鼻毛カッターNT1150とER-GN10を比較する

2015/11/7(土)

長らく愛用してきた日立の鼻毛カッターBM-03Sの切れが騙し
きれないほど悪くなった
替え刃より新品を買った方が得なのだがこのモデルは古くここは
違うメーカーの最新型にしようと物色

目に留まったのがフィリップスのNT1150
回転式でなくのこぎりの様にスライドして切るタイプ

回転式を使用し続け不満だった点

それは鼻先の内周に生えてる毛がドーム状の形から剃るのを
苦手としている
カミソリの様に刃が当たりやすい形状じゃないと綺麗に剃れない

それを解決してくれると思ったのがこの製品である

問題はこの形状で1本とか飛び出た毛をカット出来るのか?
こればかりは使ってみないとわからない

そこでポチる



P1080374.jpg
外箱

P1080375.jpg
内容物(本体、保護キャップ、説明書、テスト単三電池)

水洗いは無論研磨も自動でやってくれる構造で嬉しい機能だ
扱いはとても楽…と思いきや非常に不便な点にすぐ気付く

電源のON/OFFが片手で操作出来ないのだ

ボタンでなく本体をひねって電源の操作を行う
両手で持たないと操作出来ないので困りもの

間欠に操作出来ないのでバッテリーを無駄に消耗してしまう

エネループで扱うので絶対的な問題ではないが海外メーカーの
常識なのか?いやいや。笑

~実践~

最初は慣れないが鼻の奥に入れても刃をしっかり肌に密着させ
ても血が出ず安心とわかると大胆に剃れる
当初の目的だった鼻先の毛も眉毛を整えるかのごとく上手く
カットできた

ぐるっと鼻の穴を一周する感じで使うのがコツだ

しかし予想したとおり飛び出てる毛がカット出来ない
刃を当てても毛に弾力があるので抑えつけなきゃ切れないが
肌に抑えつけてもまな板の様に刃いかない

まるで頭の白髪を1本だけ抜く感じでどうやっても難しかった

やはり1本ずつ狙って切れる回転式と併用せざるを得ない

そこでパナソニックのエントリーモデルを購入する事にした
値段は日立と変わらないがこちはデュアルエッジ刃という天面
にも刃がついておりより高性能だ




P1080848.jpg
外箱

P1080849.jpg
内容物(本体、説明書)

さすがに使い慣れてるので問題なく切れる

鼻の内周はうぶ毛のようなものでそう長くはならない
一番機会が多いのは鼻の奥から伸びて飛び出てる毛

つまり日常はER-GN10をメインに定期的にNT1150を仕上げで
使う感じになる

しかしこのER-GN10はアマゾンレビューにもある通りすぐに焦げ
臭い匂いがしてくる
モーターに負荷がかかってるような感じ
仕様なのだろうがピンポイントで使う分には問題ない

お互いを補完し合うこの2機種

両方の特性を持った新たなカット方式が考案されない限り完璧を
喫するには2個持ちが欠かせないだろう

P1080850.jpg

でもなんか勿体ないなぁ、、苦笑
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンズフェイスケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード