タイガーVE電気ポットPIL-A220-T購入記

2016/1/18(月)

長らく電気ケトルを愛用してきたがダイエットに良いとされる
黒烏龍茶を積極的に飲むようになった

電気ケトルは保温機能な無いので沸かした直後から特にこの季節
は超急速に冷める
その度沸騰させるのは電気代の無駄なのではと思うようになり
従来からある電気ポットに買い替える事を決めた

しかし元々一人暮らしの使用量に電気ポットでの保温は無駄だと
電気ケトルに買い替えた経緯がある

ならばその都度沸かす代わりに冷めにくい魔法びんタイプならば
と物色

コードレスやレバー式給湯は不要なのでスタンダードモデルを探す

メーカーは実質象印とタイガーの2択で具体的には現在入手が
容易で且つ最も安いモデル
無論少ない2.2Lのタイプだ



タイガーVE電気ポットとく子さん2.2LブラウンPIL-A220-T




象印 VE電気まほうびん 2.2L ベージュ CV-TW22-CA


共にAmazonで8,000円弱
他の通販サイトも一律のような値段

比較しタイガーに決める
理由は若干だがコンパクトなのと厳密な沸騰管理で消費電力を
700Wに抑えている事だ(TW22は905W)
そして何よりデザイン!
ブラウンとシルバーのツートンカラーが恰好良い
よくあるベージュ色は台所には合うけど個室には合わないと思う
(ただこの色が問題となるが後述)

そこでポチる


P1090426.jpg
外箱

P1090427.jpg
同梱物(本体、電気コード、説明書)

P1090428.jpg
2Lペットボトルとのサイズ比較


基本的には蒸気レスの「省エネコース」を選択
沸騰する直前で電源カットし結果的に蒸気も出ないモードだ
カップラーメンを作るわけでなく90℃あれば十分なのでこれ

問題は保温設定

98℃・90℃・80℃・まほうびん(非通電)…4択

省エネコースにしてるので2時間使用されてないと5℃温度を
自動で下げるのはよいとしても不在中も保温を続けるのは勿体ない

かといって毎回切ったりタイマー等を設定するのは煩わしいし
忘れて出かけたり寝てしまう

やはり当初の予定とおり通電せず魔法びんとしての保温機能に
頼ることとする

実際に電気ケトルと比較すると断然に保温力が高い
液晶に温度表示がされてるのでいつでも確認出来る

しかし湯量が多いと結局沸騰時間が長くなるのでより電気代が
かかっている懸念もある

なにせ残りの水量が減るほど保温力も低下するので一概には言えず
説明書も満水時での保温力しか書かれてない

それでも1200W固定の電気ケトルより著しく電気代がかかるとは
思えず又半分ほどの水量でも3時間後で60~70℃は維持されて
いるのでさして再沸騰に時間はかからない


こうして使用は始めたのもつかの間ふと本体のフタにスリキズ
が無数に付いているのに気付く

特に何も意識しておらず給水でフタを開けたりした際に爪が
触れて当然付くものだがこのブラウンの色がそのキズを非常に
目立たせるのだ

新品で買ったばかりなのにこの中古感は嫌だ
こう思うのは最初だけで1年経てば何も気にならない事は分かって
いるがやはり最初からとなると気分が悪い

そこで以前スマホカバーにキズ隠し購入し大して役にも立たず
眠らせていたセラミックコンパウンドで磨いてみたら目立たない
くらい綺麗に消えてくれ光沢感も失われておらず安心する


セラミックコンパウンド

他に気を付ける点は水量が給水の位置にならずとも500mlを切った
状態で再沸騰さると空焚きのエラーが出ること

それと沸かし完了時にブザーが鳴らない上に省エネモードだと
蒸気音も殆どしないので沸いたのを忘れてしまうことだ
そして再沸騰ボタンを押すケースが度々

昔からボットにブザーの設定って無かったのか?記憶にない

P1090445.jpg
電気ポットのある風景

やはり部屋の模様にマッチして気に入っている

とく子さん…どれだけ得になってるのか今月の電気代に興味津々


追記2016/9/20
象印 保温付き電気ケトルCK-AU08-WB購入記
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

コメント

非公開コメント

【既存の売上に+α出来るスマホアドネットワークです!】

管理人様

いつもお世話になっております。
CyberQuest石谷と申します。

現在弊社では「AndC」というスマートフォンアドネットワークを展開しており、
独自メニューを中心に多くのメディア様に展開させて頂いております。

現在恐らく他社アドネットワークを導入されていらっしゃるかと思いますが、
弊社のアドネットワークでは他の広告枠に影響を与えませんので
今の売上に+αで収益が見込めます!
タグを設置するだけで今のサイトに新しい形式の広告を表示出来るので
操作も簡単です!

ご興味ございましたらURLをクリックし「新規メディア登録」よりご登録をお願い致します!


何かご質問でも要望でも何なりとお問い合わせください。
何卒宜しくお願い致します。

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード