大阪堺市の蔵前温泉さらさのゆへ行ってみた

2015/12/28(月)

18きっぷの残りを消化するために大阪日帰りを計画
一番の目的は千日前にある「のスた」のラーメンと「わなか」の
たこ焼き持ち帰り

特に前者は年明けからメニュー値上げの告知がされていたので
その前に食べておきたかった

ただこの目的だけでは割に合わない

そこで天然温泉に行くのをメインに添えれば旅費として必要
経費と割り切れる発想だ

難波から近くしかもJR駅チカの天然温泉をぐぐると真っ先に
引っかかったのがここだ
JR難波から乗り換え時間を除けばわずか15分の距離

ちなみに天然温泉で重視する点は

1.単純泉でないこと
2.露天風呂有り
3.源泉かけ流し有り

更に加えるなら

4.炭酸風呂有り
5.水風呂有り

あくまでも個人的な意見だが単純温泉やアルカリ単純温泉は
人工温泉に等しいと思ってるので天然温泉とは認めていない

この"さらさのゆ"は「ナトリウム塩化物温泉」である他に
全ての要件を満たしている

それでいて入泉料金が650円と悪くない


名古屋駅より出発するも予定より遅れたので難波に寄らず
直接堺市へ向かう

JR大阪駅での乗り換え1回という便利さ

JR堺市駅に着き東の出口を抜けてから一直線に東へ歩く

事前にGoogleマップで調べたところ約1kmの距離で徒歩10分程度
しかし道が細くて歩きにくい
商店街の為か歩道がない割りに交通量が多めで危ない

くねった道を進み信号を2つばかり越えると南東方向に
それらしい建物が現れた

時計を見ると午後3時半
帰りを計算すると3時間はギリ居れる

行ってみると入口がなく駐車場を抜け反対側に回ると入口が
あった

IMG_2510.jpg
蔵前温泉さらさのゆ

駐車場はほぼ満車で駐輪場の自転車も多い

一応平日だが学校は冬休みだし企業も仕事納めの日が大半だろう

下駄箱に靴を預け鍵を持って券売機へ
タッチパネルの目新しい券売機でチケットを購入し受付へ
渡す

2Fに上がって男湯へ

ロッカーは大きめで旅行客にはありがたい
下駄箱もそうだがここはコイン式でないのが便利だ

内風呂に入って第一印象

「狭い!」

いかにも町中のスーパー銭湯だ

それでいて客も多い…というか子供が多くキャッキャと
騒がしい

露天風呂に出てみると…どこも入る余地がなくとりあえず
1人分空いていたシルク風呂に入って様子を伺う

かけ流しの岩風呂は源泉に近い上段の風呂だと3人くらい
しかくつろげない大きさ
しかも高校生くらいのグループが入っていて長話

仕方がないので反対側にあった寝ころび風呂で休む

先客が3人いたけど全員股間丸出しで寝てる
これが関西の文化か?
自分は股間にタオルをかけて寝るタイプ

横になっただけのつもりが約1時間の爆睡

まずい時間が無い

夕方から夜にかける谷間なのか客が少なくなっている
そこで主だった風呂を自由に楽しめた

源泉風呂は茶褐色がそれっぽくて良い

加温加水はしてないっぽい
舐めてみると塩っぽさはあまり感じなかった

サウナに入ってる時間はないのでスルー

ジェット風呂は疲れたふくらはぎに当たらないので
旅行客にはダメかな

電気風呂はちょっと強すぎで深くは座れなかった
2か所あったが強弱でわかれていたのか未確認

水風呂が比較的大きめでしかも深いのが良かった
潜るのが基本だから設計者はよくわかってる

それでどこへ行っても〆で入るのが炭酸風呂

体の癒し効果ならこれが一番に思ってる

「ナノ高炭酸泉風呂」

ナノバブル水というやつかな?
炭酸ガスが水に溶け込むタイプなので気泡が肌にはつかず効果の
ほどは見た目だとわからない

壁に貼ってあった解説文を見るとこちらの方が吸収率は高い
とのこと
個人的には全身気泡だらけになる方が好きだな

やはりここでも一番人気の人だかりだった

他にシャンプー、リンス、コンディショナーは備え付け
ブランドや成分の記載がなくごく普通

ウォータークーラーはしっかり冷たかった

18時近くなってくると再び客が増えてきたので脱出

鏡まわりのアメニティーは素晴らしい

化粧水から肌クリームまで一通り揃ってた
それもそのはず受付で販売してるいわば試供品だ


帰りは真っ暗な道を駅に戻る

行きの途中で見つけた駅前のたこ焼き屋に寄ってみる

たこ焼き屋は駅から最初に遭遇するテナントに一店
さらに進むと屋台で一店

この屋台の方で購入

焼きそばやお好み焼きも併売していたがたこ焼きが好き

そのたこ焼きは30個で500円くらい(失念)
小玉で安く量の多いタイプ

P1090401.jpg
自宅にて

P1090403.jpg

味もタコと小麦粉の味しかないこの手のタイプのオーソドックスな
味で特別買うことはないだろう
なにせ美味いたこ焼き屋は今から寄る難波にあるのだから人生
初堺市の記念品ということで、、


ちなみに「わなか」の本店は年末年始対応で9個入りの
一種類しか売らずしかも高いとぼったくってた

そこでなんば店で15個入りを通常の価格で購入

「わなか」はこのまま観光地価格に変貌していく気配か?
メジャーになりすぎと思ったがここより美味い大阪駅前の
「はなだこ」は銀だこより高くなってしまい手が付けられない

「のスた」も賄い醤油の豚が一回り小さくなっていた気がする

飲食業界はどこも世知辛くなったものだ

~総括~
難波に行く用事があったら基本的に旅行計画に組み込み
たい天然温泉だった
JR沿線でなにより日祝も650円なのが良い

しかしこれより以前から計画し実現に至ってない南紀白浜
の天然温泉に行ってみたいが…

蔵前温泉さらさのゆ公式HP
スポンサーサイト

テーマ : 日帰り温泉
ジャンル : 旅行

乃木坂46 Merry X'mas show 2015遠征記

2015/12/20(日)~21(月)

開演時間が18時30分なのでスケジュールに余裕のある遠征となる
ならばやはりラーメン二郎を訪ねるのが恒例

遠征の都度ラーメン二郎PC店のページを覗くと着実に新店舗が
増えてる

その中からまだ未開拓で日曜昼営業で間に合う店舗がJR蒲田駅前
にあったのでまずここを目指し後は秋葉原で時間を潰し武道館へ
向かう計画を立てた

18きっぷを片手にJR名古屋駅を出発


13:39蒲田駅到着

14:30で昼の部が終わるので急いで向かう

ラーメン二郎JR西口蒲田店に行ってみた

14:34京浜東北線快速に乗り秋葉原へ

14:56JR秋葉原駅到着

まずは三省堂書店アトレ秋葉原に行き続いて書泉ブックタワー
へ寄る

目的は齋藤飛鳥の記事が載ってるMARQUEE Vol.112の立ち読み
三省堂名古屋高島屋店にすら置いてなく東京ならばと思った

しかしやはりどちらも置いておらず無駄足

書泉ブックタワーに初めて入ったがかの有名店がこんなに
狭い所だとは思わなかった

乃木坂の中古生写真を販売してる2店舗を回りつつツクモ等に
寄って最近購入したBenQのモニターのカタログの回収を目指す
こちらは回収に至らず生写真も不発で無駄足だらけ

時間も迫っていたので確実な目的であったあきばお~へ向かう

USB3.0仕様のSDカードリーダー(699円税込)が欲しくここが最安店


無事購入し駅に向かうとベルサール秋葉原のイベントスペースで
人だかりがあり撮影会をしていた

人垣でステージが全く見えずカメラを掲げて撮影を試みる

P1090328.jpg
倉持由香?

ポタフェス2015というイベントがあり帰宅してから調べたが
多分合ってると思う。笑


17:42JR秋葉原駅を中央線各停で出発

17:48JR飯田橋駅着

開演の40分前で焦る。。

日本武道館へはJR飯田橋駅から早稲田通りとやらを歩いて向かう

一駅分程度の距離なので地下鉄を使うのは勿体ないと思ったが
やはり地図と実際は違いこんなに坂道の場所だとは思わず疲れる

長い坂を下りると拡声器の声が聞こえてきた
日が落ち暗くよく見えないが武道館に着いたようだ

乃木坂46 Merry X'mas show 2015初日感想

再びJR飯田橋駅に着いたのは21:10過ぎ

今回の寝床はJR御徒町駅前にある「まんがランド」

計画では晩飯にこの駅前にある「スパゲッティーのパンチョ」
を考えていたがラストオーダーが21:30で今から移動だと間に
合わない

この場合はネカフェに食料を持ち込む計画でとりあえず
フライドポテトが欲しいと上野駅前にあるロッテリアに向かう

今日は20日なのでポテトが半額
バケツポテトを買うつもりでいた

それが大失敗

JR上野駅に着くもグーグルマップの指す所に行ってもロッテリア
が見当たらない
しかも特殊な形態の店舗のようでこの半額をやってるかも不明

夜なのでどこがどこなのかわからずかといって水道橋駅にある
ロッテリアは既に22:00で営業時間が終わってる

朝食は続々閉店してる東京チカラめしを今の内にと考えており
ご飯ものは避けたくハンバーガーでいいやと上野駅東側にある
ウェンディーズとファーストキッチンのコラボ店へ

ウェンディーズファンだけどもう値上げに次ぐ値上げで興味が
失せており今ではバーガーキングファンに転向していた

しかし上野にバーキンはなく再び秋葉原へ行くのも気が乗らず
でこの店での調達を決めた

P1090352.jpg

名古屋にもファーストキッチンはあるけど一度も利用したこと
はなかった
そこで双方一個ずつ購入しJR御徒町駅へ移動

ネカフェに着いたのが22:20頃

P1090367.jpg
まんがランド上野御徒町店

1400円払いナイトパック7時間で過ごす

座敷席で足を延ばし晩飯だ

P1090353.jpg
ウェンディーズバーガー(490円)左
ROPPONGIベーコンエッグ(390円)右

相変わらずの肉肉しいパティは美味く値段の高さだけが
ネックである

このまんがランドは初めての利用

日曜の夜の為か客は数名しかおらずそこは良い
しかし料金が安いだけあってフリードリングの種類が少なく
(コーラ・メロンソーダ・カルピス系くらい)一番これは!?
と思ったのが備え付けのパソコン
なんと今時OSがXPでUSB端子は1.1規格の骨とう品PCである
動作もクソ重く素直に漫画を読んで過ごすことにした

夜が更ける…


朝5:00すぎ

出発の準備もお腹の調子が良くない
JR川崎駅前のチカラめしに寄る予定をスルーに決める

この時間から移動すると焼津駅前の天然温泉でひとっ風呂
コース(10:00より)より早く焼津駅に着いてしまうので
こちらもスルーし名古屋へ直帰した

ただその前に乗り換えのJR東京駅でエキナカ自販機「acure」
の側面に張られてるFrom AQUAと乃木坂メンバーがコラボした
ポップの内推しメンの齋藤飛鳥を撮影

P1090368_2015122521255335b.jpg
6番線1号車前

早朝なので乗客もまばらと撮影し易かった


次の遠征予定は2016/3/19の代々木TGCだ

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

乃木坂46夏の全国ツアー2015広島公演遠征記

2015/8/15(土)~16(日)

~18きっぷによる名古屋→広島遠征1日目~

昨年は大阪で今年は広島
夏季休暇中はなるべく遠征に充てたいので広島遠征を決めた
もしこれが仙台や福岡だったら…練ってないので何とも言えない

広島へは高校の修学旅行以来で個人的に行くのは初めて

18きっぷで当日移動可能
さすがに帰って来れないのでネカフェで泊り翌日は観光して帰る

長年?夢だった大和ミュージアムへようやく行ける

始発なら昼食が取れる
一本遅れると昼食抜きで夜公演参戦となるのでここは絶対


名古屋~大垣~そして姫路へ

車窓から遠くに姫路城が見える
改修され真っ白になったのがよくわかる
まさに別名の白鷺城だ

ここも観光したいけど次の機会で、、


相生~岡山~福山~糸崎

14:41JR広島駅到着

目的地はもう少し先へ行ったJR新井口駅
ここから13分の行程なので開演の17:00に余裕

さっそく駅ビルASSEの2Fで昼食を取る


広島駅 尾道らーめん三公の唐揚げセットが凄い


まだ時間に余裕があるので地下食料品売り場にある「むさし」へ
ここのお弁当は広島名物で地元メンバーの中元日芽香が一推し
ケータリングにも出たそうな

21時までの営業だが念の為に20時頃来店すると弁当がどれほど
残っているのか店員に聞いてみる

すると…微妙な表情

そこで取り置きOKとの返事にそうしてもらう事にした
購入したのは一番の売れ筋だった若鶏むすび
(これのレビューは後述)

これでネカフェの朝食確保
夕食の広島焼きは直接並んで買っていく事にした

お店は超有名店の「麗ちゃん」に決めている

他にもお好み焼き店が軒を並べるがテイクアウトOKを謳ってる
のはこの店だけである
もちろんその場で食べるのもありだがネカフェでフリードリンク
飲みつつ漫画を読みつつ食べる方が美味しいし楽しいのだ

ついでに同じく地下にあったマツモトキヨシへ

目薬の持参を忘れたので買おうと思ったが地元のドラッグストア
より割高で躊躇してしまうも他に店が無く購入

ちなみにスマイル40EXを指名買いしてる
これを毎日処方してからここ数年視力が全く落ちてない


予定通り新井口へ移動

さて遠征の本題である


乃木坂46真夏の全国ツアー2015広島公演初日感想


JR新井口駅から再び広島駅へ移動

なるべく早く引き取った方が店員さんも安心すると麗ちゃんは
後回しに…これが思わぬ計画変更

その地下食料品売り場の惣菜やら弁当やらが半額で並んでる!!
お寿司が超美味しそう

おそらくこの日隣接するマツダスタジアムで試合がありたくさん
作ったのでこれだけ余ってるのだろう

最悪麗ちゃんは明日に行く呉から広島へ戻って買って帰る事も
可能だ

そこでいろいろ見繕ってから駅の並びにあるネカフェへ移動
時刻は20:30になろうとしてる


「フタバ@アットカフェ GIGA広島駅前店」

エレベーターで6Fへ上がる
土曜の夜という事で満室の懸念もあったが想像より大型の店舗で
フラット席も余裕で空いていた

会員登録し公式にあったクーポン画面を見せる
入会金無料な上に基本料金の割引までしてくれるスグレモノの
クーポンだ

翌日は始発移動なので8時間パックでは足りずオーバー気味の
12時間パックを選択した

個室も広くドリンク類も豊富
なんとソフトクリームも無料でありこれが美味くハマってしまう

IMG_2245.jpg

トッピングのチョコソースをかけると冷えてパリパリのチョコに
なるのも良い

とりあえず監獄学園と闇金ウシジマくんを数冊取り食事タイム


P1080487.jpg
にぎり寿司盛り合わせ(トロ入り)490円
玉子焼きの巻き寿司190円
おつまみセット199円


漁港が近い為かネタがスシロー以上で美味かった

適当に時間をつぶしソフトクリームの補充に行くと張り紙

「メンテのため0:00~6:00まで中止」

マジかよ!

いかんぞこれは…6時前にここを出る予定だ
しかしそれではソフトクリームが味わえない、、

どうするか悩みつつ夜が更ける


~18きっぷによる名古屋→広島遠征2日目~

昨日の寿司はやはり多すぎで胃もたれ
とてもむさしの弁当を食べられず持ち帰りとした
すでに賞味期限が切れてるけど大丈夫だろう?

始発移動なわけはまず大和ミュージアムへ行く前に呉駅前に
ある大和温泉物語で昨日の疲れを癒やす計画
24時間営業店だが割安で入れる朝風呂コースは午前6時~8時
の受付である

呉線始発が5:44発で到着が6:25
これに乗って大和ミュージアムが開店する9:00まで温泉で過ごす

…はずだったがソフトクリームの一件
時間もまだ2時間残していて勿体無い

6:58発7:45着の電車なら8時までに間に合う
問題は駅のホームから駅前ビルの6Fにある施設まで15分で行ける
かどうかだ
初めての土地・初めての駅だが公式HPで徒歩3分と書いてあるので
迷っても何とかなるだろう

6時になりソフトクリーム再開
個室に戻らず脇のイートコーナーでひたすら堪能
またこれが挽きたてのコーヒーに合うのだ


時間になりネカフェを後にし呉へ

P1080491.jpg

駅に到着し改札を抜け外へ出るとバスターミナルが広がる
あれ?ストリートビューで見た光景と全然違うぞ。笑

…反対側の出口に出たようだ

こうなるとダッシュ!
陸橋を降り線路沿いに道路を駆ける

このビルで間違いない!


一人旅で行く大和ミュージアム&大和温泉物語


大幅に予定時刻をオーバーした
もう広島駅へ戻ってる余裕はない

仕方がないのでここの駅ビルにもある広島焼きの店へ

呉レクレ「うまいもん屋五エ門」

P1080580.jpg

昼時でお店の外にまで行列が出来てる
ダメだ…名古屋に帰れなくなる

もしかしてテイクアウトなら早く買えるかも?

店員にテイクアウトの旨を伝える
それでも40分待ち

もう後には引けないのでそれで注文した
そうなると一枚じゃつまらないので違う具材のメニューと
一枚ずつにする

エビイカ入りのノーマルなものと牛ホルモン入りのもの
共に"うどん"でなく"そば"にしてもらった

待ってる間に弁当とも思ったが人目が気になって食べられない
こういう時ほど特急や新幹線で帰りたいと思う

ともかくこれで広島とはお別れ

駅舎の天井が浮き輪で飾られてる

IMG_2246.jpg

こういうの夏の風情があって好きだ

13:04発の電車に乗る
名古屋への到着は22時すぎだ、、、

この呉線は瀬戸内海沿いを走るので景色は最高!

P1080583.jpg

あれは安芸灘大橋だろう

こういう島々を見てると金田一耕助の舞台が頭をめぐる
あれが獄門島か?あれが悪霊島だな…なんて。笑

JR岡山駅で時間があったのでお土産にきびだんごを購入
こういうのは旅の気分向上に必要経費だ

~帰宅~

まずは若鶏むすびから

IMG_2247.jpg

IMG_2248.jpg
むさしの若鶏むすび(820円)

包紙の裏には広島駅周辺の観光名所などが手書きで書かれた
地図になってる

こちらも竜田揚げだ
同じく大ぶりで冷めてても美味い
おむすびを始めどの食材も塩加減が絶妙で美味
人気なわけが伺える

これは是非また食べたい大当たり

山賊むすびも人気だそうだが売り切れで買えなかった


次に五エ門の広島焼き

P1080587.jpg
お好み焼きスペシャル(そば)入り(1296円)

ほとんど焼きそばで値段ほどの美味さは無い
ソースは1袋付いてたがこれでは足りない

これが本場の広島焼きならそうなのだろう
麗ちゃんもこんな感じか?

P1080590.jpg
お好み焼きパワフル(そば)入り(1080円)

こちらは当たりだ
お好み焼きと牛ホルモンがこれほど相性良いとは知らなかった

ホルモンは大きめに切ってある
ニンニクのスライスが結構な量が入ってるから注意が必要

ただホルモンは4~5個しか入っておらず物足りない
これは自前で作って見ようと思った


~総括~

温泉良し尾道ラーメン良し…広島焼きは微妙
原爆ドームを観光していったファンも多かったらしいが
なぜ楽しい観光にグロを見なきゃならんのかと疑問に思う

慌ただしかったけど思い出に残る遠征だった

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

一人旅で行く大和ミュージアム&大和温泉物語

2015/8/16(日)

☆大和温泉物語

呉駅の港側出口から道路を挟んだ駅ビルの6Fが目的の
大和温泉物語

天然温泉で24時間営業とはありがたい

広島や周辺にも日帰り温泉はあるけど駅前となると調べた限り
ここしかない
駅ちか温泉は18きっぷ利用者にとって欠かせない施設だ


P1080490.jpg
エレベーター

P1080489.jpg
施設入り口


朝風呂受付(6時~8時)に間に合う
このコースは720円で入れる代わりに2時間しか滞在出来ない
岩盤浴とか寝ころび湯なんかで寝ない限り2時間あれば堪能出来る

大和ミュージアムの観覧した後だと通常料金を払わねばならないが
10時間滞在(宿泊)も出来るので利用者の都合次第だ

まず入り口脇の下駄箱に靴を入れカギを受付に渡し希望するコース
の料金を払う
クレカ払いOKなのが良い

そこから長く続く廊下の先でLED照明が床に光る
男湯(女湯)の入り口だ

ロッカーは広くIDキーを採用してる
ここの施錠以外に自販機を始め館内の支払いはこのIDを使い料金
は最後に精算するシステム

ゆえにこのキーをロッカーの中に入れて閉めるとオートロックが
働き従業員を呼び出さないと開けられないので注意が必要

2005年10月21日オープンとのこと
やはり10年経ってると所々の老朽化が目に入る

いや元は何か違う施設だったのかな?
内風呂から急な階段を上り露天風呂へ続く通路が不自然で正直
移動が面倒くさいほど

日曜日の午前9時すぎで先客は10名ほど
あまり利用者はいないのか?どの設備も悠々と使えて良かった

しかし露天風呂というかビルの屋上だが呉港が一部見渡せる他
源泉掛け流しが茶色く濁っていて天然温泉らしくお気に入り

沼津の駅ちか温泉と同様海に面してるのでお湯は潮味が有る

ただしその塩分の為か壁が一部崩壊してたりもう少しメンテが
ならんものかと思った

この手の施設に欠かせないジェットバス(エステバス)
意外にこのタイプは無くイス座りでふくらはぎにジェット水流が
直接当たってとても気持ち良い…歩き疲れに最高

意味不明だったのがアメニティでリンスインシャンプーが
あるのにリンスも置いてあるところ。笑

そのアメニティは居たり尽くせり
カミソリも歯ブラシも無料で使えた
ヘアトニックやヘアムースまである

施設として青いボディタオルを使ってる客が多かったけど
どこに置いてあるかが分からなかったので使用済みでカゴに
入っていた物を拝借した
他人が汗を流したとはいえ汚いものでもないだろう。笑

ロビーにはおみやげ等々販売されていたがスルーして施設を
後にした


☆大和ミュージアム

午前10時すぎ
駅から続く陸橋を港方面へ延々と歩き到着
途中にモール街を横断するなどパシフィコ横浜を思い出す

ミュージアムへ入る前に海が見たく隣接する桟橋へ

おお!

P1080497.jpg

湾岸には呉基地所属のヘリ空母DDH-182「いせ」が見えて感動
もっと近くで見たいと思うも仕方なくミュージアムへ戻る

P1080493.jpg
入り口

ミーズリー展とかも併設されていたが時間がないのでパスし
常設展観覧料の500円のみ払う

入ると真っ先に出迎えるのが1/10大和

P1080508.jpg

帰宅した後で気付いたがこの時間帯は思いの外「逆光!」
こんなに写真が潰れてしまってる

しかしフラッシュ撮影は館内全体で禁止なので露出を上げるなど
カメラの設定に気を使わねばなるまい

逆に日差しの反対から撮影すると良い絵が撮れた

P1080504.jpg

この角度が大和で一番お気に入りだ

第一印象は、、ああこんなものかなぁ

以前に特集された番組を観たりと予備知識があったので
あまり感動しなかった
中途半端なスケールに思う

1/1で体感出来る展示が欲しい

しかしこのスケール感を巨大に思えたのが所々に配置されてる
人間のフィギュア

P1080503.jpg

構図としてこれの有る無しは大きい


船首側の通路で無料・有料で記念撮影の出来るコーナーがあった
無料だと所有するカメラでスタッフに撮ってもらえる

是非大和と一緒に撮りたかったが家族連れやカップル等の利用者
ばかりで"ぼっち"がいない…何だか恥ずかしく口に出せなかった

P1080534.jpg
1F大和ひろば全景

奥に展示ルーム

大和の周囲をスロープで囲み2F3Fからも見渡せるようになってる

大和以外には第二次世界大戦や呉港の歴史と大和の歴史が当時
の資料なんかと一緒に展示してあった
コーナーの所々でVTRの上映会が人気

CSヒストリーチャンネルを観てる人ならお馴染みのシーンばかり
で物足りなかった

大和を除き呉という土地に着目してるあまり歴史的な感動を覚える
展示は見当たらなかった

それよりも呉で建造された戦艦等々の模型に興味津々

P1080515.jpg
戦艦「長門」

P1080520.jpg
潜水艦伊400

他にも撮りまくり

無数にあり精巧すぎてずっと見ていたい
しかし順路というものがありいつまでも立っていては他の客に
迷惑となる

日曜日のお盆最後にしては客が少ない気がした
オープンしてずいぶん経ってるのでこんなものか?
順番待ちというような状況には遭遇せず

模型の撮影も不便さは感じなかった

大和に関しても知ってる人からすれば既出な情報ばかりなので
ちょっと退屈に思うだろう

そういう中でこういう資料は好きである

P1080526.jpg
沈没した大和の現状模型

P1080527.jpg
終戦時呉港の軍艦配備状況

大和に次いで人気だったのが零式艦上戦闘機六二型の実物

P1080529.jpg

当然こちらの方が遥かにリアリティある

この後順路で2F3Fへ上がるも基本は吹き抜けで見える1/10大和が
見どころである

P1080567.jpg
3Fより

個人的には2Fのショーケースに多数展示してあった艦船模型の数々
これも呉海軍工廠で建造された艦艇を集めたものだろう

P1080550.jpg
高雄型重巡洋艦「摩耶」

P1080554.jpg
駆逐艦「雪風」

一つ一つ撮影してるのは自分だけだったのでこれも少々恥ずかしい
観客にモデラーはいないのか!…とっくに観に来てるだろうな。笑

3Fにはオープンデッキがあり海上自衛隊呉資料館と潜水艦あきしおが見渡せる
こちらにも立ち寄りたかった何分時間が無かった

ここも記念撮影スポットだったがこちらにはスタッフが居らず
ボーッと眺めていたら「撮ってもらえます?」と言い寄られ一組
撮影すると他の人からも求められて撮影するハメとなった

…ぼっちには厳しい

最後は1Fへ降りてお土産コーナー

P1080564.jpg

せっかくなので一番人気という海軍さんのカレーを海軍さんの
珈琲とセットになった袋があったので購入
(2個2個セットで1,029円)

P1080593.jpg

しかしこういう所で敷居が高いプラモを売るのはいかがなものかと
完成品だけにしておくべきに思う


帰宅後に試食

P1080596.jpg

基本的にはボンカレー辛口だけど滑らかな舌触りとコクの深さが
一段上にある
じゃがいも2欠けに牛肉が3個ほど入っておりパッケージも合わせて
400円という値段はお土産品としては妥当だ

このレベルを当時の海軍さんが食べていたのなら満足していたに
違いない

そう言えば以前レシピが公開され話題となった陸上自衛隊のカレー
チャツネやコーヒー牛乳を隠し味としており作ってみたけど…
う~ん、みたいな感じだった。笑

珈琲は少々お湯を入れすぎたとはいえ薄口
ドリップなので香りは強烈に良いけどちょっと酸味があるくらい

珈琲としては落第だけど料理のお供としてなら丁度良い味わい
だと思う
カレーやパスタに合う珈琲だ

それより裏面

P1080594.jpg

パプアニューギニア・インドネシア…激戦地からの届け物と
思うと感慨深い珈琲である


またこちら方面へ来る事があれば大和温泉物語は利用したい
大和ミュージアムは一度来ればいいかな?
こうなると特別展示が気になるなぁ、、

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

乃木坂46舞台じょしらく遠征記&二郎池袋レポ

2015/6/28(日)

まさか千秋楽が当選するとは思わなかった
半ば冗談で申し込んだのだが当たったからにはあしゅに会いに行く
しかないと交通手段を検討

安く往復するには高速バス以外に選択肢がなくJR東海バスの
片道2400円で行ける青春ドリーム号の早売21を利用する為に
発売1ヶ月前まで待機

10時になったので申し込むとHPが重く瞬殺で早売5に購入希望者の
目標が変わってる状況だったが迷ってる内にこちらの販売分も終了

難民に成り下がってしまった

ちなみに昼行は早売21の設定がなく他所の乗合バスと料金が
大して変わらない…て言うか昼行便総じて高い

そこで良さ気なクーポン無いかと楽天トラベルを覗くと10%OFF
クーポンを毎日配信していた

流石はキャンペーン商法に長けた楽天だ

当日の昼行と夜行の切符(共に値引き後3230円)を予約成立

会場の最寄り駅となる原宿に近い新宿着とラーメン二郎を食べて
帰る為に池袋発の便を選んだ

高速バスを使うのは何年ぶりだろう?以前は回数券で安く行けた
のに2013年の新高速乗合バス制度に変更されて割高になってから
検討すらしなくなった

つまり18きっぷ期間以外のイベント・コンサートは一切行かない
方針に変えた

それからその禁を初めて破る遠征でもある

それもひとえに齋藤飛鳥の魅力が自分を狂わせる。笑

出発の笹島ライブは非常に便利
バイクの無料駐輪所があるからだ

車中ではウトウトして過ごしていたが最初の休憩をした浜松SAで
気付いた
おー!ここは新東名高速道路だ!!初めて通る!!

一転観光地巡りに変わる
なにせ車窓から見る景色は初めてのものばかりである

それにしても道路が綺麗だった
東名に合流したら道路がつぎはぎなこと…これほど古いって事か、、


13:30新宿駅西口着

さてとりあえず腹ごしらえ

京王モールにあるカレーハウスへ向かう

カレーハウス11イマサのメガカレーを食べる

まだ全然時間があるのでヨドバシ北館の液晶TV売り場で潰す
各社のカタログを見比べそろそろ買い換えたいなと逸品選び
カタログコーナーを一人独占し店員の視線は気にしない。笑

結果ワンルームには東芝レグザの43J10がオススメ

HDDによるW裏録と東芝らしからぬ低消費電力
そして通常サイズのB-CASカードも良い
ちょっと前の42インチのスペースに43インチが置ける

8万割ったら買いだな

4Kはまだ高いなぁ…


などと思っていると開演1時間を切った

山手線で原宿駅下車
すると通行規制でもの凄い群衆
出るより入る方が酷い
外国人観光客もうんざりしてる様子

これほど利用者が多いのに無視して渋谷駅を建て替えるそうな、、
まぁ名古屋人の自分には関係ないや。笑

しかし駅を抜けても人の列が代々木体育館へ連なってる
歩道橋を登って判明

P1080295.jpg

田村ゆかりのコンサート。笑

道理で混んでるわけだ

ここを迂回して南側にアイア 2.5 シアタートーキョーがあった
さてブログ用にいろいろ撮影してから入場だ!

舞台「じょしらく」 チームご 千秋楽の感想

原宿駅まで長い長い道のりを歩く
帰りは上りだ、、

さすが20:00前ともなると駅は空いていた

再び山手線に乗車し池袋へ

池袋も何年ぶりで何のイベント以来だろう?
たしかサンシャイン劇場でハロプロ系の舞台以来か?
ほんと久しぶり

そしてここのラーメン二郎も久しぶりだ
なにせこれまで都内と近郊で10店舗以上回ったがここの
二郎が最初に来店した記念すべき店舗だからだ

ジロリアンに言わせると評価が低いけど個人的には合格と
言うかここの味を基準にしていたくらい

先日「ラーメン大好き小泉さん」なるドラマが開始され
二郎が取り上げられていた
その影響があるかはわからないが20:00過ぎで15人ほどの待ち客

P1080306.jpg

最後尾に並びそれから座席に着き提供されるまでの時間は30分
思ったより回転が早く出来るだけお腹のカレーを消化したかった
のだが仕方がない

P1080308.jpg
ラーメンぶた入り800円

ちなみにトッピングを聞かれて全増しで注文
他の客もやたらと全増し注文が多かったけど記憶で全体的に
薄味だったのを思い出してそうした
ああドラマでも全マシだったな。笑

でもこれがやはり正解

麺量は標準の300g程度と若干キツいけどマシにしては野菜が少ない
上にブタもちょっと少なめでウデ肉のあっさり味からあまり胃に
辛くなく完食出来た

最初に食べた時は苦しかったけど昔と量が減ってるのかも?

店を出ると同じくらいの行列が保たれていた
日曜営業で遅くまで営業してるし当然というより必然か、、

バスターミナルのあるサンシャインへ

昔とはいえ足がその経路を覚えていた
一応地図もプリントアウトしておいたが必要なし
地下通路を抜けひたすら歩く

だが昔と違う思いもある
それはここが巣鴨プリズンの跡地に建てられた事を最近知った
からだ…幽霊とか出ないのかな?

21:00を過ぎてるせいかどの店舗も閉まっていてつまらない
一番奥のエスカレーターで1Fへ上がりバスターミナル

さて糞狭い4列シートで寝て過ごす為に近くにあったサンクスで
トリスハイボールを購入した
まさかサンクスがあるとは思わずRポイントカード持って来れば
良かったと後悔、、

ゴクゴク…夜行バスは酔いつぶれるのが一番だ

定刻から30分近く遅れてバス到着
事故渋滞に捕まっていたらしい

行きには忘れてたシートベルトを着用した

仕事があるので日帰り
前日入りしていたら乃木坂映画の舞台挨拶行けたかもしれない
そこが遠征の心残りだ


次回の遠征は夏ツアーの広島を予定

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード