ブラザーインクジェットPRIVIO DCP-J963N購入記

2016/8/9(火)

毎年9月頃に新製品が発売されるブラザーのインクジェット複合
プリンター
現行モデルの値落ちもこの辺で下げ止まりの気配を見せたので
買い替えを決めた

今の「MyMio DCP-J515N」はもう5年使ってる
インクは無論ブランドまで変わり新機能も増えてる

しかし異常はどこにもなく全くもって現役なのが勿体ないとも
思うけど、、


~自分がブラザーを選ぶ理由~

1.とにかく壊れない
2.インク持ちが良くコストパフォーマンスが高い
3.用紙を本体に格納出来るので印刷の際にセットする必要がない


1はDCP-J515Nで3代目だけど故障や不具合での買い替えはない
紙詰まりも少々強引に抜いてもメカに問題ない
ブラザーのブランドらしく質実剛健だ

2は3色染料+1色顔料と写真画質をウリにするプリンターより
劣るけど4色はコストが低い上に独立インクでしかも1個の容量が
多い
さらに自動メンテナンスでもインクの消費量が他社と比較的して
少ないと言われてる

3は電話・FAX付きプリンターを手掛けるブラザーの十八番とも
言える設計でホームユースではエプソンにもキヤノンにも無い

現行モデルは昨年フルモデルチェンジされたので今年は
ほぼ変更無しと思われ安心して買える

用途はヤフーオークションの発送でA4や封筒へ住所印刷が8割
あとはチケットの引き換え用紙やクーポン用紙の印刷などで
年賀状は出さない
無線LANさえ付いていればOK


よって一番下のエントリーモデルで十分



PRIVIO DCP-J562N


…がこれまでだったが現行のエントリーモデルは本体カラーが
ホワイトしか無いのだ

部屋のインテリアはAV機器も含めて黒で統一してる
また5年間は使うつもりなのでここは妥協したくない

ブラックは一つ上のモデル「DCP-J963N」に設定されている
3000円ほど高くなるが仕方がない

両面印刷もレーベル印刷もADFもいらないのだが…あって困る
ものでもない
ただ筐体が若干大きくそして重くなるのはやむを得ない

しかし重いのは印刷時の安定動作に繋がるので悪い事ではない

それとADFも用紙によるが上部カバーを開けずにスキャン出来る
ので埃や塵がガラス面に付着する事を避けられて良いかも?




DCP-J963N-B


P1090621.jpg
外箱

P1090622.jpg
同梱物


P1090623.jpg
ブラックが標準で大容量になってる!


セットアップはタッチパネルの液晶画面に表示される指示に
従うだけで楽々だった
対応を謳ってるのでWindows10で特に問題無し


P1090624.jpg
一番欲しかった手差しトレイ

本体には最大でハガキサイズとA4用紙・角3封筒サイズの2種類が
格納出来るので例えばこの長3封筒に印刷したい時はトレイ内の
用紙を入れ替えする手間が無くなる


興味のあった両面印刷は印刷ソフト側で対応してないと使用不可
だった
基本は年賀状なんかのハガキ印刷で活躍する

印刷ソフトはこれまでフリーソフトを使っていたが良い機会と
思い今後も考えて「筆ぐるめ23」も購入した

そして両面印刷は同時じゃなく片面ずつ自動印刷される事を知る


なんでみんなブラザーを買わないのだろうと予てからの疑問

写真高画質が必要なら店頭のセルフプリンターやインターネット
のプリントサービスの方が良いと思うけど。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード