トヨトミ空気清浄機AC-V20Dを選んだ理由

2018/6/4(月)

これまで2度の空気清浄機購入レビューをしてきたがその経験
から導き出された結論は家庭用レベルの装置では大した性能は
見込めないという事だった

それとプラズマクラスター系の効果も感じない

そんなわけでここ数年使用してこなかったが今年の花粉症が
とても酷かった

恒例のスギ花粉でなくヒノキ花粉が大流行したのが原因
ヒノキ花粉に免疫的なものが無かったのだ

我慢できずにすがる思いで再び空気清浄機に手を出す事にした

結果的に購入した4月の終わりに花粉症が治ってしまい手遅れ
のような感じになったが結局は花粉対策の季節商品

なので購入の決め手になったのは1年常用する事は想定せず
一時的な使用という用途に限った

とは言え来シーズンまで寝かせておくのも勿体無いのでハウス
ダスト対策も兼ねた都合の良い空気清浄機清浄機を物色した

即ち「適材適所という言葉の通り花粉や埃が舞いやすい時のみ
動作させれば一日中かける必要は無い


花粉の侵入経路は主に2点

1.窓から風が入る時(ただし3〜4月は開放するほど暑くない)
2.服装に付着した状態での帰宅


上記に加えて埃が多く舞う時は更に5点

1.布団の上げ下げ
2.カーテンの開閉
3.部屋の掃除
4.洗濯物の取り込みや仕分け
5.着替え


これらから使い勝手の良い空気清浄機は

1.コンパクトで移動させやすい
2.どこにでも置けるよう背面吸込み以外の仕組み
3.強力な吸引力


都度使用につき以下は考慮しなくてよい

1.騒音
2.自動運転の有無
3.センサー類の有無


この条件を満たす製品に挙がったのがこちらである



TOYOTOMI 【PM2.5対応】 空気清浄機 「~10畳」
ブリリアントホワイト AC-V20D(W)


180502.jpg
パッケージ


180502[3]
内容物(本体、プレフィルター、抗ウイルスフィルター、
洗えるフィルター、取扱説明書)


180502[1]
説明書のサイズ比からも本体のコンパクトさが分かる
特に奥行き(12.6㎝)と比較的薄いのが良い

色はホワイトとことだがクリーム色っぽい


この機種にして都合の良かった機能は集塵用フィルターが洗えて
10年交換不要
プレフィルターもついているので更に掃除が楽

抗ウイルスフィルター(ACF-V20)は2年置きに交換が必要だけど
部品価格が1600円ほどとコスパが良い
しかも大手家電量販店の通販で入手しやすい


〜1ヶ月使用した感想〜

弱運転と強運転の2種類のモード

弱運転(実計測で19W)は無風に近く何の役にも立たない
ただし騒音もゼロに等しい

実質使える強運転(実計測で35W)は騒音が大きくTVの音が聴き
辛くなるレベルで常用は出来ないがその分吸い込み能力は高め
に思う

ただし側面に3箇所ある吸込口が小さいので騒音ほどのの能力
は無いようにも思う


180603.jpg
先の条件で1ヶ月使用したプレフィルターのゴミ付着具合
一応そこそこの埃が付着している

奥の洗えるフィルターを覗くと見た目に清掃の必要はなかった
説明書には1年に1度で良いと記載されている


180502[4]
本体には10年分の清掃記録が付けられるシールが貼ってある
納得だ


当然このような間欠使用だと10年間使用でも故障しないだろう
ただ電源スイッチのボタン操作が多くなるのでここが怪しく
なるかもしれない

180502[2]
スイッチはアナログ機構で大きく押しやすい

故障リスクの回避もあるが就寝前にも動作させるので30分や
60分で切れるオフタイマーの付いてないことが悔やまれる
これがあればさらに便利になったのだが、、


〜まとめ〜

改めて考えると自動運転にタイマー付きのモデルでも同じ様に
使えただろう
しかし10畳対応でこれほどコンパクトなモデルは珍しくて
サイズによる取り回しや保管を取るか便利機能を優先させるか
使用者の目的や好みにわかれる

これまでの空気清浄機(24時間運転) と同様に埃は少なからず
積もるので「クイックルワイパーハンディ」等の併用は欠かせない

あとは来季の花粉シーズンに多少でも効果があって欲しい
この辺りはいずれ追記します
関連記事

テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

1/144戦闘機モデルに最適なディスプレイケースは?

2018/5/28(月)

以前から集めていたエフトイズの食玩などの1/144スケールで
自分の好きな戦闘機のコレクション

収集は一段落付いたが飾ってると当然ながら埃が付着する

タミヤの「モデルクリーニングブラシ」で払えば済むのだが
数がある上にトミーテックの技MIXシリーズもありこれが微細な
パーツ構成もあってブラシで払うと接着したパーツが取れる危険
もある

そこでディスプレイケースに収納するのが一番だと考えた

しかし現在13機あるコレクションを一同に収納出来るケースは
オーダーしない限り市販されていない

そこで分割やむ無しと飛行スタンドを付けた状態が高さ10センチ
ほどなのでそのくらいでなるべく面積の広い製品を物色して唯一
と言ってもよい製品がこれだった



ウェーブ ディスプレイ T・ケース (QM) プラスチック製
W316×D276×H129mm (内寸) TC-164 ディスプレイケース


本来は1/48の航空機が一機入る事を想定した製品

もちろんその限りでなく例えば設定で18m以下の1/144ガンプラが
多数収納出来る大きさ

収納予定のメタルラックの寸法からこのケースを2個並べて置ける
どれだけ収納出来るかは買ってみて必要あらば追加するしかない


180528[3]
パッケージ

外箱からしてかなり大きい
将来のリユースも想定して箱は畳んで取っておく


~実際に収納してみた結果~

一応国別に分けて

★1ケース目

F-15イーグル
F-2バイパー
F-22ラプター
F-35ライトニングⅡ
F-14トムキャット
F-16ファルコン
F/A18スーパーホーネット


計7機


180528.jpg
特にラプターが大型で場所を取る


★2ケース目

Su-27フランカー
MiG-29フルクラム
ラファール
グリペン
タイフーン
ミラージュ2000


計6機


180528[1]
欧州は小型機が多くまだ余裕がありそのスペースに以下を追加

AH-64アパッチ・ロングボウ
AH-1コブラ
マクロスコレクションよりストライクバルキリー等の2機

※全て1/144スケール

ヘリは2機で航空機1機分とするとこちらは9機収納出来た事になる
コレクションが増えればこれらと差し替えだ
ハリアーⅡとホーネットが欲しい


180528[2]
ともかくクリアランスの無いギリギリの収納だけど何とかなった
参考までに!


ちなみに一番のお気に入りは、、

180528[4]
技MIXのF-2A

キットに未付属のミサイル兵装は他プラモより補填した
関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

右側フォームより記事の検索が出来ます

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード