コラム 乃木坂46の握手会は誰の為にあるのか?

2017/9/11(月)

昨日は幕張で18thシングルの全国握手会(以下全握)だったそうで
その混雑ぶりは回を重ねる毎に酷くなってるそうな

DJWTqnxUQAAwHxh.jpg
拾い物

特に今回は18th個別握手会(以下個握)不参加メンバーと握手の出来る
関東で唯一の機会で殺到するのも当然だ

結局のところ枠に上限のある個握は他のメンバーで補えるので売上
は落ちない
それどころか白石西野クラスなら1会場で全落か取れてもわずか数枚

まとまった握手が出来るとなればこれまで以上に初回限定盤CDを買い
足した事であろう
無論単価も高くむしろ"人気メンバーを個握に参加させない"方が売上
が上がるという不可解な現象が起きている


ちなみに個握と全握の違いをこのように考えていた

全握はお試しで推しメンを増やし次回の個握購入で本腰の握手
全握は挨拶や自己紹介のようなもので個握はお互いの交流を深める
為にある

その個握をないがしろにするのは握手会というイベントの根幹を
否定するものだと考える

ただCDを売る為だけに握手会をするならば個握を廃止にしたって
問題ないという話だ

全握の人気レーンは1秒握手が常習になっていると聞く
メンバーにとってこれほど楽な事はない
この刹那ならばファンとのやり取りは条件反射で十分なのだ

それを人気の見返りと特権視する傾向がメンバーに生まれつつ
あると言える

もちろん個握を重視しているメンバーもいる
しかし運営がその考えを許さない

19th個握不参加の秋元真夏はその発表直後にお詫びの旨を
ブログで伝えたがその一文を運営がすぐさま抹消する事件が
起きたばかり

これは運営の個握に対するスタンスが明確になった証拠
個握軽視・全握重視の経営転換

そして全握に対してはカオスな会場で物理的に余ざるを得ない
握手券を有限のポスターと引き換えさせたり割が全く合わない
まとめ出しを強制させたりと無理矢理に消化させている

そのまとめ出しも何十枚と出す客にスタッフが握手会参加を拒否
したという実例も報告されてる

それでも余らす客に対して購入は自己責任と切り捨てる
買い煽らせる状況を作った張本人であるのに無責任だ

そういった状況でもファンは「乃木坂は人気だから仕方がない」と
得心しCD(握手券)を買うだけの道具となっている自分を受け入れてる

運営もファンも目先の欲求に捕われメンバーですら握手会の是非に
分裂し乃木坂の未来を…そして後世に残すものを何も考えていない

誰がための握手会なのか?
レコード会社か運営かファンかメンバーか…それとも


欅坂46と違い乃木坂には未だヒット曲が生まれない

それは音楽系アイドルという職業の本懐を忘れてしまったから
まさにミリオンを売る地下アイドル…それが今の乃木坂の姿だ

しかしいつまでもこのような握手会バブルが続くわけなく前作と
今作は横ばいのオリコン推移。。

乃木坂に栄枯盛衰の足音が着実に近づいている
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 乃木坂46
ジャンル : アイドル・芸能

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード