MGゲルググキャノン2.0を簡単フィニッシュで製作

2014/8/14(木)

正確にはMG 1/100 MS-14Cゲルググキャノン(MSVカラー)
プレミアムバンダイで受注販売されていたものだ

これはMG量産型ゲルググVer.2.0に旧MGゲルググキャノンの武装
を付けて成型色をMSVカラーに合わせたもの
無論2.0の仕様に合わせて専用パーツ・デカールも付属してる

ゲルググキャノンには思い入れが深く…というよりキャノン付き
MSが大好きだった子供時代
ジムキャノンやザクキャノンに並んで憧れのキット
特に1/60は高嶺の花でいつも模型店で手の届かない所に陳列
してあるそれを眺めてた

結局1/144キットも買わずハイコンプリートモデルで満足した

それから14年後にMGとしてMS-14B/C高機動型ゲルググとゲルググ
キャノンのコンパチモデルが発売
しかし元のMGゲルググが評判悪い上にこのキットの成型色が
ジョニー・ライデンの赤ベースとなってる
パチ組派の自分にとってとても組めるキットではなかった

そしてさらに17年後…満を期して今回の発売

しかも嬉しいのはエース(迷彩)カラーでなく一般機カラーで
の成型色であること
旧1/144キットのボックスアートが一番イメージに合ってる

10005625p.jpg
※ホビーサーチより転載

この間HGUCやMSインアクション系でも発売してるが小スケール
はコレクションしてないのでスルー

001_20140814220548a00.jpg
外箱

002_20140814220549336.jpg
追加組立説明書(表)

003_201408142205513ef.jpg
追加組立』説明書(裏)

とりあえず塗装のチェック

本体はシャア専用と量産型の製作経験があるので問題無い…はず
がなんとガンダムシールやデカールが付属してないのでモノアイ
の塗装が必須となる
さらにバックパックが一色成形なのでホワイト部分の塗装が必要

モノアイは蛍光ピンクかクリアピンクが普通だけど両方の特徴を
併せ持った蛍光ピンク(クリア)なる塗料がガイアノーツから
販売されているのでそれを購入

001_201408142151272fe.jpg

~我流簡単フィニッシュの定義~

1.成型色を最大限活かし最低限必要な箇所のみ塗装する
2.合わせ目・パーティングライン・ヒケの処理はしない
3.ゲート処理はする
4.仕上げはトップコートを吹く
5.基本的にパーツ洗浄はしない

~製作開始~

9時間ほどで素組完成

005_20140814215134e9d.jpg

006_20140814215149a34.jpg
キャノン仕様にする直前の状態

008_2014081421515291f.jpg
武器等

010_20140814215154c1e.jpg
ちなみにノーマル仕様も組む事が出来る

モノアイは…ゲルググってザクと違い細目なので何で塗っても
変わらない事に気付く。笑

003_20140814215130ed5.jpg
塗装直後

実売200円の投資はもったいなかった


~バックパックの塗装~

成型色のグレーを隠蔽する為下地にシルバーを塗ってから

004_201408142151322b0.jpg

成型色に合わせたホワイトを調合して筆塗り塗装し完成

007_20140814215150c4d.jpg

しかし時代によってカラーリング設定が違って困った
結局このキットの見本を忠実に再現した


~墨入れ~

蛍光ピンクを買いに行って偶然見つけた新アイテム

002_201408142151295dc.jpg
「ガンダムマーカー 流し込みスミイレ用/素組み専用」

まさに簡単フィニッシュ派至高のアイテム!
ブラック・グレー・ブラウンの3種類発売…いつの間に?
お試しでグレーを購入し使って見た

これまではふきとりタイプをモールドに合わせて書きティッシュで
拭きとっていたがこれはチョンと乗せるだけで毛細管現象で隅々
まで行き渡る
エナメル塗料で流し込みをしてたのと同じ作業がペンで簡単に
出来てしまう…よって作業スピードが3倍に上がった

問題は減りが早そうな事だ
それと素組み専用を謳ってるので使用の際の注意事項が多い

今後はよりコツを掴んで無駄なく使いたい
※アマゾンの評価によるとブラックは地雷のようだ


~デカール貼り~

今回もタミヤのデカールピンセットとクレオスのマークソフター
が活躍
特に後者は貼り位置がモールド上に重なるので定着に役立つ

注意点は左の上腕と左のふくらはぎが装甲パージ部分に重なってる
もし外れたらデカールが破れてしまうので接着した方が
よいかもしれない

ガンプラに限り仕上げのトップコート吹きはしない
ガンプラは例えば2.0の様にリニューアルするのでその都度旧
キットはヤフオクで処分してる
その際トップコートが吹いてあるとリユースし辛く価値が下がる
と思うからである

本音はデカール保護も含めて吹きたいところ、、、


~完成~

011_20140814215155190.jpg

012_201408142152089b5.jpg

013_20140814215210aca.jpg

う~んちょっと違うなぁ

旧キットの追加パーツが成形・ディテール・モールド全て甘く
本体と浮いてる感じ
17年の技術革新が伺える…良くも悪くも
それと本体色はもう少し濃い目が理想だ

期待が高すぎたって事で納得する

最後に揃い踏み

016_20140814215212aaa.jpg

ゲルググは量産型が一番カッコ良いね

所有する全MG(2016/1現在)

P1090425.jpg
ある法則で集めてる

最近のバンダイはMGに消極的なのでMSVの完全新作は望めない
MSVはともかくプレバンでもいいからせめて旧ザク2.0くらい出す
義務はあると思う


追記2015/5/15
祝・MGジムキャノン発売決定!
プレバンなのが痛いけど、、
今後はジムスナイパーカスタムにも期待出来る

関連
MG1/100ジム・キャノンを簡単フィニッシュで製作
MG1/100 RMS-179ジムⅡを簡単フィニッシュで製作

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード