ラーメン二郎風インスタントラーメンの作り方

2015/11/9(月)

以前にイトメン主催のオリジナルラーメン写真投稿キャンペーン
で作った時のレシピ

ラーメンはチルドでもインスタントの袋麺でも何でも好みで!
今回は具材で再現するので何味でも構わない

~豚~

部位は自由に決められるので当然豚バラ肉ブロックを使う
アメリカ産で100g98円ほど
ロース肉の場合は国産とアメリカ産では各段に味が違うけど
豚バラはそこまで大差無い

これに市販の煮豚のたれ(今回はモンブラン)を使って調理

特に紐で縛ったり表面を焼いたりはしない
鍋に収まる適当なサイズに切り分けて一応フォークで数か所
刺しタレが染み込みやすくするだけが楽

重要なのは下茹の方だ
煮豚に柔らかさを出すのはこれが全てと言ってもよい

沸騰する間際くらいのお湯に入れて1時間煮込む
そして一旦取り出した後で新たに水と煮豚のたれで茹で汁を
作り再投入。。
さらに1時間煮込めば完成だ

箸でつかめないほどホロホロな状態になってる
途中で卵を入れれば煮卵も出来る

~アブラ~

下茹でしたお湯が冷めてくると表面に脂が固まってる
いわゆるラードだがこれを取り分け後で"背脂"の代用とする
※ただし今回市販のラードチューブが残っていたのでそれを
使用した

~ヤサイ~

もやしとキャベツの千切りは茹でるだけ

キャベツは多めにしてリッチ感を出したい
マシマシ具合は好みだが意外としんなりするのでもやし200g
キャベツ150gほどあればそれらしいボリュームに見えるだろう

~ニンニク~

殺菌力が高いので中国産でも問題ないだろう
国産が1個200円以上と高すぎる

みじん切りにはにんにくクラッシャーを使う
器具はちょっと高め



ホムセンでもこんな値段するけどこれは必要経費
ちなみに昔100均で買ったがあっと言う間に逝った
今見かけないのはクレームから本格的に作ると利益にならない
のだろう

フードプロセッサーの方が楽だけど潰した方が風味は良い

量は丸ごと1個使わないとそれらしい見栄えはしない
しかし生にんにくの摂取は1日一片までという話もあるしどう
なのだろうか?

~カラメ~

これは二郎で言うラーメン"たれ"の追加の事である
ちなみに卓上に置いてあるものはカネシと呼ばれる醤油でこれに
調合を加えたタレがカラメに使われるそうな

二郎は醤油とんこつ味なのでマックスバリュで売られていた
ラーメンスープ(醤油とんこつ)の素で代用

材料が揃う

P1080337.jpg

これらをそれらしく配置しラーメンスープとラードをかける

P1080342.jpg
全マシ完成

見た目は遜色ない
味ももちろん美味い

やはり野菜の香りが一番二郎を連想させる

これはインスタント袋麺のイトメン「チャンポンめん」を
使用したが何が一番合うだろうか?

チルドの東洋水産「ラーメン横綱」か日清の「行列のできる店」
シリーズで作ってみたい
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです
左側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード