のスた難波千日前店&たこ焼きいろはへ行く

2012/04/01(日)

上野のたこ焼きに満足せず18切符消化の為もあって難波へ
途中去年にも寄った笠置駅前にある天然わかさぎ温泉へ
寄って湯治
腰痛持ちに温泉は最高の娯楽
日曜なのに客も10名程度と相変わらずの穴場だ

14:00難波到着

たこ焼きはお土産なので別に昼食を取る
大阪にもラーメン二郎系が続々オープンしてるそうで
「自家製太麺ドカ盛マッチョ道頓堀店」へ行きたかったが
あいにく昼の部が14:00で終わりの為15:00までやってる
「のスたOSAKA難波千日前店」しか選択の余地が無かった

iPhoneのGoogleマップを頼りにすると一本西側の路地を
指すので迷ったがなんとか到着

057_20120414162743.jpg

店内に客はいるけど営業中のたれ札が逆になってる
まさか麺終了とか?
恐る恐る入ってみるといらっしゃいませの大きな掛け声で安心

入って左側にある券売機で食券を購入
すかさず店員が寄ってきて座席の誘導と食券の確認
そして「にんにく入れますか?」と聞いてきた
事前に調べておいたので本当ににんにくの有無を
確認するだけと知っていたから「入れます」と答える

やっぱりたれ札が逆だ
これが正解なのだろうか?

054.jpg

待つこと5分あまり

055_20120414162744.jpg

賄い醤油700円

何も言わずとも全増し状態で出てくる
秋葉原にあった二郎系の店もこんな感じだった
量は二郎標準くらいあり十分なボリューム
気になるようなマイナス点は無くむしろ
この煮豚は評価したい
ウデ肉だそうだけどトロトロに柔らかい
バラ肉とは違った美味さが味わえた

丁度気持ちの良い満腹で完食
煮豚追加していたらキツかったかもしれない
水は冷水ポットが点在してあるので汲みに立つ
必要がないのも良かった
残念な点はレンゲが無いので綺麗に食べきれない事だ

上の棚にあるティッシュで口を拭きドンブリとコップ
をカウンターに置きフキンでテーブルを拭いて退席
この流れは二郎と一緒だ

あとはたこ焼きを買って帰るだけだが時間があるので
付近を散策
この店は大通りから路地に入った住宅街にあるので
隣のアーケード街と比べると人通りが少ない
北上してすぐのところに人の流れが出来ていた
後に続くとなんとNMBショップ発見

058_20120414162742.jpg

さらに同じ通りで改装中のAKBカフェショップもあった

059_20120414162759.jpg

劇場もそうだがNMBはSKEの本拠地より何もかも
恵まれているようだ

いつもの「わなか」でたこ焼きを購入したが東側の十字路を
挟んだ所に新しいたこ焼き屋を発見
1年前に来た時は無かったはずだが…?

店舗名は「元祖なんば千日前 たこ焼きいろは」
※写真を撮り忘れる

1個あたり50円なので価格は合格
ソースが”海鮮塩"とか”カレーソース”とか
奇抜なものばかり
オーソドックスな甘口ソースをチョイス
新たに焼き始めたばかりだったので7分ほど待った
狭いながら店内でも食べられる

無事帰宅しこの新しいたこ焼きを試食

008_20120414162747.jpg

入れ物が紙箱じゃなくプラトレなのが良い
重ねても潰れないからだ

わなかよりひと回り大きい感じ

009_20120414162746.jpg

タコもそこそこのサイズで粉も風味の広がる味付けが
してある
表面は柔らかく中はトロ~リと俺好み
これは大当たりで美味しかった

次回も店舗が残っていたらもっと買う事を決める


以上ささやかな食道楽の旅は終わった
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード