ミスタードーナツ半額セールの全15種を買った

2012/09/28(金)

26日から5日間限定で始まったこのセール
日曜日頃台風が来るのでコロッケ代わりに利用しようと
考えていたか開始2日間で長蛇の列や臨時休店などの
報告を耳にし土日は危ないと考えて今日にした次第

040_20120928194038.jpg

スムーズに買うには店舗の選択が肝要
避けるべきケースを挙げてみる

1.ショッピングセンター内
※客が多く又店舗が比較的小さい
2.繁華街
3.駅前
4.駐車場有り

これら条件を排除した結果名古屋市内の最寄りで
ある店舗が浮上した
今後の事もあるのでどこかは秘密だw

朝から営業してるが少々遅れ10時すぎに到着

店外に5名ほどの待ち列
中にも5名ほどなので大した事はなかった

041.jpg

10分くらい待って無事購入

044.jpg

「ポイントカードはお持ちですか?」の問いが
「Pontaカードはお持ちですか?」と聞き違えて
GEOの会員証を出し恥をかいてしまった…

15種が並んで陳列してあったから取りやすかった
大人買いしてるのは俺だけでまわりは4~5個と
半額には惑わされないセレブ気取りだらけだった

嬉しい事に今月いっぱいまで有効だったコカコーラ等に
付いていた指定ドーナツ1個無料引換券の有効期限が
10/15(月)まで延長とのPOP

046.jpg

半額で使うのは損だから「ありがとう」と喜びたい

他にも買い物してから帰宅

048_20120928194035.jpg

箱には最大11個まで入るようで残り4個は紙袋だった
さてこのドーナツどうしたものか?

3個で約1000kcal…15個で5000kcalと成人男性2日分の
カロリー摂取となる
多少は日持ちするだろうから日曜日にかけて紅茶片手に
摘んでいこうと思うがその前に、、、

今日28日はケンタのとりの日パックが売られる日
月に一回の楽しみなので避けては通れないのだw

049_20120928194034.jpg

とりあえず熱い内に食べるしかない

051_20120928194059.jpg

半額ドーナツ全15種929円也
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

GEX製外部フィルターにディフューザーを付けた

2012/09/18(火)

初めての夏場
エアレーション使用による飛沫汚れに悩んでいた
この頑固な汚れ自体は酸性クリーナーで簡単に落とせるが
キリがなくて面倒くさい
飛沫防止グッズも売られてるが少々高額なので
他の方法は無いかと調べる内にディフューザーという
グッズに辿り着く
フィルターからの排水とエアレーションを同時に
やってくれる器具だ

泡が微細なので飛沫が殆ど無く又別途ポンプを
必要としないのでポンプの寿命や電気代を節約出来ると
良いこと尽くめ!
問題はこれがエーハイム用の商品であること

でもまぁ何とかなるだろうとポチる

020_20120918165201.jpg

022_20120918165201.jpg
780円(チャーム価格)

規格上ホースのサイズが合うのでそのまま導入出来る…
はずだけどホースの長さが20cmは足りない事は分かっていた

ちなみに正しい使用方法は排水ホース(内径12/外径16mm)に
ディフューザーを直付けするだけなのだが一般的にそれでは
水流が強すぎるので手前のホースに穴を開けて水流を
弱めて使ってる人が多いようだ

ならばホースの購入は棚上げして既設のシャワーパイプの
先に取り付けられないだろうか?と考えた次第

ホースに接続するジョイントを外した状態で差し込めば
上手く行ける気がしたのだがシャワーパイプの口径が
少し小さい為水流の勢いで隙間が出来て水が多く
隙間から漏れる
接合部分に防水テープでも巻きつけ固定すれば良いが
それだとディフューザーの掃除がし辛くなるので
加工はしたくない

苦肉の策として排水パイプを水槽の壁面に押し付けた
状態でディフューザーをキスゴムで固定
隙間の水漏れは若干に押さえ込んだ

002_20120918165203.jpg

つまりはこうしないと逆に水流が
弱すぎて空気が取り込まれないのだ(と思う)

適度に泡が出ている事を確認して一応完成

007_20120918165202.jpg

次に通販の機会があればホース1mとエルボコネクターを
購入し正しい使用法に変えるかもしれない
でもホースバンドが高いのだよなぁ、、、


追記 2013/02/05

結局フレキシブル排水口を付けた後に接合部分へ
防水ビニールテープを巻いて固定した
横から漏れる事もなく勢い良く気泡が出るようになった

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ドミノピザを273円で食べる裏ワザを試す

2012/09/16(日)

ネットで話題となっていたこと
運良く対象店だったこと

以上により注文してみる事にした

この対象店とはこの裏ワザの要である1000円OFFクーポンを
配信してる事だがこのクーポンは11/18の期限まで何度でも
使える神クーポンでもある

対象店

このクーポンを使い273円にするには条件がある
それはプレーンピザとアメリカン・スペシャルを
Mサイズのハーフ&ハーフで注文すると発動する

プレーンピザ単品でいいじゃんと思うかもしれないが
それだとこのクーポンが有効にならない
つまり最安値のプレーンピザと2番目に安い
アメリカン・スペシャルを組み合わせる事によりこの
裏ワザが実現するのだ

プレーンピザM 1100円
アメリカン・スペシャルM 1,580円

ハーフ&ハーフ→ 1,340円

ネット注文5%割引→1,273円

1000円OFFクーポン適用→273円

001_20120916212523.jpg

Mサイズの宅配ピザが273円で食べられるというわけだ

無論単品でも別のハーフ&ハーフも1000円OFFされる事に
変わりはない
大事なことはハーフ&ハーフの片方をプレーンピザにすれば
格安になるという部分が裏ワザである

受け取る時に申し訳ないと配達員に気を使ってしまう
赤字にならないのだろうか?

003_20120916212522.jpg

しかしやはりというかプレーンの方が物足りない
そこでスーパーにて98円で売ってるカルパスを
乗せてみる
カルパス(又はサラミorペパロニ)は軽く炙ると美味いそうだが
ちょっと目を離した隙に焦げてしまった

004_20120916212521.jpg

味はまぁまぁだけどチーズに溶け込まないので
ピザとしての一体感がない

次の機会に試したシーチキンはなかなか良かった

001_20120918165204.jpg

そこでトッピングの一つくらい追加しようと
プレーン+ポテトで注文したみた

価格は372円

これに冷蔵庫からマヨネーズを取り出しかける
マヨじゃがの完成だw

008_20120916212520.jpg

これが美味い!ボリュームもあるこの組み合わせが
ベストだろう

ただしこれだけは気をつけよう

瞬く間に太りましたorz

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

トップバリュの冷凍ペスカトーレ スパゲッティが美味い

2012/09/08(土)

ペスカトーレと言えば市販のソースだと
高級な部類に入り滅多に手が出ない物

それがパスタと具入りソースが一つになった
いわゆる冷凍パスタがトップバリュに売られて
いて物珍しさに購入

小売価格も148円と破格だ

003_20120908194738.jpg

袋のままレンジ調理
実は冷凍パスタ自体初めて食べる気がする
量を食べるのでコスパが悪いからだ

ともかく試食

002_20120908194736.jpg


具は揚げナスが二切れ、イカが三切れ、ムキアサリが3個、
ムキエビが1個
多分中国産で避けたいところだがこの手のには大粒だと思う
バランス良く入っていて中でも揚げナスが苦味もなく
普段食べる機会も無いので久しぶりの食感を楽しむ

そして肝心のソースだがこれが絶品
トマトソースと感じさせないなめらかで濃厚な味わい
魚介の風味がしっかり付いていて安っぽさがない
思わず食べ終えた皿を舐めてしまった

家庭で作るのは材料費がかかるしお手軽に本格的な
ペスカトーレを味わえる
2人前でも300円と男性でも満足出来るだろう

ていうかこの内容で採算取れるのかこれ?

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Core i7-3770を使って7代目となる自作PCを組む

2012/08/24(金)

きっかけはアニマックスのまどか☆マギカ全話放送
GWに放送したものを録画したのだがファイルサイズが
なんと40GBもあった

これを高画質で半分以下に抑える為にありとあらゆる
エンコードソフトを試したけどPCが途中で固まったり
音ズレや再生不可等どれも完走しなかった
唯一例外がペガシスの「TMPGEnc Video Mastering Works 5」

元々TSファイルに強いと評判だったが完璧に仕事を
してくれた
使用期限付きの体験版ゆえにまだまだエンコ待ちの
ファイルが残ってるのでいっそ製品版を購入しようと決める

せっかくだからこのソフトの性能を最大限発揮させようと
PCの構成変更も決める

そう7代目自作PCを組み上げる事にしたのだ

6代目から2年半が経ちそろそろと考えていたのもある

6代目の制作記事

パーツチョイスだが変更はCPU、マザー、SSDの3点
長らくAMD信者だったがもう完全に落ち目なのでインテルにする
高速且つ省電力が基本でOCはしない
グラボは内蔵で現在より多少でも性能を上げたい
毎回そうだが筺体がMATXなので限定的になってしまう

となると選択肢はほとんど無くすんなり決まる

まずCPUはCore i7-3770だ

i5と悩んだがソフトエンコにHTは効果的
かなりの予算オーバーなのでマザーはH77で
日本語マニュアル付きで最安値のモノ
KナンバーでないからZ77は無用の長物

そうなるとP8H77-M LEがベスト

ASUSはマザーで一番人気のメーカーだ
これまでGIGABYTEが好きで選び続けてきたが心機一転も良い
サウンドは外付けUSBタイプを使用してるので
バックパネルが貧相なエントリーモデルで十分

SSDは価格コムで一番の売れ筋だったこれにした

インテル330シリーズ128GB

クリーンインストールする事だしSSDの性能は日進月歩なので
良い機会だ

075.jpg

早速組付け

マザーがSATA3GからSATA6G対応になったのでSSDと
HDDの性能が100%発揮出来る

メモリは8GBあるので再利用
ワンランク上の規格が使えるけど体感差は無いらしい

マザーにCPUとメモリを取り付け電源周りと最低限接続し
パワースイッチON!

噂のEFI BIOSがグラフィカルでカッコイイ
ほんと大革命だよな

001_20120906175446.jpg
(追加画像)

設定で弄ったのはSATAをIDEからAHCIに変更し
内蔵サウンドボードをOFFにしたくらい

残りを組み付け完成

004_20120905194555.jpg

GPUのIntel HD Graphics 4000を使うのでこれまで使ってた
Radeonのローエンドグラボを外したがPCIカバーを無くしていたので
背面に穴が空いてしまう
そこでパーツでないかとアマゾンで物色したらイカすアイテム発見

002_20120905194557.jpg

メッシュ状になっていて排熱に効果がありそう

空きの2箇所に取り付け
クールだぜ

006_20120905194554.jpg




OSと各ドライバをインストールし一応7代目自作PC完成

004_20120906175445.jpg

エクスペリエンスインデックスとDX11対応ベンチで新旧比較



062_20120905194553.jpg

074.jpg



078.jpg

008_20120905194553.jpg


おお!Heaven Benchmarkのスコアが倍増してる
投資金額には見合うかは微妙だが満足だ

おお!常用してる休止状態からの起動が10秒弱だぜ
やっぱり大満足

この後はwin7のカスタマイズと各ソフトのインスト作業が
残ってるけど追々やっていく
まずはデフラグ無効。UAC無効、Defender無効…etc

久しぶりの自作は楽しかった


購入価格

Core i7-3770 BOX 24,970円 (税込)
P8H77-M LE 6,940円(税込)
330 Series SSDSC2CT120A3K5 8,250円(税込)


歴代自作PC一覧

1代目(1999年)
K6-2 350→500+P5A+Win98SE
2代目(2001年)
Duron(900)+(マザー?)+Win98SE
3代目(2003年)
Athlon XP1700→2800+(マザー?)+WinXP
4代目(2005年)
Pentium4 630+915G Neo3-FIR+WinXP MCE
5代目(2008年)
AthlonX2 4850e+GA-MA78GPM-DS2H+WinXP MCE
6代目(2010年)
AthlonⅡX4 630+GA-785GMT-USB3+Win7(x64)
7代目(2012年)
Corei7-3770+P8H77-M LE+Win7(x64)

1代目 ネットがしたい。金が無いので自作だ
2代目 DVD再生能力改善の為
3代目 XP導入の為
4代目 PV3導入の為
5代目 筐体故障の為
6代目 PT2導入の為
7代目 TMPGEnc導入の為

※以上自分用メモ

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

1/1000宇宙戦艦ヤマト2199のパチ組み注意点

2012/09/02(日)

パチ組みと書いたが一部接着が必要なので素組みが正解か

最近のガンプラしか作ってない俺にとって困難極める
キットだった
ガンプラパチ組み派の視点から順を追って解説したい

それにしても艦船モデルは船体が一体成型じゃないと
箱を開け時のワクテカ感は全然違うと思うのは俺だけ
だろうか?

001_20120902211558.jpg

道具について

説明書ではピンセットと流し込みタイプの接着剤を推奨してる
前者は絶対に欠かさない
しかもただのピンセットではなく先丸タイプの物が望ましい
タミヤ製の評判が良い物を新たに購入した




接着剤はピンセットで微細なパーツを摘みながら
接着剤をつけ貼り付ける技術があれば流し込みタイプで
なくてもよい
パチ組み派にとって接着剤なんて普段使わないから2種類も
邪魔になるだけという事情の方が大きい

次にカラー

パチ組み派は基本的に塗らない
成型色を生かしスミ入れしてフィニッシュが一般的だ
そういう点から見てこのヤマト
外観はさほど問題ないが内部は塗装を要する仕様の
キットである

この辺は本編で説明したい

制作開始

2-2 H4の波動砲クリアパーツ
はめ込み時にズレるので取り付け時と甲板取り付け時の
二度は位置が正確か確認

034_20120902211633.jpg

2-3 波動エンジンパーツ
設定通りにするにはフル塗装が必要なのでこの時点で
俺は後の事情と合わせて塗装しない事にした

2-6 甲板は取り付ける前にスミ入れしておく
後からだとやり辛い
出来れば船体もこの時点でスミ入れが望ましい

017_20120902211637.jpg

それと重要な点が一つ
3-6で付ける甲板先端の羽もこの時点で取り付けておく
甲板をつけてからだと穴が固くてピンセットの保持力じゃ
付けられない

032_20120902211634.jpg

2-8 格納庫と艦載機パーツ取り付け
この製品で一番選択の迫られる箇所
コスモパルサーは一色成形なのでフル塗装が
必要だ
しかし極小パーツで4色の塗装を要ししかもこれが
16機もあるので相当な根気が必要だ

パチ組み派としては当然スルー
ただし将来的に気が変わるかもしれないので
艦載機の台座(要接着)は組み立てない事にする
無論そんな状態で内部構造を見ても意味が無いので
格納庫は開閉しない
よって波動エンジンも塗装の必要がないという結論

016_20120902211638.jpg

3-1 艦橋の組立 H2及びH1のクリアパーツ
完成した時クリアのままだととても違和感がある
特に艦長室のパーツは浮いて見えるのだ
ここは是非塗装がしたいので指示通りMrカラーの
「クリアグリーン」を購入

忘れがちだが艦橋後部の展望室もこれで塗る

036_20120902211825.jpg

勿体無いので指示とは違うが船体側面の娯楽室だったか
大浴場だったか設定を忘れたがこの窓もこれで塗装

問題は艦長室の窓枠

塗らなくてもさほど違和感ないけど俺は頑張った
ただし本体の基本色を持ってないので手持ちの
「ブルー」と「ダークグレー」を混ぜてそれっぽい色にした
面相筆を使いフリーハンドで書いた

037_20120902211824.jpg

レーダーや砲台等を付ける前に艦橋本体をスミ入れしておく

3-4 艦橋と煙突が完成してもこの時点で船体には付けない
周りのパルスレーザーを取り付ける時に邪魔となるから
最後に取り付ける


3-5 第三艦橋はパチ組みだと落ちやすいので軽めに接着

4-4 4-5 主砲とカタパルトの取り付けも最後にまわす

5-1以降 本キット最大の難関…艤装
とにかく砲身パーツが超細かく又折れ曲がり易い
ニッパーで切った時やピンセットで摘んだ時
接着する時などに落として紛失しやすいので細心の注意

少し戻るが3-2の3連装レーザーは少しでもズレて
取り付けてると艦橋の凹部にはまらず弾いて飛んで
行くので注意

4連装レーザーは砲台を先に付けてから砲身を
付けた方がやりやすい
レーザーはすべて要接着になってるが必ずしも
そうではなくハメが若干固めの箇所もあるので
パチ組みにすれば砲塔の旋回アクションが可能

022_20120902211635.jpg

まず砲塔を付け外れないようならそのまま
抜ける場合は接着に切り替えるとよい
個体差はあるだろうから全部接着の場合もある

ただし砲身は折れ曲がりやすいのであまり触れたくない
パーツが破損した時の取り替え対策として活かした
方がよいかもしれない

砲身の穴はパルスレーザー含めて塗装
ガンダムマーカースミ入れ黒を使用した

艤装が完了し主砲とカタパルトも取り付け
ロケットアンカーは外れやすいのでこの時に接着すべし

001 (2)

最後に艦橋等はめ込み完成(製作時間:約7時間)

005_20120902211557.jpg

付属の台座は安定性に欠けるのでアクションベースを
購入した



ただし支点が中央でなく側面になるので若干船体が傾く
他に選択が無いのでこれで納得

009_20120902211555.jpg

008_20120902211556.jpg


実は長年寝かせてきた1/700アンドロメダと同じく主力戦艦も同時制作

010_20120902211555.jpg

東急ハンズで麦球を入手したり10年ぶりにハンダゴテを
使用したりと無論塗装も含めてパチ組み派には苦労した

旧1/700ヤマトより一回り小さく丁度アンドロメダとの
バランスが良いスケール感になった

016 (2)

ちなみにアンドロメダの艦首甲板部分もクリアグリーンを使用w

総括

少々モールドがウザいけれどモデリングは過去No.1の
タイトースーパーメカニクス復活篇を超えたと思う
この技術でバンダイには戦艦大和も出してもらいたい
スケールは1/500でお願いします

ちなみに未使用のコスモパルサーをランナーごと
ヤフオクに出せばいい値が付くらしい


追記2013/09/30
トップコートつや消しを吹いてみた

004_2013093021473357c.jpg

このフル塗装した感じが気に入りこれから作る艦船モデルは
全て吹いて行こうと思う
ちなみにダロルドを近々購入予定


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード