UMAX製SSD S300TL240購入記&ベンチマーク

2017/6/18(日)

3ヶ月ほど前の話

Window10のシステムとそれなりのアプリを入れ作業領域や
マイドキュメントなどデータは別HDDに保存すれば40GB程度
しか消費しきれない

SSDは120GBあればOSによほどの革新がないかぎり未来永劫
この容量で足りるのではと思えてくる

しかし例外的なアプリの代表はゲームアプリだ
最近では50GBもの大容量を食うゲームもある

とあるきっかけでSteamを入れてゲームアプリをいくつか
入れて遊ぶようになりあっという間に80GBまで占領する様に
なった

かと言ってそれほど容量を食うゲームが動くほどグラボの性能
はよくなくそもそも片手間で遊ぶ程度なので250GBあれば十分
と踏む

丁度4月にWindow10のメジャーアップデートが控えており
クリーンインストールにSSDの交換は絶好のタイミングだった

Samsungの850EVOは安価なTLCタイプにMLC並の耐久性を
持たせた3D V-NANDタイプでありこの方式の250GBクラスに
買い替えたいところだが1万円強と高価

近年はSSDコントローラーの性能向上に伴いTLCタイプでも
3年保証が受けられる

このタイプなら最安値で9千円前後

そこで選んだのが新規参入して間もないUMAXのSSDだった
レビューがほとんど無く不安だったけどメモリで有名なメーカー
なので賭けてみた




製品は本体のみでSATAケーブルは無論スペーサーや取り付けネジ
の類は同梱されてない

結局システムまわりにほとんど変更がなく上書きインストール
でも不具合なかったのでSSDの交換は行わなかったのだが

 しかし6月になりアメリカでゲームの祭典E3の開催に伴いSteam
で大規模なセールがあると知りここで容量を増やしておこうと
寝かせてた当商品に交換した

クローン作成に「EaseUS Todo Backup」を使用

この状態だと増えた容量は未割り当ての領域となってるので
別ドライブにしない場合パーティションソフトで統合してやる
必要がある

それには同じく「EaseUS Partition Master」を使用した
共に信頼性が高くフリー版で十分使える

ただし隣接したボリューム同士でないとパーティションの統合
が出来ないので元のCドライブの状態によっては操作に一手間
かかる場合がある


さてベンチマークの結果は、、


ssdbenchi2.jpg
十分そうな数字が出てる

参考
CPU Core i7 6700@3.40GHz
メモリ DDR4−2400 8GBx2
SATA6G接続


比較(価格コムのレビューより転載)

293793_m.jpg
サムスン850EVO250GB


本来欲しかった物だがやはり若干数字が良い
これにウリのRAPIDモードだと数値が4倍にも上がるから凄い


342685_mSK.jpg
SKハイニックスSL308 250GB

こちらは価格コムで人気1位の商品

UMAXと価格帯は同じで性能はUMAXの勝ち?と認識できる
ほど体感上の差は無いだろう

この価格帯はSSDコントローラーにSiliconMotionのSM2256
が使われてるケースが殆どらしく性能に違いが出ないようだ


とりあえず問題なく稼働してるので満足だ
でも次はやはり各社参入しつつある3D NANDタイプを買いたい

2〜3年後に安くなってる事を期待

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード