ASRock H170M Pro4とCorei7 6700で自作する

2016/7/10(日)

7月29日までの無料Windows10配布
すでにWindows7からアップデート&アクティベーション済みで
あったがこの無料版はPCのパーツ変更に対して再認証ができない
仕様だと聞いた

しかし期限内なら仮に変更でネット認証出来なくても電話認証
で可能だと聞く

無料期間が終わった直後に行われる大型アップデートでは
マイクロソフトのアカウントに紐付けされパーツ変更しても
再認証に問題ないらしい

しかしこの無料版もその限りなのか不明

Windows10に慣れ今更Win7に戻る気はなくかといってパッケージ
等で買うのも損なので配布終了までにPCの構成を最新の状態に
変えておこうと思った次第

他にも既知のトラブルとして

nvidiaドライバとの不具合
※たまに応答不能→回復と動作が止まる

USBオーディオとの不具合
※音声再生中にサスペンドモードへ移行するとドライバを見失い
再起動する必要がある

これらを改善したい事も重なった

現在の構成は

Corei7 3770
H77チップのマザーボード(M-ATX)
DDR3メモリ8GBx2

これをCorei7 6700中心で組みなおす
オーバークロックはしないので今回もK付きは回避
それに無印モデルにはCPUファンが付属してるのでお得

この6700は昨年発表された4コアモデルで3770と性能は
同じだが平均消費電力が77W→65Wと低くなってる

P1090820.jpg
Corei7 6700 BOX

対応ソケットが1151に変わるのでマザーボードの変更が必要
同等のチップセットはH170になる
メモリも低消費電力なDDR4に対応してるのでそれに変更だ

ついでに電源ユニットも消耗品なのでこれを機に新調する事にした

他の構成はそのまま受け継ぐがCPU内蔵のIntel HD Graphics 530
がそこそこ行けるらしいのでグラフィックボードの増設は避ける
方向で行く

システムを入れていたSSDは変えないので上手く認証通るかも
と淡い期待。。

ポイントとなるのはやはりマザーボードの選定

条件としてはM-ATXでPCI Expressスロットが4つあること
いざという時の為に拡張の可能性は最大限残しておきたい

この条件で当てはまるのは3モデルしかない




MSI H170M-A PRO

☆個人的な利点
オーディオ回りが豪華
ノイズ対策は無論フロントへのヘッドホン出力も強化されてる
そうでUSBオーディオを売って資金に出来る





ASUS H170M-PLUS

☆個人的な利点
シャアNo.1の信頼性と現在の構成もASUSで移行に慣れている





ASRock H170M Pro4

☆個人的な利点
DisplayPort装備で解像度2560x1440(WQHD)に対応
そもそも現在のマザボがHDMI端子以外にこの解像度に対応して
いないので外付けグラボを付けている

よってDisplayPortをPCモニターに
HDMIを従来通りAVアンプ経由で東芝レグザに接続出来るので
グラボを売って資金に出来る上に拡張スロットが2つも空く


検討を重ねて選んだのが「ASRock H170M Pro4」

P1090818.jpg
外箱

P1090819.jpg
内容物


決め手はせっかくi7 6700を使うのだから最大限有効活用したい
よってグラボを増設しない事による節電にもなる

問題はレビューでちらほらこのDisplayPortが認識されない等の
不具合報告がある事だ

ダメ元で最悪グラボを使いまわせば良い



Cable Matters DisplayPortケーブル1m

P1090817.jpg



ここまで省電力化が進むのならばと計算したところ電源が
400Wでも十分余裕のある事が判明したので安いしそうする




玄人志向 KRPW-L5-400W/80+

P1090828.jpg

STANDARD認証なので1年保証だが3年保証のBronze認証でも1年で
壊れることもあるから電源は運と捉えるのが良い


これらに最安値だったトランセンドのDDR4メモリを加えて組み立て

P1090823.jpg
Transcend TS2133HLH-16GK

ついでにこのマザーボードはファンコントロールが全て4ピン使用
でPWMと呼ばれる回転数制御が可能となってる

3ピンのファンしかなかったのでこれらも一番安くて評価の高い
ものに買い替えた



サイズ 鎌風の風PWM 92mm(前面吸気ファン用)




サイズ 光る鎌風の風PWM 120mm(背面排気ファン用)

P1090833.jpg



CPU・マザー・メモリ・電源・スイッチ類と最小の構成で起動し
BIOS画面が出る事を確認

P1090825.jpg

この時点で8割方自作成功

BIOSでファーストブートをUSBメモリに変えて一旦電源を落とし
事前にMedia Creation Toolで作ったWin10インストールUSBメモリ
を差しOSを入れるSSDを繋げて電源ON

P1090832.jpg

インストール画面に行った

認証は後でという事でスルーし無事インストール完了

OSも起動したのでまずは認証にチャレンジ

Win7のコードを入力したら…あっけなく通った。笑

ここまで取り替えても大丈夫とは電話認証とかしてる人たちって
都市伝説的なものだろうか?


残りの接続を全て完了しハードウェアとして8代目自作PCの完成

P1090836.jpg
内部

P1090866.jpg
外観

P1090873.jpg
ファンのブルーに光るLEDがステキ


エクスペリエンスインデックスとFFベンチで比較
FFの設定は(高品質ディスクトップPC)を選択

パフォーマンス
7代目

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット (6.2, ビルド 9200)
(10586.th2_release_sec.160527-1834)
Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz
16327.184MB
NVIDIA GeForce GT 730 (VRAM 973 MB) 10.18.0013.6839

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク
SCORE:2136
平均フレームレート:16.238
評価:普通
-標準的な動作が見込めます。


パフォーマンス2
8代目

システム環境:
Windows 10 Home 64 ビット (6.2, ビルド 9200)
(10586.th2_release_sec.160527-1834)
Intel(R) Core(TM) i7-6700 CPU @ 3.40GHz
15286.820MB
Intel(R) HD Graphics 530 (VRAM 128 MB) 20.19.0015.4331

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク
SCORE:1797
平均フレームレート:12.846
評価:設定変更を推奨
-ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重く
なりますので、その場合はグラフィック設定の調整をお勧め
いたします。


ゲーム用グラフィックス値が表示されないのは内蔵GPUだから?
ともかくグラフィック性能がGT730には及ばない
BIOSでVRAM設定を1GBにしても計測すると128MBのまま

しかし性能的には後退したがかなりの省電力モデルとなったはず
…苦しい。笑


~マザーボードH170M-PRO4の評価~

日本語説明書付きとなっていたが簡易的なもので役に立たない
ASRockの公式から詳細な日本語マニュアルのダウンロードが必要

DisplayPortは全く問題なく動作
しかもインテルのオーディオドライバを入れたらモニター内蔵
スピーカーからの音声出力も可能になった…使わないけど

問題はサウンド
マザー付属のインテルドライバでは認識が不安定だった

「IntelR Driver Update Utility」をインストールし
最新のドライバに変えたら問題なくなった

HDMIからのロスレスマルチチャンネル出力も問題なし

懸念だったUSBオーディオの不具合も無し!
描画での応答エラーも無し!


プラスになった面もある

ハードウェア的にサスペンドモードに移行してもUSBからの
電源供給を継続出来るスマホ充電機能が付いてる

IMG_2890.png

最大給電能力が笑える
もちろんiPhoneSEは急速充電に対応しておらずリミッターが
かかるので1000mA(1A)までだ

3系統あるファンはBIOSで一番静かなサイレントモードを選択
もちろん温度状況により回転数を自動コントロールしてくれる

CPUは常時1200回転で50℃前後
前面ファンは500回転前後で背面ファンは300回転前後
それでマザーやSSD、HDDは40℃以下と理想より低いくらい

動画のエンコードをするとCPUファンが1350回転まで上がり
CPU温度も65℃前後になるが全くの正常値

通常はほぼ無音で稼働してる


~Win10再インストール絡みで失敗した部分~

Windows edgeのお気に入りを「Manage Edge Favorites」という
フリーソフトでエクスポートしたがインポートが出来ず仕方なく
インポート可能なGoogl chromeを導入するはめになる
※Googl chrome→edgeは可能なので実はこれで対処できる

edgeよりスピードが遅いものの操作性はIEに近くより便利に
なっているのでwebブラウザはこちらを常用する事にした

しかし一度edgeの爆速を体験してると表示のウエイトが気になる

今度の大型アップデートでedgeが進化していたら戻ろうかな?


~総括~
ASRockのマザーは初めてだったが気に入った
もちろんWin10正式サポートモデルゆえの安定感もあるだろう

マイクロATXでDisplayPort付きは他に見当たらないので
ここにこだわる人は選択の余地なしという事だ


歴代自作PC一覧

1代目(1999年)
K6-2 350→500+P5A+Win98SE
2代目(2001年)
Duron(900)+(マザー?)+Win98SE
3代目(2003年)
Athlon XP1700→2800+(マザー?)+WinXP
4代目(2005年)
Pentium4 630+915G Neo3-FIR+WinXP MCE
5代目(2008年)
AthlonX2 4850e+GA-MA78GPM-DS2H+WinXP MCE
6代目(2010年)
AthlonⅡX4 630+GA-785GMT-USB3+Win7(x64)
7代目(2012年)
Corei7-3770+P8H77-M LE+Win7(x64)
8代目(2016年)
Corei7-6700+H170M-PRO4+Win10Home(x64)

1代目 ネットがしたい。金が無いので自作だ
2代目 DVD再生能力改善の為
3代目 XP導入の為
4代目 PV3導入の為
5代目 筐体故障の為
6代目 PT2導入の為
7代目 TMPGEnc導入の為
8代目 無料Win10導入を完結する為

※以上自分用メモ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード