コケ処理専用ミナミヌマエビ水槽を立ち上げた

2017/9/25(月)

以前に爆殖したミナミヌマエビをリセットすべくエンゼルフィッシュ
導入したがそれ以来コケ取り生体を入れられずにいる

エビ類は当然エンゼルフィッシュのごちそうでオトシンクルスも
捕食されると聞く
それでなくとも襲われるのは必至でコリドラス相手ですら攻撃的に
なる事もあるのだ

貝類は水質に合わないしと常にコケ問題がついてまわった
ガラス面のコケなら拭き取るだけで良いけど水草は厄介
濾過強化という手もあるけどモスとナナくらいなのでそこまでは
大げさだ

そこで埃の被ってる30cmの予備水槽を使いミナミヌマエビ専用水槽を
立ち上げる事にした
これに本水槽の水草やオブジェのコケ取りをしてもらうのだ

エンゼルフィッシュの隔離という手もあるが生体が大きいから
半端な立ち上げでは済まなくなるし出費も大きい

ちなみにヤマトヌマエビでないのは繁殖が難しいため
専用水槽なので爆殖しても構わない
やはり交尾合戦や卵を抱えて水を送ってる姿は見ていて楽しい

水槽とエアーポンプはあるので買い足しは濾過装置と底材と水温計だ
照明は窓際設置による太陽光利用のために当面様子見
ヒーターは予備があるけど水温の変化に耐性のあるミナミヌマエビには
不要かこれも冬場に様子見だ


エビ水槽では底面フィルターにソイル(ろ材)の組み合わせが定番との
事でそれに習う

どちらの用品も経験がなく興味があったので実験の意味合いもある
将来本水槽リセット時の参考にしたい

底面フィルターはこれにした


水作 水作ボトムフィルター S


170914.jpg
実物パッケージ

エアーポンプが水作なので同じメーカーに統一するのが無難
それにパネルが薄型でソイルをあまり使用しないのが良い

しかしこのエアーリフト方式というのがいまいち理解できない
空気を送り込むと泡となり水面に上昇する
その上昇力を利用して水流を作る仕組み

その程度の作用でソイルまで敷いた底面を通過して水は循環?
凄いな

そのソイルは売れ筋ナンバー1のプラチナソイルシリーズより
ブラックタイプのパウダーで3Lを選択した
安いというのが一番の理由でもある



ジュン (JUN) プラチナソイル ブラックタイプ パウダー 3L

170914[5]
実物」パッケージ

ブラックタイプは弱酸性の傾向でブラウンタイプは中性の傾向を出す
エビは弱酸性を好むのでブラックを選択
土の粒の大きさはミナミヌマエビのサイズに合うパウダー

ノーマルサイズと比べて通水性が悪くなるのはどの程度影響するの
だろうか?ちなみに更に小さいスーパーパウダーは水草用のものだ

3Lと8Lの2種類あるが30cm水槽には3Lが丁度良いらしい


水温計は以前から興味のあったマグネット式を購入してみた



水作 マグテンプ M


170914[1]
実物パッケージ

付け外しも簡単でキスゴム劣化による交換も不要
ただしAmazonのレビューでは磁力が弱すぎとか精度が悪いと微妙
実際はどうか?


~設置開始~

170914[2]
フィルターの組み立て


ソイルが崩れて詰まる事もあるのでウールマットやネットなんかを
敷くのが一般的らしい

手頃なものがなかったのでふと思い立つ


170914[4]
レンジフード用フィルター


170914[3]
100均のだが余ってるのでこれを実験的に使って見る


直ぐに詰まったり水質に問題があれば適応した物を買う

ソイルは生体メインの場合は3cmの厚さ
水草水槽なら5cm以上敷くのが一般的だそうな

実際に5cm敷いてみたら30cm水槽には厚すぎた
ちなみにソイルは約2.5L分を消費した

170914[6]
やはり3cmがバランス良い

こちらは1.7L分を消費したので3Lは十分すぎる
約1年で交換が必要らしいがこれも実際に運用してみないと事実が
わからない


170914[7]
飼育水は本水槽のものを使用した

水は出来てるのでもう生体を入れても良いだろう?
普通は2週間から1ヶ月回してバクテリアを繁殖させる

でも…繁殖しやすいソイルだしもう早く入れたい欲求が上回る
テトラの試験紙で確認するとかなり酸性寄りだけど概ね問題無さそう
一応スーパーバイコムの2種は規定量投入した


一日回した翌日に熱帯魚ショップで購入(5匹300円)
ついでにエビ水槽定番のマツモ(1本130円)も購入した


170915.jpg
コケびっしりのナナに以前使用していたシェルターも入れ
水合わせ


翌日さっそく唯一大人の1匹が☆になる
他4匹は子供サイズだったが特に問題無さそう

翌日さらに5匹追加
今度はホームセンターで5匹500円だった

ここはホムセンクオリティ
なんと5匹の他に稚エビが1匹混入していた
これはサービスか?charmならおまけ1匹が通常だ


〜それから一週間経過〜

さらに3匹が☆になり稚エビを含めて残り7匹
コケ取りには少ないので来月charmを利用する際に追加購入する
お亡くなりになった個体はそのままエンゼルの餌に…食いつき凄い

立ち上げ時は水面が泡まみれだったけどずいぶん落ち着いた
水質が良くなってきた事に期待

5日間くらいでアヌビアス・ナナのコケ取りが完了したので今は
同じくコケまみれの岩のオブジェに替えている
超厄介な黒ヒゲも木酢液で枯らせた状態ならエビが食べてくれた


170925.jpg
コケが少ないのでコリドラス用のタブ餌も与えてる
食いつきは良い


170924.jpg
稚エビも健在


あとはこれ以上☆にならない事を祈るのみ
それとレンジフードフィルターでも良かったのか心配だ

水温計はマグネット設置に問題無し
ちなみにガラス厚は推奨限界の6mmだ

そして肝心な精度の実験
西日の入る午後3時に計測してみた

マグテンプ 26℃
本水槽使用のデジタル水温計 28℃
飼育水作りに使用の赤外線温度計 27℃

どれが正しいのか判別出来ないが機能してるのでこの差を目安に
覚えておけば問題ない
多分低めに出てるのだろうが製品の個体差かもしれない


170925_201709251543536a7.jpg
24時間365日稼働させる事になったエアーポンプ

寿命を少しでも延ばす為にエアー量は最小
元々60cm水槽用なのでそれで問題ないだろう

それととても動作音が静かな水心シリーズだけどいずれゴム足の
劣化等により騒音となるだろうから吊り下げ設置に変更した

水草の活着に使ってる釣り糸にS字フックを利用
これで見た目に気にならない…最良の騒音対策と考える

さて更に一週間後はどうなってるのか?何か変化があれば
追記したい


関連
コケ処理用ミナミヌマエビ水槽その後…虫だらけ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側のフォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード