カレーLEE辛さ30倍 2017年版レビュー

2017/5/20(土)

今年は記念すべきLEE30倍のレビューを始めて10年目!
何だかんだで毎年発売してくれるグリコに感謝

その2017年版は5月16日より販売開始
昨年の15倍を入手したのと同じドラッグストアに入荷していた
ので試しに1箱購入
店頭価格も同じで213円(税込)だった

30倍なので価格が前回の2015年版と同じで高くなると思って
いたが内容量が15倍の180g据え置きだったので納得というか
20gも減っているので当然の処置だ

比較的割安で喜ぶべきなのだろうが…コストダウンが目に見えて
わかる2017年版だった(後述)


170519.jpg
パッケージ表

170519[1]
パッケージ裏


当然だが昨年の30周年記念30倍とは全く別物で従来の30倍
2014年版まであった40倍増強ソースは今年も無し
2015年のイオン限定40倍も含めてだが基本原材料の構成は一緒

違いと言えば「しょうがペースト」→「しょうがパウダー」に
変更された事…味に影響が出るほどじゃないだろう

毎回国内外のどんなスパイスを採用するのか楽しみだったのだが
特に表記がなく趣旨としては通常販売されている20倍で採用の
全てのスパイスを1.5倍に増量したとの事

更に"フライドガーリック"と”粗挽き黒胡椒”が効いた衝撃的な辛さ
とある

つまりオーソドックスな30倍でコストダウンとも受け取れる
その代わり味にハズレは無いので安心して買えるとも言える

出来ればLEE30倍シリーズを通して世界最強の唐辛子を食べて
みたかった

ギネス記録では「キャロライナ・リーバー」であったがこのほど
その記録を更新する「Dragon's Breath chile」と命名された唐辛子
が誕生したそうな

でも原点回帰という事で今回は受け入れたい
それにその延長であったイオン限定40倍を大絶賛した建前この
方針に異を唱える事は出来ないのだ。笑


170519[2]
カレーライスにする


170519[3]
カレールウ拡大


見た目にフライドガーリックはどこ?と思ったがパウダーで
入ってるから見た目にはわからない

スパイス増量されているとルーはもっと黒っぽくなるものだが
それもあまり無くむしろ甘い香りが漂う
まるで昨年の15倍とそっくりな第一印象…もしや味も?


いただきます〜♪


予想通り15倍と味も舌触りも辛さの伝達も似てるのレビューは
そのままになってしまう
もちろんこれはこれで良い意味だ

15倍はぶどう山椒+焙煎唐辛子+超焙煎黒胡椒の3大スパイス入り
だったから明確に違うはずだけど1年経つと味の記憶が。。
食べ比べててみないと思い出せないが在庫が無い

辛さ30倍は順当に感じるのでこれも良し

ただ昔の30倍とは基準が変わってるので水無しで完食出来る程度
の辛さで悶絶することも無く残念ではある

でも美味しく味わいを感じられる限界がこの辺りだし…
う〜ん激辛は胃に悪いので食品の安全基準とか変わったりしてる
のだろうか?

40倍仕様の無くなった理由もこんなだったりして、、


213円で辛さ30倍のカレーが食べられて味も無難に美味しい
ケース買い決定だけど不満な点は唯一の具材のビーフ

一見大きさは15倍と同様の2cmx1cmの角切りだけど厚さが
5mmしかない

こんなにペラペラだとビーフと認識するのが困難で味もしない
これならいっその事ポークカレーにしてもらいたい

ここにもコストダウンが見受けられる


総括すると2017年版が期間限定辛さ30倍シリーズの最低ライン
来年これより内容量や原材料の減少や退化はファンの反発が
大きいだろう

頼みますよグリコさん




ちなみに現時点で楽天ショッピング検索における最安値は
1ケース(30個)送料込み7030円

1個あたり234円
更にポイント還元も考えればなお得かもしれない


170525.jpg
そんなわけで1ケース買ってしまった
ただし期限ポイント消化の為YAHOOショッピングを利用

大して差ないけど…ともかく飽きるまで食べるのみ!



追記2017/5/25
…飽きた。笑
2度目を冷静に食してみたらやはり昨年とは違う事に気付く
2017年版はコショウの辛さが全面に押し出してる

例えばラーメンにコショウをかけようとしたら蓋が落ちて
大量に投入されたスープを想像すると分かりやすい

コショウは唐辛子ほど味に深みがないので食べてるとどうにも
単調な味に思えてくる

これはいろいろアレンジして食べるしかないなぁ
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コンビニおにぎり最強はここだ!2017年5月版

2017/5/4(木)

ゴールデンウィークも後半に突入
珍しいかな?コンビニ3社が同時におにぎり100円セールを
していたので大好きな紅しゃけを食べ比べて見ようと思う


170504[7]
左からローソン、セブン、サークルK(ファミリーマート)


サークルKは経営統合でファミマのおにぎりに切り替わった
※以下サークルKはファミマ表記


パッケージで見るそれぞれの特徴

〜ローソン〜
紅さけ(140円税込)
瀬戸内海産焼海苔 瀬戸備前にがり塩 181kcal

〜セブンイレブン〜
熟成仕立て紅しゃけ(140円税込)
九州有明海産焼海苔 178kcal

〜ファミリーマート〜
熟成紅しゃけ(140円税込)
有明産海苔 瀬戸内の藻塩 171kcal

もちろん各社全て国産米だが産地は不明だ
ブレンド米なら仕方がない


☆重量の計測☆
※皿の重量は引いてあります


170504.jpg
ローソン 104g


170504[2]
セブンイレブン 111g


170504[1]
ファミリーマート 106g


カロリーとは比例しない結果もグラム差はそのまま
具の分量差と思って問題ない


☆味の特徴☆

〜ローソン〜
焼海苔はしんなりで味はあまり無い
ご飯は固めの握りで塩味薄い
具は3社で一番少なく油分が多め

170504[5]

昔ながらのコンビニおにぎりで実にオーソドックス
固めの握りをしゃけの油分でほぐれる感じ


〜セブンイレブン〜
焼海苔はしんなりで磯の味がする
ご飯はホロホロ柔らかい握り加減で塩味濃い目
具は3社で圧倒的に多い

170504[3]

焼海苔は風味もよく美味しかった
具の量も多くて…ご飯より多いかも?
さすがは業界第1位の実力か、、

〜ファミリーマート〜
焼海苔はしんなりで味あまり無い
セブン以上に柔らかい握り加減で塩味濃い目
具はローソンより少し多くしゃけの味が濃い目

170504[4]

全体的に味が濃い目で好みが別れるも自分は好き
しかし完成度では焼海苔の差でセブンに一歩及ばす


ーーー結果発表ーーー

しゃけの旨味自体には3社大差さない
塩自体の旨味も差は感じなかった
焼海苔が全くパリってしてないのは時間が経ったから?
やはり乾燥剤が必要に思う


それでは100円セール最強の紅しゃけおにぎりを発表!




セブンイレブンの「北海道産熟成秋しゃけ」に決定!

170504[6]
(150円税込)


これも100円で海苔が直巻きな分コストが低い
よって162g(袋の重量除く)のビッグサイズ!
しゃけでこれは他社には無い商品だ

味も普通に美味しい
もちろんカロリーは281kcalと高めだが、、

おにぎりとは今も昔も質より量だと思う
具なしの塩おにぎりがあるのもそれがおにぎりの本質

ありがとうセブンイレブン

ごちそうさま!

テーマ : おにぎり
ジャンル : グルメ

ヨーグルトファクトリーTKSM-016でR-1を作る

2017/4/5(水)

きっかけは単純にR-1ヨーグルトが自宅で作れると聞いたから
でこの時点までヨーグルトメーカーなる存在を知らなかった

ヨーグルトはほぼ毎日食べている
目的は人それぞれだけど自分の場合は「大腸がん予防」

便秘解消やインフルエンザ予防など効能はいろいろある様だが
やっぱり本命は癌予防にあると信じてる

お気に入りはブルガリアヨーグルトとナチュレ恵
前者は杏仁豆腐の様な舌触りと味の良さ
後者はガセリ菌によるダイエット効果

その都度セールで安い方を買っていたがR-1は眼中になかった

理由は単純…高い!

でもどうせならなぁとは長らく思っていた
それは市販されてるヨーグルトの最高峰だからに他ない
これが家庭で作れるとなれば飛びつくしかなかった

そこで必要な物を揃えた


まずヨーグルトメーカーはAmazonでベストセラー1位だった
「ヨーグルトファクトリーPREMIUM」

EXTRA(TKSM-019)という下位モデルもあるけど売価が変わら
ないのであえてそちらを買う必要は無いと思う



東京企画 ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016



P1100695.jpg
パッケージ

P1100696.jpg
内容物(本体、計量カップ、説明書)


P1100694.jpg
これに牛乳と明治R-1ドリンクタイプ


いろいろな作り方サイトを見て総合的に且つラクをして作る
方法を模索してみた
もちろん基本的な部分は押さえたつもり


〜牛乳選び〜

牛乳は低脂肪タイプなどいわゆる乳飲料を使うと品質が
劣ったり上手く固まらなかたったりするそうな
また500ml入りはコスパが悪いので1Lの安いものを選ぶ
”牛乳”であれば値段は関係ないだろう

ディスカウント系スーパーで1本160円(税込)


〜R-1選び〜

種菌となるR-1はドリンクタイプが撹拌しやすい
砂糖を入れると菌がそれを栄養分によく育つそうだがこの
ノーマルドリンクタイプも成分に糖類が入っているので
あえて追加する必要はないだろう

ディスカウント系スーパーで1本130円(税込)


〜自家製ヨーグルトの作り方〜


P1100703.jpg
1.牛乳をパックのまま電子レンジに入れて温める
(600Wの場合4分間)


2.牛乳の口を開けてR-1を投入するわけだがそれでは溢れる
ので差分となる150mlを計量カップにあける
(R-1は112mlだけど少し多めに取る)


P1100705.jpg
3.R-1を全て投入


4.パックの蓋を閉じてこぼれないようにつまみ両手で
パックを持って軽くシェイクする
ドリンクタイプなので混ざりやすい
(少し多めに取ったのはシェイクの空間を確保するため)


P1100706.jpg
5.ヨーグルトファクトリーにセットし電源ON
プレーンボタンを押す
(プレーンは40℃カスピ海は25℃設定でR-1は約40℃で増殖)


6.8時間タイマーで自動OFFになり完了


7.時間を置かずに冷蔵庫へ入れて24時間冷やす


8.約950mlのR-1ヨーグルト(多分)完成!


ヨーグルトファクトリーは40℃で温め続けてくれる製品

だけどいきなり牛乳が40℃になるわけじゃなくオーブンの
予熱の様に事前に40℃まで温めておくと無駄がない
電子レンジによる温めはその為だ

重要なポイントは雑菌の混入をなるべく防ぐ事
雑菌が混ざるとR-1乳酸菌が死滅するそうな
またヨーグルトに触れる器具は熱湯消毒が必要と説明書

ハンドシェイクは器具を使わないので問題ない

10時間を超えて放置すると発酵が進み味が落ちるので
スマホ等のアラームタイマーもセットし忘れないようにする
※実際に8時間OFF後8時間放置してから冷蔵庫に入れて
作ったら酸っぱすぎて美味しくなかった

一旦完成すればスプーンを消毒して使う様な必要はないと
思う

また完成したら100mlほど別容器に取り出し冷凍保存
自然解凍させ種菌として再利用する方法も紹介されているが
雑菌の混入するリスクが高いので食べ終えたら買い直す
事にした

そういう事もあり完成した牛乳パックをそのまま保存容器
として利用するのだがたとえ柄の長いスプーンを使っても
下の方はすくい難い

そこである程度減ったらパックを切り取って使う

そのための牛乳パック用蓋がオススメ商品として紹介されて
いたのでこれも購入した



貝印 Kai House Select 牛乳パックシリコン蓋 DH-7012



P1100712.jpg
ジャストサイズ!

もちろん使い終わったらよく洗わないと黒カビが発生する


〜試食〜


P1100708.jpg
これで150g

まるで作り立て生クリームのような風味となめらかさ
そしてほんのり甘く酸味もあまり無く実に美味しい
味自体はR-1ヨーグルトと変わらない

変わらないという事は増殖にも成功してるのかな?
ただ健全たるヨーグルトになってるので上手くいったと思う

完成したヨーグルトは遅くとも5〜6日で消化するよう
言われてる
一日の推奨される摂取量が100mlだったり200mlだったり
ソースによってまちまち

ただ一人で食べるので約150mlx6日間が理想
無くなる前に次の量産へ以降しなくてはならないが1日2日の
インターバルがあっても直ぐに不健康となるわけじゃない

製造も含めて7日間で1ターン290円の出費
これまでの2倍コストだけどより健康になるのであれば
致し方ない…製造器を買った以上後には引けない


ちなみにこのヨーグルトファクトリー

電流チェッカーで調べたら電源ON時はスペック通り30W
電源OFFでは1W未満なのでコンセントに挿しっぱなしでも
電気代は無視出来るレベルだ


それと取り分けたホット牛乳150mlはコーヒーに混ぜて
カフェオレにしてる…無駄がない
ハンバーグやオムレツなどの料理に使うのも良いだろう

ともかく自家製ヨーグルト生活がスタートだ


追記2017/5/21
試しに低脂肪牛乳で作ってみた
ただ安物でなく生乳100%使用の物にはこだわった

しかし完成してみるとヨーグルトドリンクの様に固まりが
悪いし味も美味しくない

絶対に低脂肪牛乳では作ってならないと結論

テーマ : 健康食品、自然食品、サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ローソンのでか焼鳥はサークルKを超えたのか?


2017/1/21(土)

今年でサークルKは全てファミリーマートに変わると聞いた
名古屋民としては同じく吸収されたココストアと並ぶ古くから
親しみがあったコンビニだ

そのサークルKで失って欲しくはないものが2つある
それは”ポイントdeクーポン”と”ジャンボ焼きとり”だ

幸い後者はファミマが継続販売するとの事で安心していたが
ここに来て明らかに対抗する商品がローソンから発売となった

ももタレ、もも塩、かわタレ、ねぎまの4種で価格はマルKより
1円安い1本127円(税込)

これは買うしかないと各1本ずつ購入

比較用にサークルKのももを1本購入

実はマルKの焼きとりで「もも」だけはあまり美味しくない
外国産独特の肉の固さがある


さて置き開封して並べる

P1100462.jpg
ビール缶350mlとの比較

…やけくそ気味なデカさ。笑


P1100458.jpg
ローソン(右)とサークルK(左)※共にももタレ


ちなみに串付きでマルKは60g、ローソンは71gだった

ジャンボを超えたジャンボぶり!
この時点で多少の味の差より量を選ぶ自分はローソンに軍配を
上げたいところ

さて実際の味は、、

共通して言える事は肉が柔らかい
ただここまで柔らかいのにジューシーさがイマイチと不思議な
食感である

一体どこの鳥肉でどのような下処理がしてあるのだろう?

とりあえず味を個々に見て行こう

ももタレ:薄い。色からしてタレがかかってるというよりタレ
の味が表面についてるだけといった印象
もっと濃い味の方が肉のボリュームに相応しい

もも塩:Twitterで一番美味いとされていた塩焼きとりだが確かに
その通りで塩梅も絶妙
何より食べ終わった後で舌に残る塩味がとても美味しい
岩塩らしい後味だ

かわタレ:皮は皮でそれ以上も以下もない
こちらは形状もありほどよくタレが染みてる
ボリュームにも満足

ねぎま:ももタレと肉が違う気がする
こちらの方が肉の味がしかっりしているも少々固め
ネギはしなっているも古さは感じない


4種それぞれに特徴があり次回機会(値引き)があれば一通り買う
だろう

サークルK惨敗と言ったところだがマルKには最強の焼きとり
「ぼんじり」がある

スーパーの中国産焼き鳥にも登場するほど人気なぼんじり、、
歯ごたえのある脂身といった濃厚な肉の味わいが他の部位では
味わえない

是非ローソン版を食べてみたい


追伸
しかしローソンの店舗が無いなぁ、、
昔は名古屋で一番のシェアだった印象が残ってるがどの地域
もセブンイレブンに駆逐されてしまった

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

復刻版丸美屋麻婆豆腐の素レビュー

2016/8/29(月)

復刻版として限定販売されてる食品に目がない
別に当時の味を覚えているわけではないが当時の人(自分も含め)が
食していた味にノスタルジーを感じる

そんな商品の中でも麻婆豆腐というのは珍しいかな?
発売45周年で発売当時の味を再現との事

マックスバリュで198円だった
1袋に2回分あるので特別に割高ではない

P1090982.jpg
パッケージ表

P1090983.jpg
パッケージ裏

P1090984.jpg
現在のものと同じ包装
45年前はどんなだったのだろう?

今回は裏のレシピ通りに作る

通常はどこの麻婆豆腐の素であれ合挽き肉とネギは追加し
仕上げでコショウをふんだんにかけるのが自己流だが、、


P1090985.jpg
完成

P1090986.jpg
アップ

味はまず中辛との表記だがかなり辛めで現在なら辛口相当
その辛さはラー油から来てる
それと醤油の濃さが凄い

この2つの味が強烈な麻婆豆腐だった

現在の麻婆豆腐とは全然違う味
豆板醤やオイスターソースといった今時の中華風味では無い

しかしシンプルなのに美味しい

とにかく味が濃いのでご飯がすすむ
ご飯をたくさん食べるための一品といった感じで当時の食卓事情
が伺える

これは見つけたら一度食して欲しい
昭和46年の食文化を体感できると思う


ちなみに後日現在の丸美屋麻婆豆腐(中辛)も食べてみる

P1090990.jpg

比較すると中辛より甘口寄り
胡麻油の甘味がそうさせてるのだろう
そして味も豆板醤がメインで全く違った

これはこれで美味しいけど和風か中華の違いだな

テーマ : おすすめ新商品♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード