熱帯魚飼育5年目を振り返る~藍藻の恐怖!

2016/11/6(日)

2015年11月~2016年10月の1年間を振り返る

よくどれだけ環境を整えても飼育水の崩壊する時が来るとは
聞いていたけどそれだろうか?

3月になり突如藍藻が発生し瞬く間に水槽の水草等を覆いつくす
生体や水草を入れ替えた訳もなく餌の量も変えていない

なぜ発生したのか原因不明だがとにかく対策

抑制剤で有名な「エクスタミン」使用してみたが焼け石に水

結局は水草を全て処分しアクセサリー類は熱湯消毒した
飼育水も総取り換えでようやく発生が無くなった

悪夢をみていたかのようだ


殺風景になった水槽。。
被害を受けてない部分をトリミングしたウィローモスと
アヌビアスナナとアマゾンチドメグサとテルネスを再繁殖

当面はと人工水草を導入してみたがこれが厄介

通常の水草なら苔がついてもトリミングや木酢液で対処出来るが
人工水草の方はそれが不都合で除去がし辛い

結局人工水草は撤去した

しかし水質を安定させる為の水草として何か導入しなければと
悩んで決めたのが「アマゾンフロッグビット」

浮き草は繁殖が早く苔も付きにくい

風景としての水草は一旦止めて気分転換に流木メインから
置き石メインにしてみた
何といっても清掃が楽だ

P1100121.jpg


生体について

夏までにネオンテトラは全滅した
カージナルとグローライトは1匹ずつ星になった

いずれにせよテトラが飼育開始から6年目に突入するとは
想定外だ

他の生体は特に変化なし


水槽用品について

ガラス水槽の劣化が進む…
深めの傷も入りそこに苔が付き除去し難い

水槽とテーブルの間に敷いたクッションゴムは
ボロボロだ


餌について

ひかりクレストコリドラスからテトラコリドラスに変更

理由はメインの餌であるネオプロスとメーカーを変えた方が
栄養成分がバラエティに富むと考えたから

ちなみに一粒の重さは両製品とも一緒である


水質調整剤について

テトライージーバランスからスーパーバイコム21PDに変更
理由は同78とセットになったスターターで買った方が
得なので、、
イージーバランスと21PDの効能は一緒だが21PDの方が
使ってみて性能が良い


テトラコントラコロライン・テトラアクアセイフを新製品の
テトラコントラコロラインプラスに変更

これはアクアセイフと一緒になった製品でこれ1本で済むから


~飼育データ~

○生体
コリドラストリリネアトゥス 5匹(オス5)
コリドラスパンダ 8匹(オス5メス3)

カージナルテトラ 7匹
グローライトテトラ 7匹

エンゼルフィッシュ 1匹

○水草
アマゾンチドメグサ
アヌビアスナナ
ウィローモス
テネルス
アマゾンフロッグビット

○エサ
ネオプロス 一日2回小さじ1
テトラコリドラス 一日1回6粒
教材乾燥イトミミズ 週1回2個
冷凍クリーン赤虫 週1回2個

○水質調整剤
スーパーバイコム21PD 週1回
マジカルウォーター 週1回

※水替え時に追加
テトラコントラコロラインプラス
スーパーバイコム78

水替え→3週間ごとに20L
外部フィルター清掃→6週間ごと
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード