ドッペルギャンガー 202 blackmax 自転車レビュー

2013/6/27(木)

愛用していたロードバイクがオンボロになったので買い
換える事にした

同じくと考える所だが以前パーツ盗難の経験があるので
なるべく駐輪場でなく自宅玄関前に置きたい
そのスペース上いわゆるミニベロ系となってしまう
ならば折り畳み自転車が使い勝手良さそうと結論

スピードとコンパクトさのバランスから16インチよりは
20インチが良いだろう
チェーンホイールは大口径でパワーも欲しい
もしかしたら持ち運ぶ機会があるかもしれないので
アルミフレーム製が良い
基本は原付に乗ってるのであまりお金をかけなくない

まとめると

1.アルミフレーム
2.20インチ折りたたみ
3.52Tチェーンホイール
4.最低3段以上の変速機
5.最安値※2013年当時

そこでこの条件に合う物を検索すると2車種が候補に
上がった

WACHSEN(ヴァクセン)の「BA-102 Schwarz」
それと
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 202 blackmax

スペックも価格も付属品もほぼ同等
デザインはBA-102が好みだけどベース車となってるBA-100の
Amazon評価がイマイチ

202は頻繁にアップデートをしていてそこに好感持てる
よって202に購入決定!




6/9注文

問題は最新のアップデートが2013/5/15なので送られて来る
商品がこれに相当するのかという疑問

6/12到着

想像以上に外箱が大きかった
でも比較的軽いのはアルミフレームのお陰だろう
玄関から室内に入れ早速開梱

001_20130627225913.jpg

002_20130627225914.jpg
初期不良はこの箱を使い7日間までに返品するよう記載

過剰なくらい丁寧に梱包されていた

003_20130627225916.jpg

ただいきなりフェンダーの汚れが!
水拭きでも消しゴムでも落ちなかったのでプラモ用シンナー
を使って目立たなくなった
塗料が付着した汚れだったようだ
他は目立った傷も汚れもなく良好

シートチューブの形状を確認すると最新の物でホッとした

小箱には最低限の工具類とライトとワイヤーロックに
ナットキャップなど
それに説明書各種、、、
組立てや各部調整が書かれてるけど汎用の物だ

004_20130627225919.jpg

005_20130627230015.jpg

006_20130627230016.jpg

それを見ながら折りたたみを元に戻し右ペダルと
ナットキャップを取り付けタイヤに空気を入れ完成

試乗してみた所チェーンやブレーキ関係の調節は不要だった
左ブレーキレバーの位置が下すぎたのでこれはレンチで
最適且つ左右均等位置に調節した

問題はハンドルポストとシートポストの高さ
ロードバイクの感覚で調整するとシートポストの高さが
足りない
よって限界ラインで固定
ハンドルポストは一番下だと走行中にコツコツと音がする
完全に固定出来ていないようでとりあえず3cmほど上げたら
音がしなくなった

一旦帰宅し今度はカスタマイズ

付属の前後反射板とベルは外した
反射板はライトを付けるのに邪魔
ベルは走行中にカタカタ揺れる(不良品?)なので使い物に
ならず別途購入を決める

ワイヤーロックは付属品を使う事にした
鍵部が意外にしっかりした作りだった
ちなみに鍵は2個付属してる

付属のシリコンライトはオリジナルデザインで格好良い
電池も付属していたのですぐに使える
不安は電源スイッチが上部にありボタン状になってる事

043_20130627230049.jpg

雨天走行ではこの隙間から水が侵入するかもしれない?
ダイソーで売ってる物とか普通はシリコンで全体が覆われてる
ので浸水する可能性は低い
しかしボタン状になってるので202付属の方が操作性は断然良い

テールライトはロードバイクで使用していたパナソニックの
SKL090を移植



044_20130627230051.jpg

ベルは同等品をAmazonで検索
一般にアルミ製と真鍮製の2種類があるようでYouTubeに
比較動画があったので音を聞き比べる



するとアルミは甲高く若干耳障りなのに対して真鍮は実に
優しい音を奏でる
まるで仏壇の前に立ってるようだ。笑

圧倒的に真鍮が良く最安値のキャットアイOH-2400にした



001 (2)

045.jpg

最後にこれもロードバイクからの移植だがスマートフォン
ホルダーも装着
ミノウラのiH-100-Sだ



041_20130627230021.jpg

付随してトップチューブバッグも移植した
ここにモバイルバッテリーを収納すれば長時間ナビとして
活用出来る
ただし折り畳み自転車で長距離を走るはずもなく無用の長物と
なりそうだ
(後にポケモンGOでスマホホルダーと共に大活躍した)

個人的フル装備!

040_20130627230019.jpg

042_20130627230024.jpg

でいよいよ走行テスト

今日まで約45キロを走行した
最長で連続8キロ乗ったがお尻の痛くなる事は無かった
サドルは肉厚があるのでそのお陰だ

スピードはそれなり
所詮は20インチのタイヤだ
でも一般に走ってる折り畳み自転車より格段に速い
そして最高の7速まで上げても軽くて速い走り
52Tチェーンホイールのパワーがそうさせてるのか?

しかし7速はそのスピードに足回りの弱さがついていけない感じ
よって6速巡航が
一番扱い易い
漕ぎ出しは5速で登り坂は傾斜角によって1~4速を使い分ける
感じでシフトチェンジに無駄は無い

問題点もある

まず走行中に僅かずつハンドルポストが下がってゆく
ロードバイク時代のクセか前のめりのポジションで
ハンドルバーに体重をかけてしまうのが原因か?

アジャスターを目一杯絞りロックをしたがまだ不安
ロック前にアジャスターをペンチで増し締めしたら下がら
なくなった

あとこれは小径車特有の欠点だが段差でハンドルを取られる
減速して越えるように心がけたい

ちなみに防犯登録はしない
処分する時に登録抹消手続きが煩わしいからだ

~総括~

予想以上に走行性能が高かった
ゆえにパワーバランスが難しい
軽自動車にスポーツカーのエンジンを積んでる様なもの
軽量なアルミフレームの影響もありそう

8キロ程度の走行なら疲れないのも良い
デザインは言うまでもなく人目を引いた

あとは耐久性だ
アマゾンで悪い方のレビューをみるとあちこち剥げたり
割れたりと言った報告がある
実際はどうなのか?何かトラブルが起きたら追記していく


追記7/5
よくよく見たらブレーキパッドが前後とも左右均等位置で
なかったので調整した
かなり乗ったがハンドルバーはとりあえず下がってないようだ
タイヤの空気が減りやすい気もするがサイズ的に負担がかかるので
こんなものなのかな?


追記2014/2/1
耐久性にこれまで問題はなく軽快に走ってる
一度変速でチェーンが外れた
段差の路面でタイミングが悪かったのだろう
それと微妙にサドルが下がる
一応増し締めしてるが…やはりダイエットが必要か?笑
でも一定の所で止まるので致命的ではない


追記2016/3/27
車体を修理するほどのトラブルは無し
ブレーキワイヤーがかなり伸びたがまだVブレーキ本体の
調整で対応出来てる

タイヤバルブのゴムが劣化しエアー抜けするので新品と交換
フロントが先だったがリアもそろそろかな?2個入りが良い



虫ゴム不要タイプだが100均のとかは耐久性に不安があるので
止めた方が無難だろう
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード