リュクスダイニングハプナの朝食ビュッフェに行く

2017/4/30(日)

ゴールデンウイークの前半
品川プリンスホテル内にあるビュッフェ形式の大型レストラン
「リュクスダイニングハプナ」の宿泊者向け朝食チケットを使い
いわゆる朝食バイキングを一人で利用した

170430[29]
ホテルメインタワーのフロントがある隣に入口

一般利用の場合は2500円で食べられるようだ

利用時間はAM6:00~AM10:00の間でフリー制
その為かAM7:00に訪問すると20人ほど客席案内待ちの列!
だがこの時間なら比較的スムーズに案内された

しかしAM7:30過ぎになると満席に近くなりずいぶんと案内に待た
されていた様だ…間一髪
ちなみにAM9:00を過ぎれば待たずに利用出来るほど閑散となる

座席に案内されると受付で貰った座席利用中を表すプラカードを
テーブルの上に立てかけられる様になっていた
これで席を離れていても安心(このカードは退出時に返却する)

まずはメニューの撮影から、、


170430.jpg
ぶどう、オレンジ、バナナ

170430[1]
蒲鉾、卵焼き、納豆

170430[2]
青菜、メンマ、ザーサイ、パクチー

170430[3]
※白飯はスタッフがよそってくれる

170430[4]
※食パン、セルフトースターで焼き上がり待ちの渋滞となるポイント

170430[9]
ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ

170430[5]
パンケーキ、フレンチトースト、クロワッサン各種

170430[6]
富良野ミルクロール、ブリオッシュ等

170430[7]
野菜サラダ各種

170430[8]
俵握り(白飯、赤飯、十八穀米、桜海老ご飯)

170430[12]
※この様に料理ジャンル毎のレーン沿いに並んで次々取って行く
もちろん人気料理には渋滞発生

170430[13]
※味噌汁の具は自由に選べる

170430[14]
焼鮭、がんもどきの煮物

170430[10]
※オムレツはソースも選べる

170430[11]
温野菜、野菜炒め

170430[15]
つぼ漬け、菜の花のおひたし、切り干し大根、うの花

170430[16]
梅干し、鶏そぼろ、たらこの和え物

170430[17]
シリアル各種、ゼリー各種

170430[18]
カットフルーツ、ヨーグルト


170430[19]
ドリンクバー

170430[20]
ホットドリンクバー

170430[24]
トマトジュース、野菜と果実のドリンク

170430[23]
牛乳、アイスコーヒー

170430[25]
アイスティー、ヨーグルトドリンク←お薦め


これで全体の9割は写真に収めたと思う
他にうどんやハム・チーズや一口サイズの洋菓子もあった


170430[21]
ご飯食を中心にセレクトしてみた

メニュー的にはオーソドックスだけどどれも質は高く美味しい
何より朝食でこれほど多くのメニューがあったのには驚いた

スクランブルエッグがトロトロで美味しくお代わりした


170430[22]
パン食なら富良野ミルクロールがお薦め

170430[26]
ハムカツバーガーとカレーうどん

タイカレーだっけ?めちゃくちゃ辛かったけど美味しい
豚汁うどんとかも作れた


170430[27]
最後に全景を撮影(AM9:00頃)

外国人の利用者も多かった


170430[28]
テイクアウト用にホットコーヒーのサービス
最後の最後まで至れり尽くせり

2500円相当と思うと朝食にしては高めに感じる
なので十分にお腹を空かせて元を取りましょう

ちなみに宿泊者向け朝食チケットは他に同ホテル内に
ある2つのビュッフェレストランでも使える

品川プリンスホテルの宿泊予定者は朝食付きプランを
選ぶのはいかがでしょうか。。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

MG1/100 RMS-179ジムⅡを簡単フィニッシュで製作

2017/5/7(日)

プレバン専売商品で2次受付で購入し3月の終わり頃に届いた
GW期間の仕事休みを利用して製作

ここでは簡単フィニッシュで完成させる為の注意点と
完成後の感想を述べたい


170421.jpg
パッケージ

170421[1]
プレバン商品にありがちな未使用パーツの多さにとても
ボリュームがあるキットと勘違いしてしまいそうだ

170421[2]
組立説明書はジムⅡオリジナル
ただし設定なのど読み物は無い

170421[3]
デカールの種類が豊富で他のキットへ転用にも良い
劇中の再現がしたいので今回は未使用


キットのベースはMG1/100ジムver.2.0
更にそのベースとなってるガンダムver.2.0はもう9年前のキット
でランナーを眺めるとゲートの箇所に少々古さを感じる

ビームライフルはMGネモのキットと同じもので残念だがモナカ割


〜製作〜
簡単フィニッシュという事で極力成型色を活かしてパチ組み
をするわけだがMGと言えど要塗装箇所がある


170423.jpg
ランドセルのバーニア内部の「レッド」

ランナーに付いた状態で塗装すると組みやすい


170504_201705071113061b7.jpg
頭部バルカン砲の砲身の「イエロー」

隠蔽力の低いイエローゆえ厚塗りしがちだがそれをすると
フェイスマスクをはめる時に穴と干渉して塗装が剥げてしまう

…かと言って組み立て後の塗装は難しい箇所なので薄塗りを
心がける必要がある

自分は下地に隠蔽力の高いMr.カラーGXのホワイトを一層に
した上から黄色を重ねた


170507.jpg
親指の付け根の「ホワイト」

実は完成して撮影している最中に気付いた。笑
これも上のGXホワイトで塗装
ここは厚塗りでも構わない


他に肩とふくらはぎにあるスラスターは付属のシールで
完全再現出来るので塗装は不要
カメラやセンサーにも全てシールが付属してる
実にありがたい配慮で感謝だ

頭部両耳のスリットとバルカン砲の穴はガンダムマーカーの
ブラックで塗装した

最後はガンダムマーカースミ入れ流し込みタイプ(グレー)で
仕上げた
トップコートは将来手放す場合を想定して吹かない

完全版が出るかもしれないし、、


そう完全版!

実はこのキット…ジムⅡの設定画と明らかに違う箇所がある
それは肘、股、膝の関節部分だ
フレームはそのまま流用してる点が残念

しかし思えばジムⅡには設定上で2タイプが存在してる
新規製造されたRMS-179と旧ジムを改修したRGM-79Rである

このキットが後者だと思えば納得出来る


170505.jpg
その割にコックピットはしっかりと全天周囲モニター

しかしクリアランスが全く無くドッキングがかなりキツかったので
無理やり付け合せたのかもしれない


〜ギャラリー〜


170507[3]
正面


170507[2]
背面


170507[4]
ビームライフルと盾を装備(前)


170507[5]
ビームライフルと盾を装備(後ろ)


170507[1]
ビームサーベルを装備


170507[6]
MG1/100ネモとの2ショット


170506.jpg
機動戦士Zガンダム第1話より(妄想)



〜総括〜

旧ジムには何も思わなかったけどジムⅡは素直に格好良い
デザイン的情報量が増えてリアルになり1/100というスケール
でも締まってる

なにせ装甲以外はRX-78ガンダムより高性能な機体なのだ
自分をエースパイロットと想定しグリプス戦役で活躍する姿を
妄想すると楽しい

しかしネモってこんなに格好良かったかなぁ。。



バンダイ MG 機動戦士Zガンダム RMS-179 ジムII 1/100


関連記事
MGゲルググキャノン2.0を簡単フィニッシュで製作
MG1/100ジム・キャノンを簡単フィニッシュで製作

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

とあるマジふぁん

Author:とあるマジふぁん
名古屋市在住
趣味全般について語るブログです

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Lc.ツリーカテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード