KFCとりの日限定旨塩チキンSPパックが凄い

2012/05/28(月)

毎月28日は当日限定のとりの日パックが安いので
最寄りのケンタへ今月も買いに行く
店頭でいつもチェックするのは稀に店舗限定で
BOXポテト300円があるのでそれの有無

しかしあいにく無かったが代わりに大きく
謳ってるPOPが目についた…なんと!
オリジナルチキン(以下オリチキ)4Pとクリスピー3Pセットの
とりの日のパックにパリパリ旨塩チキンVer.があるではないか!

004_20120528213044.jpg

しかも従来の旨塩チキンでなく"ちょいデカ"との文字
950円の値段は変わらないが旨塩の単価が高いのでオリチキの
パックより160円もお得と来てる
これは買わずにいられないので購入
(どうやら店舗限定でなく全国的に行ってる告知のない
キャンペーンだった模様)

ちなみに月末から始まるオリチキより美味いレッドホットチキンの
クーポンも貰えた

早速帰宅して開封すると大変驚いた
4Pとも部位がサイである

005_20120528213043.jpg


サイは一番肉が多く付いてるので大当たりの人気部位
しかもただのサイじゃない
写真ではわかりにくいかもしれないが通常より2~3まわり
大きいサイが所狭しと4つも入ってるのだ

旨塩チキン自体が始めてなのでどんな味なのか試食?

大ぶりだが臭みが無くこのボリュームでも美味しく食べられた
個人的には塩味が薄目だけどパリパリの皮と白飯がよく合う
2個食べた時点でお腹がいっぱい
当然クリスピーには全く手が出ないほどの満足感

ただやっぱり味に飽きる
塩メインの味付けだけでは鶏肉自体の味に相当奥行きがないと
飽きるのは当然だ
これがオリチキだったらと願うのは贅沢かな

それを差し引いても「ケンタやれば出来るじゃん」


それしてもマックといいここ最近のチキンブームはいったい?
市場に在庫が余りまくってるので安く調達出来ると推察される
巷の噂ではタイの洪水で被害に遭った養鶏場が復旧して
一気に来たとか、、
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

レトルトカレー LEE30倍 2012年版試食

2012/05/24(木)

5月22日発売された2012年版
やはり今年もマックスバリュは入荷が早い
@248円と妥協出来る価格も去年と同じだ

007_20120526162530.jpg

さて今回の黄金唐辛子
なんかコラボ系ポテトチップスで聞いたような
あれはラー油だっけ?
まぁ大層な名前だけど果たしてどれくらい辛いのか、、、

まずは材料の変化
2011年版からヤシ油が無くなった
代わりに辛さ増強ソースに香辛料抽出物が加わる
内容量は変わらず
気になった点は成分表示
たんぱく質が減り脂質が増えてる
単純に考えれば肉が減ってその分ルウが増えてる事になる
ナトリウムも増えてるから間違い無いだろう

少なくともパッケージの写真の牛肉は詐欺臭い


もちろん増強ソースをかけ45倍にして出来上がり

002_20120524184816.jpg


さて試食…

知りうる限りこのシリーズで一番辛くない
汗一つかかず水も飲まずに完食出来る
だけど水…というか牛乳が欠かせない状況
辛くはないのに喉の奥がチクチクして苦しいのだ
強炭酸のジュースを一気飲みした感じ
ハバネロは唇がそういう状況になるがこれは逆
唇や舌はなんてことない
しかし喉奥の粘膜が弱い為か最初の一口の
チクチクが完食するまで消えない

30倍としての味はそれほど変化を感じない
現行20倍の延長である
しかし問題は増強ソース
この辛さとは隔離した刺激がルウを味わう暇を
与えないのだ
実に苦手なカレーのタイプ
カレーに一味唐辛子をかけても辛さが浮いてしまう
黄金唐辛子もそんなところだ

牛肉は予想通りかなり小粒になり減っている
色付きが薄目なことからもルーのマイルドさが伺える


※総括※
辛いとは即ち熱さであり痛さではないのだと
改めて思った2012年版だった

2011年版は多少不満がありつつも一夏で30箱食べた
今回は何とも言えない
唐辛子はジョロキュアに戻して出来れば2008年版を
復刻させて欲しいものだ

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

ガンダムUC ep5 ミッドランドスクエアシネマ鑑賞感想

2012/05/19(土)

今回で5回目
これまでとチケット販売開始時間が深夜から午前に変わり
うっかり出遅れ2回目上映の糞席しか取れなかった
こちらとしては鑑賞ついでにBDとパンフが買えれば良いのだが

2回目上映30分前の11:00に到着
早速整理券を貰うと13:00受け取り指定
もうすぐ1000番台だがまだまだ余裕がある感じだった
当然今回もプラモは完売していた

上映開始

予告
そういえばヤマト2199もやってるのだ
しかしリメイクゆえ金出して観るのに勿体なさを感じる
TVでやらないのか?
スパイダーマンもリメイクのリメイクだけどもういいかな
という感じだ

本編(※これまで同様原作未読)

やはりこれまでのあらすじを丁寧に解説
しかし最近アニマックスでやたらと放送したのを
観ていたのでもうお腹いっぱい
ep5は冒頭映像も観ていたのでその先から本番だ

ベルトーチカとカイがオリジナル声優に感激
ブライトのセリフが多い為か聴いてる内に違和感なくなった
元々似ていたしキャスティングが良かった

アクンシャがハエのように落ちてゆく
アッシマーの後継機でも旧式なのか?整備性と生産性の向上が
図られた機体との設定だがデザインが相反してる
バーザムもそんなだったし伝統なのだろうか、、、

ユニコーンはパイロットとコックピット周辺が残って
いれば良いと攻撃を受けるがバンシィ本気出しすぎw
組み合ってのパワー対決は燃えた
バンシィのデストロイモードに対して制御しノーマル状態で
同等のジェネレーターパワーを引き出してるユニコーンが
格好良い

逆襲のシャアのラストシーンがアクシズショックと
名称されていたのは興味深い
アナハイムで原因の解析がちゃんとされていたのだなと

落下するミネバを救出した後のコックピット内で
マリーダ奪還に「はい」と返事するミネバのデレが可愛い

格好良いデルタプラスがバンシィにレイプされ
一気にへっぽこMSへ降格してしまった
バンダイはあれでいいのか?プラモの売れ行きが心配
しかしガンダムと認識され半壊しリディにとっては
迷惑な話だ

デザーケーブルを繋ぐシーンが興奮するけど
バナージに加勢するオカルトパワーがダグザと
ギルボアって可哀想
富野ガンダムだったら女性キャラでいっぱいに
囲まれていただろうにw

ネオジオンの救援はよいとしてローゼン・ズールの
チート武器には萎える
2つのインコムを同時にあそこまで正確な射撃を
するには強化人間以上じゃなきゃ無理だろと
突っ込みたい

以上

全体を通してはジンネマン・マリーダ・リディに
死亡フラグが立ちまくりで緊張の連続だった
5話目にしてユニコーンが格好良い事に気付く
UCシリーズのMGは一つも手を出してなかったが
買ってしまいそうだ
そう思った理由は演出もさることながらメカ作画が
良かったようにも思える
戦闘シーンが少なめの余裕だろうか?

このシリーズは1,3,5話と面白く2,4話がつまらない
法則でいうなら次のep6は…果たして

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

超合金魂ダイオージャを購入した

2012/05/12(土)


002_20120512195343.jpg


優れた超合金魂とは?

1.変形・合体プロセスが原作に極力忠実であること
2.取り扱いにストレスを感じさせないこと

ダルタニアス・ゴッドシグマと傑作が続いたので
ダイオージャに過大な期待をしてしまったかも
しれない

プロポーションを維持して且つアニメと同じ合体プロセスで
マニュアル見ずとも直感で変形合体出来る
大変素晴らしい出来栄えだがやはり不満な点もある

1.ダイオージャの自立が困難
合体後背中に位置するエースレッダーの下半身が
重すぎる
プロポーション重視で取り外す事も出来るがそれは
本末転倒
下半身全てが余剰パーツなんてあってはならない
ライディーンの翼を外すのとは大きく意味が異なる

ただここは開発スタッフも重々承知していたようだ
何故ならばこの下半身オールプラパーツで軽量化されてる
ゆえにエースレッダーだけプラデラに見えてしまうのが
残念であり懐かしくもある

2.合体後のパーツが外れやすい
まずエースレッダーとアオイダーの接合部分にロックが無い
ただ被さっているだけ
胸の盾も外れやすい
上半身を持つ時に注意が必要となる

ダイオージャの膝パーツも変形の都合前倒しやすい
(これはディテールパーツで固定出来る)


それと注意したいのはダイオージャのオフィシャル画像は
ディテールパーツ取り付け後の状態である
特に膝下からかかとまでそのパーツで覆われてる状態で
素だと足が細くて少々頼りない
他に肩と肩パッドもディテールパーツだ
ちなみに珍しく手のひらは差し替え無し
でもディテールに問題ない

クロスエイダーも付属して欲しかったが
売れ行きによっては単品&セット販売もありえる

それとDX超合金風の中ジャケが無い
これは何故かと開発スタッフに問い詰めたいところだ

総評

俺にとっては差し引きゼロ評価
パーツが外れる事によるストレスに人一倍抵抗があるからだ
ザブングルなんて酷い出来だった
しかし元が少々無理ある設定なのでここまで美しく仕上げたのは
称賛に値するだろう
ダイオージャの商品化が出来た事により今後殆どの
合体・変形系ロボットの商品化に技術的支障ないのでは?

今後の俺的超合金魂商品化希望ベスト3

1位SDF-1マクロス(TV版)
2位トライダーG7
3位ダイラガーXV





追記2014/2/23
トライダーG7超合金魂化おめでとう
記事を見るに素晴らしい出来栄えと思えるが27000円とシャトル付き
とはいえあまりにも高すぎるので悩みどころ

結局ダイオージャは売ってしまった
やはりディテールアップパーツ前提のプロポーションが気に入らない
ダイターン3も不満が多く売った
イデオンは不満無いけど元々ジムそっくりのロボットに思い入れが
無いのでやはり売ってしまった
結局残ってるサンライズロボットはザンボット3だけだ

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

初めてのコリドラスパンダの繁殖

2012/01/26(木)~2012/04/29(日)

雌2匹に雄1匹の組み合わせがトリリネに続けとばかりに繁殖活動

004_20120511184147.jpg

回収前に育成方法を再検討
トリリネは12㍑の予備水槽で育てたが電気代も結構かかるので
水槽内で稚魚の飼育が可能なスドーの「新・産卵飼育ネットS」
を購入(340円)
ネットで囲われてるのでスリットから稚魚が落ちる心配無し
これで全長2cm以上に成長したら戻す計画

2/9(木)に設置

004 (2)

この間週一くらいで産卵を繰り返した
トリリネと違ってガラス面に産み付けてくれるので回収が楽

002_20120511184149.jpg

…かと思いきや産み付けるそばからネオンテトラが食卵
産んでは食われてのくり返し
かといって直ぐに回収しようにも産卵直後は柔らかすぎて
潰してしまう

そこで稀にウイローモスにも産卵するのを逃さす見届ける
ここの卵は捕食されないので頃合いを見て2個回収

2/13(月)最初の孵化

その後は二週間に一度くらいの割合で産卵するので
落ちた分だけ補充…というか落ちやすい
孵化までは順調だが数日で☆になる個体が多い
飼育ケースが狭すぎるのか?
数週間経つとネットが苔まみれで落とせない
残ったエサも網目に詰ってゆく
とても衛生的によくない環境である

001_20120511184150.jpg

そんな中でも最初の1匹と3順目の1匹が生き残る
しかしトリリネの孵化から本水槽へ戻した1ヶ月半と比べて
同じ期間でその半分の大きさと成長があまりにも遅すぎる

ここらで新・産卵飼育ネットSの使用を断念
4/1(日)トリリネと同じく予備水槽を立ち上げた
新たに産卵したのでその兼ね合いもある
このタイミングで2個追加し無事孵化
予備水槽では計4匹の飼育
020_20120511184222.jpg

結局ここまで計11個の卵を回収し残ったのは4匹
無論11匹も飼育は出来ないし正直4匹も多いくらい
しかしトリリネの時に本水槽へ戻して間もなく1匹☆に
なったことを考えるとこれくらいの保険が丁度良いだろう

そして最初の孵化から約2ヶ月半が経過した
ネット期の2匹は十分な大きさになりコリタブもOK
予備水槽期の2匹は一ヶ月しか経過しておらずまだ小さい
しかし大丈夫だろう

そう思った理由はなんと本水槽内で1匹の生存を確認したからだ
これまで何十個と産卵し直後に食われ生まれても(恐らく)直ぐに
食われ稚魚用のエサなど与えていない熾烈な環境の中生き延びたのは
奇跡に近いかもしれない
それで1cmほどのちびコリに成長したのだからそれより一回り
大きい2匹は全然問題だろうと判断した次第
それとやはり飼育ネットより成長が早い

003_20120511184148.jpg

4/29(日)に本水槽へ放流を決める

その前に底砂の清掃をしている時に気付く
その奇跡的に生き延びた1匹が★になっていた
2日前までは元気だったのに何という運命のめぐり合わせだ
野生に育ったちびコリと手厚い?保護を受けたちびコリとのご対面で
どのようなドラマが生まれるのか楽しみにしていたのだが、、、

気を改めて本水槽へ放流
今回も水合わせ無し
ギリまで飼育水を捨ててから予備水槽ごと生体を流し込む

006_20120511184146.jpg

フィルターの違い以外は全く同じ水作りをしているので
今回も大丈夫のはず(前回1匹落ちたけど)

底砂と水草に囲まれた未知の空間へ解き放たれどんな思いで
この光景を眺めているのだろうか

飼育ネット期に誕生した2匹

027_20120511184221.jpg

予備水槽期に誕生した2匹と奥に見えるのは母親

029_20120511184220.jpg


本日5/11(金)

12日経ったが4匹とも落ちずに適応してる
むしろトリリネより元気
小さい2匹のためにフレークを多めにやっている
コリの残したエサも最後はエビが片付けてくれる

パンダは弱いと言うのは都市伝説ではなかろうか?
逆にトトリネの一匹(雄)が調子を崩してるので
観察が必要な状況だ

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード