宇宙戦艦ヤマト復活篇試写会@名古屋へ行く

2009/12/04(金)


CBC主催で700組1400名招待のハガキ応募
余裕の当選だったので今更ヤマト観たい人なんてそうもいない
だろうと開場時間を過ぎても良い席選べると考えた
開演15分前に到着
ホールに入ると係員が1階は満席なので2階に上がれとのこと
予想外の状況に驚く
ヤマトってまだ人気あったのか?どういうことだ
2階席は1/3ほど埋まってた
しかしこの2階から1階の客席を眺めると端だが空席が結構ある
なんだ座席あるじゃんと1階席中列の端っこ席を確保
ここは音響が悪いので出来るだけ1階の前の方が良いのだ
空席分を差し引き動員は1000名ほどか?よく入ったものだ
特に女性が多く男女構成比は5:1くらい
年配も多いのはアルフィーの主題歌狙いじゃないか?
小学生くらいの子供が多いのも嬉しい

18:30開演
最初にCBC男性アナが作品紹介
この後仕事があるのに終演が遅れて困ると思う反面この間の
カイジ試写会と比べて気合いが入ってる印象も受ける

上映が始まった
同じみのナレーションとBGMで始まる
正真正銘ヤマト復活を実感した
冒頭から移民船団護衛艦隊との戦闘シーン
演出が銀河英雄伝説寄りだが大艦隊同士の戦いは
「さらば」や「2」以来でよりリアルに近づいた
新デザインのブルーノアが奮闘しているシーンに感激
もうこの時点でお腹が一杯w
それから完結編のヤマト轟沈シーンが入っていよいよ新ヤマト登場
乗組員のキャラデザインが今風の若者でちょっと違和感
それでも発進シークエンスに萌え
主題歌に乗ってヤマト発進・・・アクエリアス氷上を疾走する
ヤマトが超格好いい

第3次移民船団と合流し移民先のアマール星へ
ここから苦難を乗り越え戦闘に打ち勝ち劇場スケールで物語が展開
こここからは観てのお楽しみということで割愛

全体としてはバランスよく戦闘が挿入されマクロスFのように眠く
なることはなかった
CGも見劣りするものじゃなくお金掛かってることを実感する
ヤマト復活がメインテーマということで多くの新登場キャラの
掘り下げがない
これはTVシリーズもありだなと思った
もちろん突っ込みどころは満載だが古典アニメだから問題にしては
いけないw
例えば信濃の特攻シーンとかチープすぎる
まぁ良くも悪くも宇宙戦艦ヤマトである
ただコスモゼロの出番の為に救助艇を墜落させ搭乗者一人を除き
全滅させるシナリオの無茶ぶりはどうかと思った
もちろん第三艦橋大破や真田さんお約束「こんなこともあろうかと」は健在

エンドロール後の「第1部完」には観客から笑いが起こる
みんな満足してくれただろうか?
個人的には全然足りないので前売り券を買い足すことにした
なんでも初日限定先着でグッズも貰えるようだ
しかしその日は℃-uteのイベで大阪だ
多分大阪で観ることになるだろう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです
左側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード