり

真琴つばさが最後まで飛鳥をフォローしてくれていた
さすがはベテランである


〜総括〜
多分原作は群像劇だと思うけどそれを舞台でしかも低予算で
再現するのは難しいのだろう

映画のような格好良いカット割りと派手な演出がこの作品には
合ってると思う

薙刀が地味なだけにキャラクターを多く書かなければつまらない

特に飛鳥は自称ダークというだけに熱血キャラとして描くには
演者の演技力だけでは不足だ

乃木坂ありきの舞台なら何でも良いというわけにはいかない事を
改めてわかる舞台であった

しかし"じょしらく"といい何かズレてる気がする

むしろ乃木坂ファン以外が大挙して訪れる
そんな原作選びをしてもらいたいしそれがメンバーの為にもなる

ただし非恋愛もので。笑


データ
場所:愛知県芸術劇場
開場12:00
開演13::00
第一部 約1時間15分
休憩 約20分
第二部 約1時間15分
カーテンコール(千秋楽版) 約30分

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

サヨナラの意味 名古屋個別握手会雑感

2016/12/18(日)

11月の裸足でSummer名古屋個握に続き今回もサボタージュを
するつもりだったか時節柄会場はサンタコス祭りとのこと

唯一券を持っている飛鳥も例外でなく私服はいつでも見られるが
サンタコスでしかも名古屋と被るのはもう金輪際無いかもしれない

重い腰を上げてポートメッセなごやへ向かった

ただ持っている券は5部のみ

すぐに新幹線で帰郷する彼女らは私服に戻してる可能性が高く
運を天にゆだねる


IMG_3286.jpg
欅坂46の握手会も隣接ホールで開催中


二人セゾンに激ハマりしてるので興味津々だったが握手終えたら
さっと帰りたいので寄らないことにする

手荷物検査を過ぎてからが凄かった

未だかかつてこれほどの入場列を見た事がない
しかも完売していても過疎っている名古屋の最終部だ

何重にも蛇行して歩かされた

しかし握手ブースに入るとそれほどすし詰めでない
そう皆レーンに並んでるからである

特に微動だにしない橋本レーンはひと際目立つ

次いで西野レーン

飛鳥と白石はいつもの5部だった
白石は今回一次でも比較的当選し易かったので人気の低下が
伺える
※以上ハルジオン個握名古屋比

そうはいっても全体の人気はうなぎ上り

1人あたりの保有枚数が減少した為に今回のような大混雑になって
いるのだ

ともかく名古屋はここポートメッセの上は使用料の高いとされる
ナゴヤドームしか会場がないので運営は乃木坂の終焉までここで
やり繰りするしかないだろう


それで本題である飛鳥さ~んとの握手。。


IMG_3285.jpg
No.3飛鳥レーン前(19時頃)
ちなみにこの右側に見える列が橋本レーン


残念ながら私服に戻しており自分の目的は達成されず

モコモコのセーターにミニスカートだったかな?
それはそれで可愛かったけどテンションガタ落ちで最後に来年も
よろくしと挨拶をしただけで終えた


正直握手会は無論アイドルファンという趣味自体から引退も
考えてるので来年はあるけど再来年はないかも?

年始の恒例ブログ挨拶で乃木坂の現状における心境と
2017年ヲタ活の抱負を語る予定

それはさて置き、、

今週あたりに17thシングルの選抜発表が内々にされる
先週までに済んでるかもしれないが各メンバーの意味深発言には
注目だ!

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46真夏の全国ツアー2016ガイド&大阪感想

2016/7/23(土)昼
場所:大阪城ホール

開場10:30
開演12:00

大阪2日目となるこの公演
あえて初日の情報は仕入れずに挑んだ

通称「城ホール」と呼ばれる今回の会場
昨年の大阪も同会場だったが平日公演という事で遠征は叶わず

よっていつ以来だろうか…ハロプロヲタ時代まで遡るか?
記憶が定かでないくらい


開演1時間前に到着
大阪城のあるホール裏手のグッズ売り場の様子を探る

横6列を確認しおよその縦列を数えて計算したら1500人くらい
並んでいた
しかもこのグッズ列とは別に生写真専用の販売列もあった


P1090926.jpg
左が生写真、右がグッズ全般の列
グッズ列ははるか奥まで伸びている


P1090924.jpg
グッズ売り場の回転は速い
売り切れがないようなので迷いがないのもあるからだろう


P1090912_20160725141932ed7.jpg
生写真売り場


P1090913_20160725142017306.jpg
その隣でどこのライブ会場でも過疎ってるCD販売所


奥に進むとスクラッチカードのもらえるキャンペーンブースが並ぶ

物販で3000円購入ごとにもらえる赤色のスクラッチカード
これを持ち交換所に並ぶ長い列


P1090915.jpg
赤色交換所

この辺りの流れは公式で確認すればわかりやすい


P1090923.jpg
反対側にはモバイル会員向けのスクラッチキャンペーンブース

事前に公式壁紙ダウンロードorお友達紹介キャンペーンご参加し
その参加画面をブースの人見せれば青色のスクラッチカードが
貰えるようだ


P1090917_20160725142548177.jpg
その交換所でこちらも盛況


P1090922.jpg
この携帯クリーナーはソログッズとして販売してほしいところだ


双方のスクラッチカードにはサイングッズが当たる応募券が
付いていて赤は3枚青は1枚付いてくる


P1090921_20160725142701348.jpg
欲しいメンバーのBOXに投じる


例えば4枚持っていたら4枚とも一人のメンバーに応募した方が
当選率は上がる

この抽選は昼公演、夜公演の後に発表され(つまり締め切りは
昼・夜公演のある会場は2回)キャンペーンブースにあるこちらに
掲示されるようだ

P1090914.jpg


物販ブースは以上

開演10分前…時間もそろそろなので入場口へ向かう
スタンド・アリーナは同じ入り口だけど立ち見席だけは別の
入口に並ばされていた

会場入り口と物販ブースの途中に恒例となってるツアートラック
が停車しており多くの客が記念撮影している

P1090928.jpg
右側面

P1090929.jpg
左側面


でも一番人気はこの写真の隣に立ってメンバーとの2ショット
撮影だろう

P1090930.jpg


ボッチにはつらい

入口付近にはこれまた恒例のメンバー別のぼりが展示してある


P1090936.jpg
ここに注目!


…知ってる人はすぐにわかったであろう
「西野七瀬」ののぼりだけが無いのだ!

実は旗の部分だけ初日に盗難された事が話題となっていた
予備が無いようでこの様な対応をしていた

この時の警備員はクビになったかもね
実行犯にはそこまでの想像力はないだろう、、


入場は荷物チェック→金属探知機と続くが相変わらずのザル
荷物は口頭確認のみで荷物のチェックは無し
金属探知機はベルト・スマホ・時計・財布を身に着けてるのに
無反応

当然身分証確認も無し

入場するとチラシが貰えた
中には1000円OFFクーポンコードが貼ってあるメンバー柄の
プラカードも同梱されていた

P1090939.jpg

「sizebook」という靴専門のショッピングサイトのアプリを
DLして会員登録しキャンペーン応募すると今度の神宮チケットが
当たったりするそうな

クーポンはそのサイトでのお買い物に使える

入口入ってすぐに関係者の花

IMG_2941.jpg

スカパーには4thBDライブの生中継に期待したい

ここから右手通路にはファン有志からの花が展示してあった


座席はe+の先行で入手出来た
モバイル会員先行→楽天チケット先行→各プレイガイド先行

ここまで来てるので良席のわけもなくスタンドCの中列だった


P1062077.jpg
そこからの眺め※開演直前の様子

スタンドC・D・Eはメインステージから最も離れてる
しかもセンターステージまでしかなく外周も無いので干されだ

立ち見客はスタンド最上段にいた
満員御礼と言いたいところだが城ホールってこんなに小さい箱
だったか?という眺め

本日8000人が来場し混雑する旨が駅の改札に掲示してあった
でも城ホールは16000人収容だったはず

I~Mまでのスタンド未使用
かなり占有してるセンターステージにトロッコ移動のため通路
を広くとってあるスカスカのアリーナ席

こんなものかもしれない

3分押しで開演


7/23大阪昼セットリスト(2ch乃木坂46板より転載・修正)

影アナ(衛藤、北野、蘭世)
M00 Overture
M01 裸足でsummer
M02 太陽ノック
M03 夏のfree&easy
M04 僕だけの光
MC1
M05 世界で一番孤独なLover ※飛鳥センター
M06 嫉妬の権利 ※白石センター
M07 立ち直り中 ※生田センター
M08 隙間 ※橋本センター
M09 魚たちのLOVE SONG ※西野衛藤参加
M10 他の星から ※生田衛藤代打
M11 きっかけ
MC2
M12 かき氷の片想い ★
M13 空気感 ★
M14 シークレットグラフィティー
~ギガ200のコーナー~
~乃木恋コラボのコーナー~
M15 制服を脱いでサヨナラを ★ ※衛藤センター
M16 私のために誰かのために ★ ※井上センター
M17 制服のマネキン ★
M18 今、話したい誰かがいる ★ ※堀追加
M19 君の名は希望
M20 ロマンスのスタート
M21 そんなバカな…
M22 ダンケシェーン
M23 ガールズルール
アンコール
M24 おいでシャンプー
M25 走れbicycle
MC3
M26 乃木坂の詩

★…日替わり曲

公演時間約1時間30分


MC1 初日後の晩飯でさゆりんご軍団との飯の取り合いで
負けた西野の話。
本日川村真洋誕生日にちなんだ客席コール。
星野みなみの関西弁披露「みんなのこと好きやねん」。

MC2 ダークと言われてきたが今回のセンターでアイドル
スマイルが増えたとあしゅ。
若月曰く裸足でSummerジャケ写で3列目は美肌モードで撮った
事に他のメンバーから非難
実際には使われなかったがブックレットの中にはあるので
探してとの事。

ギガ200のコーナー 歌披露と衣装が暑いとのトーク。
犬派or猫派のアンケートにほとんどのメンバーが犬派を挙げる。
高山トイプードルを飼うも明らかに大きく成長し違う種類を
飼わされた疑惑トーク。
あしゅは猫派に挙げるも家で飼ってるのは犬と告白
ただし動物アレルギーで近寄れないと笑いを取る

乃木恋のコーナー ゲーム画面に見立てた実写版
NOGIBINGO!の妄想リクエストと同じ内容。
主役は日替わりで最後にサポートメンバーと生歌披露
2回行われる
衛藤美沙→「制服を脱いでサヨナラを・・・」
井上小百合→「私のために 誰かのために」

MC3 齋藤飛鳥が代表し公演の総括
これは毎公演やってる模様
1曲目のステージ登場で自分だけスタンバイ位置が違う事が
初めて。
2期生とは歳が近くナメてくれるし他にもみんなが自分を支え
てくれて友達がいない自分にはありがたくこの業界に入って
人間の良さを知ることができた。
こんなに素晴らしいメンバーを支えられるのはファンしか
いないのでこれからもよろしくと言って締める。


~齋藤飛鳥推しから見た公演感想~

M01は昨年太陽ノック始まりだったので予想はされていたが
やはり浸透していない未発売の曲を一曲目に持ってくるのは
いまいち盛り上がりに欠ける

タオルを使った応援は持っていてもやらない人が多数いた
浸透してないのかサイリウムを持ち替えるのが面倒なのかは
定かでない

唐突な曲順より例えばMCでセンター宣言後とかの方が入りやすい

M03で早くもトロッコ登場
トロッコ自体は良いサービスと思うが演出面から言うと手抜き
に思えそれがここから登場するということはこの先の不安しか
なかった

MC1あしゅが冒頭の挨拶「こんにちは」というべきところを
「こんばんは」と言ってしまいメンバーから突っ込まれまくる
屋内で窓もないから昼も夜も関係ないけど緊張が伺えた

ちなみに没となった裸足でSummerの赤衣装はアンダーが再利用
していた
捨てるの惜しいわな

M05はあしゅセンターだと事前に知ってはいたが生歌ではなく
ツアー用に録った音源に聞こえた

今回生歌に思ったのは乃木恋のコーナーとアンコール後くらい
しかない

M07の花びらに見立てた紙吹雪演出が良かった
衣装もそんな感じでマッチしてた

M11のきっかけはペアとなる桜井玲香が病欠のためあしゅ一人
きりでのダンスに寂しさを感じた

他にも基本的に誰かが玲香のアンダーで入ることはなく急な
トラブルだった事と推察する

乃木恋のコーナーはコーナー自体は推しメンなら最高だけど
問題は生歌パート
メンバー構成を控えていないけど井上組は聞けた方
しかし衛藤組は音痴の集まりで聞くに堪えないとはこのこと
だと痛感する内容だった
それでも生歌である事は高く評価したい

M20では曲の間奏でサイリウムの点灯チェックを挟む
公式ペンライトを使って順に点灯し場内を一色に染める趣旨
色の数が違えど一応キンブレでも設定で同じ事ができる模様

公式グッズの販促コーナーとも受け取れるが問題はアンコール
前で畳みかけねばならないセットリストになるべきなのに
それを停滞させている点が駄目に思う

M21で恒例のサインボール投げ
当然スタンド席には関係のないコーナー

M24ではスタンド席の通路を使ったトロッコ移動
これはサプライズでこちらはあしゅを探して双眼鏡からメイン
ステージばかり追っていた
そこで突然レンズに映るあしゅの顔!
完全な不意打ちで気付いた時にはもう過ぎ去っていた

悔しい気持ちであふれて残りの曲が耳に入ってこない。笑

MC3 約5分にも及ぶあしゅの独演会
言葉を選びながら噛みしめつつとても丁寧にメッセージを
伝えていた
17歳でここまでしっかり者にさせる芸能界は一般社会とは
全く違った構造を持っているのだろう

良くも悪くもあしゅが遠くに感じるMCだった


~総括~
年々演出が寂しくなっている印象
言い換えるなら低予算又は損益の回収期間に入った

センターステージなんて全セットリストの3割も使ってない
よってアンダーメンバーは居ても居なくても構わない内容だ
個人的にはそれでも構わないけど。笑

なにせ向こうにはアンダーライブという別のツアーがあるので
選抜だけ見ていたい
でもそこはこのツアーでは割り切ってる感じで選抜中心だ

だからと言ってM05から始まる歌唱メンバーのシャッフルも
生歌じゃないと代り映えしない

あしゅが座長でなければ一回観れば十分かもしれない

結局BDライブという一大イベントが控えているのでそれさえ
観られる人はあえて地方公演に参戦するまでもないだろう

物販も夏祭り的なゲームコーナーもなくなりクジを引くだけの
効率重視になってしまった

アラばかりが見えてしまい褒める部分がほとんどない
これならセットリストの半分を乃木恋のコーナーにして欲しい

とにかく遊び心のないツアーだった

乃木坂の人気と規模なら外周とサブステージも欲しい
観客全員が楽しめるようにしてもらいたい


帰りの駅前にはアンオフィ屋さん
深川卒コンの写真が最新だったけど今回はあまりよい
ものがない

この後駅のホームで不運に見舞われ足を引きずりながら
難波へ行き遠征時に必ず寄る店でたこ焼きを買って帰郷した

P1090937.jpg
「わなか」しょうゆ、ソース、釜塩各15個入り700円


次は8/7のガイシホールに参戦だ
※追記:参戦しませんでした。大阪で終わり

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

ハルジオン名古屋個別握手会感想&初生田絵梨花

2016/4/30(土)

齋藤飛鳥個別握手会3度目の挑戦

前回は全メンバー全部完売という華々しい記録を打ち立てた
名古屋だが今回は設定枠が増えたのか完売には至らず

今回はあしゅ1~5部各3枚
他に申し込みは白石と西野が1次から全落し当選したのは
生ちゃん4部1枚のみ

P1062076.jpg
1部は全体的に来場者が少ないのはこれまで通り

名古屋は剥がしが緩めなので1枚出しがお得
スタッフにもよるだろうがあしゅは最大8秒くらい行けた

あしゅの1~2部は相変わらずテンション低め
何だか1、2部買う分を他の部に突っ込みたくなる

しかし一般的に人気の3部4部は競争が激しい
今回は前回以上に混んだ
競争が激しければ1人あたりの所持枚数が減り代わりに参加者が
増えるからなのは言うまでもない

3部が始まり入場して並んで3回回ったら1時間経って締め切り
予告のアナウンスが流れたくらい
ただしレーン内に入ってさえいれば締め切り時間は関係なく
回れるのでそこまで焦る必要はないのだが、、

レーンに並ぶファンを観察すると20歳前後が一番多い印象
おっさんもそれなりにいるけど高校生以下は少な目

その20歳前後はお洒落やモデルぽい風貌が多く最初から
勝負する気が起きない。笑

それだけあしゅの美少女レベルが高い証明となる

逆に女の子は相変わらずいないに等しい
モデル活動はあまり役立ってないようだ

sweetなんて1世代高いファッション雑誌のレギュラーモデル
をしていては駄目だろう

マリオのコスプレが話題だったがあしゅは北野次第でコスプレ
をしてくれるのなら今度北野を1枚買ってあしゅとメイドコス
してくれと懇願しようか考えたり、、

あしゅとの握手会話は割愛
事故もなく自分自身ずいぶん昔の勘を取り戻した
多少は面識が深まったのか警戒心が無くなってて良かった

そうこうする内に5部が終了して帰宅
5部は一気に人が減るので余裕を持てた

あしゅ編はここまで


さて今回初めて並んだ生田絵梨花レーン

好きだけど推しメンではないので気楽に挑む
これが事故って終わった

内容は先日の乃木えいごの感想にしたけど話しかけたら
無反応
耳に届いてないのかと言い直したら肩を叩かれた
慌てて言い終える間こちらを追ってくれたので良対応と言える

問題はキャラを間違えたことだ

最近のフィンランド民謡とか見ていて握手もリアクションの
大きい子だと想定していたので表情を崩さず話を聞いてくれてた
事に気付かなかなかった

最初に「初めまして」と声をかけてたら対応が変わってたのかも
しれない

常連の様な顔をして挑んだ事に彼女が「誰だっけ?」と戸惑い
を見せたのかもしれない

今回の件で生ちゃんの評価や好感度は変わらない
むしろしくじり先生のファインプレイには尊敬すら覚える

しかし握手はこれが最初で最後だろう

まだ一度も経験のない西野に行ってみたいものだ

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

今、話したい誰かがいる個別握手会名古屋の雑感

2015/12/27(日)

乃木坂46個握参加はこれで2度目

前回

この時は1枚しか持っておらず要領を掴みきれてなかった

今回は齋藤飛鳥に1部2枚2~5部各3枚で挑んだ

IMG_2509_1.jpg

全メンバーが完売御礼となっていたが一日を通してそれほど
来場者が多くには感じなかった
無論東京とは同じ部でも販売設定枚数が違うだろう
それと一人あたりの購入枚数が多かったのも要因かな?

グッズ列は写真と人気のチケットホルダーさえ売り切れれば閑古鳥
なので目的によってはそれ狙いも良い


完売してるだけあってあしゅレーンは過疎ることなくかと言って
上位メンバーほど込み合うこともなく普通

IMG_2507.jpg

受付には1~2列でたまに3列となるが受付のスタッフ数次第

30分間で3回回れたので一部あたり7~8回は回れるか?

勘違いしていたが受付終了時刻の受付とはレーンの
受付でなく握手ブース入場口の事を指していた
なので1時間半目いっぱい使える


それと最初から最大で5枚(25秒)まで出せる

ストップウォッチ計測は徹底されている模様だったが剥がしの
キツさはレーンによりまちまち

あしゅレーンは緩く1枚出しでも8秒は行けた


生誕祭は2部終わりに生駒と3部終わりに衛藤が行われる

衛藤はさすがの人気で2部終わりの30分前に行っても人垣で
全く見えない状態だった
生駒は4列目くらい前へ行けたので油断した

あしゅとの握手の内容は自主規制

でも鬼門と呼ばれる1部のあしゅはやはりテンション低め
2部から本領という状態で5部までは通して元気だったかな?

あしゅには悪いけど並び中に隣のレーンの生ちゃんがよく見えた
めちゃくちゃ可愛かった。笑
白いセーターを着て雪の女王みたいなオーラを放ってた

個握は券がないと隣のレーンからの観察が出来ないのであしゅも
同様のオーラを放っていたかもしれない

何せ本人を目の前にするとオーラを感じるより会話を成功させる
事に意識を集中するので感じてる暇がないのだ


14thシングルは一部あたり5枚は買いたい
ただしあしゅの場合衣装替えは1回しかないので早く帰宅
したければ5部あたりは買わず他の部に集中させるのも手だ

行けるかはスケジュール次第だが、、年明けにはすぐ募集が

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46 Merry X'mas show 2015初日感想

乃木坂46 Merry X'mas show 2015初日感想

2015/12/20(日)

開演20分前に到着

迷いつつもJR飯田橋駅から10分くらいの徒歩だった
18きっぷ使いには地下鉄の九段下より断然得だ

さっと撮影を済ませて入場せねば、、

P1090340.jpg
グッズ売り場

写真は無論売り切れだが人気アイテムの推しメンタオルがだだ
余りの模様

P1090338.jpg

P1090339.jpg


やはり推しの名前がローマ字表記なのが致命傷
このグッズは推しから認識されるように掲げるアイテムなのだ
これではわからない

となると比較的お得なポストカードセットと定番の全身アクリル
キーホルダーに人気が集中する
サンタコスは魅力的だ

肝心のあしゅは売り切れ

入場口を過ぎグッズ売り場の対局には乃木坂46物語の即売所

P1090344.jpg

ランダムだが16種のソロポスターが購入特典でもらえる
よくよく考えたらこのポスターを転売すれば本はタダどころか
お釣りがくるくらい美味しい催しだった事を後々気付く

ドキュメンタリーな本だが創作交じりなのは疑いない


P1090341.jpg
メインゲート前の様子

P1090342.jpg
この迫力


こちらはアリーナ入口なので脇の1F2F席入口へ向かう


P1090343.jpg
荷物および金属探知機チャック


こんな暗いのに持ち物検査などザル
金属探知機もベルトのバックルに反応せずフリだけなのかも
しれない

今回も身分証チェックも行う素振りは無かった
相変わらず入場審査が形骸化してる


入場者特典としてクリスマスカードがランダムで貰えた
恐らく37種でどういった文面かはヤフオクで確認するのが
手っ取り早い


撮影をしていたら開演5分前を切ってるようで影アナの声が
聞こえる

ここの座席番号は非常に分かりずらい
チケットには西と書かれてるが実際の座席にはwestのWと記載

P1062072.jpg
この2F西からの眺め※写真は終演直後

ほぼサイドステージだけど近いだけマシかもしれない


18:30開演

セットリスト※中田花奈さんのブログから転用し加筆修正

00 Overture
01 命は美しい ○
02 世界で一番 孤独なLover ○
03 ポピパッパパー ○
04 月の大きさ ○
05 気づいたら片想い○
MC1
06 何もできずにそばにいる○
07 嫉妬の権利
08 立ち直り中
09 隙間
10 せっかちなかたつむり
11 あらかじめ語られるロマンス ○
12 大人への近道
MC2
~クリスマスメドレー~
もろびとこぞりて※BGM
13 何度目の青空か? ○
赤鼻のトナカイ※BGM
14 ガールズルール ○
15 Santa Claus Is Coming to Town(サンタが街にやってくる)
16 命は美しい ○※ライトセーバーを使った雑技
We Wish You a Merry Christmas※BGM
17 制服のマネキン ○
ジングルベル※BGM
18 おいでシャンプー ○
19 転がった鐘を鳴らせ! ○
MC3
~高山一実プレゼンツ妄想クリスマスドラマ~
エピソード1 主演:橋本奈々未
20 やさしさとは
エピソード2 主演:白石麻衣
21 私のために 誰かのために
エピソード3 主演:星野みなみ
22 初恋の人を今でも
エピソード4 主演:中元日芽香
23 君は僕と会わない方がよかったのかな
24 今、話したい誰かがいる ○
25 君の名は希望 ○
26 ガールズルール ○
27 ロマンスのスタート ○
28 ダンケシェーン ○ 
MC4
29 失いたくないから ○
[アンコール]
EN1 ハウス! ○
EN2 走れ!Bicycle ○
MC5
EN3 悲しみの忘れ方 ○

公演時間約135分

○…齋藤飛鳥参加曲


BSスカパーで完全生放送されたので今回はレポートでなく感想のみ


OPからの衣装が胸のラインも出て恰好良いが一番に思った事は
それより西野の顔コンディションがすこぶる良い事だ

MAIYANNANASE.jpg
乃木坂2トップ

それは終演まで変わらず正直惚れる
基本はブサカワだけどこういう変化球があるのでつい見てしまう
これがいわゆる魔性の女というやつか?

前半戦の一番問題となったポイントがMC1のななみんトークが発端

内容はナンパされた男性がイベントに来てくれて嬉しかったと
いうマジヲタなら憤死する昨年Xmasイブの思い出話
でもななみんヲタはマゾという印象があるのでこれでも問題ない
のかもしれないが。笑
そのイベントが握手会でなく写真集のお渡し会というリアリティ
があり真実っぽい

それを受けての桜井キャプの発言は大問題

それは他のメンバーもななみんに習ってイブの日は外に出て
素敵な男性との出会いを求めようというアイドルとしてあっては
ならない発言

失言とはいえ深層心理としてそう思ってるのは確かなのだ
他のメンバーも仲間意識として

Xmasのイベントで現実を突き付けられるとは何とも言い難い


11 あらかじめ語られるロマンス
新たに作られたMVではダンスシーンが僅かしか入ってなかった
のでようやく映像作品として保存に適するセットリストが実現

しかし衣装が厚手のコートで曲の軽快なポップスとイメージが
合わない
そこが残念でならないので延期が発表されたがバースデーライブ
の放送に期待しよう

MC3
白石橋本松村が参加
サンクエトワールに倣ってユニット名を考えようという話

…そんなもの「旧御三家」以外にあるのか?笑

ちなみに松村がスキャンダルで降格し「新御三家」となったのが
白石・橋本・西野だ

この新御三家も最近ななみんの覇気がなくここへ生ちゃんが
入る気配を感じる


クリスマスショーのコーナー

今年はハンドベルも鉄琴も無くクリスマスソングのカラオケも
申訳程度
メンバーの負担減を雪の紙吹雪やスモークといった舞台演出で
カバーしてるだけだった

ショーらしい部分はライトセーバーを使った光の演出
ストンプするわけでもなくただスターウォーズ新作公開に乗った
だけという印象だ

19では恒例サインボール投げ
2F席には無縁

MC3はクリスマスプレゼント何が欲しかトーク
あしゅは桜井から深海魚グッズが欲しいというも自分は気持ち
だけで何もあげないとの弁

年上の大人でしかもキャプテンにプレゼントはないな
むしろお年玉をせびってやれ。笑


妄想ドラマのコーナー
一人称視点なのでこれは乃木坂工事中の企画でなく正確には
NOGIBINGO!の企画だ

中でもまいやんが素晴らしい愛らしい演技
それを表情一つ変えずに撮り続けるカメラマンのプロ根性
これはスカパーの放送ではわからない

しかしかずみんプレゼンツなのに推しメンであるあしゅを全く
絡ませないのは不可解だ
しかも最近あしゅは女優業をしたいとインタビューで答える
機会損失である

26 ガールズルール
27 ロマンスのスタート
28 ダンケシェーン

ここが今回のセットリストで最も盛り上がる箇所
アンコール前のこの構成は正統派だ
前回より勝ってる部分に思うし遠征して救われた思い

EN1 ハウス!
あしゅが美彩万理華と3人でコントをしていたように見えた
この部分はスカパーに映ってない

MC5で14thシングル発売日のお知らせ
この時ステージ上のメンバーは特に表情を変えたようには
見えなかった

もしかしたら既に選抜発表済みなのかもしれない

もう少しビッグなサプライズが欲しかったところ

21時の15分前に終わったので一応Wアンコールを用意していたの
かもしれない
事実2日目はWアンコールを行った


~総括~

Xmasショーとしては昨年より劣化が否めない
全曲クリスマスソングでも良いとさえ思ってる
しかしライブとしては優れたセットリストといえる

ここはファンがXmasショーに何を求めるかで変わってくるだろう

それとトロッコも花道も難しい武道館はこのライブに限らず
使って欲しくないな

あしゅ率高くてこれまでのライブでその点は一番良かったかも?


P1090345.jpg
公演後の入場口大混雑


P1090347.jpg
ファッション誌系の花

あしゅのsweetどころか宝島社の花すら見当たらず

P1090348.jpg
一番のギャラリー人気はバナナマン


P1090350.jpg
坂の途中では知らない地下アイドルが即席の握手会

以前はグッズショップがチラシを配ることはあっても時代が
変わったような印象を受けた

握手すれば人気が出るとは安直だな
でもそれを誘導したのが何より乃木坂である事は言うまでもない


さてと再び歩いて飯田橋駅へ向かった


※今回の遠征記は後日エントリー予定

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46真夏の全国ツアー2015広島公演初日感想

2015/8/15(土)
会場:広島サンプラザホール
開場:15:30
開演:17:00

初の現場で右も左もわからずとりあえずヲタの流れに着いて行く

新井口駅から伸びる陸橋を伝って会場へ向かうより下道を使った
方が早く着く事を帰りに知った
立体的な駅前ってほんと迷う

会場に着くも更に建物の外周を半周したくらいでようやく入り口発見
脇には物販があるも屋台なんかがどこにで出るかわからない

P1080477.jpg

P1080476.jpg

さすがはあしゅの人気は広島でも健在だが星野も凄いな
とりあえず開演まであと30分…急いで入場


P1080478.jpg

ザルな荷物検査と金属探知機はこれまでの会場と同じだが一つ
大きく違った点があった

今では荷物チェックと言えば危険物の有無だがここ広島はそう
でなく懐かしのカメラチェックしてる!

こちらのスタッフはあまりAKBグループのイベントを経験して
ないのだろう
番号札付けられて帰りに引き取りなんてハロプロ時代を思い出した

それでもロビーでは等身大パネル撮影大会

P1080481.jpg

名古屋と違い全メンバーが並べられていたのでようやくあしゅ
のパネルが撮れた!
圧倒的な小顔さが異彩を放ち来場者の目を引いた

他にもざっと見て写りの良い現選抜をチョイス

P1080480.jpg
齋藤飛鳥

P1080483.jpg
白石麻衣

P1080485.jpg
西野七瀬

P1080484.jpg
桜井玲香

P1080486.jpg
生田絵梨花

正直開演間近であまり撮ってる余裕がなかった


例の如く当たるはずのないパネルの申し込みを完了し座席へ
今回はステージから一番離れた角っ子

P1062071.jpg
2階G列

それでもガイシと比べたら狭い会場なので何とかの景色
しかし2階にトロッコが来ない事は見るからに確定だ


☆広島8/15夜公演セットリスト☆
※松村体調不良により不参加

影アナ:中本、和田
VTR:井上
00 Overture
01 太陽ノック
02 走れbycicle
03 おいでシャンプー
04 制服のマネキン
05 羽根の記憶
06 魚たちのLOVE SONG
07 別れ際、もっと好きになる
08 命は美しい
09 世界で一番孤独なLover
10 君は僕と会わない方がよかったのかな
11 扇風機
12 月の大きさ
13 会いたかったかもしれない
14 もう少しの夢
15 何度目の青空か?
16 君の名は希望
17 あらかじめ語られるロマンス
18 せっかちなかたつむり
19 ここにいる理由
20 ガールズルール
21 夏のfree&easy
22 バレッタ
23 悲しみの忘れ方
EN
01 ハウス!
02 転がった鐘を鳴らせ
03 ダンケシェーン
04 乃木坂の詩

公演時間約2時間30分


全体的にトークの出来や観客の煽りが良くなっていた
ちゃんと修正は加えているようだ
演出自体はそのままかな?

セットが名古屋でいう1日目と同じらしく魚たちやバレッタが
あって理想的なSL

~注目ポイント~

孤独でスクリーンにあしゅ、まいやん、ななみんの3ショット!

別に並んでたわけじゃないのでこれは既に発表済みと言われる
13thシングルのフロントメンじゃないかと思った。笑

その後のMCでひめたんがツインテールにそれぞれ名前があると発表

「エルドレッドちゃんとシアーホルツちゃんです!」

ん?と思ったがご当地ネタで広島カープ外国人選手の名前
知らないけど先に立ち寄った本日試合のある広島駅での人出や
ファーストフードの立売が凄かった

主要駅に球場があるって全国的にも珍しいのかも?


閑話休題

個人的には「右がエロスで左がタナトスです」くらい言ってくれた
方が嬉しかったのだが。笑

広島コンビをピックアップしたVTRの後にMCコーナー
ここが素晴らしかった

☆みおなの乃木中ゾンビ企画
バスから現場入りする際にメイク済みの状態だったので一般人に
ドン引きされた話

☆樋口と星野は一緒に夏祭りへ行く
帰り際までお互いの口元に付いた焼きそばの青のりの黙っていた話

☆日奈子の強引な買い物
揃いの服を買おうと同伴していた未央奈と純奈も買わされた話

どれも夏の思い出話にはピッタリで良かった

反面方言キュンキュンのコーナーはちょと寒いので止めて欲しい

しかし広島へ来て方言らしい会話を一度も耳にしてない
普通に標準語だ

名古屋もそんなもんどけど広島と言えばヤクザ映画の仁義なき戦い
が僕の広島弁バイブル

「もっと冷いのもってこいやぁ~」
「わしらはオメコの汁で飯を食うとるけえのう」

って昼食を取った店で言ってる人いなかった。笑


アンコール後のMCで永島が衝撃の発表
ベマーズのコーナーで流れるウグイス嬢はわたしである事を
カミングアウト

それがプロ並みに上手くて会場の誰もが驚いていた様子だ
その道に進んだら大成しそう

齋藤飛鳥関連の感想はこちら

~総括~
リハが足りなく見切り発車の感があったけど徐々に完成度を上げてる気が
したけど定価で入ってる地方のファンにはそれでよいのかと問いかけたい

間違いなく標準は神宮に当てている

つまり神宮さえ成功すれば万々歳って考えていそうで嫌だな
でも8/31公演のBSスカパー生中継が確定的な今失敗が許されない
のも事実だ

公演は終わるも撮ろうと思ってた提灯もどこにあるかわからず
急ぎ駅へ戻り広島駅へ、、

乃木坂とはゆかり深い駅前のフタバ書店にあるネカフェで宿泊
予定ゆえ個室が空いてるか不安だった為もある

ともかくこれで全国ツアーの参戦は終わり
福岡は遠いし大阪は平日だし神宮の日曜は千秋楽じゃない
…秋に代々木のようなのあるかもしれないので資金温存だ

関連
乃木坂46真夏の全国ツアー2015攻略法&名古屋感想

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46真夏の全国ツアー2015攻略法&名古屋感想

2015/8/9(日)

場所:日本ガイシホール
開場9時30分
開演11時
終演予定13時20分頃

先週の握手会でますます齋藤飛鳥推しに傾倒しついには卒業した
グッズ収集を再開
…と言っても推しメンマフラータオルが欲しいだけ
レスを貰うには必須のアイテムだ

しかしこの商品は超絶人気でいち早く完売する
よって始発から並ぶ事を決めた

実際は1本遅れてしまったが大差ないと思いきや陸橋から道路の
反対側にあるプールの建物まで待機列が連なってる

今でこそ2~3列で並んでるが時間の経過と共に割り込みが増えて
実際は今より倍近い列に膨れ上がってる事を予想する

不正だけどアイドルの現場は昔からこうだ

結局この辺りに執着の無いのがグッズ収集に冷めてる所
売り切れたら仕方がないけど何か3000円以上購入すれば屋台の
ゲーム参加券が貰えるのでとりあえず並ぶ

IMG_2238.jpg
6:22

幸い曇り空だったので気温ほど暑くはないがそれでも帽子代わり
のタオルと麦茶の入った水筒を持参してよかった

一人ヲタは買い出しに行けずトイレも行きにくいので水分補給は
節度を守りたい

JRが到着する度に100人ずつ増えて行く感じだ

IMG_2239.jpg
7:05

IMG_2240.jpg
8:18


8:30グッズ販売開始
列が一気に動く

IMG_2241.jpg
目の前に物販所があるのにここからぐるっと迂回しなくては
ならないのだ

P1080399.jpg
8:47

陸橋への階段を登り終える
後ろに連なる列は全く減る様子がない

P1080400.jpg
ここからいよいよ橋をわたる

P1080401.jpg
8:57

陸橋突入!縦揺れの地震っぽく揺れるので気持ち悪い

P1080402.jpg
9:10

直線に入って青色のアーチが見える

P1080404.jpg
9:33

物販所が見えた
下にはツアートラックが停まってる

ここで特設サイトの販売状況を見る
…え!?完売かよーーー!!

未央奈と一緒に推しメンマフラータオル齋藤飛鳥完売の文字
位置的に言うと始発で並んでも買えなかっただろう
この2つは徹夜ヲタ限定アイテムだ

仕方がないので他のあしゅグッズに標的を変える


P1080405.jpg
9:40

アーチ通過!階段を降りたらいよいよだ

P1080407.jpg
9:45

下に降りるとツアートラックの反対側が違っていたのでこれも
撮影しておく

P1080428.jpg
後に撮影した物だがこの様に入口で完売状況が一覧でわかる
あしゅ…スゲー。笑

9:51…物販の先頭に立てた
約3時間30分の並び
販売開始からは約1時間20分後と想像してたのより早かった
この猛暑でなければ楽勝なくらいだ


P1080411.jpg
メンバー毎に区分けされておよその在庫状況がわかる

P1080408.jpg
グッズリスト1

P1080410.jpg
グッズリスト2

~この時点での完売リスト~
ペットボトルホルダー
推しメンマフラータオル生田、飛鳥、寺田、堀、渡辺
全身アクリルキーホルダー寺田、堀、渡辺

始発でも厳しい商品が多い結果となった

P1080422.jpg

ゲーム参加券をゲットしたので早速下調べ

2Fの広場に戻り最初に待機した方向を眺めると

P1080412.jpg

全然変わってない。笑
さすがにあの辺りは昼公演開演に間に合わないだろう
並ぶにしてもその辺りは注意が必要だ


各メンバーのぼり旗と共に直筆メッセージ入りの提灯が展示
してある

P1080427.jpg

夜は光るようなので昼に見るのは残念だ


ゲームは4種類で自由選択式

P1080416.jpg
ストライクナイン…ボールを投げてビンゴに揃える(多分)

P1080417.jpg
パターゴルフ…見たまま

P1080419.jpg
バスケットボール…見たまま

P1080420.jpg
輪投げ…見たまま

いずれかの各条件をクリアすると参加券に判子が貰えて
抽選ブースへ持っていく
クリア参加券の数だけそこでクジが引ける

各条件とは…よく見てない
なぜならば圧倒的にバスケットボールが簡単にクリア出来るからだ

参加券1枚でビーズクッションのボールを2回投げられ1回でも
入ればクリア
それがバスケットに下投げ一直線で投げるだけでまず入る
ボールが重いので投げた瞬間手がブレにくく又安定した軌跡を
描くのだ
他のゲームには目もくれなくて良いだろう


P1080413.jpg
左がモバイル会員受付ブースで右が抽選ブース

モバイルの内容は公式を見ればそのままだ

抽選列もとても長くなるので開演時間に注意したい


P1080424.jpg

仙台でも公開されたあしゅのうちわが残ってる
…いやただの客寄せサンプルか?

P1080425.jpg
抽選BOX

三角クジが入っておりゲームクリア証明のある参加券1枚に
つき1回引ける仕組み

当然ハズレ。。

あとはCD等の物販所があるだけなので入場する


~入場~
荷物チェックも金属探知機も形だけ
身分証チェックもしてる気配がなく入場規制の形骸化が進んでる

場内に入るとズラリとヲタ有志からの花輪と共にメンバーの
等身大?パネル展示
しかしアリーナ入口のエントランスは狭いので一部のメンバーしか
いない
メインは2Fスタンド入口のエントランスだろう

あしゅもいないのでとりあえずまいやんだけ撮影

P1080432.jpg

それと開場から開演までの間に応募して貰える展示パネル
そこら中の柱に応募用のQRコードが掲示してあった
公演終了直後にメールが届き申告すれば後日宅配便でパネルが
送られてくる仕組みだ

注意したいのは各自スマホのメールデフォルトアカウント
QRコードを読み取るとその設定してるメールが立ち上がるので
通信に遅延のあるようなアカウントは事前に変えておきたい

自分の場合はYAHOOメールが立ち上がったので直ぐ様i.softbank
に変更した

P1080434.jpg
ガイシホールアリーナ座席図

今回はセブンシートを買ったので初の神席
これまでスタンド最後尾とか席運が悪かっただけに興奮

P1062068.jpg
Dブロックからの眺め

メインステージから近いけどそれでも奥行きがあるので双眼鏡は
欠かせない

いよいよ開演


真夏の全国ツアー2015
名古屋2日目昼公演セットリスト(2chより転載)
※MC及びトロッコ位置は割愛

影アナ:堀・北野

00 Overture
01 太陽ノック
02 走れbycicle
03 おいでシャンプー
04 制服のマネキン
05 羽根の記憶
06 無表情
07 別れ際、もっと好きになる
08 命は美しい
09 世界で一番孤独なLover
10 君は僕と会わない方がよかったのかな
11 扇風機
12 月の大きさ
13 会いたかったかもしれない
14 もう少しの夢
15 何度目の青空か?
16 君の名は希望
17 あらかじめ語られるロマンス
18 せっかちなかたつむり
19 ここにいる理由
20 ガールズルール
21 夏のfree&easy
22 ぐるぐるカーテン
23 悲しみの忘れ方

01 ハウス
02 転がった鐘を鳴らせ
03 ダンケシェーン
04 乃木坂の詩

公演時間約2時間20分


~感想~
約5分遅れの開演

冒頭からVTRが流れる
その映像があしゅスペシャル!
何たる偶然!何たる奇跡!!

ドキュメンタリー映画のボツ映像っぽい編集だけど齋藤飛鳥の
魅力を紹介するよく出来たVTRだった

この一公演しか買ってなかったがよくよく考えるとあしゅ16歳
最後の日という事もあり可能性は高かったのだ

ちなみに日替わりで夜公演は深川SPだったらしい

VTR終了直後ステージが明るくなりメンバー総列
あしゅは手で涙を拭っていたのは見逃さなかった

しかしそれ以降がつまらない

ほぼメインステージしか使わず特効はレーザーとスモークのみ
観客への煽りもなく淡々と楽曲を消化する感じ
TVライブを繋げただけという印象が残る

いや全握ライブの拡大版だな

MCも特に演出はなくただ回してるだけ
お題として地元方言で喋るネタがあったけど名古屋人として
ありえない認識の違い

琴子「めちゃんこ」

何十年も前に廃れた言葉だよ。笑
台本書いた人にツッコミたい

その地方性と言えば相変わらず味噌カツやエビフライって言って
おけば良いやと短絡的すぎる

ふれあいと言えばトロッコだけど一瞬で通りすぎるだけなので
外周のあった方がまだ満足度高いだろう

サインボール投げは恒例だけど無いよりマシ程度の企画
サイン色紙投げは取り合いで破損するクレームが多く中止

そんな中でもベマーズの対バン形式は考えてあって良かった
ただし同時に見せたバットを使ったストンプ

上手いは上手いけど技能的には簡素な内容で物足りない

それと生ちゃんのピアノリサイタル
他のメンバーもドレスアップし華やかな演出は良かったけど…
また希望かよ!と正直飽きた

生ちゃんには新作ピアノが望まれる

セットリストだが日替わりなのは良いとしても選曲に不満
個人的には羽根より魚たちを評価してるのに無表情との
日替わり扱い

シングルはメドレーでも全曲やるべきなのに不思議と乃木坂
には無い
結局新たにレコーディングする費用をケチっているのだ

口パクの弊害だろう

他印象に残った事は悲しみの忘れ方で松村と優里が2ショット
で抜かれたくらいか。笑

齋藤飛鳥に関する感想はこちら


~総括~
とにかくリハの時間が当初からなくいかに手を抜くかに
絞られたライブに思えた

地方はともかくBSスカパーでの生中継が噂されてる神宮では
このような内容では恥をかくだけでしっかり演出を練り直す
必要があるだろう

ちなみにサプライズは無く夜公演で13thシングル発売日の
発表があっただけだ

次の遠征は8/15の広島初日
半分は観光なので18きっぷ含め減価償却は出来るだろう

何よりあしゅは17歳になって初めてのライブだ
しかと目に焼き付けたい

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46太陽ノック名古屋全国&個別握手会攻略

2015/8/1(土)~8/2(日)

命は美しい名古屋全握以来の参戦
前回は一推し齋藤飛鳥レーンで事故ったリベンジだ
今回は正攻法で行ってまずまずの結果

会話内容は秘密

要領は前回と変わらず攻略法もそのまま
ただし休憩後に並びが変わる場合もあるので
今一度確認が必要だ

握手会の前にセブンイレブン限定ライブとついでに全握ライブ
も参加

IMG_2208_20150809171617947.jpg
猛暑の外で並ぶ様子

セブンは全握と形式が一緒で後ろのブロックだとステージは
殆ど見えない
今回はAの次Bブロックだったので多少はマシだ

IMG_2210.jpg
Bブロック中程よりステージの見え方

見えない場合はほんと長時間並んで待っても美味しくない
無駄だと改めて思う

印象的だったのは全握のトークでカップリング曲に習ってペアを
組んだ時あしゅとみなみは紹介まで一度も顔を合わさずあしゅは
逆サイドに立ってたななみんと話してた

やはり不仲説は今でも継続してると確信


相変わらず西野レーンはカオスだけど先の京都から人気レーンは
一人制になったのでこれまでペアとして充てがわれてたアンダー
や2期生は内心ほっとしたのでは?


次に初参加の個別握手会

システムは昔AKBで参加した時と一緒だったので迷いはなかった
しかし全握の様にブース内が確認出来ない
レーンの途中で受付ゲートがあるのでそれより先へは自由に行け
ないのだ
基本1枚5秒だしペアでもないし悩む事はないのだが、、、

唯一攻略法と呼べるのは前の人の握手が終わるまでブース入り口で
待機出来る事

つまり1枚出しより3枚出しの人の後ろが長い時間メンバーを間近
で見ていられる

そこでレーンに並ぶ前にそれらしい人の後ろに着けばよいのだが
束で握手券を持ってる人は確実性が高い

もっと確実なのが受付後のゲートでそのまま先へ並ばず待機
受付の様子を観察し2枚とか3枚出した人の後ろに空かさず着く

別に文句を言われる筋合いはなくまた別件でスタッフにレーン内
の順番は客同士の相談に委ねると確認を取ってるので問題ない
個人的にはまわりの視線が気になるので出来ないが。笑

今回初動が遅かったので個握券を2部の一枚しか入手出来なかった
本来ならささしまライブ駅から往復660円もかけて来たくはない
ところだが何せ今回はあしゅの生誕祭がある

ちなみに握手内容は…割愛

ともかく1枚しかないと挨拶だけで終わってしまう
昨日のテンションとは裏腹にイマイチ覇気がなかった
疲れている様子だったので愉快に終われず心残り


生誕祭の攻略法

それは場所取りに全てかかってる

場所は場内の握手会入り口で国境線の様に伸びる柵越し

この柵の先頭に立てれば苦もなく見られるけど
1部から陣取れば確実でも現実的でない

そもそも該当メンバーレーンの一直線付近はそれらヲタがシートを
敷いて場所取りしてるからだ

IMG_2213.jpg
この衝立も生誕祭が始まる時は撤去される

とにかく一人者なのでずっともいられず
生誕祭が始まる3部と4部の間まで別の第3展示館で涼んだ(後述)

3部の終わる30分前に行ってみると手遅れ感…
やはりもっと早くから意識すべきだった

そう言えば2部と3部の間に中田さんが生誕祭をしていたはず
見ておけばよかったかな
あしゅのレーンがセンター付近だったのと生誕祭が関係あるのかも
分かったはずだ

どの道一年後のしかも名古屋という条件でなければ最初で
最後の参加となる

それとともかく注意すべき点は生誕委員の面々

15人ほどいたけど特権か柵内の中心を陣取ってた
ただしスタッフから中腰になってと指示を受けていたがそれも
考慮して見やすい角度を確保すべきだ

内容はその内に公式スタッフブログがあげるのか?
生ドラム披露は誰の要望だろう
ひめたんからの手紙に泣かず笑って応えてたのが昨年の泣いた時
より進んだ関係になってるのだと思った

もう一つ美味しい場所が柵の出入り口
その前の部が全て終わるまで開かれてるので閉じた数人分の空間に殺到すれば良い場所が得られる

それ狙いのヲタも多かった

しかし大半の人は姿が全く見えず声を聞くのみとなる

今回個握も全握も握手した瞬間からストップウオッチで5秒
きっかりに肩たたき
あまり剥がしがきつくないので粘れば10秒近く行けた

さすがは過疎の名古屋!
ホームの関東じゃこうは行くまい

第3展示館でヴァンガードの対戦イベントが行われてた
そこの飲食コーナーで時間が潰せた
トイレも自販機もガラガラで穴場である

こういったカードバトルを生で初めてみた
組み合わせは指示されて習うようてで
女の子と対戦してるヲタク姿の人も
ゲームに乗じて会話も出来るのである種の風俗に思えた

カップルの姿も多くみたのでこれが出逢いとなったのかな?
実に興味深い

アイドルファンやめたらこっちの世界に来ようかな。笑

閑話休題


~総括~

やはり握手会は魔物…
一旦は卒業したが再び握手熱に火がついた

13thシングルの個握は1次から全力で突っ込むだろう
しかし名古屋は年間トータルで3回しかない

遠征まではしたくないな(←果たして。笑)

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

舞台「じょしらく」 チームご 千秋楽の感想

2015/6/28(日)

初めての会場…そして最初で最後の観劇

P1080303.jpg
AiiA 2.5 Theater Tokyo

入り口とか作りがブルーシアターに似てる

P1080304.jpg
入り口手前・注意事項

P1080299.jpg
グッズ売り場

P1080298.jpg
商品リスト

入場口とは別にグッズ売り場あるも主要なグッズは売り切れで
閑古鳥に近い

個人的にはソログッズメインで展開して欲しかった
しかしたくさん出ていても微妙だったかも?

結局コスプレ(主にかつら)の似合うメンバーと似合わないメンバー
で後者の方が多いから売れ行き悪かっただろう

現にパネル写真が駄々余りだった。笑


P1080305.jpg
入場は金属探知機→荷物チェック→入場券チェック

しかし探知機は反応せず荷物の中身は口頭確認
仕舞には身分証チェックが本格的と言われていたがそんな確認
してる様子すらなかった

初日が厳しかったそうだが今後の牽制というか脅しの意味だけ
であったのだろう

座席はほとんど最後尾

P1062059.jpg

顔の表情なんて分かりはしないし(モニターにも映らない)双眼鏡
も無く鑑賞してるまわりは本気で落語を聞きに来てるのかと。笑

17:OOの定刻から数分遅れで開演
ちなみに影アナは無い。笑

舞台はステージ上とそれに連動して上部モニターにメッセージ等
が映し出される仕組み

漫画のコマ割りみたいな感じ

じょしらくについては無知と言ってよい
予備知識として少しアニメを見たがあまり好きでないジャンル

つまり「けいおん」の吹奏楽を落語に変えたいわゆる日常系作品

暇な学生ならまだしも時間に追われる社会人にこのような黙々と
ガールズトークをするだけで得られるものの無い作品は時間の
浪費以外に他ならないからだ

OP後直ぐに日替わりの独創落語
最終回は衛藤美彩

内容は大声で挨拶するならハロプロに頼めというもの

普通なら上手いかもしれないがハロプロの現状を見ると苦笑い
しか起きない、、、拍手に包まれたが微妙な空気

その後チーム全員登場で舞台が始まる
あしゅが以前に指摘したがこの舞台はコントドラマである
もはや落語の面影は和服の着物くらいだ

話の展開は4コマ漫画を連続して繋げた感じ
ん?原作って4コマ漫画だっけ?まぁいい、、

作・演出の川尻恵太はコント作家で蜷川幸雄でも宮本亜門でもない
推しメンのコントを楽しむだけの舞台である


そうとは知らず開演後しばらくどう楽しんで良いのか悩んだ

AKBとか用語が出だして自らの楽屋ネタの飛び出す辺りにもう
役は飛んでメンバー自身だと思うようになり見易くなった
ていうかCDの複数買いや兼任や飲酒ネタや一番ホットな鳥居坂
ネタや太陽ノックを歌ってみたり…
乃木坂のあるあるネタが非常に多い

これは致しかないアレンジだけど知ってるだけに…寒い
この手のお笑い部分は個人的にクスリともしなかった

原作が合わないのか脚本が合わないのかそれとも俺の感性が
異端なのかよくそんなで笑いが起きるなと観客の沸点の低さ
に感心…いやもはや社交辞令か??

そもそも設定ではメインヒロインはひめたんである
しかしこの舞台ではメインにみさみさサブに能條の漫才を柱とし
あしゅがボケや独演で話題を変えるパターンが多かった

それと比較してひめたんは扱いが悪くきぃちゃんに至っては一発芸
的な役回りで殆ど空気であった

この件は終盤でひめたんに自虐ネタとしてツッコまれてたが。笑

これは配役においては見た目のイメージを優先
実際の出番は演技力を優先せたのでは?と思った
それとも原作がこうなのか…何だか非常に気になってきた。笑

こうなると他チームの内容も確認してみたくなる
しまった!これが円盤を買わせる周到な罠か!笑

コントで使われるネタにメジャーな漫画やアニメが多く唯一?理解
出来なかったのがMMRネタ
マガジンであった漫画で絵柄も浅い知識としてあるが未読

逆に観客でロボトミーを知ってる奴はどれほどいたのか?

これは世代で認識度が大きく変わると思った
…というよりメンバーがどういう事を言わされてるのか知ったら
ショックを受けるだろう。笑

このコント部分とは逆に歌唱パートは文句なく素晴らしい

乃木坂とは違う曲調で衣装もダンスも実にアイドルらしいアイドル
楽曲のスタッフを是非知りたい
三味線とそのアップテンポに機巧少女のEDを思い出した

こちらも良曲…いや神曲の連続だ

口パクではあったけど。笑

大千秋楽という事で最後の挨拶後にじ・よ・し・ら・くで
あいうえお作文を披露した

これがサプライズとは何とも寂しい
地方公演の発表とか円盤の発売決定を期待したのだが、、


公演時間約125分


~総評~

「チームご」はみんな演技が上手かった
特にみさみさは貫禄がある
セリフが多い分若干噛んでたところもあったが。笑
能條も間の読みが良かったな

ひめたんときぃちゃんは素のままって感じ

あしゅの感想については→こちら

全体的に自然と演技をこなしていたのはあまり役を意識しな
かった為で稽古の時間が少ないゆえ演出の配慮だろう

ただ舞台で見るといまいち締まりがない
今回はライブビューイングの方が正解なのでは?
フレームを付けてテンポ良く見せた方が上手くハマると思った

アイドルなのだから身振り手振りより顔のアップが大事
…なんて書くとアイドルの舞台を全否定する事になるが。笑

その補填としてモニター演出があり新感覚だった
ニンテンドーDSのようだ。笑

内容はともかく推しメンを2時間も見続けられる至福の時間を
過ごせた
少数制にしたのが最大の功績だろう

もちろん福神メンバーの舞台も見たいけどプリンシパルは評判
悪いのでお断りだ。笑


追伸:遠征記は別エントリーにて後日更新予定

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

命は美しい名古屋全国握手会レポ&全握攻略法!

2015/5/6(水)

握手会を引退して5年の月日が流れた
最後はSKE48パレオはエメラルドの個握だった

握手会というイベントが人生において心底不毛だと悟ったのが理由
サクラを使った出会い系カフェのようなものだ

乃木坂ファンを初めてそろそろ2年となるがこの活動をしていると
特にブログを運営するにあたり乃木坂の握手会を解説しないわけ
にはいかないと常々思ってきた

そして推しメン齋藤飛鳥のブログで握手会が話題となる度あれこれ
理由をつけてスルーしてきた

この2つのプレッシャーを感じていての今回
GW中の開催とスケジュールに余裕があり且つ翌日も仕事が休みと
いう好条件が重なって実現に至った次第

5年ぶりに押入れから取り出す「握手会セット」

中には身だしなみを整えるグッズが揃っている

1.ハードジェル
2.ハードスプレー
3.ウォータースプレー
4.ヘアーアイロン
5.眉毛シェーバー
6.ノーズパック
7.制汗フェイスシート
8.ブレスケア

あとは普段使ってるあれこれ

フェイスシートが乾燥してなくて驚く
さすがにブレスケアは怪しいので捨てた。笑


今回はレポということで最低条件で挑もうと思った
座席引き換えに6:30の整列時刻から並ぶのではなく引き換え
開始の9:30に会場到着する事にした

それにしてもあおなみ線大嫌い
ポートメッセ名古屋は交通の便が悪く実質あおなみ線の一択
それもあってか第3セクター?のせいか市内なのに往復で700円も
掛かるのだ
運営距離換算でJRどころか地下鉄より25%も高い

握手会の入場料と思って割り切るしかない

9:30少し前に会場の第3ホール前に着いた

IMG_2104.jpg

先頭がどこにあるかも分からないが最後尾に並ぶ

入場列とは別にグッズ列もあるが50名もいない閑散とした状況
ファンはライブを第一に来てるようだ

何千人並んでるか定かでないが30分後に入場出来た
入り口付近にCDの販売所もあった

IMG_2110.jpg
やはりというか女性も多く目を引く可愛い子も多かったのは
まいやんのRay効果だろう

入場は荷物チェック等無し
それらは握手会の際に実地される

客席は第3ホールいっぱいに先頭からA~Dブロックに分けれて
それぞれの入り口で入場の際に握手券と引き換えたチケット
を見せて柵の中に入る

無論スタンディングだ

当然ながら貰ったチケットはDブロック

IMG_2105.jpg
ステージが全く見えない

A~Cなんてほとんど埋まってたからランダムなのは最初だけ
であろう
これはこの手のイベントによくある光景だ

開演の11時が迫る頃にはスカスカだったDブロックも少々窮屈な
くらいに埋まった

段差無しのスタンディングゆえにステージは人垣の隙間から
辛うじて上半身が見えるほど
メンバーでさえ全く見えないと思っても差し支えない状況

つまりDブロックになると音を聞いてるだけになる

チケットを貰ってその足で会場出口へ向かう人が結構いた
あれはブロック番号を見てこうなる事を知っていたから観覧は
諦めグッズ列にでも並びに行ったのだろう

実に賢い選択だ

自分はこんなこともあろうかと高性能双眼鏡を持参したので
無料イベントと思えば楽しめた方だ
しかし仮に次回があるとすればライブには参加せず握手会の
始まる13時に会場へ着くようにするだろう


セットリストは命は美しいとその全c/w
トークはライブや映画の告知関連で歓声の上がるようなサプライズ
は無かった

最後に名古屋では放送されてない今週のNOGIBINGO!4のネタから
深川まいまい犬にコメント振り…彼女にアドリブはヒヤヒヤもの
で間が空き生駒がフォローしていた
「握手レーンに来てワン」的な事を言って締め

最後の曲に一番期待していたあらロマはあしゅみなWセンター

指先で☆やハートを形どったり星座を眺める振りとか噂通りに
可愛かった
しかしみなみが押す星座のコールは回りからも聞こえなかった
ノリの悪い名古屋人には無茶だし個人的にも曲に合わないと思う


ライブが終わり規制退場
最前列の女性と子供から始まりD~Aの順
規制退場が始まる前に一足先に柵を抜け出るファンもいた

13時からのライブまで自由行動
皆一斉にグッズ列へ並び駐車場までの超長蛇の列が出来上がる

IMG_2106.jpg
ずっと先が販売所

IMG_2108.jpg
販売模様

IMG_2109.jpg
WEBショップで予約を受け付けてるスマホケースの見本も

他はホールの前に出店されてた屋台やエントランスにある喫茶店へ
走る者も

IMG_2107.jpg

そして早くも握手会入場列へ並ぶ者も様々だった

13時になったので入場列に並ぶ

今度は入ってすぐに荷持検査と金属探知機

IMG_2113.jpg

金属類は予め外してトレーへ
荷物の中身はコンサート入場よりは念入りに調べられた
飲料を持ち込んだファンはその場で一口試飲をさせられていた

検査ブースを抜けるとそこは握手会待機エリアが広がっている

P1062055.jpg
注意事項の張り紙はよく読んでおこう

IMG_2114.jpg
数カ所に壁紙ダウンロード(モバイル会員のみ)のコーナー


その先は柵で仕切られ入り口で握手券を見せると初めて握手
エリアに入る事が出来る

この時点で13:30

そこで各レーンの混雑状況を調べる
(松村は体調不良で急遽不参加発表)
(レーンの長さは均等でなく今回の場合1が最長、次いで2~4
あとは5~以降で1は通常の1.5倍ほど長く設定されていたので注意)

●第1レーン:佐々木琴子×西野七瀬 5列
●第2レーン:白石麻衣×和田まあや 4列
●第3レーン:永島聖羅×深川麻衣 2列
●第4レーン:鈴木絢音×橋本奈々未 2列
●第5レーン:秋元真夏×伊藤純奈 2列
●第6レーン:衛藤美彩×寺田蘭世 1列
●第7レーン:伊藤かりん×若月佑美 0列
●第8レーン:生田絵梨花×山﨑怜奈 3.5列
●第9レーン:生駒里奈×星野みなみ 4列
●第10レーン:斎藤ちはる×桜井玲香 0列
●第11レーン:(欠番)
●第12レーン:高山一実×渡辺みり愛 0列
●第13レーン:伊藤万理華×能條愛未 0列
●第14レーン:川後陽菜×齋藤飛鳥 1.5列
●第15レーン:相楽伊織×堀未央奈 0列
●第16レーン:北野日奈子×中元日芽香 0.5列
●第17レーン:井上小百合×樋口日奈×川村真洋 0.5列
●第18レーン:斉藤優里×新内眞衣×中田花奈 1列


時間が経つほど参加者が増え又グッズ組も合流し列の並びは増えた
しかし全体的な割合は変わらないので一応参考にはなるだろう

14時から15時にかけて~9と10~のグループに分かれて15分間の
休憩に入る
その時は稼働してるレーンに人が移るのでその間この票は参考に
ならない

自分の場合本命は14だが要領が分からないのでまず乃木坂ファンに
なる切っ掛けとなったまいやんのいる第2レーンから行く事にした

ここで事前に確認すべき点は3点

1.メンバーの並び順

公式やその場に貼られてるメンバー票は全くあてにならない

2.何秒間の握手が出来るのか計測

レーンによって設定が違う

3.各々メンバーの握手対応が攻め手か受け手かの判断

攻め手の場合こちらが発する前に向こうから喋りかけてくる
事があるので事故りやすい
受け手はこちらから喋りかけないと無反応で終わる場合があり
これも事故に繋がる

この3点に注意しシミュレーションをしておく事が成功の秘訣

ちなみ握手をしてる様子は衝立があり直前まで不明
よって目的のレーンの隣のレーンに並び横から衝立の先にいる
メンバーを確認後その列から抜け出る
列が無ければ直前まで歩き握手券を探すフリして確認後しまった
様な顔をして脱出すれば問題ない

P1062057_1.jpg
握手ブースの構造
カゴは荷物用


~握手までの手順~

1.直前でテーブル上にあるカゴに荷物を置く

※携帯やカメラの持ち込みは禁止
※財布、時計や小さい指輪は外さなくてOK

実際には身体検査が無いので後は各々の判断

2.握手券を渡し手のひらに何も持ってない事を見せる

※この時点で前には0~2人なので呼吸を整える間もなくすぐ本番
※メンバーを視認出来るのもこの時点

3.握手

通りぬけでなく順に並んだ2人(又は3人)と握手した後にUターン
する形となる

4.荷物を受け取りレーンの出口へ向かう


今回の場合1~2レーンは一人2秒
3レーン以降は5秒が平均握手時間
ただし粘れば+2秒はいけるが剥がしがキツくなる

つまり一人何秒でなく2人で何秒と考える方がよい場合もある
もちろん流れを遮るので粘りは迷惑行為に他ならない

ちなみにこれらは名古屋の場合でファン人口の桁が違う関東では
より厳しいだろう

基本的にこの流れで行くが最大の注意点は握手会受付時間を
過ぎると全体的に剥がしキツくなる
これは終了時刻までに残った全員を捌かなくてはいけないからだ

なので握手はなるべく早い時間に済ませた方が良い


自分の場合(全3枚+追加1枚)

★1枚目
まあや←「あすかさんをよろしく~」
まいやん←「初めての握手はまいやんに決めてました」

感想
まあやは初っ端から「ハロー」と先制攻撃をくらい
タイミングがズレた
しかし早くも目が虚ろに見え大丈夫かと思った

まいやんはちゃんと話を聞いてくれて「ありがとー」と
お見送りのバイバイもしてもらえた
初心者向けと言われてる彼女だがその通りだった

しかし数秒だとほとんど記憶に残らない
わかってはいたが最初で最後の参加というつもりでいたから
後腐れなくそれでいいかな?

これだけ高速だと攻め手受け手はもう関係ない

★2枚目

ななみんの4へ行き最後に本命14へ行くつもりだったが万が一
事故った場合のフォローを考えて先に14のあしゅへ行った

5秒間を充実させようと予め名札をつけ自己紹介する時間を
省こうとしたがそれが誤算
あしゅは顔しか見ずそれでシミュレーションが総崩れ
頭が真っ白になる

あしゅ←「はじめまして…(シドロモドロ)」
川後さん←「ポップティーン…」剥がし

あしゅで事故り呆然となって川後さんへの次の時間を無為に
費やしたのが原因


必然と3枚目はリベンジに使う
ななみんが心残り…

★3枚目

直ぐさま2回目で自己紹介するのもクールじゃないと思いふと
認知度を試す為にブログでしたコメントをネタにある質問(秘密)
をしてみる

あしゅ←「○○?…えっ○○だよ」
川後さん←「ブログの決意表明すごく良かった」

川後さんへは1枚目の続きで成功し大変喜んでくれた
問題はあしゅの方
またしても事故った

最近のネタだからまだコメント読んでなかったのかも?と自身を
慰めこれは絶対確認すべき点があり出口付近にあるCD即売所で
追加購入する羽目に

P1062054.jpg
1600円ほどの痛い出費

結局2度目も名札を見てくれなかったので口頭で自己紹介する事に
した
最初からそうしておけば1枚で済んだかもしれないと後悔

ちなみに川後さんは何も言わずとも名札にすぐ反応してくれて
理想通りの対応をしてくれた

ちなみに川後さんは適度な攻め手で初心者向き
あしゅは新規に対しては受け手と聞いていたがその通りだった

★4枚目(ラスト)

あしゅ←「乃木坂マジふぁんです…」
川後さん←「川後チョップどうやるの?」

川後さんはノリノリで教えてくれ互いにチョップした
問題はあしゅ…
コメントしてくれてる人と認知されていたのは良かった
しかし実に素っ気ない興味のない反応

これはツンなのか?それとも本当に興味ないのか?
判断がつかず終了と実質の事故
新規にデレは無論ツン対応もしないと聞いていたので本当に
興味ないのだろう

自分が最も恥じる行為と思ってる認知に必死な姿を見せる
その醜態を自分自身が晒してしまったのだ


最初で最悪の乃木坂46握手会終了…


16時すぎており外に出るとグッズ売り場は閑散としていた
当然写真は売り切れだ



~総評~
最悪ではあったが元々望んでいたわけでもなくあしゅに
対しても行き過ぎた推しをしている事を自覚していた
この件に関してはいずれ別エントリーで書くだろう

結局ライブは早朝から並ばないと美味しくなく握手だけなら
個握の方が無駄がなく効率良いし事故になる事も少ない

その事から全握はあまりおすすめ出来ないと結論づける

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46大感謝祭2014 夜公演レポ&感想

2014/12/30(火)

秋葉原で散々な思いをして東京駅へ戻る
(※内容は遠征記にて)

なんでも京葉線から繋がってるそうなので歩いて行くと乗り場の
さらに突き当りで東京国際フォーラムへの入場ゲートがあった

P1070901.jpg

寒い地上を歩くよりは楽勝だったがここからまた長い。笑
延々とエスカレーターを登って行くと1Fへ
そこはホールAの入場口だった

P1070902.jpg

あれ?開場10分前だけど客これだけ?
多分他に列が出来てるのだろうと外を出てみるとそこには
暗闇の中で長い入場列が出来ていた

P1070903.jpg

開演前に一昨年代々木で行われた乃木坂運動会のVTRが流れる
との告知があったので自分の様に珍しく早く来てる客が多い
のだろう

慌てて入場列の最後尾に並ぶも開場時間を過ぎても移動する
気配がない
調べるとたった今昼公演が終わったばかり
14:30から17:30までの3時間公演とは驚いた
しかし主催者の計算違いだろう

これで定刻開演なるのか?夜公演は短縮か?
不安を抱えつつも案内が来たのである程度の人数単位で入り口
まで誘導された

お馴染みの荷物と金属探知機チェック

恐ろしく雑で余裕の入場
身分証チェックしてる光景には出くわさなかった

チケットが切られた先でプレゼントが一人一人渡されていた
貰ってみるとそれはオリジナルの手ぬぐい

P1070981.jpg

大感謝祭のタイトルと2014年はありがとうございました的な
メッセージがプリントされていた
どうせなら個別のランダム配布にしてくれれば価値がもっと
上がったのに。笑

入場して真っ先に向かったのは事前にモバイル会員で募集
された大喜利の入賞者一覧表

物凄い人だかりで根気よく並んでようやく一つずつ確認
「俺の名は、、俺の名は、、、」

無い…そんなバカな!

10通も送って一つも採用されないなんて主催者は笑いの
センスが無いと思える
なにせ優勝賞が例えば「乃木坂46の46って?」→「48の誤植」

このレベルだぜ?審査なんてしてないだろ!

ちなみにこの例題だと自分は
「公式ライバルの東京03に負けないため」と送った

面白くないか?駄目なのか?…送るんじゃなかった…な

グッズはスルーして客席へ
客席の入り口にあるロビーで全メンバーののぼりが展示

P1070904.jpg

これがどうした?と思ったのは自分だけではないと思うが
つい撮影してしまうのは貧乏症の現れだろう。笑

客席は40列台とほとんど最後列
そこからステージへは遥か遥か遠くの彼方

IMG_1882.jpg

今回も双眼鏡が唸る

肝心のVTRは聞き流した
なにせ国際フォーラムのスクリーンときたらもう低画質で
荒くしかも小さいと観られたもんじゃない

代わりに客席は広々で座り心地も最高だったけど。笑

どうやら19:00定刻開演の様だ
となると帰りは22時?マジで?…どうなる事やら

夜公演セットリスト※中田花奈ブログより引用

影アナ:若月・井上~新成人コンビ

M00 Overture
M01 制服のマネキン
M02 バレッタ
M03 ガールズルール
~VTR中に私服チェンジ~
8月VTR
9月VTR
10月VTR
宝くじ1
M04 何度目の青空か?
M05 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
宝くじ2
VTR11月
VTR12月
宝くじ3
M06 僕がいる場所
M07 ここにいる理由
宝くじ4
M08 君の名は希望
アンコール
M09 ぐるぐるカーテン
~松村・畠中謝罪~
M10 乃木坂の詩

公演時間約180分

~解説と感想~
※担当は各月の誕生日メンバー
VTRはその月の主な乃木坂活動記録

8月担当:秋元、白石、松村、飛鳥、中田
HTCのCM
神宮ライブ
乃木どこより夏休みの宿題回

まずそれぞれが2014の総括や2015年の抱負を語る決まりなのだが
やはり注目はまっつん
観客は息を呑むも全くスキャンダルの影響を匂わさない
この微妙な空気のまま今回も終わるのだなと誰しも思った事だろう
…まさかあんな事になるとはこの時思いもよらなかった

VTRの中で宿題に失敗した生駒と桜井が公開再チャレンジ
生駒キャッチボール→失敗
桜井カップスタッキング→失敗

特に桜井の見苦しさときたら。笑
ポンコツ返上と意気込んだが3回のチャレンジどれも集中力を
切らす
挙句の果てに「嫌いにならないで」「練習では出来たの」と
言い訳に終始

これが乃木坂のキャプテンである、、、ハァ

9月担当:蘭世
HTC台湾訪問
乃木どこより富士山登山

VTRに合わせて登山の唯一失敗を煽られる桜井だったり
あしゅへ飛鳥対応とは何か振ったりする蘭世だが各人が
言い切る前に「はいそれまで」みたいな感じで仕切る
これにMC高橋は感銘
客席爆笑

一体先輩らに対してあの仕切りは台本か?ガチか?
蘭世…何か問題を起こさなければよいが、、、

10月担当:堀、能條
10thシングル発売
アンダーライブ2nd

特に印象無し

ここで一回目の宝くじ抽選会
各メンバーが独自に用意したプレゼントをBOXに入ったチケ
の半券を引き発表するスタイル
当たった人へはその都度スタッフが運ぶのでメンバーが手渡し
するわけじゃない

しかしやたらと2Fばかり出る
ちゃんと混ざってはいるようだけど少々不審だった

その各人のプレゼントの中で注目は万理華
イヤホンのプレゼントなのだが明らかにビックカメラの紙袋に
入ってる
そういえば有楽町店が隣接してるけどまさかな。笑

次のM04でなぜか真夏が居ないのでステージは13人しかいない
ちなみになーちゃんは足の怪我の為にトークのみ参加
かっこいいギブス姿だった
包帯ぐるぐるに松葉杖姿はもはや時代遅れなのだな
そして玲奈は当然居ないので13名…真夏どうした?

M04~M07まではそれぞれの選抜・アンダーに分かれて披露
他は基本全員(M01~02に研究生不参加だったと思う)
生ではないが被せ率が高くなかなか良いライブであった

宝くじ2回目

ここでかずみんから気まずい発言
眼鏡のプレゼントに関連して「わたし眼鏡をかけてる人が…」
と言いかけてヤバイと思ったのか口をつぐんだ
明らかにその後「好きなんです」と言うニュアンス

たしかにアイドルとして特定の好みをいうのは不味いだろう
しかし高山ファンの眼鏡率が高くなる事請け合いだ。笑

11月担当:純奈、みり愛、相楽
10th発売イベント大阪&名古屋
乃木どこよりクイズ王の回

ここで貴重な大阪の模様を一部公開
映像撮ってるのならこれこそアルバムの特典にしろと言いたい

特別ゲストにクイズ王古川登場
銀牙を完読して挑戦するも問題は乃木坂の活動がメイン
…なのにさすがというかよく勉強してきてる
しかし銀牙を読んできたのに肝心のなーちゃんは無愛想
多少は惚れるだろ?普通

やはりクイズ王が堀ヲタだと認知されてるのかな?

この手のはお馴染み裏台本的に泣きのもう一問でイーブンと
なり最終決戦という展開
結果負けたクイズ王はバツゲームとしてビームを披露した

しかしクイズ王とのやり取りで赤面しっぱなしの堀は
照れてるのか恥ずかしいだけなのかよくわからない
さすがに恋愛感情は抱かないか。笑

12月担当:生駒、井上、畠中
映画超能力研究部
Xmasショー
アルバム発売決定

まっつんに続いて問題の畠中
ここでは「嬉しい事、悲しい事あって」と多少触れた

唐突に年明け選抜のANNとアンダーのANNR告知
アンダーは全員出るのかと思ったら永島、優里、新内の
3人だけとは残念…あしゅ
新内がニッポン放送のOL兼任だったとは今更知った

映画についてななみんが素の演技を要求されずっとカメラに
張られてたと発言
すかさずMC高橋がそれは週刊誌みたいだと発言をして
「しまった!」みたいな空気
それを察してメンバーは爆笑、、、客席は苦笑い

あゝスキャンダル事件はメンバー内ですでに消化されてるの
だなと思った

宝くじ3回目
まいやん、みさみさ、山﨑?が同じfrancfrancの紙袋で
お皿やマグカップだった
一緒に買いに行ったかスタッフに頼んだかだ
恐らく後者か?面倒くさいのでまとめて。笑

ひめたんがご飯は炊飯器でなく鍋炊飯を美味しいと薦める
その通り!自分も鍋炊飯派なので共感した

M06僕がいる場所
Xmasショーでも聞いたが本当にこれがアルバムのイメージソング
でいいのだろうか?歌詞が暗すぎる

宝くじ4回目

なーちゃんは無印良品で調達。笑
自分的にはユニクロと同じイメージだけどどうなのだろう?
しかしお揃いをプレゼントするとは抜け目無い

最後は夜公演のみカーナビを2台プレゼント追加
自分はかすりもしなかったがほんと羨ましい

全体としては西武ドームを意識した防寒グッズが多かった
手紙を書いてるメンバーも少ないが居たけど推しでも無い人へ
一体どんな文章を書いたのだろうか?笑

このままお約束のアンコールで歌って終わりかと思ったら
突然鎮まりまっつんからここで告知があると前に出る

この時恐らく観客の全員が乃木坂辞退宣言をすると思ったに
違いない
しかし内容は応援してくれるファンが居る限り頑張る的なもの
畠中もほぼ同内容のスキャンダル謝罪だった

うしろで聞くメンバーは…何と表現して良いのかメンバー
それぞれ
泣き出しそうな子もいればブスっとしてる子もいる
あしゅの場合は悲しそうな顔をしていた

これ大感謝祭だよな?笑

一応「ガンバレー」といった声援がチラホラ飛んだけど本心は
どうなのだろう
やはり良い気分で大晦日を迎えるはずがちゃぶ台を返された
印象ではないだろうか?
謝罪にせよ何もかもが遅すぎるのだ

定番のM10乃木坂の詩で終了

4,800円のチケでここまで楽しめたら大満足だ

ちなみにあしゅ関係のレポはアメブロの方に書いてある

帰りにチラシを2枚もらう
一枚はAR年賀状
もう一枚は今日の参加者特典で二周年西武ドーム公演の先行
申し込み要領だ
(しかし受付終了が翌31日の昼までとは知らず勿体無い事をした)

時刻はやはり22時!今回も予定が大幅に狂った
宿となるネカフェがある高円寺に付くのは23時前だ
しかし京葉線の通路…長いなぁ~
(※以降遠征記に続く)

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46Xmasショー2014初日レポ&感想

2014/12/13(土)
場所:有明コロシアム

秋葉原で目的の買い物を済ませてから有明到着

P1070756.jpg

時刻は開演1時間半前の16時30分
到着直後予定外の駅そばにて食事をしてしまったので噂のご当地
屋台は観察だけになってしまった(この辺りの事情は遠征記にて)

P1070763.jpg
乃木坂オリジナルカップのスープ&ドリンク屋台


P1070761.jpg
中津からあげ※衛藤・畠中

ここが最も回転良く売上もNo.1と推察される
日清からから揚げ粉が市販されてるので自宅でも作れる


P1070764.jpg
焼きちゃんぽん長崎食堂※川後

一番不人気も横浜ラーメンが品切れとなると客がこちらに
流れてきた


P1070765.jpg
広島焼き※中元・和田

焼きそば入りのお好み焼き
これも自宅でよく作るので金を出す気にはなれない


P1070766.jpg
浪速ホルモン焼き※西野松村川村

これホルモンのみと丼にしたのと2種類販売されていたが
美味そうで正直悩んだけど安いホルモンのくせに量が少なすぎる


P1070767.jpg
富士宮焼きそば※深川若月

もうブームは去ってるのに意外と客足良い
さすがはトンキンだ


P1070768.jpg
横浜家系ラーメン松壱家※桜井万理華純奈かりん能條

今回のボリュームNo.1
お店と同じくらいの食べ応えがあるように見えた
800円という価格も適正で売り切れ一番乗り


P1070770.jpg
秋田名物きりたんぽ鍋※生駒絢音

本来なら微妙だがこの日の寒さに恋しくなるのか意外と行列


P1070773.jpg
帯広豚丼※橋本

おそらく一番人気
しかし回転が悪かったので中津からあげに及ばないと思われる
でも帯広で豚丼?いまいちピンとこない


P1070774.jpg
グレイビーホットドッグ※生田

ここも人気上位
超ビッグなフランクフルトの迫力にここも食べたかった
700円は妥当だ


しかしこれ全て立ち食いなのが辛い
地面は砂利だしよくこれだけ盛況だったと想定外の催しだった

他に、、、

P1070760.jpg
お友達紹介キャンペーンのガラガラブース

ここまで必死にならないとまずいほど乃木坂は経営難なのか?

グッズの売り切れ状況もチラリ

P1070757.jpg

おお!この時点で推しメンタオルであしゅが唯一の売り切れ
やっぱり水色&白のペンライトよりタオルの方が見つけてくれ
やすい
正直自分も…今度機会があったら買う。笑

ここまでで17:00
開演まであと1時間もあるのでテレポート駅まで足を運んで
1/1ガンダムを撮影して来ようと歩み出すもあたりは夕闇に包まれ
怖くなって引き返した。笑
人っ子一人いないもの、、、道路向こうの駅側から歩かないと
よくわからない

仕方がないので入場

P1070781.jpg
こちらは昨日入ったゲート

今日はスタンドHという事で向かって左側ゲートより入場
チェックは昨日と変わらず
昔はカメラ録音機器のチェックだったが今は事実上持ち込みOK
使用しない事が前提となっており現在チェックされてるのは
危険物のみの様である

こちらのゲートからは関係各所からの花が展示してあった
物凄い量の中からやはりこれをチョイス

IMG_1831.jpg
Rの法則スタッフ一同

IMG_1830.jpg
座席図(2chより転載)

IMG_1833.jpg
スタンドHよりの眺め

普通に糞席。笑
せめて推しメンのトロッコが前を通過する事を願う


13日夜(初日)セットリスト

開場 16:30
開演 18:00

影アナ:生田星野

M00Overture
M01気づいたら片想い
M02バレッタ
M03走れ!Bicyle
M04ガールズルール
M05君の名は希望
MC1
M06遠回りの愛情
M07扇風機
M08左胸の勇気
M09シャキイズム
M10孤独兄弟 
M11生まれたままで
M12海流の島よ
M13そんなバカな…
M14水玉模様
MC2 VTR 西武ドーム公演発表
M15やさしさとは
Xmasスペシャル企画
 SP1ラスト・クリスマス
 SP2White Love
 SP3レット・イット・ゴー ~ありのままで~ 
MC3
M16ぐるぐるカーテン
M17夏のFree&Easy
M18制服のマネキン
M19何度目の青空か?
EN1僕がいる場所
EN2そんなバカな…
EN3シャキイズム
MC4
EN5おいでシャンプー 

公演時間約170分


~感想~
ぶっちゃけBSスカパー観たままです。笑
放送以外で何も事件は起きていません
よって解説する事もないのであしゅと全体についての感想だけ

自宅に帰れば録画してある放送を観ればよいのでひたすらあしゅ
だけを双眼鏡で追った
ちなみに自分は5万円の双眼鏡を使ってる
高性能な双眼鏡は遠く離れていても肌の凹凸まではっきりと
分かるので金をかける価値がある

その双眼鏡は最初から活躍
あしゅの被るサンタの帽子がズレまくりしきりに直すあしゅ
ピン止め忘れたのか?それとも頭も小さい自慢か?笑

M06~M15はアルバム人気投票ベスト30~21位
ほぼ中間発表通りでもっと荒れるかと思ってた

M07扇風機
M11生まれたままで
M12海流の島よ
M13そんなバカな
M14水玉模様

元々ポジションが良いのであしゅ大活躍
特に海流の島よは言わずもがな
それとM14は生駒欠席に伴う抜擢でラッキー
しかもソロパート付きだ

海流の島よのラスト辺りでパッツン前髪が乱れていた
これ視聴者は変な風に見えないか不安だったけど帰宅し確認
したら思いの外可愛かった。笑
パッツン卒業だね

ただ生まれたままではTVだと殆ど抜かれていおらず残念
全体のバランスを考えてあえて外されたのかな?

EN3シャキイズムでななみんとの絡みがとても微笑ましかった
選抜復帰してイチャラブして欲しい

ななみんと言えばトロッコですぐ近くに来たななみん…
TVで観るより小顔で驚いた
なんだか握手会してる気分になる

全体としては少々手抜きかな
特に一番目玉のXmasスペシャルライブ
ハンドベルも鉄琴も鳴らしてるふりだけの小道具
ただのカラオケ大会で残念だった

でも明日だけ入ってたら今回のあしゅ祭りを味わえなかったので
本当に運が良かったという事で締めくくりたい

さすがに2日連続ダブルアンコールは無かった
完全生放送を謳ったBSがあるので無茶出来ない。笑

会場外に出る
やはり真っ暗になったら美しい
正面に展示してあったクリスマスツリーのモニュメント

P1070786.jpg

綺麗だけどなんか安っぽい…
ツリーというよりブルーハワイのかき氷に練乳かけたみたい

昨日に引き続き大渋滞の歩道橋…ハァ…会場を後にした
向かう先はお馴染み高円寺のネカフェだ
(遠征記に続く)

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46アンダーライブ2ndFINALレポ&感想

2014/12/12(金)

場所:有明コロシアム

仕事の関係から唯一13日が参戦出来たのでチケットを入手して
いたが急遽前日も休める事になったのでタイミングよくステージ
サイド席をGET
12日アンダーライブFINALは日中に18きっぷで移動し直参戦の
慌ただしいスケジュールとなった

国展で降りるのはいつ以来か?
有明コロシアムという現場も初めてだったけど駅前から乃木坂
ファンだらけだったので後を着いて行くだけで現場に到着

P1070730_1.jpg
開演30分前の会場周囲

とりあえず各売り場を覗いてみる

P1070732.jpg
グッズ列

P1070731_1.jpg
グッズ売り場

この時間だとさすがに少ない
…と撮影を続けていたが開演が近いので屋台等の続きは明日
撮影する事にした(※Xmasショーレポにて)

ステージサイドは向かって左側検査所に案内された
荷物検査はテントが暗くペンライトをかざしてチェック
ほぼ形だけでパス出来た
続いて金属探知機は手荷物を掲げた状態でチェック

この2つ同時進行じゃないとチェックの意味が無いだろ。笑
荷物検査時に隠し持ち金属探知機では手荷物として持って
しまえば問題なくなるぞ

その後歩いてスタジアム入口にてチケットチェック
身分証確認してる様子は偶然かはわからないが見掛けなかった


IMG_1819.jpg
座席図(2chより転載)

IMG_1824.jpg
ステージサイド席(スタンドD)からの眺め

予想通りだけどもう少しメインステージが張り出してくれてたら
神席になりえたかも…(しかし公演が始まり違う意味で神席となる)

開場17:00
開演18:30

セットリスト(※はセンター担当)

影アナ:井上→万理華→飛鳥

M00Overture
M01あの日僕は咄嗟に嘘をついた
M02ここにいる理由
M03狼に口笛を
M04制服のマネキン
MC1
M05ぐるぐるカーテン ※樋口日奈
M06春のメロディー ※寺田蘭世
M07夏のFree&Easy ※齋藤飛鳥
M08扇風機 ※伊東万理華
M09バレッタ ※相楽伊織
M10音が出ないギター ※川村真洋 
M11失いたくないから ※川後陽菜
M12指望遠鏡 ※中田花奈
M13左胸の勇気 ※能條愛未
MC2 ミュージカル「残念姉妹」
 M14世界で一番 孤独なLover
 M15月の大きさ
 M16何もできずそばにいる
M17会いたかったかもしれない
MC3
M18生まれたままで ※伊藤純奈
M19涙がまだ悲しみだった頃 ※和田まあや
M20やさしさとは ※渡辺みり愛
M21サイコキネシスの可能性 ※伊藤かりん
M22ロマンスのスタート ※中元日芽香
M23ハウス! ※畠中清羅
M24君の名は希望 ※新内眞衣
M25気づいたら片想い ※永島聖羅
M26シャキイズム ※井上小百合
M27ダンケシェーン ※北野日奈子
M28ロマンティックいか焼き ※斉藤優里
M29そんなバカな… ※鈴木絢音
M30ガールズルール ※佐々木琴子
M31初恋の人を今でも
EN113日の金曜日
MC4 VTR
EN2乃木坂の詩

公演時間約160分

~感想~注:あしゅヲタ視点

「やっほ~あすかで~す」…あしゅ冒頭の影アナから可愛すぎ。笑

1stライブの頃は万理華あしゅの2TOP体制だったが2ndの頃になると
さゆTOPで両脇を2人が支える体制に変わった
これはさゆ選抜の流れか?それともアンダー代表の立場で永久
就職なのだろうか?

後者の方があしゅは気兼ねなく選抜に返り咲けるのだが、、、

M1~M4までアンダーファン好みの展開
MC1はOPの感想から入った
独特な形状の有明を埋め尽くすサイリウムに感動したのか
万理華など涙ぐむメンバーもいる
よくこのメンバーでは最後と言うか…ぶっちゃけほとんど
変わらないし。笑

続いてひめたんビームを強要する中田
最近は尺稼ぎに重宝されてるがこの短絡さは芸能界を甘くみてると
しか思えない
中元はベビメタの出来る妹と比較されるのを拒むがならばビーム
以外に取り柄が欲しい所だ

VTRを使い今回の特別企画として各楽曲のセンターを参加者全員
で務める主旨を説明
なんとこの後20曲以上に全体曲も合わせると2時間じゃ到底
終わらないのでは?と思い遠征計画に狂いを感じる
ちなみに渦中の大和は不参加
山﨑はEN1からの参加であった

あしゅのE07
基本的にアンダー曲はほぼ生歌
シングル他は被せ半々でソロパートは完全生というのがこの企画
も準じてる
よってソロパートがないこの曲は「お前ら声出せ!」とお馴染み
の煽りしか目立つ場面がなかった
また全体的にメインステージだけでなくトロッコも使いバック
ステージまでバラける演出だったのでダンスも中途半端にしか
みられなかった
つまりセンターである要素が低く残念な内容

一応何を歌うかはメンバーらでの抽選結果なので仕方がない

M13にてようやくあしゅがステージサイドに再接近
メンバーが意識してくれないと絶対に目を合わす事がない
それがステージサイド席!

しかしそんなに駄目な席かと思えば普通では見られないお楽しみ
もあった
それが「パンモロ」である(後述)

MC2は「残念姉妹」と題したミュージカル風の寸劇
ヒロインは川村と…あしゅ!
いかにも貧乏そうな継ぎ接ぎの制服姿で登場

~ストーリー~
金持ちだけの学校に替えると学園買収を目論む風紀委員長中元
クラスメイトは残念姉妹と馴染んでいたものの委員長には
逆らえない
そんな残念姉妹には生き別れた長女(井上)がいた
その姉は私達姉妹の家庭を崩壊させた中元の父親が許せない
敵の娘と再会した長女は復讐を血行!
その銃弾は奇しくも次女に命中!
なんと委員長をかばったのは真洋だった
死んだかと思われた真洋は親から譲り受けたペンダントに
命中していたので無事だった
この事件で委員長は残念姉妹と和解
真洋も復讐の愚かさに気付いた
そして改めて学園の一員として残念姉妹は迎え入れられた
ありがとうサンタさん…今日はクリスマスだ
fin

意外に選曲とドラマ部分が合っていて楽しかった
真洋が撃たれた時のあしゅの演技は迫真であった
ただ出番は真洋とさゆメインであしゅは少なめなのが不満
話も家族が崩壊した部分を端折ってるのでこの復讐劇が
イマイチ感情移入出来ないしオチも唐突
しかしアイドルのコントを本格鑑賞しても仕方がない。笑

この劇中MC15にてステージに倒れる演出があったのだが
あしゅらのスカートの中が丸見えだった。笑
これはステージサイドという後ろからでないと見られない光景
もちろん見せパンだけどこれくらいのラッキースケベがないと
定価で入ってるのだから報われないよ


MC3とMC4とで二班に別れミニゲーム?
フルーツバスケット風に回り一人がクリスマスに因んだ萌え
セリフを言うものだけど順番に全員が言うのでバツゲーム
でもないな
中田が自身の考えたセリフなのにカミまくりでライブ感
台無しに…これは笑えない
あしゅのセリフは、
「どうせおまえらXmas過ごす相手いねーだろ…(笑顔で敬礼)」

観客大盛り上がりだったけどちょっとキャラに合ってるとは
いえ突き放しすぎかな?
最後「わたしが一緒に居てやるよ」と付け足してくれれば
ツンデレキャラが成立したのに惜しい

M20のみり愛にチェックを入れてるが…思い出せない。汗
あしゅ絡みで何かあったのだが、、、

M24新内が高齢ながら苦労して乃木坂に入った事を思い出し涙
最近交流の深いあしゅももらい泣きしていた
彼女の場合加入までの経緯が不透明なので何かしらあったの
だろうね

M27きぃちゃんのダンケ
出だし生ちゃんのソロパートは当然生歌だけど意外に声が出てた
最後あしゅが「やっぱきんちゃんだな」で締める
さすがは盟友だ。笑

M28優里がM29の繋ぎで一句読む
「よく言われる橋本環奈に似ている目」
そんなバカな~と繋がるけど確かに似てる。笑
橋本環奈自体1000年とか天使とか言われてるけどさほどに
感じない
そう書くと優里に失礼か?笑

あしゅセンターのガルルが観たかったな

MC4は12/30東京国際フォーラムでの感謝祭開催発表
メンバーは驚いていたいたが演技かもしれないし微妙な反応

EN2ではお約束の紫ペンライトで統一
そういえば今回から液体式サイリウムの使用が禁止されたけど
そもそもサイリウムって液体式しかないのでは?
メンバーは今度からはペンライトで統一した方が良いと思う

最後にさゆら総括のMC
みんな涙…涙…涙
あしゅも隣のさゆの肩を借りて号泣
その表情は自分の居るステージサイドの左側でしか味わえない
場面であった

このアンダーでのライブは最後だけどを忘れないで
また新しいアンダーをよろしくといった内容
その当人が選抜入りしたらどうなるのやら。笑

ここですでに21時過ぎ
会場使用は21時までと決められてるそうなので余韻なくメンバー
は退場するもダブルアンコール発生
退場アナウンスも始まっていたが会場スタッフに動く気配が
無いので想定済みか?

それに応えたメンバーも凄いけど無茶をする。笑

結局終わったのは21:10すぎ

予想では20:30すぎに終了して国際展示場駅21:00頃発を計画
していたから全ての予定が狂った
急ぎ宿予定のネカフェがある綾瀬へ…しかしそこで悲劇が!

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46 10thシングル発売記念ライブ名古屋レポ

2014/11/27(木)

場所:Zepp NAGOYA
開場16:00
開演17:00

最近現場慣れしてないのでいくつものミスを犯してしまった今回の
10thシングル「何度目の青空か?」発売記念イベント

まず整理番号順の入場なのに開演15分前に着けばいいやという感覚
普通じゃ考えられないミス。笑
この現場でこの手のイベントっていつ以来だろう…SKEでなけれ
ばハロヲタ時代にまで遡る

でも600番台だったので最前が望める筈もなく又1時間も場所取り
に棒立ちしてるのが時間の無駄と思うようになったので納得した

P1070679.jpg
開演15分前の入口

皆入場済みでグッズ列もゼロと言う状態

P1070680.jpg
グッズ売り場

売り場が中だったので撮影は自粛した

入場してドリンク代500円払う
この500円の寄付で主催者が安く箱を借りられる仕組みなのだ

その程度と思っていたら時代が変わったのか以前はネック
ストラップだけだったのがカラナビに変わってた

P1070681.jpg

丁度欲しかったのでこれはラッキーだった

ブース内に入るとやはり前へ行くゆとりも無い
しかし最後尾扉の付近は前後にスペースが作れるほど圧迫
されてなく双眼鏡を使うに十分だった
…しかし持参せずこれまたミス

もっと詰めると想像していたのだが平日開催という事もあり
来られなかったファンも多いのだろう

ちなみに2Fは使用せず
スタンディング嫌いの自分が唯一くつろげる場所なのに、、、

恒例の開演5分前に影アナが流れるもまわりは反応せず
それもそのはず研究生の琴子とみり愛なので判別出来なかった
のだろう

M2であしゅが西野ポジに入ってるのを確認
事前に向かって右サイドへよく行くとモバメで告知があったから
ありがとうと言いたい

それにしても見事に文春スキャンダルメンバーの3人が未参加
記事の前に大阪との割り振りが決まったのでなんたる偶然だろう
加えて前日発表の紅白落選にも触れる必要無いので一番助かった
と感じてるのはメンバーやスタッフかもしれない

M7、8、9はメンバー交代制
他は全員参加だが研究生は入ったり入らなかったりで16名
調整をしていた様だ

なんかアバウトだけど最後尾ゆえよく見えないものは仕方がない
センターから左側は完全に観客の頭で死角になってしまった

それでも発売イベントとしては破格でアルバムの特典は代々木
じゃなくこちらの模様にして欲しかった

そんなわけで代わりに面白かったMCを紹介

優里「NOGIBINGO!観てくれてますか?(そのネタで)」
「ここに来てる名古屋の皆さん!…この変態野郎が!!」

これを受けて盛り上がる観客へ

ななみん「皆さんは変態と呼ばれて喜ぶのですか?」
「今日は皆さんの事を変態扱いしていきたいと思います!」

~場内爆笑~

これが台本かアドリブかは不明だがななみんは自身がドSキャラ
だって事を認識してるからこそ大受けなのだ
その前に名古屋じゃNOGIBINGO!3は放送されてない事を知らない
天然ぶりな優里もアレだが。笑

そのななみんは第一声から覇気が少なかった
時折口元を押さえる仕草から風邪気味と思われる
ドSで病弱ってまだ芸能人の誰もやってないキャラじゃ
なかろうか?

深川「西日本(大阪イベ)行った方?(挙手)」
「…想像してたより少ない」

場内今度は苦笑いで包まれる
普通は「思ったより多い」の前振りのはず
なぜこんなネガティブ発言をしたのか戸惑いの広がり。笑

ちなみにあしゅの自己紹介は初期の頃にやっていたネタ
「にらめっこしましょ~笑いと勝ちよ!あっしゅしゅ!」

他のメンバーも機会が無いのか杵柄の自己紹介を披露していた

MC2は告知メイン
まいやん曰くアルバム特典代々木映像のガルル間奏前
「いくよ~」に注目して欲しいとの事

アンコールは余計と思われがちだがここで全体の時間調節を
するので予定調和になるのもやむを得ない

~総評~

衣装チェンジも特別な演出も無く淡々とライブは進行した
サプライズも無し
むろんメンバー構成が違うゆえ口パクじゃないので生ライブは
最高に興奮した
しかも全曲フルサイズだ!!
特に咄嗟が好きなので良かった
選抜の歌うアンダー曲は貴重でありアンダー実力至上主義に
一石を投じる事にもなる

それにしてもハロヲタ辞めた時にワッチも卒業した事を少し
悔やむ、、、最後にハイタッチ会でもあれは完璧だったな、


次の現場は12/13のXmasライブ
BSスカパーの生中継が決定して少々凹んでるがその代わりに
映像があるのでレポが楽になる事とTV放送という事でサプライズ
が期待される


~公演データ~

名古屋第1部セットリスト

M1 OVERTURE
M2何度目の青空か?
M3転がった鐘を鳴らせ!
M4夏のFree&Esey
M5走れ!Bicycle
MC1※自己紹介
M6私、起きる。
M7Tender days
M8遠回りの愛情
M9あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
MC2
M10制服のマネキン
M11ガルーズルール
アンコール
EN1おいでシャンプー

公演時間約60分

※東日本選抜出演メンバー
生駒里奈・井上小百合・北野日奈子・齋藤飛鳥・斎藤ちはる
斉藤優里・白石麻衣・新内眞衣・高山一実・中田花奈・永島聖羅
橋本奈々未・深川麻衣・堀未央奈・若月佑美
(伊藤純奈・佐々木琴子・鈴木絢音・渡辺みり愛)

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

アンダーライブ2nd MC齋藤飛鳥10/12夜公演感想

2014/10/12(日)夜
場所:六本木ブルーシアター
開演:17:00
終演:19:00

秋の乗り放題パスでJR在来線乗り放題
いわゆる18きっぷの秋版である
これがなかったらアンダーライブ2ndには参戦しなかった
よってその制約から3連休に焦点を当て仕事に不都合が生じても
確実に間に合う
それが12日夜であった

その一週間前にあしゅはこの夜公演が山場と言っていた
てっきりDVD収録でもあるのかと思っていたが前日になって
日替わりソロMCなる企画がある事を知る
それまで楽しみに情報を絶っていたので仕方がない

何はともあれ自分は幸運だ

JR東海道本線から六本木に接続するには恵比寿で降りて地下鉄に
乗る方法が最安値でそれを選択
日比谷線だけど会場へは大江戸線の麻布十番駅で降りる方が
近い様だが数分差なので問題ないと思った

それが過ちだった

iPhoneのグーグルマップで検索した場所に来ても会場が無い…
開演まで残り15分だったので焦って公式で確認

なんとこちら方面からは入れないと記載…なんてこった

結局山一つぐるりと周り込むとヲタらしき集団が坂の上を登って
いく姿を発見し会場入口を確認
麻布十番で降りた方が圧倒的に近かく騙された感じ

安心して引き返し大通りにあったファミマで飲料を買い会場に
乗り込む
しかしそこからさらに会場外周を半周してようやく入場口

042_20141018234716fc4.jpg
外観

041_20141018234715e34.jpg
入口

なんて不便で不親切な会場なんだ!六本木ブルーシアター!!

六本木自体4年前に℃-ute矢島舞美の舞台で俳優座劇場へ
来て以来の二度目なので土地勘が無く致し方ない
それにしても裏通りは廃ビルが多くバブル期の名残りかと思った
今はヒルズのイメージが強いので尚更だ

開演5分前で影アナが始まる寸前の様子
慌てて入場する

荷物チェックはザルではなかったがカメラなど持っていても咎め
られる事はなかった
チケットの身分確認は無かったが話では本当にランダムで行われ
てる様だ

グッズは神宮で買えなかったあしゅのボールペンセットがあれば
欲しかったがアンダラ(アンダーライブの略)グッズとCD類しか
なく残念

そして開演する


セットリスト(10月12日夜)

影アナ:能條&佐々木
M1OVERTURE
M2あの日僕は咄嗟に嘘をついた
M3ここにいる理由
M4狼に口笛を
M5制服のマネキン
MC1
M6ハウス!
M7ガールズルール
M8会いたかったかもしれない
M9ダンケシェーン
M10涙がまだ悲しみだった頃
M11失いたくないから
M12左胸の勇気
M13春のメロディ
M14扇風機
MC2
M15君の名は希望
M16夏のFree&Easy
M17そんなバカな…
M18指望遠鏡
MC3
M19月の大きさ
M20音が出ないギター
M21生まれたままで
M22おいでシャンプー
M23初恋の人を今でも
アンコール
EN1何度目の青空か?
EN213日の金曜日
EN3乃木坂の詩

公演時間約120分

~補足~

MC1は数えて10回目と言う記念に川村と井上らが観客を煽る
MC2はあしゅの単独MC(後述)
MC3はスペシャル公演の抽選会
M22と23の間に井上からアンダーを代表するメッセージ
「ファンを笑顔にする事が出来てアイドルやってて良かった」
的な内容
メンバー横一列に並び神妙な面持ちだったので松村の不倫事件
が関係したと思われる

M7、M16、あと終盤に一回(失念)で客席中央通路にお立ち台設置
3箇所に分かれて3名がパフォーマンスを見せる
スタッフがいきなりロープを設置し出したので何かと思った。汗

M8のみ研究生による歌唱


~感想~

アンダーライブは凄いとさんざん言われてきたがそれほどでは
なかった
たしかに被せではあるが生歌と言っても遜色無い
しかし上手い下手より乱暴な歌い方でほんと女子高生がノリで
カラオケしてる印象だった
これを迫力と見るかは各々の趣味次第だろう

全体的にコンサートらしい演出はなく淡々と歌とダンスを
こなしてく
AKBGの劇場公演を思い浮かべるのが早い

毎日やってるのだから疲労も含めて型にはまるのは致し方ない
ところだ

ただチケット代金には見合わないかな?

MC3のスペシャル公演抽選会が異常に長い
(※現在は短縮されてる模様)
ここだけであと2~3曲歌えるだろと突っ込みたくなった
これは個人的に当選しても行けないというのもあるが。笑

ちなみに抽選は入口で切り取ったチケの半券を代表メンバー5名
で引くものだった(今回は53名の当選数)

それと客席からの見辛さ
段差があまりなくZeppの様なスタンディングと大差ない
椅子自体は広めの作りだったので良かった

場内飲食の禁止と張り紙があったけどみんな普通に水分補給して
いた

今回の目的はあしゅを間近(神宮比で)で観る
その際の双眼鏡性能チェックも含まれていたので目的としては
満足な公演だった


~あしゅについて~

3分MCは手書きブログの公開(彼女的にはこれで一回分なのでまた
しばらく更新しない旨…っておい!笑)
しかもブログと言う事でデジカメによる生自撮りも公開

へーこんな感じでいつも撮ってたんだ…かわいいぜ

最初の一枚はピンボケだった
借り物のデジカメ(多分ニコン製の古い型)で慣れてない様に
思われた

ブログのメインは塩対応を希望するファンについて愚痴。笑
やはり塩対応って言葉が気に入らないらしく「飛鳥対応」と
呼んでくれと懇願した

要するにファンはあしゅに対してツンデレ的な対応を求めてるのだ
その気持ちは自分もわかる
あしゅは天邪鬼だからそういう言動がとても似合うのだ

最後にビームとか何をして欲しいか観客に尋ねる
いろいろな意見が飛び交いあしゅが一言

「なんもわかんねーわ」(ヤンキー風のイントネーション)

言葉使いがアイドルじゃないぞ。。。ちょっとショックを受ける

結局ビームを選んだがいい加減に借りパクじゃなく持ちネタを
作った方が良いと思う

ライブ中の印象は思ったほどセンターじゃなかった
端っこにもよく来たから逆にそこは見やすかった

曲間とかによくメンバーへちょっかいを出す
特にM10で見せた伊藤純奈への腹パン。笑
きいちゃんとはいつも通り

ダンスはM12の腰振りがエロかった。笑

あしゅのソロとか見られたら最高なのに全員参加ばかりで
あまり視姦に集中出来なかった事を悔やむ



会場を出ると人だかり
先ほど言っていた手書きブログが掲示してるようなのですぐさま
列に割り込む
なんとか先頭ポジションを取れたので撮影

043_201410182347180b5.jpg
1枚目

045_20141018234719268.jpg
2枚目

047_20141018234720d91.jpg
3枚目

あしゅの撮った客席写真に自分は写ってなかった
後方座席がメインで残念

ひと通り撮影が済み離脱すると後方まで長蛇の列に膨れ上がってた

055_20141018234843ca5.jpg

早めに会場を出て正解だったようだ

さてと駅前のウェンディーズへ向かい遠征記後半のスタートだ

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46真夏の全国ツアー2014神宮の感想と課題

2014/8/30(土)

この現場は2008年のベリキュー神宮花火大会以来だと思う
しかし記憶がもっと新しい、、、わからん


024_201409011142426b9.jpg
開演1時間半前の様子

015_20140901114204358.jpg
乃木の家

相変わらずモバイル列が凄かったけど全員やれたのだろうか?

023_20140901114210509.jpg
このカップだけ50円で売ってくれてたら記念に買っていた

016_201409011142057ae.jpg
グッズ売り場

主要なグッズは売り切れで列が出来ておらずすぐに買える
再入荷は無しと売り子の弁

017_20140901114207a9d.jpg
映画グッズの販売所

019_20140901114209eb1.jpg
1回500円のくじ景品

032_20140901114245f42.jpg
正面入口

帰りはみんな推しメンの暖簾を必死に撮ってた

ちなみに当日券は最終的に売り切れた様だ

ガラガラで手持ち無沙汰なスタッフがウロウロしてる手荷物無し
入り口を横目に通常の入場列へ

025_20140901114244498.jpg
果てしなく続く入場列の一部

開演1時間前から並んで10分前に座席まで辿りつけた
入場に50分とかありえん。笑

スタッフが圧倒的に不足してるので最後尾が不明な上に
道の角や交差点の合間で最後尾と勘違いして割り込み
する客が多数
まるでグッズ列かの様に並んだ時より前にどんどん列が
膨らみ時計との睨み合い

このペースだと全ての客の入場は無理で開演は大幅に
遅れると予想される
しかし並んでる時の球場外周…蚊が多すぎ。笑
デング熱危ない危ない、、、

公称3万人の入場者に厳重なチェック?

金属探知機・荷物チェックは形だけで入場させる事に必死
この様な状況なので身分証確認も当然行われていなかった

座席はスタンド2Fとメインステージから最も離れた場所

034_20140901114247687.jpg

ともかくこの席も定価なのは可愛そうだ
※スタンド2Fの悲劇はまだ続く…

定刻より15分遅れの17:15開演
※これも後に悲劇となる


以下中田花奈のブログより転載したセットリスト
彼女いい仕事するなぁ、、

Overture ~夏ツアーVer.~
1 夏のFree&Easy
2 ロマンスのスタート
3 会いたかったかもしれない
4 ロマンティクいか焼き
5 ガールズルール
-MC&VTR-
6 何もできずにそばにいる
7 生まれたままで
8 ここじゃないどこか
9 指望遠鏡
10 月の大きさ
11 失いたくないから
-MC&VTR-
ゲーム(M:人間という楽器INST)
-MC&VTR-
12 人はなぜ走るのか?
13 せっかちなカタツムリ
-MC-
14 左胸の勇気
Overture~オリジナルVer~
15 何度目の青空か?
-MC-
16 ダンケシェーン
17 そんなバカな・・・
18 心の薬~Piano Ver.~
19 13日の金曜日
20 扇風機
21 その先の出口
22 無口なライオン
23 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
24 でこぴん
25 吐息のメソッド
-MC-
カゲム
27 世界で一番孤独なLover
28 制服のマネキン
-MC-
29 ここにいる理由
30 バレッタ
31 走れ!Bicycle
32 おいでシャンプー
-Short MC-
33 君の名は希望

[ENCORE]
E1 気づいたら片想い
E2 ぐるぐるカーテン
-MC-
E3 乃木坂の詩

公演時間約3時間20分

あの映像パフォーマンスはカゲムという団体が手がけたもの
なのか…ぐぐったら似たようなのがつべにもあった

こうして見るとステージ設営もそうだが地方公演とは全く別物だ
これまで書いた攻略法が何の役にも立たない。笑

レーザー以外に火柱や火薬と規模になった特効
恒例トロッコも他人数の乗れる巨大verも駆使
そして極めつけは、、、これは後述

曲順に記憶を追っていく


いきなり西日でメンバーもモニターもよく見えない。汗
開演時刻が少々早すぎだ

MCは基本的に名古屋がベース
その上で影アナからMCまで前半は高山祭りって感じ
どれだけアメイジングを引っ張るのか…そしてセンター志望
ネタも変わらず
ガルル新規の俺にとってはM8の生ちゃん登場と思ったら高山かよ!
…ネタも何のことやらさっぱりだった
悪くはないのだけど偏りすぎにもっとバランスよく回しても良い
のでは?と思った

M11~12間のゲームは「サインボール1000」という題名

メンバー全員が制限時間内でゴムボールにサインを書きながら
合計1000個を観衆へ投げる主旨

基本アリーナ客向け
スタンドへはサインボールバズーカや実際にバットで打っていた
まいやんがバッティング上手くて流石は元ソフトボール部員と
思った

残念というか当然ながらスタンド2Fへは一球も届かず…

でも一人一球でも来場者サービスと思えばなんて事はない
実際1000個(単純計算で一人あたり23球)も投げたかは眉唾もの
そんな程度である

次のMCでは脱出した生田の乗ったヘリコプターが球場上空に
現れた映像がモニターに映しだされメンバーも協力しての演出
もちろんフェイクで事前収録のVTR
実際には来ていない。笑

それにしてもあれだけ引っ張った手塚とおるがあっけなく
降参(VTR)したのは意外だ
最後さらに一捻りあると思っていた

旧Overtureで溜めたところに新曲!生ちゃん登場!!

センターとか関係なく生ちゃんがいるだけで選抜が締まる
かけがえの無い存在だと思い知った
HTCのイベント映像よりも印象が良かったのは言うまでもない
果たして紅白出場曲はこれか本命視されてる希望かどちらに
なるのだろう、、、

続いてファン待望のダンケシェーン
曲自体はさほどだけど現場ヲタからしたら仕方がない

M18ではメインステージの中央にピアノが置かれ生ちゃんの出番
一周年公演のDVDにも収録されていたはずだ
以降シングル曲に参加
それなら最初から参加しても良いのでは?と誰しも思っただろう

MCは連続でアンダーチョイス
あしゅ&万理華のセクシーボイス対決や大和のアンダラ2nd意気
込みなど
あしゅがフィーチャーされて嬉しいが負傷してる脚以外にも
コンディションがよくなかったのが残念だ

M29はあしゅの「おまいらー」パターンが代わり曲後に盛り上が
ってるかー!と観客への煽りに使われた
ここの変更は良かった

M32後のMCは西野が神宮を総括したが名古屋と言ってる事に大して
変わりなくもっとライブ感が欲しかったところ

M33曲中にメインステージ後方で打ち上げ花火

隣接するラグビー場の試合が中断するほど大規模で驚く
ただし公称だと460発らしいがう~ん…それほどという印象は無い
それもそのはずスタンド2F席は上に屋根が付いてるので花火が
見切れてしまうのだ

結果次第では屋根付きもあり大雨振ってくれた方が良かったかも
と卑屈に成りかねない。笑

花火はよしとしても問題は使い所
君の名は希望は聴き入りたい曲なのに花火で邪魔された印象だ
曲中よりメンバーと一緒に観られる演出でも良かったのでは?と
思った

アンコールの午後8時すぎともなると寒いくらいに冷え込んで来た
まもなくの公演終了とも相まって哀愁を感じた

E1~2と悲願のシングルも聞けてフィナーレ

予定では20:30終了だったが5分ほどオーバーだ
名古屋では余韻を楽しむかのようにメンバーが粘って手を振って
くれたがここでは即撤収


035_2014090111424825e.jpg
公演終了直後の様子

後に重大な情報がもたらされる

SimTPCV.jpg
マスコミ向け資料


なんとアンコール後に2曲もカットされていたのだ

その裏事情はこういう事である

元々近隣住民との取り決めから20:30終了と告知されていた
しかし運営の不手際で開演が15分も遅れてしまった
そのしわ寄せが2曲カットと即撤収に繋がったのだ

屋外公演のリスクというのが運営にとって教訓となっただろう


規制退場をすぎても周辺は人混みで大混乱
3万人が一斉に捌けるのだ無理もない
信濃町駅までが苦行で大変だった

途中グッズ売り場に立ち寄る

039_201409011143090be.jpg

038_20140901114307325.jpg

こうして売り切れリストを見ると目につくのが松井玲奈の売れ
残りが多い事
本人不参加の上に当人は握手会と彼女のファンが皆無な現場
でグッズを作りすぎたのが原因だろう
どうやって処分するのだろうか?公式webでの通販あるかも?

さらば神宮球場…


~総括~

時間制限のある中メンバーも多少の焦りはあったはず
そういう公演が100%実力を出しきれたとは到底思えず満足した
けど未評価と結論付けるしかない

ただこの満足というのも双眼鏡を駆使した結果だ
今回の為に定価5万円もする高性能な双眼鏡を用意した
そのコストも考えねばならないだろう
なにせ次はより豆粒な東京ドームと噂されている


ちなみにサプライズ出演したななみんと名古屋よりスカイプ
生中継の玲奈

ななみんは血色良かったけどジーンズ越しに足がやけに細く感じた
食事制限で結構痩せたのでは?ゆえに体力が問題なのだろう
噂では大阪公演で食べたたこ焼きのタコがアレルギーの原因らしい
が果たして?

玲奈は可哀想だったな
現場の空気が読めないのにコメント求められても熱意は感じず
よそよそしく冷めて見えたのは仕方がない

次は全メンバーが集結出来るよう事前の日程調整を強く求む!


2015/8/23
一部追記

関連記事
乃木坂46神宮公演2014遠征記
乃木坂46の現場に向けた双眼鏡選び2014~2015

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46名古屋公演の感想+ツアー攻略法Part2

2014/8/26(火)
日本ガイシホール
昼公演10:00開場11:30開演

一昨年SKE48以来のガイシホール参戦だ


010_20140828140358ba6.jpg
グッズ売り場

007_201408281403579ed.jpg
映画グッズ売り場

006_20140828140355484.jpg
乃木の家

005_201408281403539cf.jpg
メール会員用のゲームにピンポン球のカップ入れが追加され
ボウガンと選択出来るようになってた
ピンポンをバウンドさせて4つ並んだカップのいずれかに
入ればクリア

004_201408281403520d0.jpg
景品の一部

しばらく観ていたが成功者はおらずしかも不人気
一度に3回挑戦出来るのでこちらの方がコツを掴めそうに
思うが果たして?
大阪と変わらずかき氷屋が併設

~入場~

金属探知機は金属類を外す必要なく反応がある度の申告制
荷物は危険物チェックよりカメラ録音機材の方を重点に
見ていたが形式的なものだった

無論身分証確認は無し

座席はセンターステージ先端から向かって左端のアリーナ
大阪よりは近いけど観客の頭が多少邪魔だ
トロッコに近いけど推しメンでなかったら意味ないし。笑

当日券まで出ていたので覚悟をしていたがほぼ満席
乃木坂ファンだけで埋まるはずもなくもし玲奈がいなかったら
どうなっていたものか、、、

~開演~

今回のご近所メンバーは玲奈・永島・堀・寧々
後ほどのMCで静岡出身の若月と深川が参戦


基本セットリスト(各会場昼公演共通)
注:夜公演は未参戦のため不明

M1夏のFree&easy
M2ロマンスのスタート
M3会いたかったかもしれない
M4ガールズルール
MC1 VTR
M5何もできずにそばにいる
M6ここにいる理由
M7指望遠鏡
M8ロマンティックいか焼き
MC2 VTR 鉄球クイズゲーム
M9シャキイズム
M10偶然を言い訳にして
M11無口なライオン
M12僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M13その先の出口
M14生まれたままで
映像パフォーマンス
M15世界で一番孤独なLover
M16制服のマネキン
MC3 バルーン回しゲーム※13日の金曜日 VTR
M17そんなバカな…
M18君の名は希望
M19バレッタ
M20走れ!Bicycle
アンコール
M21ハウス!
MC4 VTR 
M22おいでシャンプー
MC5
M23乃木坂の詩

公演時間:約2時間40分


MCは全体的に大阪をベースにバージョンアップさせたものでさほど
変更はない

しかし大阪を観てる客がどれほどいるのか?
例えば映像パフォーマンスのオチに出る真夏が「ネタ切れ!」連発
していたが何の事か「は?」という客が多かっただろう
(名古屋は福岡仙台と違い大阪で使った寝袋を使い回しという意味)

新たにMC1のVTR後深川(自称聖母)が観客とともに生田の無事を
祈って「アーメン」するネタが増えていたくらいかな?

鉄球クイズは面白かった
不正解だと大玉バルーンが転がりメンバーが水の入ったプールに
落とされる
今回の挑戦者は若月西野白石の3名

その準備中に玲奈はビーム・ズッキュン・パンチを観客に向かって
やらされた
やはりお膝元でフィーチャーされてる
さらには若月への問題に対して正解が「名古屋はコスプレの聖地」
に出題した影アナへ「そうでもないよ」とツッコミをいれていた

確かに世界コスプレサミットと市政でやってるが市民は無関心
だと思う

西野はぶりっ子顔を強要されカメラアップで映しだされ客に受けて
いたけど普段TV等であんな顔を見たこと無い
不意な指示で恐らく握手会用スマイルを出したのではないかと
思う
西野には興味の無い俺でも可愛いかも?と思ってしまった
握手会人気No.1なのはそういう仕組みなのだろう

まいやんは水に落ちる瞬間顔だけは濡れないようガードを
試みていた
…彼女らしいなと思った。笑


バルーン回しは名古屋でも失敗
今回は2F→1Fと2周するルールだが2Fの傾斜がキツく途中で
1Fに落ちまくって時間ロス
神宮では違う事をやるだろうな、、、


~セットリストの流れで押さえておきたいポイント~

バックステージがメインとなるのはM7とM13
トロッコ使用はM8とM20とM21でフロントメンはM21に搭乗する
大阪ではアリーナのみだったが今回は2F席通路での移動もあった

特に注目ポイントはM15~M16間の早着替え
2度目なのにどのように着替えたか分からなかった

ちなみにあしゅの「おまいらー!」はM14のイントロで言うから
みんなのって欲しい
しかしポジションの割にモニターで抜かれるのが曲間で4回だけ
万理華ばかり優遇していて悔しい

M23の曲中に銀テープバズーカがあるけどメッセージ入りじゃ
ないので特に取る必要は無い

最後に捌ける際大阪ではあっけなかったが今回はステージ上で
かなり粘ったていた
さすがにあれでは問題なので修正が入ったのだろう

神宮ではセトリが変わる噂もあるので構成も変わるかもしれない
地方公演ラストを強調していたのも絡んでそう

映画の告知は無くなり代わりにアンダーライブ日程告知となった
ここはサプライズという事で神宮でも何かあるだろう

ちなみに大阪の感想で述べた玲奈のステップに注目とは
M13での事だ

あしゅの脚負傷テーピングについて
普通に踊れていたのでさほど心配いらない為かそのテーピング
部に直筆と思われる名古屋愛のメッセージ

今回双眼鏡を高性能な物(別エントリーでレビュー予定)に替えて
持参したので遠くからでも読み取る事が出来た
神宮ではそのテーピングが無くなってる事を祈りたい


そんなわけで神宮参戦を決めた
一番の理由はぐるぐるカーテンと気づいたら片想いを聞けずに
終わるのは忍びないからだ

問題は当日の雨予報で遠征の荷造りが大変だ

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

乃木坂46真夏の全国ツアー2014攻略法&大阪雑感

2014/8/16(土)
大阪市中央体育館 昼公演

乃木坂ファンになって1年あまり
今回が初めての現場で当然メンバーを生で観るのも初めて

従来なら遠征記としてまとめていたが今回から分ける事にした
よって道中の出来事は別エントリーで後日更新

それと大阪昼のみの参戦なので夜にどう変化があったか?
又は福岡以降どう変わるかは関知していないので鵜呑みにしては
いけない。笑


~入場まで~

☆ツアーグッズ列

開演1時間前に到着したが明らかに開演まで間に合わない超長蛇

IMG_1497.jpg
朝潮橋駅2Fより

しかし公演中はほとんど列が無くなる様なので昼or夜の片方しか
参加しない人はその時間帯が狙い目かも?
参加する人も終演前に会場を出れば難なく買える(後述)

IMG_1506.jpg
ツアーグッズテント

ちなみにツアーグッズと映画「超能力研究部の3人」のパンフ付き
前売り券は販売列が違うので注意

会場内でのツアーグッズ販売は無くCD・DVDのみ
ポスターが付く等の特典は無いようで閑古鳥だった

☆乃木の家

IMG_1504.jpg

モバイル会員とメール会員(モバメ)で列もゲーム内容も違う
ただし参加賞も前者シール後者ステッカーと違うが景品は共通

IMG_1500.jpg

モバイル会員はすでに会員の人も無料参加出来るがメール会員
は8月新規か当日追加登録した人に限定してるので1回324円の
有料ゲームである

基本的にモバイル会員は1端末1アカウントなので複数モバイルを
所有してない限り何度もチャレンジするにはメール会員参加
しかない

この様な状況なのでモバイル会員列は長蛇となりメール会員列は
比較的空いている

受付で端末チェックをして参加賞を貰いゲーム参加

共にダーツだけどモバイルは固定された的の中心に指定位置から
ボールを下投げで当てる内容

モバメは機械式で回転する的にボウガンで矢を当てる内容
当たりの範囲はおよそ1/16なので技能より運次第
ボウガンは可動させられるが矢の先端は吸盤となっており
角度によっては的に引っ付かず落ちる場合もある
たとえ当たりでも落下したら問答無用で失敗扱いの様だ

つまりモバイルは1度挑戦すればコツが掴めるが実質1会場で
1度しか挑戦出来ないので難易度が高い
モバメは上記理由により言わずもがな

失敗者はそのまま退場

見事当たりを射止めると三角スピードくじが引ける
このクジに景品ナンバー?が書いてありそれに応じてスタッフ
が景品を渡し終了
この景品もピンきりで中にはこのようなアイテムが貰えるようだ

IMG_1499.jpg


☆入場者チェック

最初に身につけてる金属類をカゴに入れカバンを全開にする
カバンの中身をチェックした後でハンディータイプの金属探知機
で検査
それがOKだとカバンを引き取り入場口へ

IMG_1508_201408171934135f5.jpg

カバンのチェックはザル
本当に危険物っぽいものしかチェックしてない様子
飲料の試飲なども無しで持込自由

金属探知機も目に見えるもの(ベルト等)は申告すれば外さなく
てもOK

しかし開演30分前頃になると金属類のカゴ入れは省略され全部
カバンに入れるよう指示されチェックの時間短縮が図られた


☆チケットチェック

観察する限り身分証確認は行われていなかった
そもそも一般販売のチケットには名前の記載が無いものもあり
チェックが不可能な状況

入場の際には注意事項のビラをもらう
内容はジャンピングや派手で応援は建物の構造上危険なので
禁止とのこと
他の会場ではどうなるか不明

正面ロビーにはグッズの生写真でも販売されてる浴衣姿の
等身大?パネルが研究生も含めた全メンバーの展示
自由に撮影が出来る

IMG_1519.jpg

公演終了時は大変混雑したので入場時に撮影は済ませよう
特にフロントメンバーは人気で撮影の良ポジションを取るのに
忍耐がいる

IMG_1526.jpg
乃木どこの祝い花

IMG_1509.jpg
ファン有志の祝い花数が凄い


~入場後~

客席とステージの構成

IMG_1527_2014081719342028c.jpg
開演10分前

IMG_1529.jpg
Bスタンドからの眺め

外周や花道は無し
メインステージとそこへ繋がるセンターステージ
そしてバックステージ

アリーナにはメンバーが最大2人乗れる人力トロッコ(計4基)の
移動するスペースが客席の通路と兼ねてる

バックステージはほとんど使われなかったので実質メインと
センターステージ付近のアリーナ席は美味しい
逆に外周が無いのでサイドスタンド席は放置プレイを楽しむ事に
なる

メインモニターに大型の3面スクリーンとその両サイドにサブ
スクリーン
メインモニターは曲の演出を兼ねる事が多くメンバーを見るには
サブスクリーンが要となるが…小さい

公演中の特効はレーザー光線のみ
ラストでキャノン砲の銀テープ打ち有り
ただしスタンド席には届かないのでアリーナ席限定サービス


~・~公演の雑感~・~

セットリストは未入手なので省略
そこで覚えてるポイントのみと感想でなく雑感とした次第

年間にシングル3枚以上出しているがA面B面以外に新曲がABC通常盤
で計4曲ついてくる
つまり12曲の新曲が追加されるのでこれはアルバムに等しい
よって乃木坂にはアルバム発売の必要性が感じられない
そしてそのc/wは良曲しかなくセットリストに対して不満はない

‥いやある。笑

シングルを全曲やらないのだ
昼ではぐるぐるカーテンと気づいたら片思いを歌わず
この2曲と他で昼夜入れ替えの様だ

それとどうかと思ってる「会いたかったかもしれない」
これだけはAKBの呪縛そのもので封印して欲しいと日頃から
願ってる
しかし松井玲奈が覚えなくてよい楽曲の一つなので絶対外さない
だろうとは思っていた

その玲奈は思いの外多くの楽曲に参加
もちろんどこで抜けてもよい用にアンダーポジションで振りも
ABメロ間は客を煽りサビだけダンスするというパターンを
多く見たけど全部覚えろというのは酷なので仕方がない

ただ注目して欲しいのは元々の参加曲だ
他の乃木坂メンバーとはダンスの質が一段上
特にステップが違う
同じ間隔なのに玲奈だけとても躍動的に見える
つまり足のバネが違うのだ
さすがは百戦錬磨の蓄積された経験値の違いが見られる

これほど玲奈が見られたのはつまり全てのメンバーの登場する
機会が多かった事に起因する

乃木坂は大きく分けて選抜・アンダー・全体の3パターンしか
演出がなくバックダンサーとしてもそれぞれが交互に登場する
からたとえ推しメンが研究生でもかなり楽しめただろう

かく言う自分も初めて生で観るまいやんやななみんらをじっくり
視姦したかったがあしゅも頻繁に登場するのでそれを追うだけで
150分弱の公演時間を費やしてしまった

恐らく全公演見ても物足りないかもしれない

特にモニターは福神のしかもフロントメンバーしか映さないと
言っても過言でない内容だったので観たいメンバーは一人一人
双眼鏡で追うしかないのだ
とても時間が足らないという意味で物足りなかったのである

そのあしゅはもう本当に見惚れてしまった
何?あのスタイルの良さは!人間の枠を超えてる。笑

物凄く細身の体なのにガリガリというのでなくちゃんと女性の
ラインを保ってる
そして超小顔による頭身の高さ
なんと汚れやすいひざ小僧までが美肌である!

以前乃木坂を2.5次元アイドルと称したが彼女は限りなく2次元
に近い…まるで実物大の美少女フィギュアだ

ゆえにセンター曲である「扇風機」などがセットに入っておらず
ちょっと残念な点ではある
逆にアクシデントで高山白石松村橋本が歌う「偶然を言い訳に
して」でなぜかさゆりんごの代わりにあしゅが映し出されしばらく
して間違いに気付いたカメラマンが右往左往していたから怪我の
功名ではあった。笑

MCは関西出身である松村西野川村が中心となった
影アナも彼女らである
特にりんごはラストで感涙していたのが印象的だ
夜公演は彼女がどうであったか気になるところ

以後も開催地方由来のMCと変わることが推測される


一般的に不満とされてる点については主に2つ
overtureの変更と生駒MC目立ちすぎ問題

前者は特にこだわり無いからなぜ不満なのか理解し難い
後者は…性格の問題だから台本かは分からないけど適材適所と
いうものでは?と思う

総括は当然桜井キャプが担当していたがそつなくこなしていた
彼女が喋り出すといつもハラハラしてしまう。笑


VTRと関連するゲームについて

バレッタMVの続編と言える内容で生ちゃんが手塚とおるに拉致され
救出するにはゲームをクリアして脱出のカギを集める趣旨
全部で9回クリアすれば脱出出来るルール

このVTRがどこまで共通なのかは夜を観ていないので分からない
手塚とおるの半沢直樹やルーズヴェルト・ゲームのギャグは
場内ウケていた

昼では全メンバー参加の大縄跳び(10回連続で成功)と
巨大バルーンを曲中(13日の金曜日)に観客協力で場内を3周
させる内容

縄跳びは橋本と伊織と生駒が失敗して4度目に成功
巨大バルーンは歌い終わってもまだ1周しかしておらずメンバー
はアカペラで無理やり続行させ成功した

巨大バルーンは空気の入りが緩くあまり弾かない上にトロッコ
移動の関係で客席間が広かったのも実質失敗な原因
昼はアリーナ席で回したが夜はスタンド席で回したらしい

このように成功前提な企画
会場ごとにゲーム内容は変わるだろう

これから推察するに9回=ツアー全9公演
神宮で救出され生田登場→新曲披露の流れは疑いない

う~ん神宮行きたいなぁ

生ちゃん救出出来ず→堀「そんなバカなー!」→そんなバカな…

この演出は良かった


ラストの「乃木坂の詩」
その後すぐに捌けてしまい終演だったので絶対に最後まで観る
必要はない
そこでグッズが買えてない人はこの曲が始まったくらいで退場
すればスムーズに買えるだろう

退場時に映画のチラシが貰える
ツアーグッズの通販カタログくらい付ければこんなに並ばなくても
済むのにね
個人的にはグッズ卒業してるのでどうでもよいが
扇子とチケットホルダーがあれば実用的なので欲しい


今は何と呼ばれてるかしらないが駅前にアンオフィ屋がいた
しかし扱ってる写真が去年のものしかなく相手にされず
入場が厳しくなったので望遠カメラの持ち込みは困難って事だ

~総括~

双眼鏡を高性能なものに買い換える決心をした
‥というのもあるが。笑

AKBGと比較すると大人しめなのはMIXが無いからだろう
たから必要というわけじゃないけどやりようによっては
ビジュアルを生かし新しいタイプのコンサートを構築出来そうだ


次の参戦は名古屋昼予定

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード