ハリオ手挽きコーヒーミルMSCS-2B購入記

2016/8/24(水)

一度口にすると貪欲に美味さや本格的なものを求めてしまう
それがコーヒーの魔力か、、

昔は無粋な泥水・軍人の飲み物と口にしなかったがいつの間にか
これ無しでは目覚めが悪い体質になってしまった

始めはインスタントの「ネスカフェエクセラ」あたりから飲み
その内にスプレードライよりフリーズドライだなと「ゴールド
ブレンド」に変えるもリニューアルして不味く感じたので
いろいろと試し行きついたのが「AGFマキシムトップアロマ
ハイブリッド濃密なコク」

しかしこれも製造終了となりより美味さに拘りドリップパックに
転向。。
ドトールのモカブレンドなどを飲んでいたがやはりコストが高い

…でもインスタントには戻る気がせずかといって粉は劣化が早い
そうなのでそれならもう豆から挽き立ての香りとコクを楽しもう
とコーヒーミルと必要な用具も一式での購入を決める

電気ポッドがある中でミル付きコーヒーメーカーなんて置き場所も
なく全自動なんかに興味はあったが選択肢からはずしミルのみ
とした

そこで選択となるのが電動式か手動式かという事だ

この電動がくせ者でAmazonのレビューも見ると一つの製品の
評価にこれほどかと思うほど意見が割れてる

およその購入者が納得してる製品は1万5千円以上からが相場…
そんな予算はちょっと難しいし一人用には勿体ない

ただ調べる内に評価のポイントとなる重要な点は理解出来た

1.豆は均一に挽けるか?
2.メンテナンス性が良いか?
3.挽いた粉のひっつき(静電気)対策は?

他にもあるがTOP3はこんなとこ

カッターブレード式は均一に挽けない
臼式が望ましい
分解が簡単で水洗いが出来る
粉受けはガラス製ならひっつかない
ホッパーに蓋があれば豆が飛び散らない

そんな手挽きのコーヒーミルを検索しコレだ!とたどり着いた
製品がハリオ製手挽きコーヒーミル「MSCS-2B」である




臼はセラミック製で丈夫
他はプラとステンレス製で錆びず丸洗いが出来る
ガラス製の粉受け
シリコンゴム製の飛び散り防止蓋も付いてる

これにカリタのプラスチック製コーヒードリッパー「101 D」
自分だけなので1~2人用のサイズで十分
陶器製よりプラ製の方が扱いやすいし温度も陶器製より下がらない
ちなみにこの商品にはプラ製コーヒーメジャーも付いてる

しかしコーヒーメジャーはステンレス製のものを別に購入
少々高いけどプラ製は耐久性が無いと聞く
ステンレス製なら丈夫だし水洗いだけで綺麗になる

コーヒーフィルターは同じカリタ製のものにしてみた
100枚入りで160円ほど

※後にダイソー100均で売ってるフィルターも試してみた
90枚入りで日本製
厚みが薄いけどドリップ時間は変わらず
味は若干コクが減ったかな?という印象だが先入観もあり気の
せいくらいで次からはこちらにするか検討中。。


P1090951.jpg
手挽き&ハンドドリップ用品一式


P1090953.jpg
MSCS-2B開梱


P1090954.jpg
内容物(左が粉受けガラス瓶の蓋で右がホッパー用の蓋)

粉受けの蓋の上にもホッパーを乗せられる様に設計されており
収納や保管に便利だ


コーヒー豆は安さと品質で好評な澤井珈琲の通販
500gx4袋で2570円(送料込)…一杯あたり12.8円!



澤井珈琲コーヒー豆2種類( ビクトリーブレンド/ブレンドフォル
ティシモ)福袋2kg(500gx4)200杯分 超大入り 【 豆のまま 】


それと500g用保存缶も合わせて購入




澤井珈琲 コーヒー専用保存缶


P1090955.jpg
コーヒー豆(500g)の袋とコーヒー缶


P1090957.jpg
缶に袋を入れた状態…専用と言うだけあってピッタリ

コーヒー缶は想像したより大きく寝かせなきゃ冷蔵庫に入らない
でもそれだと中の豆が袋からこぼれるので冷蔵庫保存は諦めた

そもそもドリップ前に粉を常温に戻すのが常識だそうでそれは
わずらわしく缶ごと常に常温保存する事にした

さすがに挽いた残りは粉受けのガラス瓶ごと冷蔵保存する


~以下使用レポート~

まず重要なのは挽きの粗さを設定する

ペーパードリップは一般に中細挽きが推奨されている

外臼と内臼の隙間が小さいほど細挽きになり大きいほど粗挽き
になるのでその幅をねじで調節する仕組み

軸にあるナットを回して調節するのだがメモリがついてるわけ
でなく一番締めた状態を0起点とし回した回数を数えて設定
しなくてはならない

分かりにくいけど一度設定してしまえばストッパーで物理的に
固定出来るのでズレる心配はない

7メモリ分回すと中細挽き設定になると説明書に書かれてるのでそれにならう


P1090958.jpg
ホッパーにコーヒー豆を投入

15ml表記のメジャースプーンには擦り切れで5g入る
1杯10gとして2杯分の20g(4回投入)入れた状態

最大で100g(約10杯分)まで入るとの表記


P1090975.jpg
蓋をしてゴリゴリ回す
感覚としては"かき氷器"と全く一緒

右手でまわす力はほとんどいらずスムーズ
しかし左手で本体を固定しておくのには少々力がいる
慣れなのだろうが最初は疲労感が出るほどだ

本体の形状は固定しやすい形状をしており瓶の底にはシリコン
ゴムのすべり止めがついてるのであとは抑える力だけだ

このシリコンゴムはなかなか妙で粉受けはガラス製なので当然
落とせば割れる
耐熱ガラスでもあるが強化ガラスではない

しかしこの瓶の半分を覆うすべり止めゴムが多少なりと衝撃から
保護してくれそうだ


2杯分20gを挽くのにかかる時間はおよそ「1分30秒」
1秒一回転として150回回す計算だ


P1090966.jpg
挽いた粉は概ね均一と言えるのではないだろうか?


P1090978.jpg
挽いた粉を先のメジャースプーンで擦り切れ2回(10g)フィルター
に入れる

P1090976.jpg
残りはそのまま蓋をして冷蔵庫へ
他はすぐさま水洗い


ホッパーは分解することなく臼ごとそのままジャブジャブ水洗い
特に洗剤もブラシも要らず綺麗に落とせる

たまに粉の塊が出来てそのまま流れない場合があるけどハンドル
を前後に回しながら水洗いすると落ちやすい

水切りかごに3時間ほど放置すれば特に拭かなくても乾燥する
作り置きすればそれほど短時間に再使用はないので問題ない

粉受けも使い終わったらそのままザザっと水洗い
さすがはガラス製で粉はほぼひっつかないけど残っても口が
広く指が入るのでスポンジなど使わずとも綺麗に落とせる

ただガラスは水切りが悪めなので乾いてない場合は布巾で
拭いてやる必要がある


そしてカリタのコーヒードリッパー

愛用のコーヒーカップだと直径がギリギリカップに乗るサイズ
だった
もう1mmカップが小さければ安定して乗せられただろう

これがワンサイズ上の2~4人用だったら乗るのは良いが今度は
電気ポッドからのドリップが出来ないので不幸中の幸いかな?

そう問題は"ハンドドリップ"

理想は当然ドリップケトルだが持ってないし普通の形状をした
小型ケトルを持ってるので新たに買うのは勿体ない
別にドリップ用でなくとも上手く湯をかければ良い

しかし電動ポッドとなるとポッドを持ってのドリップなど
出来ないのでフィルターカップを多少動かしてドリップする
事になる

今回購入した1~2人用のサイズならそれが辛うじて可能だった

電気ケトルの場合も注ぎ口が大きすぎてこれも難しいだろう

どの道夏場は電動ポッドをあまり使わないので当面は普通の
ケトルを火にかけて使う事にした

幸いガスコンロには沸騰センサーが付いてるので自動で止まる

湯沸かしが面倒に思ったが火をかけてから粉を挽いてフィルター
なんかの準備をしてると丁度沸騰するので無駄なく時間を使える


今後コーヒーに限っては火をかけようか検討する事にした


ハンドドリップは粉に始め満遍なく注いで30秒蒸らした後に残り
のお湯をフィルターの上面まで注ぐ

そこからドリップが終わるまで約1分30秒~最後の一滴まで
取ると約2分ってとこかな?

カリタの「101 D」は3つ穴なので比較的落ちるのが早い
そのせいか少々コクが不足してる様に思ったので粗さ調整メモリ
を7→6へ細挽きに変えた


P1090960.jpg
完成の一杯


~総括~

MSCS-2Bについて

ほぼ理想的
特にメンテナンスのし易さは電動ミルとは比較にならないだろう

ジャブジャブ→終わり

と本当に楽だ

問題点は回してるとハンドルを固定してるネジが必ず緩む事だ

楕円形のネジなので空回りするとかないけど毎回少し締めてやる
必要がある


豆挽きの味について

究極の一杯のつもりだったけどドリップパックと大して変わらない
味わいだった
業務用で挽いてあるだろうし真空パックで鮮度が保たれてるのも
あるからだろう

挽いてる時にコーヒー豆の香りが漂う光景を想像していたが
蓋をして挽いてるせいかそれも無し

理想が高すぎたのか行程を端折ってるor間違ってるのが原因かも
しれないがそれでも現状では至高の一杯となってる事には
変わりない

美味しさと圧倒的なコストではベストな選択をしたと思ってる

あとは豆だ…

まだ澤井珈琲のビクトリーブレンドしか飲んでないけどもっと
いろいろなそれでいて安い豆をあれこれ挑戦してみるつもり


追記2016/9/20
腕が痛くならない楽な豆挽き方法を見つけた
粉受けをあぐらをかいて足の裏で固定すると楽々
又は椅子に座って太ももに挟んで回すとこれも楽だ
粉受けがそれに適した形状をしてるおかげかな

追記2017/3/26
ガラスボウルを落として割ってしまった
厚手の耐熱ガラスだったのである程度乱暴に扱っても大丈夫だと
思っていたが1mの落下には耐えられず

幸いハリオは部品の小売をしてるのでガラスボウルのみ注文
公式通販よりヨドバシで購入した方が安い
ただし注文から届くまで半月かかった

追記2017/9/29
1年以上使用していくつか変更した
まず豆はジップロックに入れて冷凍保存
これで鮮度が1か月は変わらずしかも凍らないのですぐに挽ける

それとコーヒー用カップを100均で購入
ティーカップ型はやはり冷めやすい

馴れると手回しでも全然疲れなくなった
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード