ハイレゾ対応ヘッドホンATH-WS1100購入記

2017/4/19(水)

HUD-miniのオペアンプをMUSES02に交換してみた

この件がきっかけでハイレゾ再生環境を整える事にした
そこでハイレゾ対応ヘッドホンの購入を決める

もちろんハイレゾ対応だから非ハイレゾ仕様のヘッドホンより
音質が優れているとは一概には言えない

しかしただ規定スペック(再生周波数帯域 40,000Hz以上)に対応
しているだけではなくハイレゾ音源を前提にチューニングされ
ている商品ならばより良いと思う

所有しているゼンハイザーHD585は規定上では非対応だがほぼ
要件を満たしてる
ただ開放型なので低音を苦手なのが特徴

でも10年間愛用して来たのには理由があり特に女性ボーカルの
聞き取りやすさとその吹き抜ける伸びの良い音声は聴いていて
とても心地よい

ジャンルは女性アイドルソングがメインなのでこの点が重要だ

しかし言わばそのフィルターが掛かったような音質はハイレゾ
の良さ…つまり音域の広さと解像度の高さは味わえない

特に低音の大きさも重要となるので買い換えるしかないのだ

予算は当時のHD585と同じ2万円代か前後のモデル

この価格帯は水準以上の性能を持ちながら値段は控えめで
素人にも安心して買えるので人気がありいろいろなメーカー
の製品がひしめき合ってる

残念ながら愛するゼンハイザーに条件の合う製品はなかった
ので他社で検討

Amazonと価格コムの評価を参考に2機種に絞り込んだ

まず一番人気でベストセラーのこれ


ソニー SONY ヘッドホン MDR-1A : ハイレゾ対応 密閉型
ケーブル着脱式/バランス接続対応


そして実際に購入した商品が表題にもあるこれだ


オーディオテクニカ ハイレゾ対応ヘッドホン
audio-technica SOLID BASS ATH-WS1100


ソニーの方は価格が数千円高い分スペックも上であった

しかし決め手はドライバー口径のサイズ
ソニーが40mmに対してオーテクは53mm

53mmあると耳たぶまですっぽり覆う事が出来る
解像度の高さを味わうには密閉感が重要だ
それと重低音を効かすにはより大口径の方が良い事もある

あとは商品説明の受け売りだが重低音を重視しつつボーカル
も損なわない
多数のベント(空気穴)を付けて中高域も確保し全体のバランス
を保たせた…といった内容で好感が持てた


室内の据え置き使用なので全体の大きさは問題でなかった


スペック:
型式 密閉ダイナミック型
ドライバー口径 53mm
出力音圧レベル 100dB/mW
再生周波数帯域 5~40,000Hz
最大入力 1,000mW
インピーダンス 38Ω
質量(コード除く) 約281g
入力端子 φ3.5mmステレオミニジャック


現在売れ筋のハイレゾ対応再生機器のスペックであるならば
出力音圧レベル100dB以上でインピーダンス32Ω前後までの
ヘッドホンであればどれでも十分に能力を発揮出来る

あとは再生周波数帯域だけ注意して見ればよい

それと着脱式ケーブル仕様はステップアップにも断線対策
にも良いので必須だ

バランス接続対応は対応再生機器を持っていれば考慮する
必要はあるが自分は持ち合わせてないし対応ケーブルも高い


170117.jpg
パッケージ表

P1100724.jpg
パッケージ裏

170117[1]
開封すると実に高級感が溢れる梱包がされている

170117[2]
付属品(リケーブル:片出し1.2m、ヘッドホン収納ポーチ)


最初に思ったのは付属ケーブルの細さと短さ
ポータブル機器で使うなら丁度良いがそうでなく買い足す



エニープロ Anypro ステレオミニプラグ オーディオケーブル
標準3.5mm 高音質再生 AK-302系 (2m)


170122.jpg
パッケージ


オーディオ用を謳っている製品の中では安くで評価が高い

オーテクからATH-WS1100用リケーブルも売られているが何と
1万円もするのだ
これを買うなら3万円のヘッドホンを買った方が幸せだろう

5千円クラスや3千円クラスの人気ケーブルもあるけどケーブル
の違いを聞き分ける自信は無いしマニアじゃないとプラシーボ
効果に騙されそうで現状より上のスペックならそれで良いと判断

ただ購入する上での注意点はプラグの形状

170418.jpg
この形じゃないと奥まで差し込めない
※左:付属品 右:エニープロ

ノイズ対策もあってか太さは1.5倍もあり良い
その上で取り回しもし易い



〜使用レポート〜


☆装着感

かなり側圧が高めで圧迫感があるも聴き始めると忘れる程度
眼鏡着用でも痛くはならないフィット感で形状や材質を研究
してある事だけはある

ただこの点はゼンハイザーが圧倒的
まさに眼鏡をかけてるのと一緒で装着してる事を忘れるくらい
自然なフィット感だった
反面ズレやすい難点もあったが、、


☆音質

低域を強調しつつ中高域のバランスも取ったと商品説明通りで
つまりハイレゾを尊重した上で低音に味付けをした製品だ

なので重低音ってほどはズンズン来ない
その分聞きやすいがやはり低音に寄ってる分特にボーカルが
少々奥に引っ込んでしまってる

ジャズには良いけどポップスには向かないのか?それとも今まで
聴いていたのがボーカルを強調しすぎていたのであってこれが
普通なのだろうか?

しかし悪くはない

密閉度が高いので少々こもると思ったがそうでなくかといって
めちゃくちゃ高域まで伸びてる感じもしない

音質の方向性もその通りバランス重視だった

もちろん要な部分である奥行きは申し分なくハイレゾ音源の
緻密さははっきりと分かる性能を持っている

しかし余力の無さも感じるのでミドルクラスの限界はこの
辺りなのかもしれない

つまりハイレゾ入門用には最適でありマニアでなければこれ
一本で十分に戦えると思う

ハイエンドのヘッドホンはオールジャンルよりもクラシック
の再生に特化してる傾向がある様に思うのでアイドルソング
なら全然このクラスで満足出来るだろう


ここでちょっと何が重要かおさらいをしてみる

音源ソースを再生機器のDACでアナログ音声に変換し
アンプから出力される過程で決められるものが

「解像度(分解能)」と「音場(奥行き・広がり)」

その音をヘッドホンで鳴らした場合いかに忠実であるか?
それが再現度

ヘッドホンの基本性能の優劣は即ち再現度の高さ

その音を中高域寄りにするのか低域重視にするのか
それともバランス重視にするのか?
更にマイルドかシャープかナチュラルかどの様な味付けを
するのか?

これらがヘッドホンの「構造」や「チューニング」
つまりは個性

この様に個人的には解釈してる

ヘッドホンは個性の塊であり良い音は人それぞれ
値段が高ければ良いとは言えない

逆に再生機器は趣味の違いではなく絶対的な性能差が出る

それ以上に重要なのは何と言っても音源ソースだ
全ての過程の原点
ここの質が悪いと全て台無し

理想のはアナログマスターテープから直接96.0kHz/24bit
のリマスターが作られたものに違いない

そしてニセレゾとも言われるCDマスターをリサンプリング
したハイレゾ音源には手を出すと後悔する事請け合いだ
経験上CDの音と音圧以外に違いがわからない

優れたソースに優れた再生機器
そして趣味嗜好に合ったヘッドホン

これらの組合せを考えるのもオーディオライフの醍醐味で
実に奥が深い楽しみだ


〜一ヶ月使用してみて〜

エイジングによる差は気付かない
そもそも音に慣れて気付いた試しがない。笑

ただ一つ問題点がある
これはヘッドホンが原因というよりハイレゾ音源そのもの
が原因と思うが、、

非常に聴き疲れる

1時間連続で聴いたら耳を休めないといけない
難聴防止にそれは良い事なのだけれど

基本的にハイレゾ音源はボーカルの音圧が高めなのと情報量
の多さが聴覚への負担となってるのだろう

こればかりは仕方がない


で、買って良かったかと言えば…わからない

結局はライバル機と聴き比べをしないと相対的な評価が
出来ないので機会があればソニーのを試聴したいものだ

ただ満足している事には変わりない
なぜならば


170418[1]

logo_l.jpg

ソリッドベースのブランドマークが欅坂46のロゴマークに
酷似してる!

こうして見てるだけでインテリアとしても最高に格好良い
音質ばかりに拘ったがデザインの重要性にも気付かされた
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

上海問屋 超音波洗浄器DN-12750購入記

2017/3/30(木)

たまたまドスパラのTwitterで本商品の紹介を目にした
眼鏡屋の店頭で見かける洗浄器が三千円で売ってる

一度は試して見たかったが使い方とか店員に話かけられるのも
嫌だしこれまで機会がなかった

一度もこういった洗浄をしていないので一体どれほど汚れて
いるのか興味津々となりこの価格ならと購入を決めた

Amazonで同価格帯の製品がいろいろあったがどれも…というか
シチズン等有名ブランドでも評価の低いものがある
共通してる評価は耐久性の問題だ

ならばあえてユーザー評価の無いこの商品に賭けてみようと
あいにくAmazonでは取扱いが無いので上海問屋の公式で購入


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5段階タイマー機能付 超音波洗浄機
価格:2999円(税込、送料別) (2017/3/30時点)


5段階タイマー機能付 超音波洗浄機dn-12750



P1100613.jpg
製品のパッケージ

P1100614.jpg
内容物(本体、時計ケース、小物ケース、説明書)


意外としっかりした重量と質感
まるで家電製品だ。笑
安いのでもっとおもちゃっぽい物だと想像していた

早速実験。。

600mlの洗浄タンクとの事だそれは全体の容量であって決められた
上限水位までだと実際は500mlだった

料理で使ってる計量カップで500mlの水を入れた

これに中性洗剤…つまり食器洗い用の洗剤を一滴たらして指で
かき混ぜてメガネを投入

P1100615.jpg


洗剤は必須でないけど入れると洗浄能力がアップすると説明書

タイマーは5段階あり1分30秒、3分、4分40秒、6分20秒、8分
から選択出来るがデフォルトは3分なのでそれに習う

電源ボタンを押すと洗浄開始
デジタル表示のタイマーがカウントダウンされる

以下動画を撮ってみた


[広告] VPS



ジーと音が続くけど騒音ってほどじゃない
電動歯ブラシの方が断然音は大きい

水面がゆらゆら揺れて気泡もついてきた
問題なく動作してるようだ


終了。。


水が目に見えて汚れると想像していたがそんなに変化なし
眼鏡を取り眺めるも…汚れが落ちたのかな?
よくわからない

そもそも汚れと認識出来ない汚れを落とすものだから致し方
ないのかな…プラシーボ効果というやつかもなぁ

洗浄液が勿体無いので続いて時計も洗浄

アタッチメントに引っ掛けて投入しようとしたがこの水量では
本体にかかってしまう

生活防水程度の仕様だと時計の機能にダメージが出るかもと
説明があったので100mlほど水を取り出してバンドの部分のみ
浸かるようにした

P1100619.jpg


同じくスイッチオン

…終了

こちらも落ち具合がわからない

まぁ洗浄しないよりした方がマシと思って水を捨てようと持つと
底に何やら…なんと!

塵の様な無数のゴミが沈んでた

P1100620.jpg


おお!これは凄い…目に見えて確認出来た
という事は汚れも見えない汚れも落ちているに違いない

これで一応満足した

夏場は眼鏡が汗で汚れ易いので週一か月一過ペースは決めて
いないが大いに活躍しそうだ

電動ひげ剃りの替刃の洗浄もしてみようかな


もしあっけなく壊れてしまったら追記する


超音波洗浄器専用洗浄剤も出てるのか…などとAmazonで検索
してるとアレって思った商品があった



LifeBasis 超音波洗浄機


全くデザインが一緒なんだが。笑
こちらの方は五千円もするしもしや上海問屋の方はOEM商品
なのかコピー商品なのか定かでない

でも評価が良くて安心した

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

パナソニックDMC-GM1の電源レバーを修復する

2017/1/15(日)

GM1には2つの有名な欠陥がある
それは標準レンズのズームリングが空回りする件
そして電源レバーが外れてしまう件だ

ともに接着剤の劣化が原因なのだが前者はインナーフォーカス
のズームレンズを買い標準レンズは箱にしまってある

しかし電源レバーはどうかなるものでもなくついに壊れてしまった

回してもONにならない
レバーが空回りし落ちてしまった

IMG_3270.jpg


自室で良かったが外出先で落とし紛失したという報告もよく耳
にする

でもこれは接着より構造上の問題なのだろう

GM5、GM1Sと発売して以来新モデルの音沙汰なし
シリーズが終了してしまったのは不具合も一因なのか?

ともかく外れたレバーを再接着せねばならない


そこで接着剤選びなのだが基本的に精密機器の接着には溶剤系の
接着剤は厳禁だそうな

接着面が小さい場合肉やせする事により耐久性が落ちるのだろうか
よくは知らない
その代表的なものはご存知”瞬間接着剤”各種であろう
100均で入手出来て良いのだが実に残念


そこで無溶剤系となるのだが一番有名な商品はセメダインの
スーパーXであるがこれ以前に使っていたけどあまり強力な
イメージはない

なので対抗として名高いコニシの「ウルトラ多用途S・Uクリヤー」
を初めて購入してみた







何でもこの容量でさえ使い切る前に中で固まってしまうとか、、
空気に触れるのは厳禁なので瞬間接着剤同様冷蔵庫で保管しよう

試しに出して見ると凄い糸を引く
誤って本体に付いたら大変なので爪楊枝の先端につけて慎重に作業
しよう

IMG_3271.jpg


接着剤をつけるポイントは本体側にある3箇所の凸


IMG_3269_1.jpg
写真に矢印で表したが本当に小さくてわかりにくい


この凸に先端にチョン付けでレバーを被せて完了


…1ヶ月経過したがガッチリ正常に動作してる

これメーカー修理に出すとユニットごとの交換で相当請求される
そうな

やはりこれくらいは自分で直したい

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

トリプル録画TVチューナーHVTR-BCTX3購入記

2016/12/30(金)

LGの43インチ4Kテレビを購入するもUSB録画機能の性能が
低く勝手が悪い
さらに1番組しか録画出来ない事が想定以上に不便であった

前のレグザは古いけど2番組同時録画が出来て操作性も良かった
のでなおさら不満が募り続ける

テレビとしての性能が良いだけに録画機能は充実してほしい所

PC録画だけでは年末年始を乗り越えられないと外付けの録画対応
TVチューナーの購入を検討

ブルーレイレコーダーという手段もあるけどW録画でも最安値で
3万円以上するしディスク部分はPCがあるので必要ないから
チューナーとHDD録画に特化した製品を探す

すると一番の売れ筋がこのI-O DATA社から販売されてる
REC-ONシリーズに行き着く

REC-ONシリーズの種類を大別すると2番組同時録画機と3番組
同時録画機の2系統で後者はHDD付2種と無し1種の計4モデルに
分かれる

外付けのHDDは持っておりしかもUSB3.0仕様なので3番組同時
録画が可能なHVTR-BCTX3に決めた
USB2.0仕様のHDDだとこの製品を買っても転送速度の関係から
2番組までしか同時録画出来ない

その2番組同時録画モデルのEX-BCTX2とはたったの3千円プラス
でしか違わない
チューナーが1つ増えても製品サイズは同じだ



I-O DATA 地上・BS・110度CSデジタル放送対応ネットワーク
テレビチューナー HVTR-BCTX3


P1100342.jpg
パッケージ

P1100344.jpg
内容物
(本体、電源コード、説明書、miniB-CASカード、HDMIケーブル)


さてここで問題となるのがminiB-CASカード

契約している衛星放送があるので通常のB-CASカードが差せないと
視聴も録画も出来ない

基本的に保存する番組はPCで録画してる
その方が任意のエンコードや細かい編集も出来て何かと便利

しかし日常の観て消してはHVTR-BCTX3を使いたい

つまり1枚のカードで2台のハードを使う事になる
よってB-CASカード→miniB-CASカード変換アダプタが必須

この商品はAmazonでノーブランド品だが安く売ってるので
試しに購入



PB-MB02:mini B-CAS 変換アダプター
《B-CAS to mini B-CAS Bタイプ》


P1100345.jpg
パッケージ


P1100347.jpg
各配線接続

無線LANが搭載されて無いのでLANは有線接続

4KTVのチューナーからは観るつもりがないけどアンテナ出力端子
があるので一応配線

HDMIケーブルは余っていたので再利用

HDDはポータブルの1TBバスパワーモデル
Seagate製SGP-BP010UBKである

肝心のB-CASアダプタはふいに引っ張って断線とか怖いので
本体に両面テープで固定した


P1100404.jpg
設置…非常にコンパクトな本体


映像のHDMIケーブルは本機からAVアンプに繋ぎAVアンプからTVへ

本機のHDMIリンクは設定でONにする

これでTVの電源をつけ入力を切り替えると自動で本機の電源が
ONになりAVアンプをスルーして音声がTVのスピーカーから出る

又は本機の電源を入れればTVの電源も自動でONになり映像と
音声が映し出される

サラウンド放送の音声を始めAVアンプから音を出したければ
AVアンプの電源を入れれば自動で音声がTVのスピーカーから
AVアンプのスピーカーに切り替わる

無論これらはAVアンプのHDMIリンクをONにしておく必要がある

HDMIリンク機能様様だ


~本編~


一通り使ってみた感想は…全般的には感動すら覚える高性能
パナソニックでもソニーでもないパソコンの周辺機器メーカー
にしては出来すぎだ

☆特に良かった点・個人的に便利な点

1.全ての操作・動作においてサクサクと快適
2.安定した3番組同時録画
3.見やすい番組表
4.使いやすいリモコン
5.早聞き再生・追っかけ再生・スロー再生と一通りの機能
6.オートチャプター機能

2はBS・BS・BSなんて同時録画も出来た
3は表示チャンネル数や文字サイズが細かく設定可能で4Kテレビ
との相性も抜群だった
ただ邪魔にはならないけど広告表示がある

P1100408.jpg
録画中の番組は赤色になってる

他にも番組表に観ていた番組の映像が右上子画面で出ていて
慌てず録画予約が出来たりと便利な部分がある

6はCMスキップに便利


★ここは惜しい・残念な点
1.放送波の切り替えが順送り
2.通常待機時の消費電力の高さ
3.録画番組を見る時再生ボタンを押しただけでは始まらない
4.録画番組の早送り等で出るシークバーが洋画の字幕に被る

1は地デジ・BS・CSボタンと分けてつけて欲しかった
2はなんと6.9Wも消費し続ける
省エネ待機だと起動に20秒ほどかかるほかHDMIリンクの設定も
OFF扱いになるので不便
これほど高いのはネッワークサーバー機能も関係している
3はいちいち録画リストから選択せねばならない
4.は早送りでも映像でなく字幕で観たい場面を判断する機会が
多いので不便…と言うか嫌がらせだ


基本はこんなところだろうか。。

そしてもう一つのウリがネットワークサーバー機能

これは外出先等の端末からTVを観たり録画した番組を観たり
録画予約が出来たりする機能だ


当方のスマホの契約プランだとwifi以外じゃ莫大な通信料が
かかってしまうので実質使わないつもりだったが違う利用方法
を見つけた

家庭内でも同じ事が出来るけど例えばTVに画面分割機能がない
そんな場合TVで録画番組を観ながらタブレットやスマホで
TV放送と2つを同時に観る(TVxTVや録画x録画も可)といった事が
可能になる

P1100403.jpg
例としてTVxTVを実践

社会人の多忙な毎日だとこういった使い方をして消化する機会
が少なからずあるのだ

タブレットでTVや録画番組を見ればTVを使う必要がなく100Wは
省エネになるといった使い方も出来る


WindowsタブレットとiPhoneSEにそれぞれ専用アプリの
「テレキングプレイ(無料)」を入れた
番組表やそこから録画予約がしたい場合は「テレリモ(無料)」も
入れる必要がある

ブロードバンドルーターを介して無線LANで本機が認識されて
いれば本機をアプリに登録するだけで接続は実に簡単

ただし問題点もあった

iPhoneSEでは全く問題無し

タブレットPC(CPU:Atom Z3736F/1.33GHz RAM2GB)は少々
スペックが低い為か次第に音がズレてしまう

さらにwifiの回線速度が20Mbps以上は出てないとオリジナルの
映像はカクカクに再生される
ただし設定を低画質にするとカクカクは解消される
低画質でもタブレットの小さい画面なら気にならないが、、

※その後の検証でこれも通信速度でなくCPUパワーやメモリ量
といったスペックが重要に思われる


~総括~
他にもまだ機能があるけど現状はこれで満足…いや大満足

TVのUSB録画を利用し出してもう8年か?
それまでDVDレコーダーからブルーレイレコーダーまでどの様に
進化しているのかは知らない

今回のレビューが今や当然かもしれない性能だとしても
2万円前後でここまで使えるのならば買って後悔はないだろう


追記2017/5/21
外出先でのリモート再生に挑戦してみたが再生出来る所と
出来ない所がある
とあるホテルの無料Wi-Fiでは本機に接続出来ずとある飲食店
のフリースポットでは問題なかった
個々のセキュリティ関係が原因なのだろうか?

それとUSBHDDでの録画だと本機が無いと例えば買い替え
たら再生出来なくなる
しかしネットワークHDD(NAS)に録画や移動をすればそういった
制約はなく他の機器からも再生出来るそうなのでいずれ購入
したい
ただし直接録画の場合最大で2番組しか録画出来ないので
本機の性能の持ち腐れとなる
なのでUSBHDDはやはり手放せない

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

ユアサ掛敷電気毛布YCB-602S購入記

2016/12/9(金)

今年も冬がやってきた
最強暖房器具として信じて止まないホットカーペット+こたつ布団
を出す…ところだが今季は事情が変わった

諸事情があり座椅子を購入したので直接暖まる事が出来ない
それと以前から思っていたところだが自分ひとりが暖まるのに
ホットカーペットは無駄に大きすぎてこれでさえ電気代が無駄だ

元々はこたつ派だったか寝落ちしてしまう事が多く500Wの電気代
が無駄に思えて300W強のホットカーペットに買い替えてわけだが
本当の最強は他にあったのだ

つまり

電気毛布で身体をくるめばいいじゃん

これが一番エコロジー

そこで商品選択だがひざ掛けタイプは大き目のものでさえ
下半身を覆うのがやっとのサイズしかない

よって普通の掛け敷きタイプの電気毛布を買う事となる
電気敷き毛布はあっても掛け専用のものが無いので掛け敷きタイプ
しか選択の余地がない

ずっと以前に電気敷き毛布を使っていた事があったけどその時の
経験から毛玉になりやすいアクリル混の電気毛布は避けたい

マイクロフリース製品などでお馴染みポリエステル100%のもの
が最適だ
しかも丈夫で長持ちという特徴もある

無論暖かさではポリエステル+アクリル製品に及ばないけどそこは
"電気"がカバーしてくれる

それと室温センサーやオフタイマーも欲しいところ
全部入りでしかも安い商品はあるのか検索。。

室温センサー付きを3千円台で発見
なかぎし 電気掛敷兼用毛布 NA-013K
とこの製品である

ちなみにオフタイマーは高級モデルにも付いておらずそういう
ものなのだろう

NA-013Kはポリエステル+アクリルで消費電力80W
YCB-602Sはポリエステル100%であるも60Wである

20Wの差が気になるけどこれより下位の50W製品でさえ暖かいと
レビューがあるので問題なかろう
やはり素材の方が大事だ

YCB-602Sに購入を決める



ユアサ電気毛布(掛敷タイプ・188×130cm)
【暖房器具】YUASA YCB-602S


P1100256.jpg
外箱


P1100257.jpg
内容物(本体、電源コントローラー、説明書)


パッケージが凄く高級そうなのだけど4,000円でおつりがくる


肌ざわりは普通の薄手の毛布そのもの
もっとタオルっぽいものだと思ってた
そして膝にかけただけでも暖かい

電気の部分っていらないような。笑

電源コードからコントローラー
コントローラーから毛布
それぞれのケーブル長は170cmほどあって何ら困らない
コンセントのある場所を気にせずワンルームならどこでも使える


P1100292.jpg
コントローラー部

穴の開いている部分が室温センサー

設定温度(ここがどのメモリで何℃を示してるのか定かでないが)
のメモリに合わせて低ければ通電
設定以上の温度になると通電がカットされる


P1100289.jpg
計測器で測ると通電中は65Wを表示し一定の時間が経過したら
ゼロWになった
室温センサーあっての省エネモードである

もちろん温度を維持するためには毛布単体で使うのではなく
上から何かを掛けるのがベスト
熱が逃げないのでいつまでも暖かだ

当方は前述の薄手なこたつ布団を併用する

何はともあれ使用開始!


…それから3週間が経過した

帰宅すると室内の温度計は16℃
これでも寒い方だが真冬は10℃まで下がる

やはり電気の毛布で正解だ…多少時間はかかるが確実に
そして暑いほど暖まり設定温度を下げる事もしばしば

毛布の生地は想定外に毛が立ってる

P1100328.jpg

しかしカットするほどの毛玉状には至ってない
これくらいの方が暖かさがあるというものかな?

特に繊維が服につくという事はなくっ面倒はない
まだ洗濯機で洗いはしてないけど洗った後のレビューは追ってする

エアコンも当然あるけどこれだけでも越冬できそうな気がしてる
エアコンまで動員する事は雪が積もるほどの極寒時しかない

名古屋なのでそんな機会は滅多にないが、、
どうせ今年もこの地方は暖冬だろう

テーマ : おすすめ商品案内
ジャンル : ライフ

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード