サムスン850EVOにWindows10をインストールしよう

2015/12/14(月)

Win7からWin10にアップデートし全体的な表示が爆速になり
又デザインがかなり気に入った反面不具合もいくつか出てきた

特にEdge関係が困り特定のサイトが見られずIEに変えても
見られない
具体的には価格コムの商品ページや楽天edyの公式なんかが
見られない

またお気に入りのインポートも壊れてフォルダが空になったり
他にも細かな不具合

一番弱ったのが2chブラウザが書き込みエラー&直ぐに落ちる事だ

これはレジストリ等の競合による不具合と判断
Win10のみのクリーンインストールしかないと結論に至る

Win10初の大型アップデート(TH2)が来て7からアップデート
を踏まずとも直接Win10のみインストール出来る様になったので
機会到来!

せっかくなのでSSDも新しくしようと思い立つ


現行120GBだったが容量的不満はなおも無い
マイドキュメントは別のHDDに設定してるからCドライブには
OS関係とアプリしかなく合わせても50GB程度で収まってるのだ

しかし問題はSSDの特徴として容量が大きいほど読み書きの
速度が速くなるということ

その為に240GBにしようかと検討していたが物色してると
本製品に行き着いた

120GBでもSATA6Gの限界くらいまで速度が出るそうな
しかも独自のエンハンスドRAPIDモードで更に倍速化される

SSDのフラッシュメモリには現在の流通で簡単に言えば標準の
MLCタイプと廉価版のTLCで商品選びの指針にされる
後者は安い代わりに前者より寿命が短いという特徴

サムスン850EVOはTLCをベースにした改良版でSamsung 3D V-NAND
というフラッシュメモリーが使われてる
それにより5年保証を実現してるので安心出来るだろう

そのようなわけで120GBモデルのMZ-75E120B/ITを購入




Amazonがタイムセールをしていたので6400円で買えた
ほんと数年前なら120GBは1万円近かったのに安くなったものだ

1GBあたりの価格で言えば240GB版が一番お得なのでその選択肢も
ありだろう
内蔵HDDで言えば3TBが今一番お買い得なのと一緒だ

それより今SSDはどのメーカーの何を買っても読み込みなら
SATA6Gの壁に当たってるのであとはブランドといった信頼性で
選ぶ段階に来てる

P1090253.jpg
パッケージ

P1090254.jpg
中身

とにかく薄くて軽い事に驚いた
まさに日進月歩

マウンターは付属してないが現在入ってるSSDと置き換えるだけ
なので問題ない

今後は2.5インチタイプでなくM2スロットタイプが主流になって
行くだろうが時期尚早
そもそも持ってるマザーボードが対応してない

一応自作歴16年なので作業は特に悩まない

CPU・マザー・メモリ・ビデオカード以外全部外してこのSSD
のみ装着

いよいよWin10のインストールだ

Win10は事前にこちらからメディア作成ツール
(MediaCreationTool)をダウンロードしWin10のインストール
ディスクを作成しておく
具体的な手順も記載されていて助かった

DVDまたはUSBフラッシュが選べるがDVDのブランクディスクを
持ってなかったのでUSBフラッシュメモリで作成した
ツールの支持に従うだけなので簡単だった

ちなみに4GBあれば間に合う

このUSBメモリをPCに接続
PCの電源を入れてDELキーを押しBIOS画面へ
そこから起動ドライブにUSBを選択すると再起動しUSBの中身を
読み込み初めた

モニターにWin10インストール開始の画面が現れる

問題は最初のプロダクトキーの入力画面

一応Win7用とアップデートした時に発行されたWin10用の
プロダクトキーを準備しておいた
これはコントロールパネル→システムとセキュリティ→システム
で見られたのでメモしておいた

しかし画面の説明には一度Win10をインストールした事のあるPC
なら入力不要と出てる

P1090271.jpg

…これは入力しなくてもいのかな?
そこでこの画面をスキップしインストールを続けた

HDDと違いSSDは速くインストールは直ぐに終わる
一度画面が固まったようになるがここは何も触れずにじっと我慢

問題なくクリーンインストール終了

恐らくインストールディスクを作成した時にプロダクトキーも
埋め込まれたのではないだろうか?

まず一番最初にすることはデフォルトだと無効になってる
Windowsの復元機能を有効にする

P1090274.jpg

この先どのようなトラブルが起きるかわからないので都度
復元ポイントを設定した方が良い

次いでWINDOWSアップデートで最新の状態に持っていく

システムとグラフィックのデバイスドライバをインストール
してからPCの電源をOFF

ここまで終わりクリーンインストール完了だと思ってる

だが作業は続く
他のハードウェアを接続してはドライバのインストールを繰り返す

USB3.0・LAN・ディスプレイ各ドライバはWin10標準のもので
問題ない

※PT3等のTVチューナー利用者は電源管理やタスクまわりを
弄らないと予約録画もままならない
デコーダーも別途必要だがこの辺りは機会があれば書こう
と思う

チェックしてみたが以前にあった不具合は一切無くなった
やはりクリーンインストールは神だ!


当初の目的だったSSDをエンハンスドRAPIDモードにしてみる

メモリは16GB積んであり持て余してたので空きは問題ない
2GBくらいならくれてやる。笑

このモードにする為にはサムスン公式からMagician Software
をダウンロードする
バージョンは最新の4.9
以前のバージョンだとWin10を認識せず機能が有効にならないので
注意が必要

ただ機能をONにしてPCを再起動するだけなので何も悩む必要は
なかった

Magician Softwareにはベンチ機能もありこれを利用して計測
してみた
(後でCrystalDiskMarkでも試したがほぼ同じ数字だった)

サムスンベンチノーマル
ノーマルモード

サムスンベンチラピッド
RAPIDモード

シーケンシャル読み込み速度12倍!
書き込み速度は5.5倍になってる

ほんとかよ。笑

しばらく使用してみたが極稀にスタンバイから復帰しアプリを
使おうとするとフリーズしアプリの再起動せねばならないことが
ある

これがRAPIDモードにありがちな不具合ならよいけど不明


ちなみに取り外したOSシステム入りのSSDをリユースする場合

別のSATAコネクタに指し認識させてからいざ消去しようと
してもロックがされてて消せない等のトラブルが起こりがち

ここは何も考えずTxBENCHというフリーソフトをインストール
そこから"すべて上書き消去"を選んで消去
Windowsのディスク管理から初期化が出来るようになる 


最後にエクスペリエンスインデックスを測ってみた
やり方はググればいくらでも出てくる
Win10の場合コマンドプロントから行う必要があり面倒くさい
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード