℃-uteコンサートツアー2010夏秋座間公演へ出発!

参戦は夜公演だが昼公演の音漏れに期待
Twitterで実況レポします
こちら
スポンサーサイト

矢島舞美らんDVD発売記念イベント遠征記

2010/8/14(土)

静岡ホビーフェア会場を後にし一路渋谷へ
一本でも乗換に失敗するとアウトという状況
横浜駅から湘南新宿ラインに乗り換える度に思い出す
ホームからハチ公口までが異様に長いのだ
ここを計算しておらず降りたらダッシュダッシュで集合時刻
ギリに着く
階段を下るとヲタが列を作っておりその先で受付をしていた
DVDの予約用紙と免許証を見せ入場番号札を貰う
IMG_0504.jpg

その内番号を呼ばれたので入店
店内の床はテープで仕切られ予め観覧場所が定められていた
後ろの方だが舞美の正面のようでもしかしたら顔が合うかも
しれないと期待
参加者は90人弱だが仕切りは110くらいまでありそう
もしかして定員割れ?それならもう一公演申し込めば良かったと
後悔
イベントの前に司会のお姉さんが諸注意
IMG_0505.jpg


定刻開演

舞美嬢登場
衣装はDANCEでバコーン!ジャケ写のドレス
白色のドレスが舞美の日焼けを引き立てる
まずは司会がらんのウラ話について質問をする

Q1.印象に残ってるセリフは?
A1.舞台上段から農民へ「これからお城へ攻め上がります」
「敵が油断してる今がチャンスです」のシーン
精一杯の大声でという指示があり印象に残ってる
他に慣れないセリフが多かったので共演者の方々に
いろいろ教えてもらった

Q2.セリフ覚えは苦労したか?
A2.台本が少しずつ出来上がったので覚えやすかった

Q3.ウラ話を一つ
A3.イタチをビンタするシーンがあったが以前寝る子はキュートで
ペットボトルで叩くシーンがあり躊躇なくやれと学んだし今回の
共演者もその方が演技し易いとアドバイスをもらえて思いっきり
出来た
やってる内に(ビンタの)良い音がするようになって力を増して
いった
自宅に帰ると親指が腫れ上がってやばいと思い次の稽古で
聞いたら「大丈夫だよ」と答えてくれた
加減は必要だと思いました(笑

Q4.新曲について
激しく弾けられる曲でABメロはメロっぽくサビは楽しく弾けてる
上司に怒られ押し付けられ嫌なことも踊って吹っ飛ばそうみたいな
エアギターもあるので嫌な事ぶつけてください

Q5.最近ぶつけたことありますか?
A5.兄に食べようと思って買っておいた食パンを食べられた
それがトラウマになって昨日夜素麺だったが朝食べようと寝たら
夢に出てきて素麺食べようと思ったら無い
朝起きて台所行って素麺が無いとか言ったら「何いってるの?」
と、、、ちゃんと残ってました(笑

Q6.この夏の思い出は?
A6.友達と花火を観に行った
最後の花火に見とれていたら初めて使う扇子を踏んで折れた

Q7.残りの夏にやりたい事は?
A7.毎年言ってることで祖母の家に行きたい

次にヲタ質問コーナーだが割愛
くだらない質問ばかり
俺は必死で手を上げるも当てられず
ちなみに質問は「勝負パンツ持ってますか?」又は
「出合君と村井君どっちが好みのタイプですか?」だった
これくらいオフレコ同然のきわどい質問をしろとヲタらに言いたい

抽選会
賞品は舞美特製本のしおり(直筆サイン入り)各回5名様
番号の書かれたカプセルを引くルール
当然当たるわけもなくイベ終了・・・と思いきやなんと!
DVD発売延期のお詫びとして帰り際に一言メッセージを伝えられる
とのサプライズ
握手タッチ禁止だが実質上の握手会だ

全く準備をしていなかったので舞美をよそに必死で思考
時期的タイミング的にこれしかないと舞美へ”とあるお願い”
これは今は言えないが今度の握手会時に連動するものなので
いずれネタバレする

イベント自体は約30分とこれまでのハロショイベと変わらず
しかし過去最高のハロショイベとなり遠征して良かったと思った
なにより欲しいDVDの購入で参加出来た事も良かった
毎回参加条件となってる2000円もするA4写真なんて全く
いらないのだ

渋谷店を出るとあとはフリータイム
まずは近所にあるタワレコ渋谷店へ
タワレコのポイントカード980P溜まっていて1000Pを超えれば
割引に使用できる
定価で買ってもよいほどの商品が名古屋のタワレコには全然
置いてない
つまりジャンルはアニメだ
しかしこの渋谷店の品揃えは予想とおり素晴らしい
無事GET出来たCDは茅原実里の「ParadiseLost」
喰霊-零-の主題歌だ
最近までBS11で再放送をしていて今更ハマってこの始末
BD-BOXも欲しいなぁと思いつつミッションを一つクリア
これでポイント使えばタワレコと縁を切ることができる
昔はハロプロと言えばタワレコで購入していた名残
今は通販が便利だし何よりSP会員御用達のbooxがある

次に最後のミッション
山手線で目黒駅まで行きそこから歩いて10分ほど所にある

「ラーメン二郎 目黒店」

久しぶりの二郎で胸がときめく
その道程でなんと愛理の通う高校を発見!!
IMG_1638.jpg


へーこんな町中にあるのか・・・STKだらけじゃねーの?
などと通り過ぎ目的の場所に到着
遠くからでも行列が出来ていたのですぐ分かる
時刻は20:10で16人の待ち
IMG_0507.jpg

さすがといった感じだ
小豚が600円と他の二郎よりリーズナブル
IMG_0512.jpg
IMG_0514.jpg

20分ほどで座れた
水はセルフサービスでちゃんとウォータークーラーになってる
3分ほど待って様子からそろそろコールの準備
事前に調べたがここの店主は声が小さくタイミングが難しいとの事
しかし先客の誰もコールしない
こうなると緊張して声が出ず多分ここというタイミングも
分かったがヤサイマシマシニンニクアブラと言えなかった
しかし出てきたラーメンがニンニクもアブラも多く入っていて
味も濃いしヤサイも適度に盛ってある
IMG_0515.jpg

まるで全マシ状態じゃないか!
これが目黒店のデフォなのか?まぁいい

調べた通りモモの崩し豚に乳化してないスープ
麺も比較的細め
知るところだと新宿だ
ちゃんと二郎の味になってるし普通に旨いのだが難を言えば
麺の量が少なすぎ
これまで食べた中で一番少ない店だろう
定価が定価だけに致し方ないが物足りなかった

これまで行った店に順位を付けるとこう

関内>三田>池袋>歌舞伎町>目黒>小滝橋

まだまだだな
次は藤沢か相模大野にターゲットを定めてる

21:00頃店を出るとまだ15人ほどの客が列を作ってる
一向に減ってない人気ぶり
最近二郎がTVで紹介される機会が多いと聞く

腹八分目で東京駅に移動
ムーンライトながらは窓側席なのでビールにジュースにと購入
いつもならこのまま帰郷だがお盆休みは明日まで
このまま旅に出てしまおうかと車内でプランを考えつつ列車は
東京駅を出発した

静岡ホビーフェア遠征記

2010/8/14(土)

いつ行くかと悩んでいたが舞美のハロショイベが渋谷で行われる
際18きっぷを使い東海道本線で移動をするので途中会場がある
東静岡駅を通る
昼間は時間に余裕があるので都合良く今日しかないと決行
始発で行けば会場への滞在時間は5時間ほど取れる
お台場ガンダムの時はイベントがつかえていて満足に観ることが
出来なかったのでリベンジだ

そう意気込むも時刻はすでに始発から3時間が経過
懲りもなくファンレターを書いていたためにこれだけの浪費
大きく遅れを取って乗車
またもや時間との戦いだ

静岡駅を過ぎると車内が慌しくなる
ファミリーらが「ガンダムはどこから観られる?」と車窓を
眺めてる
電車内からも観られると聞いていたがこの地域での認知度は高そう

東静岡駅初上陸
駅のホームからガンダムの勇姿を確認
IMG_1394.jpg


改札で早くも物販が
IMG_1395.jpg


会場は駅に隣接する形であった
これならタイムリミットぎりまでいられる

会場入口
IMG_1396.jpg


ガンダムは後回しでまずはホビーミュージアムから
お盆の土曜ということもあり激混みかと思えばそうでもない
開催してから3週間も経ってるのだからこんなものか
スムーズに券売機で入場券(大人600円)を購入し会場へ入る
IMG_1397.jpg


★最初にプラモデル50年史コーナー

木製キット 戦前~1950年代年
IMG_1399.jpg

日本最初のプラモデル 1958~1959年
IMG_1409.jpg

初期のプラモデル 1960年代初期
IMG_1411.jpg
IMG_1406.jpg

キャラクタープラモデル出現 1960年代前半
IMG_1414.jpg

スロットレーシングカーブーム 1965年頃
モーターライズモデル 1960~1970年代
IMG_1422.jpg
IMG_1423.jpg

駄菓子屋プラモ 1960~1970年代
IMG_1434.jpg

潜水艦プラモデルブーム 1960年代中期
IMG_1440.jpg

サンダーバードとオリジナルSFプラモデルブーム 1960年代後半
IMG_1445.jpg
IMG_1442.jpg

ミリタリーミニチュア登場 1960年~
IMG_1456.jpg

ミリタリープラモデルブーム 1970年代
IMG_1454.jpg

アポロブームと万博 1969~1970年
IMG_1452.jpg

帆船プラモデルの時代 1971~70年代後期
IMG_1467.jpg

ウォーターラインシリーズ 1972年~
IMG_1469.jpg

石油ショック 1973年
IMG_1473.jpg

キャラクターモデル黄金時代 1970年代中期
IMG_1482.jpg
IMG_1484.jpg
IMG_1479.jpg

スーパーカーブーム 1976~1978年
IMG_1489.jpg

宇宙戦艦ヤマトとスターウォーズブーム 1977~1979年
IMG_1493.jpg
IMG_1495.jpg

リバイバルSF/特撮プラモデルブーム 1979~80年代初期
IMG_1496.jpg

ロボットキャラクター狂奏曲 1980~1984
IMG_1501.jpg
IMG_1503.jpg

ガレージキットの登場 1980年代中期
IMG_1508.jpg
IMG_1512.jpg

レーサーミニ四駆ブーム 1980年代後期~90年代前期
IMG_1515.jpg

ホビージャンルの多様化 新しいメーカーの登場
IMG_1520.jpg
IMG_1527.jpg

★雑誌社企画コーナー
IMG_1536.jpg
IMG_1538.jpg
IMG_1540.jpg
IMG_1544.jpg
IMG_1548.jpg
IMG_1551.jpg

★模型メーカーコーナー
IMG_1560.jpg
IMG_1561.jpg
IMG_1562.jpg
IMG_1567.jpg
IMG_1581.jpg
IMG_1583.jpg
IMG_1587.jpg
IMG_1592.jpg
IMG_1593.jpg
IMG_1596.jpg

★バンダイコーナー

IMG_1599.jpg
IMG_1601.jpg
IMG_1602.jpg
IMG_1603.jpg
IMG_1604.jpg
IMG_1605.jpg
IMG_1610.jpg

★オフィシャルショップコーナー
IMG_1617.jpg
IMG_1618.jpg

★その他
IMG_1558.jpg
IMG_1578.jpg
IMG_1612.jpg
IMG_1616.jpg

以上掲載した画像のアイテムは全体の1/5くらいと一日観ていても
飽きない内容で撮影だけに一時間も費やす
タイムリミットの電車出発まで30分しかなく広大なフード
コーナーは無視してガンダムゾーンへ
IMG_1620.jpg

入り口脇にソブバンの携帯コーナー
IMG_1622.jpg

正面に物販の建物
IMG_1621.jpg

限定ガンプラは前回のがあるので悩んだけどスルー
とりあえず記念写真を撮ってくれてアルバムにしてくれるコーナー
が今回もあったので並ぼうとするもここは行列で間に合わない
しかも1000円(お台場はたしか1500円)と安く次の機会とした

丁度ガンダムのデモが始まっていたので動画撮影と数枚写真を撮る
演出はお台場と一緒だが今回のウリは夜間のライトアップなので
これも次の機会だ
IMG_1623.jpg
IMG_1629.jpg
IMG_1634.jpg
IMG_1635.jpg



妄想に浸る暇もなく会場を出る
IMG_1636.jpg


1時間半じゃ全然回れなかった
特にフードコーナーがこの手のにしては価格が安く抑えられて
いたので食い倒れがしたかった
なによりお台場とくらべて客が少なく自由なアングルで撮影
できるし全体的に待ち時間が少なく観やすいのが良い
会期は来年3月27日まであるので今度は午後から閉館までじっくり
観覧したいものだ

会場を後にし一路渋谷へ
一本でも乗り違えたら間に合わないほどスケジュールが厳しい
俺の今日という日はまだまだ終わらないのであった

Rock'n Buono!3千秋楽名古屋公演レポート

2010/8/17(火)

今日は東京で舞美の朗読イベントがある
しかし千秋楽になにかサプライスがあるかもしれないという
期待と地元公演ということもあり華麗に黙殺!
俺はボーノヲタと呼ばれるにはほど遠い超ライトヲタだが
楽曲面に限定すれば℃-uteより遥かに好きなグループなのだ
今回もファミ席ということで重役出勤
開演15分前にZepp名古屋着
IMG_0517.jpg
IMG_0518.jpg

横浜ではグッズがあれこれ完売して不満が出ていたと聞くがDマガ
とか普通に売ってる
新グッズもピンクTシャツ以外は終了無い模様
サインポスは中でやっていたが一番当選率が良いだろうと
推測される公演後に焦点を当てる
IMG_0519.jpg


入場の際に貰える配布物の中にSCANDALの2ndアルバム広告が!
これ思いっきりボーノのライバルなのだがw

ペットボトルはバヤリースオレンジを選択
日頃飲まないものこそこういう機会に頼むのだ

なぜ平日にわざわざ名古屋まで来てやるのかという疑問が残るも
千秋楽に違いなく開演前からヲタの熱気が伝わる
IMG_0521.jpg

2F席はほとんど埋まっていたが1Fスタンディングは目視じゃ
算出出来ないので総入場者数は不明(1000名未満との話も)

定刻公演スタート

SL 注:※は個人的感想

01 Caf Buono!
02 ロッタラロッタラ
MC
愛理「皆さんが孫の代まで語り継ぎたくなるようなライブに
したい」

※ほとんどのヲタが生涯独身の道を歩むのにキツイな愛理w

愛理「Rock'n Buono初の名古屋上陸。千秋楽パワー全開で頑張る」

03 こころのたまご
04 Kiss!Kiss!Kiss!
05 I NEED YOU

※あぁ、、俺の消失点orz

MC

桃子「今日で千秋楽なので次のライブでは一曲目何が良い?」
愛理「(桃子<ロックの神様)それ言おうと思ってたぁ」
雅「(シルエットから)紙を破って楽器を持って登場みたいな」
桃子「わたしドラム担ぐの?愛理はどうしたい?」
愛理「いつかみんなで何か(楽器で)一曲弾けるようになりたい」
桃子雅「・・・」

※どうも楽器がやりたいのは愛理だけの様子
その愛理はギターをちょっとずつ練習してるようでGコードは
弾けると照れつつ自慢
やはり愛理の求めるモノはBuono!というグループでの実現は難しく
ソロデビューが現実味を増してきたやり取りだった

06 うらはら(ショート)

※岩里祐穂の詞はバラードでこそ真価を発揮すると思う
そういう一曲だがショートサイズとは寂しい

07 Last Forever(ショート)

※その岩里と甲乙つけ難い川上夏季
とにかくどれもこれも心が落ち着く又は泣ける
ボーノを守護する双璧だ

08 Our Songs(ショート)
MC(客煽り)
09 MY BOY

※そして今やボーノの顔となってる三浦徳子
つんくよろしく説教臭い詞ばかりで好きになれない
それでもつんくよりは遥かにマシなので妥協か
三者三様が拝めるSLの流れだ

VTR Buono!の夏休み(卓球勝負)

※アミューズメントセンターで桃子シードの卓球トーナメント戦
この他にダーツとゴーカートの対決VTRを公演ごとループしてる
ようだがゴーカートの愛理が見てみたかった
卓球は℃-uteで二度もやってるからな

バンド登場
10 One Way = My Way

※雅が2F左サイドブロックに登場して歌う
これが良い
目線が同じ高さでしかも近いからある種最前より迫力ある
もう一点迫力と言えばすぐに気付いたがドラムの音が素晴らしい
以前のツアーも何度か足を運んでいるがそう感じたのは今回が初
とにかく叩きつける感じが力強くそしてスピードもある
それがそのまま音に乗ってるのだ

11 カタオモイ。
12 Independent Girl~独立女子であるために
MC(Dolce紹介Gt:潤子さん B:なおみちさん(復帰) Key:ejiさん Dr:舞さん(新))

※へ~ドラムはニューフェイスだったのか
俺の耳も大したものだとなんだか嬉しい

13 ホントのじぶん

※愛理の歌にブレを感じた
歌詞忘れたか?

14 君がいれば

※本ツアーのウリとなってる曲
3人で何度も練習したハモリを披露
ただそんなにレベルは高くない

15 Blue-Sky-Blue

※曲前スポットライトがすべてブルーになってこの曲だと
すぐに悟った
3rdアルバムで一番好きな曲
そして愛理の歌唱力なくして成立しない高音の難しい曲だ
叙情的な詞が泣ける

MC(客煽り)
16 恋愛 ライダー
17 ワープ!
18 Bravo☆Bravo


8/21ボーノお披露目3周年&8/25雅誕生日記念
ハッピーバースデー全員合唱

※事実上スタッフ主催の生誕祭
サプライズというより雅も含めてリハやっていた模様
完全に意表を突かれたのはヲタだろう
アンコールは雅コールでなくボーノコール
決定的なのは雅のカラーである赤サイリウムが圧倒的に不足してた
なにせほとんどが愛理の緑サイで誰も特別準備してなかった様子

特に雅からコメントもなくアンコール開始

19 We are Buono! Buono!のテーマ
20 MIRACLE HAPPY LOVE SONG

※初めて聞く
OurSongsを買ってないから当然だ
ヲタ評判高いそうだがまぁ普通だな

MC
雅「クラッカーが初めて鳴らず失敗してくやしい」
桃子「予備が無いのでごめんなさい」
雅「代わりに・・・」
赤サイを取り出し
雅「みやビーム!」
とサイと照明効果で会場中を照らす

※これ有名なのか?ほとんど現場に行かないので分からん

桃子「君がいればのハモリが難しくて愛理に聞くと余裕の反応」
愛理(笑
桃子「雅はメインパートだからわたしだけ不安だったがみんな
練習に付き合ってくれて成長出来た」
桃子「これからもRock'n Buono!を続けます!」

注:MCが長くうる覚えなので要約

21 You're My Friend

VTR Rock'n Buono!3リハーサルメイキング
(BGM:ロックの神様インスト)

※メンバーは出て来ず仕方がないのでヲタだけで合唱w

公演時間約120分


Wアンコールが期待されたが残念
しかし俺はRock'n Buono!を従来のコンサートでなく
ファン感謝イベントの延長と捉えてる
おそらく主催者もそう考えてるのではないか?
全体の演出が地味だしOP映像が無いのはそれが理由だと思う
それとやはり新曲の無いのが痛い
それがリバイバル公演の印象を深めてる理由だ
最後愛理と桃子が涙ぐんでたとレポを見たが未確認

あとは消失点を歌った横浜2日目昼公演がBD発売されることを
願うのみ
ちなみに今期からハロプロ関連のコンサート・ライブイベントの
DVDは一切買わないことにした
BD版でしか買わないので関係者はよろしく

最後の大仕事ということでサインポスターに挑戦
この日の為に買わずにおいたのだ
公演後ということで在庫を捌ける為に当たり連続出ると思ったのに
実に厳しい
しばらく観察してたが大体1/5の確率くらいだ
つまりまず外れるがここは腹くくって運試しと4200円
(amazonなら3200円)を出して挑戦・・・・見事に完敗

こんな高額商品でボッタクるなよポニキャンの糞ども!!
IMG_0522.jpg


やはりボーノは自宅で星空を眺めながら聞いてるのが一番だ

アニメイトで天使の激辛麻婆豆腐の素を買い食す

2010/08/05(木)

AngelBeats!の劇中に登場した学食の激辛麻婆豆腐が出ると言う
アニメイトの店頭告知によると名古屋で一般人が入手出来るは
今日5日ということだったので猛暑の中自宅を出る
午後2時到着
まさか売り切れはないだろうと2Fのグッズ売り場へ
先月から2F入り口正面に専用コーナーが設置されていたので
そこに並んでるだろうと階段を上がると予想通りお出迎え
IMG_0489.jpg

前回来た時はABの1500円Tシャツ購入が目的だった
するとABフェアが行われており1000円以上お買い上げごとにABの
クリアカードが貰えるとの事
他に欲しいグッズがなかったのでその時はスルーして今回の
麻婆豆腐に標準を合わせたのだ
IMG_0490.jpg

しかしそのTシャツが見当たらない・・・どうやら売り切れの模様
仕方がなく麻婆豆腐を2個買い1000円以上とすることにした
会計をすると1364円が請求された
え?一個600円くらいなら1300円も超えないだろうだとレシートを見ると一個682円(定価は683円)もした
ちょっと待てよ。これなら3個買えば2000円超えてクリアカード
2枚貰えるじゃん

店員に言おうか・・・あと一個追加と・・・
決断に迷ってる内に店員が見本を差し出し「どの柄にしますか?」

と尋ねられた
まぁいいや15日までやってるからTシャツ再入荷した時にでもGET
しようと天使の一枚を選ぶ
ゆりには興味ないので俺的にはあと一枚でコンプなのだ
IMG_1365.jpg


帰宅し早速調理
その前に撮影

表面
IMG_1354.jpg

裏面
IMG_1355.jpg

左側面
IMG_1356.jpg

右側面
IMG_1358.jpg

上下面共通
IMG_1357.jpg

中身はレトルトパックが2個
1パック180gの2袋入りだ
IMG_1360.jpg

そしておまけの食券風カード
IMG_1361.jpg


とろみ粉が無いタイプは珍しい
理研のマボちゃん
丸美屋の大人の中華シリーズ
地元ならバローの麻婆豆腐の素
くらいしか知らない

一体どこと提携して開発したのだろう

作り方はフライパンに素と豆腐を入れて煮こむだけ
この調理方法ならフライパンを使うまでもない
そんなわけで鍋で調理
IMG_1363.jpg


すごい真っ赤だ
なんだかミートソースのよう

豆腐を投入
IMG_1364.jpg


一般的にはサイの目に切るのだが口に入れれば同じこと
鍋の中レンゲで潰してこそ男の料理

完成
IMG_1367.jpg


いただきます、、、おー!辛い
基本的には豆板醤を効かせた四川風麻婆豆腐
これまで食べた中では一番辛いが激辛にはほど遠い
辛党の俺は本来なら病みつきになってる・・・のだが
味はイマイチ
原因は原材料のトマトケチャップ
醤油よりもケチャップの味が強くまさに辛口ミートソースを
食べてる感じ

天使ちゃんは本当のこれが好きなのだろうか?好きなんだろうな
でも奏よ・・・これ違う食べ物だぞw

しかし麻婆豆腐の素の真価はひき肉とネギを追加して決まる
肉の脂とネギの香味が交じると味が変化しより高みへ登るのだ
これ原料見ると肉類一切入ってないね

683円の内訳はこんなとこか
麻婆豆腐の素(x2)300円
カード100円
外箱282円

う~んアイドルグッズに慣れてるとは言えさすがにボッタクリだ
アニヲタ陣営も大変ですな
プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード