橋本奈々未卒業から読み取る乃木坂46の現状

2016/10/20(木)

前回のエントリーで橋本の卒業は無いとの推論を展開したが
見事に外れてしまった

現時点で発表されている事は2点

1.自身の誕生日である2/20を目処に卒業する為スケジュールの
調整中である事

2.卒業後は芸能界を引退する事

不明な点

1.卒業(引退)理由
2.卒業ライブ(又は相当のイベント)の有無


なぜ誕生日にこだわるのかも定かでない

ただ2月と言えばバースデーライブ
来年はどうなるのかわからないが3月以降に興行が出来ないので
2月中の卒業はやむなしといったところが可能性高い

卒業公演無しでの卒業は考えにくい
現段階ではまだ発表出来ないから正確な卒業時期を言えない?

そして不参加となった3月の個握も振替とも言える開催が発表に
なった

その辺りは用意周到といったところだ


橋本の卒業理由は…想像しても仕方がない
もちろん建前と本音があるはずだ
しかし真相は本人にしかわからないところ、、
東京残留か故郷の北海道に帰るかでも違ってくる

一緒にラジオ出演した生田は事情を知っている口調ぶりだった
恐らくは他のメンバーも

ファンは納得しないだろうがいっその事結婚でも発表すれば
諦めがつくというもの。笑

何にせよ橋本は深川の時の様に有耶無耶にせずきちんとケジメを
つけるべきだと思う


個人的に思った事は橋本がショートからロングヘアに戻し始めた
頃から卒業を視野に向けて舵を切ったのだと踏んだ

ファンの声を考慮しなくなったら心は乃木坂にあらず
今より自身の将来を中心に物事を考え始めた証拠

白石の本番キスも生田のそれ(予定)も既にファンの思いに身を
寄せていないから出来る事である

この2人も卒業コースに乗ったと見るべきでファンは心の準備を
しておくのが良いだろう


しかし彼女らにも同情の余地はある

なにせ乃木坂のメンバーとして頂点を極める事は何か?
それは個握1次完売(実質含む)する事である

これ以上実績を上げる要素が乃木坂には何もない
センターなんてものは鶴の一声で決まるのがこれまでの流れだ

当然乃木坂での目標を失ったメンバーに残された道は卒業しかない
卒業を意識すれは当然乃木坂としての活動に身が入らなくなる

例えば握手会は塩対応になったりモバメは女性向けの話題だらけ
になったりがその兆候だ

そして乃木坂の活動記録とは握手会の活動記録そのもの
その事に気付いたメンバーから心が折れて行くのだろう

橋本奈々未もその一人ではないだろうか?



さて話は変わり本題

残される乃木坂46だがまたしても論争となるのが

「卒業センター制度」

である

年3回しかリリースのない乃木坂のシングル
特に若手はその貴重なチャンスを失う制度である

来年にも白石松村衛藤らが卒業候補として挙がってる
そういうメンバーが毎年増えて行くのがアイドルとしてあまり
にも平均年齢の高い乃木坂固有の問題点だ

しかしだからと言って例えば万年アンダーメンが卒業するからと
言って選抜のセンターに抜擢されるとは申し訳ないが思えない

深川にせよ橋本にせよ一度はセンターを経験してしかるべき
功績の持ち主である

福神メンバーは誰もにそのチャンスがあるのでこの件については
目をつむるしかないと考える


センター問題よりも重大な問題点は楽曲だ

別れや旅立ちといったいわゆる「卒業ソング」があてがわれる
事である

秋元康は10年前に「桜の花びらたち」を発表しており
セルフリメイクまでしたほどの神曲を生み出してる

これを超える楽曲は秋元プロデュースからはもう生まれない
だろうと考える

乃木坂はこの呪縛からは逃れられない


16thシングル「サヨナラの意味」が公開された

間違いなく良い曲ではあるが良曲ではない

前作のハルジオンは冒険しすぎて失敗した口だけどそれと比較
すれば今回の方が遥かに良い

しかし乃木坂の曲だとは誰も思わない

良曲とはつまり誰が聞いても乃木坂の曲でありそうでなければ
リリースする意義がないと思う

良くも悪くもAKBグループだとは分かる曲調ではあるが。笑

卒業ソングというのはメロディーとかコードとか歌詞と言った
ある程度のフォーマットが決まってるのでそういった特色が出し
にくく勝負の出来ない曲と言える

桜の花びらたちを超え且つ乃木坂独自のフォーマットを打ち出す


卒業ソングはどう考えても分が悪いのだ

今年は2回もリスクを背負った
これが毎年あると思うと問題…まさに大問題である


兎にも角にもななみん5年間お疲れ様でした
あなたのショートカット姿は堀未央奈が受け継いだ

残されるファンも安心してるさ(多分)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード