コラム 乃木坂46 14thシングルとは何だったのか?

2016/2/28(日)

「乃木坂46の聖母、そして諸君らが愛してくれたまいまいは
卒業する。何故だ!」

「最年長だからさ」

ハールジオン!ハールジオン!

冗談はさて置き前回憶測をいろいろ書き立てたがその全貌が
明らかとなった

”深川麻衣の深川麻衣による深川麻衣のためのシングル”

これが14thシングル「ハルジオンの咲く頃」の正体

曲タイトルも歌詞も深川をイメージしたもの
当然1トップのセンターでCDの販売形態も1種類増やしてそれが
深川ソロ曲も入った実質の深川盤

Mステ出演に至っては最初で最後のセンターと番組オリジナルの
深川紹介VTRが作られトークをほぼ潰してまで放映するなど破格
の扱い

まさかここまでするとは想定外というか常識の範囲を超えてる

歓迎するのはファンを含めた身内だけで新規獲得には至らない
辞める人はその後何の収益ももたらさないのにセンターに抜擢
する意味がないからだ

ゆえに他のアイドルグループでも今回の様な特別優遇された
ケースはレアである

AKB48でさえ高橋みなみの卒業時くらいしかなく彼女が総監督で
あった立場から一応は納得出来る

ここまでして深川麻衣を売り込むその真意は?

知名度が無いに等しいのはひとえに深川のタレント性によるところ
それを今さらバックアップするその意図はわからない

卒表後も芸能活動を続け運営に収益をもたらすなら売名をする
価値はあると思う
むしろ一連の流れからするとそうなるのが自然だ

しかし彼女のブログによると今後Mステには視聴者として応援
すると語っている
これは芸能界を引退するとのニュアンスとも受け取れる

つまり芸能界に残るとも去るとも言えない相変わらずの謎を
抱えたままだ

ソニーミュージック乃木坂担当の若いスタッフがノリで通した
企画なのかもしれない
それか自らの退職金を稼がせるために深川本人を馬車馬の様に
働かせた結果なのかもしれない

結局不可解さは不可解さとして卒業を迎える日まで残りそう

ただし納得した部分もある

選抜を弄らなかったのはあくまでも深川卒業を演出するため
堀未央奈を復帰させたのはMステを見ての通りこの曲のセンター
引継ぎを世間に知らしめるため

特に後者は妙案だ

深川卒業後この曲を誰が引き継ぐかでファン同士でも争いが起きる
そもそもメンバー自身が矢面に立たされるのが嫌でセンターに
成りたがらないだろう

そこで深川が後継者を指名したとなれば誰も文句は言えない
曲もお蔵入りしなくて済む

しかしMステ最後の出演とは少々早くはないか?

本来なら発売週や前後に番組出演するのが定石
改変期の特番編成で必ずしも出られるとは限らないがMステSP
に出演しないのだろうか?

この事からも深川卒業の決定が当初予定されていた14thシングル
を変えざるを得なくなったのは間違いないだろう

慌ただしいスケジュールであったことは連日撮影に缶詰となって
いたメンバーの動向からも伺える
そもそも選抜発表が例年になく遅れたくらいだ


ところでこの新曲…どうにも完成度の低さが気になってる
曲と歌詞とアレンジが微妙に雑で噛み合ってない
電車の騒音みたいでやたらとうるさく聞こえる

基本的には秋元康が数あるデモから曲を選びそれに歌詞を付ける
スタイルのはずだがこの曲は詞がありきでそれに曲を付けたと
思われる
しかし作曲者がこのメッセージ量を上手く消化する為のスキルや
経験が不足してるのではと感じた

結果全体としてはサビ任せで後はダラダラと単調さだけが残り
何を歌ってるのか雰囲気だけしか心に届かない

このまとまりのない楽曲を口パクと言うかリップシンクさせて
歌わなければならないメンバーは苦行でしかないだろう
特にTVライブの見た目は悪くなるだけだ

フルで公開されてるのはラジオ音源だけなのでCD音源だと多少は
印象が変わるかなぁ、、眉唾

これもスケジュールが詰まり制作期間が十分取れなかった事が
根本的な原因だろう

今回は今回として15thシングルからは通常営業に戻るだろうから
骨休めということで深川卒業のXデーまで静かに見守る事にする

今後の注目はやはり夏の3期オーディション

平選抜組が一気に卒業するわけもなくこの上が詰まってる状況
でのアンダー過剰人員問題の解決もされる気配がない

となるとこれは業界の有力者がコネで知り合い等を乃木坂入り
させるいわばカモフラージュの為のヤラセオーディションという
可能性もあると推察する

さて2016年下半期どうなっている事やら…

自分がここで何を語ってるのか今はまだ想像だに出来ない
嬉しい悲鳴をあげていたいものだ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード